情報更新

last update 01/17 21:40

ツイート検索

 

@HORIBE_Yasushi
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

Stats Twitter歴
2,819日(2010/05/02より)
ツイート数
12,051(4.2件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年01月17日(水)5 tweetssource

8時間前

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

待機児童というと、就学前ばかり話題になるけれど、就学後だって学童保育などに待機児童問題はあるのです。
また、発達障害への支援が重要になっている中で、学童保育などに作業療法の専門家(作業療法士)も必要とされています。
保育無償化の前に考えなければならないことが数多くあるのですよ。 pic.twitter.com/sjdKJCmh2O

posted at 21:12:14

9時間前

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

幼児教育:無償化座長に増田氏 23日初会合、6月提言へ mainichi.jp/articles/20180
/増田寛也氏がまた新たな政府有識者会議のメンバーとなり座長に就任したようです。増田寛也氏は「杉並区顧問」として月額報酬を受けている立場。区と区民に不利に働くような主張を繰り返さないかチェックしますよ。

posted at 20:31:17

9時間前

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

保育無償化に必要な費用負担について、①公立は「市町村が負担(国負担なし)」、②私立は「国50%・都道府県25%・市町村25%」が軸になるとの報道が。www.sankei.com/politics/news/ しかし、学童保育を含む保育「待機児童」の解消に多額の費用が必要な自治体もあるわけで、勝手に決められては困りますよ!

posted at 20:17:04

10時間前

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

都民医療費の推計(参考値)が「東京都医療費適正化計画(案)」の中で明らかにされています。www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/kokuho/it 参考値とはいえ、個々にみても非常に厳しい数値が出ています。区健康づくり推進条例をもとに、従来以上に健康に対する意識を喚起する必要があることを実感させられています。 pic.twitter.com/VV2yyv53HR

posted at 19:26:13

2018年01月16日(火)2 tweetssource

1月16日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

この増田寛也氏は、都知事選の直後に「杉並区顧問」に就任したのですが、その一方で、国の(まち・ひと・しごと創生本部の)有識者会議の座長代理として、23区内の私立大学にのみ特別な規制を導入するよう主張したわけです。
区民にメリットの乏しい主張を繰り返す「区顧問」なんて要らないでしょう。

posted at 21:30:46

1月16日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

23区大学 定員抑制10年 www.tokyo-np.co.jp/article/politi
/増田寛也さんが推進していた定員管理の厳格化が徹底されるわけですが、留学生などは例外扱いになるようです(ということで、大学は留学生などを増やして対応するでしょうね)。区内に留学生が増加することを想定に入れておく必要がありますね。

posted at 21:02:29

2018年01月15日(月)9 tweetssource

1月15日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

民進党と希望の党が統一会派?と話題ですが、こうしたケースは、地方議会にも事例があります。
例えば、元民主党都議が、杉並区長選に初当選(自民推薦が落選)した直後、自・民・社の大連立が、杉並区議会に登場したことがあります。
2010年8月5日の東京新聞から著作権を踏まえつつ記事を紹介します。 pic.twitter.com/5LwbL13HYf

posted at 17:23:43

1月15日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

④すでに2億円を投じて作業を進めていた施設再編(阿佐ヶ谷駅北東地区の杉並第一小学校・地域区民センターなどの建替え)が途中で中止され、また新たに一からやり直しをすることになった点については、不自然な点も多く、こちらの議会質疑(録画)で話題にしています。twitter.com/horibe_yasushi

posted at 12:54:48

1月15日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

③その後、阿佐ケ谷駅等周辺まちづくり方針(平成29年7月策定)において、都市計画手法(地区計画や用途地域変更等)を活用したまちづくりを進めるとする方針が打ち出されたものの、杉並区都市計画マスタープランには、現在その旨の記載が何もないことから、今回このような改定が提案されています。

posted at 12:22:57

1月15日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

①杉並区まちづくり基本方針(杉並区都市計画マスタープラン)の一部改定について、パブリックコメント手続が始まりました→ www.city.suginami.tokyo.jp/news/h3001/103 阿佐ヶ谷駅北東地区に新たに地区計画を導入するとともに、土地利用の見直しを行うことが検討されています。河北総合病院も大きくなるわけですね。 pic.twitter.com/NXL72v9NHB

posted at 12:05:57

1月15日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

@daitennsi 2025年問題は深刻に受け止める必要があると思いますが、その施設建設地として、やたら遠方ばかり勧めないでもらいたいところですね。都心は無理でも、近郊に土地がないわけではありません→ twitter.com/horibe_yasushi
区長が変わったら、しかるべき時期に、現顧問にはお辞めいただきましょう。

posted at 00:09:07

1月15日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

@daitennsi 噂の東京マガジンは、永福に常設される「恒久施設ビーチコート」の問題についても取り上げてくださったことがあったのですよね。この件では、予算執行の差止請求を行ったこともあって、関心をお寄せくださったことに深く感謝しています。

posted at 00:05:53

2018年01月14日(日)2 tweetssource

1月14日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

@miwachan_info 地方交付税交付金(普通交付税)の算定は人口も影響します。人口減に悩む現地自治体にとって大きなメリットのある話になのですよね。。
このような移住政策の推進は、現区長と区顧問の増田氏(前都知事選候補)の方針によるものです。なお、区の元副区長がアドバイザーとして町に再就職しています。

posted at 06:15:11

2018年01月13日(土)12 tweetssource

1月13日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

杉並区から南伊豆特養に移住入所された方(特養入所により町民となった方)に対して、居住地主義・現在地主義を定めた生活保護法の規定を拡大解釈することができるか(拡大解釈が認められるか否か)。介護保険法などのように「住所地特例」の定めがないだけに、ここは法的に興味深い論点になりますね。

posted at 23:19:34

1月13日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

@miwachan_info 南伊豆特養への移住者(入所者)が生活保護を必要とする状態になった場合、その財政負担は区が担うことを双方の間で合意したというのが現段階です。
もちろん、法的には保護実施の責任主体は静岡県ですから、仮に事例が出た場合、監査請求や住民訴訟に発展する法的リスクはあるでしょう。

posted at 22:46:16

1月13日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

杉並区民が、この南伊豆の特養に入所すると、南伊豆町の町民になります(承前)。したがって、介護保険などは住所地特例で対応します(杉並区負担)。
生活保護費については、法的には静岡県が責任主体となるわけですが、現地に負担をかけることのないよう杉並区が負担することで合意されています。

posted at 21:12:44

1月13日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

@miwachan_info この事業は移住を前提としたもので、これは現地に負担をかけないようにとの特段の配慮です。しかし、これだけ区がしっかり負担するのであれば、他の交流先や近郊都市でも受け入れ可能とも言えるわけで、あえて片道4時間もかかる過疎指定地域に建設しなければならない必然性はなかったというべきです…

posted at 21:07:58

1月13日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

@miwachan_info その部分について批判しているわけではないですね(記事には記載がなかったので、その旨の協定が結ばれる点の説明を付加したに過ぎないものです。なお、区民のままではなく、町民になります)。
私が懐疑的に思っているのは、片道4時間かかるような過疎指定地域に建設したことに伴う課題のみです。

posted at 18:18:02

1月13日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

@KBTIT05711360 おはようございます。えらく粘着してこだわっていらっしゃいますね(笑)。そもそも①〜④は選挙分析を語っているわけではない、と言っているわけです。地域社会について投票行動だけから論じるのは皮相上滑りというものですよ。
ご丁寧にありがとうございます。今日も一日頑張っていきましょう。

posted at 06:37:31

1月13日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

@KBTIT05711360 ①〜④のツイートを通じて、杉並は多様性を受容してきた地域で、それを「左派のまち」だと勘違いすると見誤る、ということを指摘したものですよ。
ということで、選挙分析を語るために例示したわけではなく、①で完結している話でもないですね。

posted at 01:12:56

1月13日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

③杉並区の一帯は、江戸から東京に変わっても長く農村のままで、その都市化は、区部の中でも遅いほうです(関東大震災を受け、軍人・官僚のお住まいのほか宗教施設などが移転し、根を下ろしました)。文化人が数々移り住んだのも事実ではあるのですが、その印象だけで地域全体を想像すると見誤ります。

posted at 00:19:37

1月13日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

②この点は、過去の杉並の住民運動を解明した丸浜江里子著『原水禁署名運動の誕生』などでも明らかにされているわけですが、ここを見誤るとボタンの掛け違いになると思うのですね。かつて杉並の原水禁署名運動がそれなりに実を結んだのは、いわゆる保守層にも運動が受け入れられたことによるものです。

posted at 00:13:20

1月13日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

①杉並区というと「左派リベラルが強い」と言われるわけですが、石原伸晃代議士は小選挙区で落選経験なしの当選10回(野党の比例復活当選さえ皆無)、前区長も山田宏・現参議院議員であることなどからもわかるように、それは単なるイメージに過ぎません。基本的には、いわゆる保守の強いまちですよ。。

posted at 00:06:25

2018年01月12日(金)1 tweetsource

1月12日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

東京都杉並区が南伊豆町に特養を開所:中日新聞 www.chunichi.co.jp/article/shizuo
/この記事には記載されていませんが、この他にも、まだまだ杉並区の負担がありますよ。杉並区から特養側に対して介護保険給付費が月々支払われるほか、移住入所者の後期高齢者医療費や生活保護費も杉並区が負担します。

posted at 21:03:31

2018年01月11日(木)4 tweetssource

1月11日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

いま入手困難で話題の『私のエッジから観ている風景』。やっと私の手元にやってきました。
同時代に同じ風景をみて体感していたつもりでも、そこには別のエッジからみえる風景と体感が確実に存在していたことに気づかせてくれるエッセイです。朗読劇や朗読会という形で一度聞いてみたい作品ですね。 pic.twitter.com/B3dSK2LqTw

posted at 22:18:37

1月11日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

自動運転の実験、杉並で開始 住宅街の公道は都内初:日経 www.nikkei.com/article/DGXMZO
/いよいよスタートしました。今回は井草森公園の周囲でしたが、今後は、荻窪駅南側エリアで実証実験(レベル3)が行われる予定が発表されています。住宅街とはいえ相応の交通量のあるエリアになりますね。

posted at 13:57:35

1月11日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

@daitennsi この過去のケースは、ベンダーが応分のリスクを負っていなかったことも頓挫となった背景の一つでしたが、この点は技術革新により展望が開けてきたと感じます。一方で、商いは実需なくして成り立たないのも教訓で、地域通貨は大なり小なり実際の商圏を意識した単位で実践する必要があると思います。

posted at 13:08:50

1月11日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

⑥「地域通貨」としての特質を考えると、リアルな商圏を無視して導入することは困難であって、ご指摘のとおりですね。23区は法人住民税も(特例で)都の歳入となっているわけですが、商圏もまた区単位で考えるのは難しく、あくまで生活者ベースで考えるべきものと思います。twitter.com/kitakitsune84/

posted at 00:47:11

2018年01月10日(水)5 tweetssource

1月10日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

⑤なお、この杉並区の「電子地域通貨」事業は、過去7000万円を超える事業費(杉並区職員人件費除く)を注いだものの途中で放棄され、これに伴って2010年区長選当時の田中良氏が言っていた「プレミアム商品券の継続発行と地域通貨の導入による地域経済や雇用環境の改善」も頓挫し、現在に至っています。

posted at 23:11:35

1月10日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

④教訓は「地域活性化は民主導で!」の一言です。

官主導(自治体主導)でどんどん話を進めても、地域に受け入れられなければ先には進みません。また、その地域社会自体にも持続可能性がなければ、「仮想地域通貨」が通貨として地域に流通することもないでしょう。

posted at 23:05:21

1月10日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

③もちろん、当時ブロックチェーン決済は実用化されておらず、そのコスト面において電子地域通貨の発行・運用・管理に課題があったのも事実です。
しかし、最大の課題は、行政とベンダーだけで話を進めた官主導スタイルの影響で、最終的にほとんど人がついてこなくなってしまった点なのですよね。

posted at 22:52:33

1月10日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

②杉並区は、かつて「電子地域通貨」の導入に取り組んでいました。前区長時代に構想されたものでしたが、これについては、現区長(田中良区長)も2010年の選挙公約に取り込み、当選後、杉並区の事業として本格的に推進されていくこととなりました。
しかし、この事業は、2013年に頓挫してしまいます。

posted at 22:42:41

1月10日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

①ビットコインなどの暗号通貨(仮想通貨)が、次々と登場しています。ブロックチェーン技術は、専用カードも専用端末も不要。その分、通貨の維持管理コストが抑えられることから、今後は独自の「仮装地域通貨」を構想し、地域の活性化に活用しようと考える地方自治体も登場してくるかもしれません。

posted at 22:39:40

2018年01月09日(火)1 tweetsource

1月9日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

2018年は「東京150年」。江戸→東京への改称(東京府の開設)から150年です。国政では明治維新150年といった言い方もあるけれど、都政区政においては、むしろ東京150年の歴史を振り返りつつ、都制度と東京の将来を考える年にしたいですね。なお、杉並区にとって2018年は平和都市宣言30年でもあります。

posted at 21:37:27

2018年01月08日(月)1 tweetsource

1月8日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

東京23区の新成人 8人に1人が外国人 | NHKニュース www3.nhk.or.jp/news/html/2018
/新成人のうち外国籍の方の割合は、新宿区(45%)、豊島区(38%)、中野区(27%)。留学生・技能実習生の増加が影響しているようですね。ちなみに、杉並区でも増加傾向にありますが、割合でみると約11%です。

posted at 22:29:58

2018年01月07日(日)1 tweetsource

1月7日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

衆院選から2か月が経過し、立憲民主党には杉並区議から3人が入党されています。が、希望の党は区内に基盤がないまま。東京9区(練馬)→東京8区(杉並)に「選挙区替え」をした木内候補がどうなったかと思えば、早々に杉並区内の事務所をたたんで去っていったそうです。変化の早い時代になりましたね。

posted at 03:00:17

2018年01月06日(土)3 tweetssource

1月6日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

@daitennsi これは平成27年3月19日に開催された田中区長の政治資金パーティーの案内状ですね。
このように杉並区長の職を背景に大規模な政治資金パーティーを開催してお金集めをしていることには批判があり、その後は、区の補助委託指定先などの利害関係者を露骨に案内状に並べることだけはなくなりました。

posted at 21:28:11

2018年01月05日(金)4 tweetssource

1月5日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

③なお、組織委員会が実施する「共同実施事業」については、次のような課題が残っています。
/五輪東京都外費用負担 「どこまで充当できる」「配分方法明されず」広がる懸念 www.sankei.com/tokyo2020/news
/東京五輪:4者協議で費用負担大枠合意 350億円先送り mainichi.jp/sportsspecial/

posted at 23:17:19

1月5日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

②この「共同実施事業」は、五輪組織委員会が実施するもの。平成29年5月31日に、⑴都⑵国⑶組織委員会の三者と⑷競技会場が所在する自治体との間で合意した内容に基づき、「組織委員会が、東京都、国等の関係者からの役割(経費)分担に応じ負担する資金を使用して実施する事業」とされています。

posted at 23:04:30

1月5日

@HORIBE_Yasushi

堀部やすし 杉並区議会議員@HORIBE_Yasushi

①東京都の予算編成過程(査定状況)を確認すると、五輪にかかる「共同実施事業等753億円」が、財務局査定段階から突然に登場しています(皆増)。仮設の費用など先送りされていた課題がどう決着するのか、気になる数字です。
/平成30年度一般会計予算財務局査定結果についてwww.zaimu.metro.tokyo.jp/syukei1/zaisei pic.twitter.com/XEmsv0w5cm

posted at 22:51:01

このページの先頭へ