Twilog

 

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

  • 660フォロー
  • 1,616フォロワー
  • 75リスト
Stats Twitter歴
1,828日(2011/02/06より)
ツイート数
380(0.2件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

このユーザーはTwilogに登録されていません

最新200件のツイートのみを表示しています。
自動的にツイートを記録するには、こちらから新規登録してください。
現在表示されているツイートは、取得してから1時間だけサーバにキャッシュされます。最新のツイートを取得したいときは、右上の「最新の情報に更新する」ボタンを押してください。

2016年02月07日(日)11 tweetssource

1時間前

@ASAP_r

かーしゅ@carsh295

いっけなーい😰!劣化劣化💦!
私、かーしゅ!25歳!彼女いない歴年齢☆
東大卒は社会人になったらモテるって聞いてたけど。
減少する出逢い、後退する髪の毛、勃たなくなるちんこ…😭
一体私、これからどうなっちゃうの〜😭😭😭!?!?!?

Retweeted by ASAP

retweeted at 21:59:01

2時間前

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

@NMbesmaller たしかに、紛争をどの手続きで解決するか、その手続きを使うとしてどうするか、という目的に大変便利だと思いました。ありがとうございます。

posted at 21:31:03

6時間前

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

特許法はたけるさんのブログもあることだし小林直樹、島並ほかから始めて、高林、中山って並べれば基本書的なものは十分かしらね 実務的なのはたぶん髙部判事の本があろう

posted at 17:10:44

7時間前

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

@NMbesmaller 山川をぱらっと読んでいたのですが、これは実際に紛争案件が来たときにその手続を見るのに大変便利が良いというイメージでよいのでしょうか?

posted at 16:16:10

11時間前

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

労働法の本って、入門書的なのは
・水町労働法入門
・森戸プレップ
・労働法(有斐閣ストゥディア)
基本書は
・菅野
・荒木
・水町
実務的なやつは
・企業労働法実務入門
・労働事件審理ノート
・(LPシリーズ等)

こんなもんですかね?あと何かオススメご存知の方いらっしゃいます?

posted at 12:08:12

2016年02月06日(土)13 tweetssource

2月6日

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

司法試験の民法が苦手です。新司過去問を除いては、塾の問研でひたすら旧司の問題を答案構成しています。このままで3… — 民法に関しては、それこそ王道かなと思います。旧司法試験で知識と構成力を身につけて、新司法試験で時間配分とか感じ… l.ask.fm/igoto/45DKECPW

posted at 01:59:19

2月6日

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

払ってもらったら嬉しいですけど別に飲み会代くらい出そうとは思います

posted at 01:03:52

2月6日

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

ブログには結構前から貼ってたのですが今ならもうブームも去ったみたいだしいいかなと

posted at 00:50:36

2016年02月05日(金)7 tweetssource

2月5日

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

知らない法律分野が出てきて、しかもその分野にちゃんとメジャーな本が複数あるとそれらを買ってしまいたくなる病にかかっている

posted at 23:55:05

2月5日

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

えあっっめっちゃかわいいいいいいいいいかわいい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!めっちゃかわいいかわいいすっごくかわいい……………………!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
shindanmaker.com/552994

posted at 09:44:13

2016年02月04日(木)6 tweetssource

2月4日

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

割と真面目にシューシューでやったことが役に立ったから少し感動してる

posted at 21:01:43

2016年02月03日(水)1 tweetsource

2016年02月01日(月)1 tweetsource

2月1日

@ASAP_r

高橋雄一郎@kamatatylaw

修習生は裁判所の役に立っておらずむしろ負担ばかりかけるから労働ではないという@kasumi_shiro さんの意見が妥当するのであれば,日本の労働者のかなりの割合は給与を支払うべきではなく貸与制にしなければいけなくなるね。

Retweeted by ASAP

retweeted at 08:55:14

2016年01月30日(土)3 tweetssource

1月30日

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

大公様(K.u.K)よりツイートを拝借いたしました。ここにご報告いたします。

posted at 00:34:43

2016年01月26日(火)6 tweetssource

1月26日

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

裁判例とか見てても典型的な利益(生命身体)が問題になっている場合の原告適格の論証はほぼ固まっているから、原告適格の論証はさっさと固めちゃった方がいい

posted at 23:12:14

1月26日

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

行政事件訴訟の一般的問題に関する実務的研究の現行行政事件訴訟法バージョンが出るのにはまだまだ議論と判例の蓄積が足りないのかしら

posted at 22:44:58

1月26日

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

行政事件訴訟の一般的問題に関する実務的研究(紛らわしい)はでもなんかやっぱりよく参照される本みたい

posted at 22:42:49

1月26日

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

行政事件訴訟の一般的問題に関する実務的研究(長い)については、とある行政法の先生との話だと「えー?あれがー?色々疑問あるよー?」って言われたのが印象的

posted at 22:41:47

2016年01月25日(月)1 tweetsource

2016年01月24日(日)3 tweetssource

2016年01月23日(土)5 tweetssource

1月23日

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

ポイントは法曹職の需要はゼロにはならないってところだと思うんだよな

posted at 17:52:04

2016年01月21日(木)1 tweetsource

2016年01月18日(月)1 tweetsource

2016年01月17日(日)2 tweetssource

1月17日

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

「相続人の1人が他の相続人の相続税を負担して求償権を行使しない場合は贈与税が発生することがある」
この箇所三度見くらいした

posted at 20:26:16

2016年01月16日(土)6 tweetssource

1月16日

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

@223_ouest 公法は厳しいっすねえ・・・多分個別法は割と触ることありましょうが(既に行政個別法は割とやってます)

posted at 19:55:19

2016年01月12日(火)7 tweetssource

1月12日

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

個人的には、中村『訴訟の心得』の方が刺さるコメントが多かったように思うが、これは僕の経験不足によって座談会の内容をうまく咀嚼できなかったことによるかもしれない

posted at 20:41:37

1月12日

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

内容としては著者の先生方4人による座談会が半分くらいを占めていて、割とメインディッシュという感じ。後半の、それぞれによる論文(?)は、それぞれの単著なり他の論文なりを読んだ方がいいかなという感じで、オマケ的

posted at 20:39:59

1月12日

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

『訴訟の技能』読了。心に留めておきたいポイントが何点か見つかったので付箋を貼ってまた読み返すつもり。

posted at 20:39:33

2016年01月11日(月)4 tweetssource

2016年01月09日(土)1 tweetsource

2016年01月07日(木)4 tweetssource

1月7日

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

たしかに、判断代置(裁判所としてはAだと思う)と裁量審査(Aが一番良いが実際に行われたBにも合理性がある)とでどこまでの違いがあるかって言われるとよくわからん

posted at 12:58:49

2016年01月03日(日)1 tweetsource

1月3日

@ASAP_r

双すく@1sm1sm

さて、12月31日、1月1日、2日と休んできたわけですが
楽しい時間もあっという間ということで…次が、最後のお休みになります!
\え~~~~~~!/
\今来たばっかり~~~~~~!!/

Retweeted by ASAP

retweeted at 13:29:43

2016年01月01日(金)2 tweetssource

1月1日

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

「アウトプットの練習がしたいのならば外国語論文を書けばよろしい」

posted at 18:33:55

2015年12月27日(日)1 tweetsource

2015年12月26日(土)5 tweetssource

12月26日

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

プラクティス刑事裁判は模擬裁判のときにたくさん使いました とても良い本だと思います

posted at 23:56:02

12月26日

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

今年は刑裁で事実認定ガイド?って白表紙が加わったみたいだけど去年からプリント教材としては存在していたやつですよね?

posted at 23:53:42

2015年12月25日(金)1 tweetsource

12月25日

@ASAP_r

ゆーじ@UGOKD

姉から「二人で力を合わせれば叶う。お父さんの前では『サンタさんに二段ベッドが欲しい』と言い続けろ。」と強要を受け、本当はレゴが欲しいことを言い出せないままクリスマスを迎えて結局二段ベッドもレゴも貰えなかった小2の冬を僕は忘れない

Retweeted by ASAP

retweeted at 22:28:51

2015年12月23日(水)3 tweetssource

2015年12月21日(月)8 tweetssource

12月21日

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

クロスリファレンスも民訴マニュアルもそこまで使わなかった あの2冊を読まなきゃいけないような事件を扱わなかったんだよね

posted at 23:12:40

12月21日

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

@rntr11 圓道先生の本はかなり使いました。クロスリファレンスはあってもいいかなという感じで、裁判文書に関しては圓道先生の本一択かなと思いますね。

posted at 23:02:49

2015年12月19日(土)9 tweetssource

12月19日

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

同じようなこととして、刑事政策ってのを勉強してみたいんですよ かつての試験科目だったらしい

posted at 12:26:03

12月19日

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

法律学以外の学問ができるからエラいとかではないけれど、会社法とかは立法の基礎に経済学とかがかなり含まれているから、そういうのを知ってないとそもそも法制度の理解に一定の困難を生じて、結果として解釈論を振り回しにくくなるってのはある気がする

posted at 12:16:08

12月19日

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

他の学問的知見はやはり立法論とか制度論とかに親しむんだよな だからこそ解釈論の幅が広い新しい法分野においては他の学問的知見が活躍しやすい感じ

posted at 12:09:52

12月19日

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

法解釈学における伝統的な解釈論が経済学的に見ると変なところがあって、実際最近の実務は経済学的により合理的な方向に動いており、解釈論もそれに合わせて伝統的な理由付けが後退してきている、との実例

posted at 12:05:03

12月19日

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

エコノリーガル・スタディーズのすすめ、法学には立法論と解釈論とがあって、経済学的知見は割合立法論に親しむもの、とかの基本的なところから押さえてくれるのがポイント高い

posted at 12:02:21

2015年12月18日(金)1 tweetsource

12月18日

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

僕のダンボール11箱分の本は14,000円になり、そのまま丸沼書店で5冊の本に生まれ変わったらしい

posted at 14:50:55

2015年12月16日(水)4 tweetssource

12月16日

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

やっぱり梅謙次郎と我妻榮を批判することはできないから「時の経過で合理性がなくなった」ロジックを使うしかないんだよな(語弊)

posted at 15:34:52

2015年12月15日(火)3 tweetssource

2015年12月14日(月)5 tweetssource

12月14日

@ASAP_r

ASAP@ASAP_r

岡=神山『刑事弁護の基礎知識』、これはブログの読む本リスト入り確定です

posted at 11:52:49

2015年12月13日(日)1 tweetsource

このページの先頭へ