情報更新

last update 01/22 02:16

ツイート検索

 

@Historyoflife
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@Historyoflife

内村直之@Historyoflife

Stats Twitter歴
3,068日(2009/08/30より)
ツイート数
18,923(6.1件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年01月20日(土)6 tweetssource

2018年01月15日(月)1 tweetsource

2018年01月14日(日)4 tweetssource

2018年01月12日(金)9 tweetssource

2018年01月11日(木)4 tweetssource

2018年01月10日(水)1 tweetsource

2018年01月08日(月)1 tweetsource

1月8日

@Historyoflife

内村直之@Historyoflife

「機械学習の実用的な量子アルゴリズム」とIBMQシステムの解説にあったけれど、具体的に誰が一回がつしたのか、どなたかご存知でしょうか?

posted at 13:54:08

2018年01月07日(日)27 tweetssource

1月7日

@Historyoflife

内村直之@Historyoflife

と、同時に、大学の人を選ぶ基準を国定標準試験にすることの危険性があるでしょう。それは理系科目よりも文系科目で著しくなると思う。国語教育のイデオロギー性は石原千秋さんなどが指摘していますね。もう一回入試ということをじっくり考え、高校教育を見直すことも必要だと思うのです。

posted at 21:38:01

1月7日

@Historyoflife

内村直之@Historyoflife

センター試験改革の話が出ていますが、あれは大学入試のかなりの部分をあれに代えようという話だろうと理解しています。私立もそれを使っていくのではないかな。欲しい人材をきちんととるには記述式がいいのですが、その採点・評価をする人力が残っている大学は多くない。阪大さえもそうなのですから。

posted at 21:34:13

1月7日

@Historyoflife

内村直之@Historyoflife

阪大入試ミスの問題は、入試改革にかかわるのです。センター試験のようなスクリーニング試験では、結果のみ、マークシートも許されるとぼくはおもいます。僕の受けた東大一次もそうでした。しかし、最終的な試験では記述式試験を本当はやるべきです。おそらくそこまでできる大学は数える程でしょうね。

posted at 21:28:02

1月7日

@Historyoflife

内村直之@Historyoflife

大阪大学が記述式の試験を採用していれば、受験生がふた通りの把握をしていることが、答案の採点中に明らかになっているはず。そのチェックは、記述式の採点をやるときの定石でしょう。ずっと記述式のはずの東大では起こらない話と見ます。そんなことをやっているツケがきたと思います。

posted at 21:19:02

1月7日

@Historyoflife

内村直之@Historyoflife

波動の固定端、自由端って、のちの偏微分方程式の境界値問題につながりますから、そうやさしくはない。それをスピーカーではなく、音叉という音源で出すからややこしくなったと思う。

posted at 20:47:22

1月7日

@Historyoflife

内村直之@Historyoflife

鈴木達治郎さんの「核兵器と原発」を手にした。パグウォッシュにも参加しておられたのか。昔、小川岩雄
さんの惜別を書いたことを思い出した。

posted at 18:09:19

1月7日

@Historyoflife

内村直之@Historyoflife

阪大の問題、敬愛する物理学者たちがワイワイいう難問。問題は、固定端の音波の反射は結構面倒。答えを書くだけで、筋道を追った採点はしていなかったようで、その辺にも問題がある。筋道を追うように答案があれば、どういう問題があるか見えてくるはず。最後の正解のみ見るだけ、という姿勢が問題。

posted at 13:30:36

このページの先頭へ