Twilog

 

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

Stats Twitter歴
2,590日(2009/11/09より)
ツイート数
115,134(44.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2016年12月10日(土)43 tweetssource

21時間前

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

今朝の@fujiyamao さんの富士山写真に加筆しました。須走口登山道(白)は2900年前の崩壊を免れた硬い溶岩の上につけられています。いっぽう下山道とブルドーザー道(赤)は、崩壊後の噴火でできたスコリア斜面につけられています。 pic.twitter.com/X21EYQdVG3

posted at 08:17:23

21時間前

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

日本の火山の最高点は山頂火口縁の東側にあるのが普通です。高空では常時西風が噴いていて噴出物が東側に多く積もるからです(たとえば浅間山、羊蹄山)。これに反して富士山の最高点が西側にあるのは、山頂火口の東半分が2900年前に崩壊して低くなったからです。 pic.twitter.com/h9TGHyF5o8

posted at 08:25:34

20時間前

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

富士山は、スコリアが降り積もった東斜面が緩くて登りやすいはずですが、2900年前の崩壊後に作られたスコリア斜面は登りにくいので、崩壊し残った両側に登山道が付けられています。スコリア斜面は駆け下る砂走りとブルドーザー道に利用されています。 pic.twitter.com/edQf3Npbcg

posted at 08:34:49

20時間前

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

5年前の公的なロジックは、こうだった。フクシマの汚染はチェルノブイリとは違う。だからチェルノブイリのような健康被害は生じない。しかし、じっさいはフクシマの集団被ばく線量はチェルノブイリと同じだった。被ばく量の予想に重大な過小評価もしくは隠蔽があった。公的情報は正しくなかった。

posted at 09:22:44

20時間前

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

5年9ヵ月たって、フクシマで健康被害は起きてない。なぜか。チェルノブイリの被害認定に過大評価があったからだ。フクシマとチェルノブイリは同じ。どちらも健康被害は生じない。

posted at 09:24:36

20時間前

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

災害対策(大規模事故対策)は、科学的な正しさで決めるのではなく、政治あるは生活者目線で決めるのがあんがい最適解なのかもしれない。論理よりも直感ということかもしれない。

posted at 09:28:19

19時間前

@HayakawaYukio

kuri-m@kuri_kitchen

火山によって推移は様々、同じ火山でも様式が様々 というのは 文字通りではなく 方便だと思われているのだろうか、、、 確定論が前提としか思えないもろもろのやりとりに閉塞感

Retweeted by Y. Hayakawa

retweeted at 09:35:28

19時間前

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

きのう話題にした内閣府の「手引き」みたいな中央行政が跋扈しているから、この100年前の状況から抜け出せる見込みは当分なさそう。

posted at 09:39:20

19時間前

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

こういうのは、一度ひとが大勢死んでからでないと変わらないと思っていた。しかし、御嶽山で63人死んでも変わらなかった(どころか、その方針が強化された)。100万人くらい死んでひとつの県が滅びたら変わるんだろか?

posted at 09:42:15

19時間前

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

気象庁は地震警報を出さない。その代わり、発生した地震を緊急地震速報する。これにならって、噴火警報を廃止したうえで、いまの噴火速報を緊急噴火速報システムとして拡充するのがよい。人に危害が及びそうな噴火を火山が始めたら、及ぶ前に情報伝達する。

posted at 09:51:57

19時間前

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

危害は噴出物が移動することによって生じる。物質は移動せずに波で伝わる地震の速度よりゆっくりだから、実用化できる見込みは十分ある。

posted at 09:53:53

19時間前

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

この問題をより正確に言うと、「為政者が決断するに十分な精度での確率が計算できない」だと思います。だから科学に頼らずに政治判断してほしいのですが、これをうまくやったのは、1986年11月伊豆大島の鈴木俊一都知事(当時)しか私は知りません。@neko3no3te

posted at 10:15:01

19時間前

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

気象業務法13条に、一般の利用に適合する噴火警報を気象庁が出すと定められてますから、地方自治体は危険情報が事前に通知されると(本心から)思い込んでいるのかもしれません。@kuri_kitchen

posted at 10:21:06

19時間前

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

@yaguhiro 津波で流された部分の開通ですね。原ノ町まで行けるのですか。原ノ町から南、原発のそばを通る線路はいつ通れるようになるのかな。常磐自動車道はもう何年も前に全線開通しました。線路の回復は遅いですね。

posted at 10:30:16

18時間前

@HayakawaYukio

風太・東日本回遊中@neko3no3te

そして、「充分な精度で計算/予知すべき」という要求は、政府としても国民としても都合がよく、「要求される精度は無理」という現実は都合が悪いので、「努力していることにして現実を見ないようにする」政策に指示があつまるのだと思います。
@HayakawaYukio

Retweeted by Y. Hayakawa

retweeted at 10:50:29

18時間前

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

10月に発注したMavic Proは、まだ来ない。使ってみたレポートをネットでいくつか見るようになったのに、私のところに届かないのはどゆわけ?

posted at 11:26:57

17時間前

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

▼火山噴火死者の理由
63人 2014年御嶽山 半分は不可抗力、半分は救援遅延
04人 1995年焼岳 道路工事(人為)
01人 1993年雲仙岳 規制無視
43人 1991年雲仙岳 危険周知不足
03人 1974年新潟焼山 不可抗力

posted at 11:33:33

17時間前

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

03人 1979年阿蘇 未検討
03人 1978年有珠山 避難遅延
05人 1962年十勝岳 未検討
01人 1961年浅間山 不可抗力
12人 1958年阿蘇 未検討
01人 1957年伊豆大島 未検討
01人 1955年桜島 不可抗力

posted at 11:38:13

17時間前

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

何ミリシーベルト被ばくしようとも、甲状腺超音波検査は常に無駄です。もし大量被ばくして体に不調が起こる心配あるなら、甲状腺より先に検査すべき部位が他にたくさんあるでしょう。@drsteppenwolf

posted at 12:22:13

17時間前

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

甲状腺検査は、炭鉱のカナリアのように、他者の命を助ける目的で早期発見のためになされていると解釈します。自分自身の命を助けるための検査だとは思われません。@drsteppenwolf

posted at 12:24:41

11時間前

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

福島の放射線の問題は、汚染された範囲と程度を測って地図を作成することなく、医学的、物理学的にはもう結論は出ていると決めつけたことにあります。それがもっとも如実に現れたのが、水田土壌の汚染を測ることなく稲を作付けたことでした。測ることなく汚染されてないと決めつけました。

posted at 17:45:58

11時間前

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

汚染の程度ではなく、原発からの距離によって(半径20キロの同心円で)強制避難の範囲が決められました。なかには川内村のように、より汚染された郡山市に避難した例がありました。ひどく汚染された飯舘村は20キロの外側だったので事故から1ヵ月後にようやく避難勧告が出ました。

posted at 17:50:13

10時間前

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

事故から3年たって2014年4月から避難指示の解除が始まったが。実効性が薄い。住民がほとんど帰ってないようだ。2016年12月のいまも、住民帰還はほとんど進んでないようだ。強制避難地域からの避難者はいまでも9万人いる。

posted at 18:48:30

10時間前

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

基礎科学が大事って大隅さんがことあるごとにゆってるのに、ノーベル賞授賞式を控えた今日のニュースでオートファジーがすぐにも役に立って助かる人がいるかのように伝えているNHKニュースって、どうよ?

posted at 19:20:45

2016年12月09日(金)17 tweetssource

12月9日

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

・「チェルノブイリとは違う」は「デマ」
・「チェルノブイリのようにはならない」は「風評被害」。チェルノブイリに対して。

・「チェルノブイリと同じ。どちらも健康被害は出ない」が真。

posted at 05:44:41

12月9日

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

ピコ太郎のPPAP動画のYouTube再生回数はまもなく1億回になる。2年前に登山者が撮影した御嶽山噴火の再生回数は1000万回だった。8年前に私が置いたキラウエア溶岩動画の再生回数は30万回だった。

posted at 06:11:38

12月9日

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

平原綾香のJupiter再生回数は2000万回。おや、AKB48の動画で1億回超えがあるぞ。2013年10月公開だ。もうひとつ2010年9月公開動画は1億3000万回だ。2014年2月のアナ雪も1億2800万回だ。1億回超えはめずらしくないのか。

posted at 06:15:55

12月9日

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

報道ヘリはその日のうちに何機も御嶽山頂に行ったんだ。「呼びかける内容や、携帯電話などに配信するメールの文面をあらかじめ決めておくことが重要」なんてことはまったくない。そんなの全然役に立たない。

posted at 12:53:55

12月9日

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

内閣府や気象庁がなすべきことは他者の情報発信を改善させることではない。発信すべき情報を、間に合うように自分が直ちに獲得する能力を身につけることだ。火山の専門知識が乏しいのは市町村でない。内閣府と気象庁、あなたたちだ。

posted at 13:03:59

12月9日

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

御嶽山2014年9月27日噴火で気象庁は、監視カメラの映像で火砕流を見てもそれが火砕流であるとわからなかった。翌朝ヘリコプターで上空から現地を見た火山防災官が記者会見して火砕流であることを否定までした。しかし、夕刻に火山噴火予知連絡会の会合が開かれて火砕流だと認めた。

posted at 13:14:59

12月9日

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

火砕流と呼ぶかどうかは問題の本質でない。この噴火で大勢の登山者が負傷して救助を待っているだろうと想像できるかどうかが問題だ。驚くべきほどにその能力に欠けている。

posted at 13:35:34

12月9日

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

大前提として、この手引きにしたがってやっても避けられない死がある。火山の噴火は予知できないとはっきり書いたほうがよい。まるで、この手引きにしたがってやれば火山の噴火で死ぬことがなくなるかのようにつくられているところが、いやだ。

posted at 14:20:06

12月9日

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

火山の噴火で死ぬのは避けられない。しかし、この手引きにしたがえば、もしかすると助かる命があるかもしれない。こういう考え方でつくってほしいものだ。

posted at 14:21:09

12月9日

@HayakawaYukio

Y. Hayakawa@HayakawaYukio

「チェルノブイリ事故の経験が示唆するものは、放射線被曝による甲状腺がんの増加は、まず事故時に非常に若い年齢(ゼロ歳から 4 歳)であった児童に発見されるということである。」

これってホント?まあ4歳児以下だけみてれば、まずそこで発見するので間違っていないのだろう。

posted at 20:22:34

このページの先頭へ