情報更新

last update 10/19 21:27

ツイート検索

 

@K_masafumi
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

Stats Twitter歴
4,185日(2010/05/07より)
ツイート数
38,454(9.1件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2021年10月19日(火)17 tweetssource

11時間前

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

今日は久しぶりに、「おなかにあかちゃんがいます」の女性に席をかわった。
高木先生が作った「あかちゃんがいません」の方のバッジじゃないか、ちゃんと確認したけどね(笑)。

posted at 20:46:18

13時間前

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

世の中、1つダメだったら、全部ダメという評価をするけど、オールマイティな人なんておらんのよね。

仕事はできても、親としてはダメ。
いい父親(母親)だけど夫(妻)としてはダメ。
指導者としてはいいけど、経営はダメ。
東大でてても、料理はダメ。
なんていくらでもある(笑)

posted at 18:47:53

14時間前

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

言ってないのに言ったことにして叩く。
擁護してないのに擁護したことにして叩く。

つまり、相手を真っ黒に塗って叩くというのは、典型的なヘイトの手法で、最近ではあちら側の○○鬼の手法だよね(笑)。

posted at 17:30:21

14時間前

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

父として最高といえば、例えば、イチロー選手を育てた父親だけど、仮に、その父親が、働かないで家に金も入れず、そとに女性をつくるような人(=夫として最低)であったとしても、父として最高という評価はあり得るよね。

posted at 17:24:43

14時間前

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

そもそも、ひどい面前DVがあれば、同居時から親子関係もうまくいっていないわけで、同居時に親子関係がうまくいっているということは、そういう状況にないという推定が働くよね。

posted at 17:24:42

14時間前

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

面前DVなんて一言も言っていないのに、さも面前DVを擁護しているようなコメントがたくさんくるのだけど、なんで?

そもそも、子に悪影響のある面前DVがなされたら、「父(母)として最高」には当てはまらないだろう。

(説明から)当たらないものを、当たるとして批判するのは、ヘイトの手法だよね。 twitter.com/K_masafumi/sta

posted at 17:24:42

10月19日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

要するに、人であることと、人として扱われることが意味するものの次元は、資本主義の経済システムに組み入れられていない。そのような近視眼的なシステムが生活の他の面も支配することはいかなる社会にとってもよくない。

posted at 06:53:43

10月19日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

今日、マネジャーが大きな利益を出しながら、労働者を解雇することは、社会的にも道徳的にも許されないと信じる。社会として、ミドルマネジャーと労働者の間にこれが作り出す侮辱のため、多くを支払う。

posted at 06:53:43

10月19日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

例えば、私は、しばしば、マネジャーに、憤りと士気の低下が会社に打撃を与えるのを望まないのであれば、上級エグゼクティブと一般のホワイトカラー従業員の間の給与比率は、20対1を超えるべきでないとアドバイスした。

posted at 06:53:43

10月19日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

私は自由市場に賛成である。それが申し分なく機能しないとしても、それ以外のものは機能しない。しかし、それは、経済を最も大切なものと偶像視する⇒私はシステムとしての資本主義に重大な留保をつける。それ(資本主義)は一次元のものである。

posted at 06:53:42

2021年10月18日(月)20 tweetssource

10月18日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

茶釜鬼がまたデマを書き込んでるのだけど、ほんと勘弁してほしい。

「川村弁護士をはじめCherry blossom桜の会Cherry blossom、写真に写ってる方々の最終目的は「連れ去りの厳罰化」」って、私は、連れ去りではなく、その後の断絶が問題だって言ってきたのだけどね。

posted at 23:25:36

10月18日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

(それは)共同親権ではなく、共同監護だと因縁をつける人がいるから書いておくけど、私は「離婚後の子の養育に両親が関与するシステム」という意味で「共同親権」を使っていますからね。

重要なのは「離婚後の子の養育に両親が関与するシステム」で、それが欧米にはあるけど、日本と北朝鮮にはない。

posted at 18:52:45

10月18日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

妻(夫)にとってどんな夫(妻)だったかは問題ではない。
大事なのは、子にとってどんな父親(母親)だったか。

後者に問題がなければ、同居時と同じく、親子の絆が維持されるべき。

posted at 17:00:31

10月18日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

(離婚で)夫婦でなくなっても、親子は親子。
だから、離婚しても、親権は認められるべき。

離婚後単独親権(=親の一方にしか親権を認めない)はその親子関係を断絶する法制。
それがおかしいと思う人は、共同親権に賛成する候補者に入れてほしい。

ちなみに、欧米は共同親権で、北朝鮮は単独親権。

posted at 12:48:16

10月18日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

「私は、罪深き弁護士を見過すことができないだけです…」って
ブンブクさんって、全知全能の神なのかも知れん(笑)。

日本の弁護士なんて相手にせず、共同親権を導入する欧米や、親の子についての基本的人権を認める、米国最高裁に文句言えよ。そっちの方が巨悪だろうに(笑)。

posted at 09:50:22

10月18日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

子にスポーツをさせることの意味の1つは、負けを経験できることだと思う。
練習でも負け、大会にでたら優勝者以外、全員負けて終わる。
(同じ才能であれば)努力は裏切らないが、圧倒的な才能の差を見せつけられることもある。
不条理を知るのだよね。
だから、弱者への共感が育つ。

posted at 09:23:44

10月18日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

ぶんぶくさんは、ご存じないかもしれませんが、東大卒の、めっちゃ優秀な憲法学者だそうですよ。
ぜひ、ぶんぶくさんから頼んでみてください。

私がいくら聞いても憲法論をしてくれませんけど、ぶんぶくさんが聞けば、教えてくれるかもしれません(笑)。

posted at 08:10:39

10月18日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

ぶんぶくさんが、
「川村弁護士のミスリードが野放しになってることに対し諫言できるのは憲法学者ですが」って書いているのだけど、ぜひメディアで有名な憲法学者の木村草太先生に、親子の憲法論を示すよう言ってよ。

私が聞いても、憲法論をしてくれないから(笑)。

posted at 07:54:16

10月18日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

資本主義は、それゆえ、経済領域に独立と自治を与えなくてはならず、それは経済活動は非経済的な考慮に服従するものであってはならず、より高い位置になくてはならないことを意味する。経済発展は社会的繁栄を約束するため、全ての社会的エネルギーは経済目的の推進に集中されなくてはならない。

posted at 07:45:54

10月18日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

資本主義者の信条は、それによって理想の自由で平等な社会が自動的に実現する手段として、利益動機を積極的に評価した最初で唯一の社会的信条である。全ての従前の信条は利益動機を、社会的に破壊的な、あるいは少なくとも中立的なものとみなした。

posted at 07:45:54

10月18日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

資本主義は私的利益を社会的行動の最高の支配者の座につかせる結果として自由で平等な社会を期待する。資本主義が「利益動機」を発明したわけではない。利益は常に個人の主たる動機づけの1つであり、人が住む社会秩序に関係なく、常にそうであり続ける。

posted at 07:45:53

2021年10月17日(日)16 tweetssource

10月17日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

年末にトライアウトのテレビを見ながら、プロは厳しい世界やと思ってたけど、日ハムやと、活躍しなくても、お金をもらいながら、10年以上野球ができて、引退セレモニーまでしてもらえるのか。
知らんかった・・・。

posted at 20:40:33

10月17日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

Custody だの Authority だのにこだわる人がいるけど、
大事なのは、離婚後の子の養育を両親が共同でするシステムが備わっているかどうかなのだから、
それをまとめて(=CustodyもAuthorityも包含する概念として)共同親権と呼んで
何の問題もない。

バカの言葉遊びに付き合う必要はない。

posted at 07:31:28

10月17日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

社会の批判者である宗教は、神とともにある魂の国である真の神の国を捨てることなしに、いかなる社会も社会プログラムさえも、受け入れることはできない。そこに、社会の良心としての教会の強みと政治的/社会的力としての教会の弱みがある。

posted at 06:00:31

10月17日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

人々は、この世界を捨てる用意ができておらず、救済を期待するなら、現世の救済を求める。そして教会、特にキリスト教の教会は、「社会的福音」を、伝道できるしすべきである。しかし、それは、政治を神の恵みにかえ、社会科学を贖罪に替えることはできないし、すべきでない。

posted at 06:00:30

10月17日

@K_masafumi

川村真文(弁護士 大阪)@K_masafumi

「経済人の終焉」(ドラッカーの本)は、教会は、ヨーロッパ社会とヨーロッパの政治のための基盤を提供しないという結論に達した。宗教は、「個人の」絶望と存在に関する苦悩への答えを提供し得るが、「集団の」絶望への答えを提供しない。この結論は今日でも妥当すると懸念する。

posted at 06:00:30

このページの先頭へ