Twilog

 

@KOBEKONCHU

神大むし研@KOBEKONCHU

  • 233フォロー
  • 1,695フォロワー
  • 71リスト
Stats Twitter歴
2,581日(2010/04/05より)
ツイート数
7,833(3.0件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年04月27日(木)6 tweetssource

4月27日

@KOBEKONCHU

奥山雄大(ver.関西)@yokuyama

まだまだ布教が足りないな。チャルメルソウはミカドシギキノコバエだけ、コチャルメルソウはフタマタキノコバエなど数種の昆虫だけを花に呼び寄せて花粉を運んでもらいます。花の写真は花粉を運ぶ昆虫とセットで撮ると、全く違う世界が浮かび上がる世界だ。 pic.twitter.com/af997WnO4F

Retweeted by 神大むし研

retweeted at 10:32:17

2017年04月26日(水)1 tweetsource

2017年04月25日(火)1 tweetsource

2017年04月24日(月)2 tweetssource

2017年04月23日(日)1 tweetsource

4月23日

@KOBEKONCHU

Yoshiaki Hashimoto@Anthunter1212

シロアリはアリの足音を盗聴するという論文.シロアリが振動音を仲間との交信に使っていることは知られていたが,襲来するアリの足音も聞き取る能力もあったとか.アリの足音はシロアリの百倍も大きいので早々に危機を察知できるらしい.盗人騒々しい onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/el

Retweeted by 神大むし研

retweeted at 14:13:17

2017年04月22日(土)3 tweetssource

2017年04月21日(金)1 tweetsource

2017年04月20日(木)2 tweetssource

2017年04月19日(水)1 tweetsource

4月19日

@KOBEKONCHU

総合地球環境学研究所(地球研)@CHIKYUKEN

【プレスリリース(研究成果)】『淡水・汽水・海水 どこでも魚に寄り添う生き物―「ウオノエ」の起源は深海だった』魚類に寄生して生活しているウオノエは、深海に生息していた共通の祖先から進化した可能性が高いことを初めて示しました。詳しく→www.chikyu.ac.jp/publicity/news pic.twitter.com/5nRHyJA2om

Retweeted by 神大むし研

retweeted at 18:08:42

2017年04月18日(火)1 tweetsource

2017年04月15日(土)4 tweetssource

2017年04月14日(金)5 tweetssource

2017年04月13日(木)7 tweetssource

4月13日

@KOBEKONCHU

神大むし研@KOBEKONCHU

今日は研究室の新歓コンパを学生部屋で行いました。ピザでお腹を満たした後は、たこ焼きを焼いては食べながらの飲み会でした。

posted at 21:54:29

4月13日

@KOBEKONCHU

ゆきまさかずよし@Kyukimasa

農業アリ(巣でキノコ育てるハキリアリ)は熱帯雨林地方で生まれたと考えられていたけど、系統分析でみると乾燥地域のアリが始めた可能性高いのだそうだ
rspb.royalsocietypublishing.org/content/284/18
熱帯雨林のほうがキノコ育てやすそうだけど、共生するように過酷環境が圧力として働いた気も pic.twitter.com/JBVdtbHY6c

Retweeted by 神大むし研

retweeted at 09:03:32

2017年04月12日(水)4 tweetssource

2017年04月10日(月)2 tweetssource

2017年04月09日(日)1 tweetsource

2017年04月08日(土)5 tweetssource

4月8日

@KOBEKONCHU

tKobayashi@tkobayashi925

【論文メモ】幅広いニッチを占める個体群は特殊化した個体の集合からなるという仮説の検証。窒素安定同位体比から推定した餌ニッチ幅をスズメ目鳥類12種で比較した結果、総ニッチ幅が広い個体群(種)ほど各個体の占めるニッチ幅の割合は小さかった。dx.doi.org/10.1002/ecy.1769

Retweeted by 神大むし研

retweeted at 14:02:07

2017年04月06日(木)3 tweetssource

4月6日

@KOBEKONCHU

神大むし研@KOBEKONCHU

本年度最初の輪読は『Insect Ecology: Behavior, Populations and Communities』(2011)Part IIIの5章の続き。植食性昆虫の種間におけるプラスまたはマイナスの間接効果など。

posted at 21:14:44

4月6日

@KOBEKONCHU

神大むし研@KOBEKONCHU

本年度は、5名が大学院修士に進学(内部進学1名、他研究室から1名)、2名が博士課程に進学(内部進学1名、他大学院から外国人留学生1名)しました。

posted at 13:41:40

このページの先頭へ