情報更新

last update 12/18 08:54

ツイート検索

 

@K_misa_maguro
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@K_misa_maguro

琴瀬美沙@K_misa_maguro

  • 422フォロー
  • 733フォロワー
  • 68リスト
Stats Twitter歴
2,868日(2010/02/11より)
ツイート数
58,015(20.2件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年12月18日(月)1 tweetsource

2017年12月17日(日)26 tweetssource

12月17日

@K_misa_maguro

た お@TaoTeChingLaozi

平成29年度奈良県職員採用選考試験案内(任期付職員) 。。毎年恒例となっている文化資源活用課任期1年学芸員の募集。。「美術館または博物館での実務経験を有し、仏像等の文化資源の活用について実力と熱意のある人」活用ねえ、まずは常勤学芸員が必要だと思うよ。。PDF www.pref.nara.jp/secure/14844/2

Retweeted by 琴瀬美沙

retweeted at 00:05:28

21時間前

@K_misa_maguro

琴瀬美沙@K_misa_maguro

いや、文アルの図書館って一般向けの公共図書館としても稼働しているらしいから、だったら今朝みたいな雪だったら文豪総出で雪すかし必至でしょうという妄想です

posted at 13:01:18

17時間前

@K_misa_maguro

朝日新聞読書面@asahi_book

倒叙モノの連作集『皇帝と拳銃と』(倉知淳)は末國善己さんの書評。倒叙ミステリーとは「犯人が殺人を実行し、探偵役が完璧に見える犯罪計画のミスを暴く」作風。「本書は倒叙ものながら、動機、犯行方法など計画の一部が隠されている。これが謎解きをより興味深くしている」
www.asahi.com/articles/DA3S1

Retweeted by 琴瀬美沙

retweeted at 17:16:10

17時間前

@K_misa_maguro

K島氏@blue_airship

“倒叙”って世間にはあまり認知されていない言葉だと思っているんですが(だから〈刑事コロンボ〉というタイトルと組み合わせて使用することが多くなる)、〈古畑任三郎〉の功績もあってこの形式の人気はかなり高いので、いまは案外だいじょうぶなのかも知れませんね。

Retweeted by 琴瀬美沙

retweeted at 17:16:19

17時間前

@K_misa_maguro

K島氏@blue_airship

とはいえ矢張り、説明なしで帯などに使用するのは少々躊躇われる。“フーダニット”や“コン・ゲーム”などもそう。“フーダニット”という言葉をどうしても使いたかった際は、“犯人探し”という言葉に“フーダニット”とルビを振りました(貫井徳郎氏の『プリズム』文庫版の帯です。『プリズム』大好き)。

Retweeted by 琴瀬美沙

retweeted at 17:16:22

17時間前

@K_misa_maguro

琴瀬美沙@K_misa_maguro

「倒叙もの」と「叙述トリック」が字面のためか混同されがちなのと、「最初から犯人が分かっているから『ミステリー』ではない」という言説がまだ息をしているのを見るに、「倒叙」という言葉自体の知名度は今一つと言わざるを得ない >RT

posted at 17:20:05

17時間前

@K_misa_maguro

琴瀬美沙@K_misa_maguro

農業用水に使われているので「身投げしたら水が汚れて気分が悪いよね」と思い止まった川、最近上流で何か工事しているらしくて土砂が流れ込んで濁りまくってるの、なんだか馬鹿馬鹿しくなってしまった

posted at 17:41:00

16時間前

@K_misa_maguro

西@或る図書2/オ45b/手のひらの金魚@daily_nishi

文豪の妻による文豪についての書きものって数多あると思いますが、織田の内縁の妻である昭子さんの「わたしの織田作之助」は内容も大好きですが、タイトルも好きです。文豪についての書きものってわりと「~のおもいで」とかそういうタイトルが多いんですが、昭子さんのは彼女だけの彼感がすごい。

Retweeted by 琴瀬美沙

retweeted at 18:47:45

13時間前

@K_misa_maguro

西@或る図書2/オ45b/手のひらの金魚@daily_nishi

犀星んとこに中野さんが訪問したのは、たまたま犀星が金沢におりたまたま中野さんが四高生だったから実現したんだと思うんですが、犀星とたっちゃんの出会いもたまたま犀星の近所に共通の知り合い(たっちゃんの学校の校長先生)がいたからなんだよなあ。

Retweeted by 琴瀬美沙

retweeted at 21:37:42

13時間前

@K_misa_maguro

わきち@12/30東ク30a@koseido

大河はそろそろ、戦国と幕末と源平から視線を外しなさい。
卑弥呼とかやりゃーいいじゃんよおおお!
天武・天智のあたりやろーよおおおおお!
うつくしー女優さんを額田王にして、君が袖ふろうぜエエエエエ!!!

Retweeted by 琴瀬美沙

retweeted at 21:45:13

13時間前

@K_misa_maguro

琴瀬美沙@K_misa_maguro

「井伊谷は緑なりき」って宝塚の風と共に去りぬ? と一瞬思ったんですが違うみたいだ。「故郷は緑なりき」という映画があったんですね。(宝塚の風と共に去りぬは「故里は緑なり」)

posted at 21:55:56

2017年12月16日(土)39 tweetssource

12月16日

@K_misa_maguro

津原泰水@tsuharayasumi

『ピカルディの薔薇』の表題作は、中井英夫『虚無への供物』トリビュート作として記したので同作の圧縮版なのだが、不思議と気付く人は少ない。発表後、中井さんの担当だった宇山日出臣さんから御礼の葉書が届いた。元々かもしれないが字が非道く震えていて、やがて彼も亡くなってしまった。

Retweeted by 琴瀬美沙

retweeted at 16:27:38

12月16日

@K_misa_maguro

琴瀬美沙@K_misa_maguro

頭が回らなくて文章が書けないし、資料を見てからと思っても、まとまった文章が読めないのがつらい。仕事にならん。

posted at 17:28:20

12月16日

@K_misa_maguro

安達裕章 3日目東ナ54a@adachi_hiro

『アルスラーン戦記』最終巻も出たんで、つらつらとネットを見ていたら、長年の愛読者で「田中芳樹作品は、誰が死ぬかを書かれてもネタバレとは思わない。誰が生き残るかを書かれるのは勘弁」という人がいて、なるほど、と思ったんだ。

Retweeted by 琴瀬美沙

retweeted at 17:33:56

12月16日

@K_misa_maguro

ぷかさん@Pukasan

写真の、参加してきました。先月はたっちゃん連れてったので今月のお供はこちら。犀さんの、カリスマとは違った人柄の魅力が伝わりましたです。散歩も、驢馬坂とかsgjも歩いたのかなとか妄想できて楽しかったです。 pic.twitter.com/cKl4Hz91Fj

Retweeted by 琴瀬美沙

retweeted at 17:36:11

12月16日

@K_misa_maguro

きな子@_ki7co

田端に行ってきた話。

自分の誕生日に自分でお赤飯炊いてお祝いするさいせいさん。
190坪の土地に住むあくたがわさんと60坪で満足のさいせいさん。
さくたろさんを田端に呼んで、住む家を決めたのもさいせいさん。
震災で金沢に撤退するさいせいさんと、一度その空家にかんかんを呼ぶあくたがわさん。

Retweeted by 琴瀬美沙

retweeted at 17:43:20

12月16日

@K_misa_maguro

きな子@_ki7co

そしてかんかんが田端の庭を荒らしていないか、金沢から偵察を送るさいせいさんと居留守を使うかんかん。
鰻屋帰りに「僕と犀くんより僕と朔くんの方が仲良し」的なことを口走るあくたがわさんと、それに「友達を天秤にかけるやつは最悪だ」的な怒り方を、なぜかさくたろさんにするさいせいさん。

Retweeted by 琴瀬美沙

retweeted at 17:43:23

12月16日

@K_misa_maguro

たなか@amanakatama

田端行けなかったので別の文士村の図書館行ったら、あっ、あーー!
初版の復刻版とか初版本を使って装丁について講演が行われる感じかな。復刻版の編集制作に関わった方が講師なので面白い話が色々聞けそう。
あと近くの和菓子屋がコラボお菓子を出してます。店のマダムがどら焼きを推してたのでぜひ。 pic.twitter.com/AsZd73uQZq

Retweeted by 琴瀬美沙

retweeted at 20:11:14

12月16日

@K_misa_maguro

たなか@amanakatama

昨日から受付開始してて、宣伝よろしくお願いしますね〜〜な感じで先着50人の事前申し込み制だったので興味ある人に届けばいいなあ〜。初めて名著復刻全集という存在を知ったよ…!
和菓子屋は練り切りのサンタと黄金焼も自信作だから宣伝よろしくね〜!と託されたので、ぜひお土産にどうぞ。

Retweeted by 琴瀬美沙

retweeted at 20:11:19

12月16日

@K_misa_maguro

円居挽@vanmadoy

以前Twitterで友人という単語を使ったところ、「それってもしかして恋人の言い換えですか?」という質問が異次元から飛んできて驚いたことがあります(オレはアイドルか何かか?)

Retweeted by 琴瀬美沙

retweeted at 20:31:32

12月16日

@K_misa_maguro

琴瀬美沙@K_misa_maguro

あれで当時、本当に作中の語り手みたいな女子大生が書いてるのでは、と言われたらしいのがどうにも信じられないんだよな >北村薫

posted at 20:48:38

12月16日

@K_misa_maguro

まこ@mako_0722

伊集院大介、京極堂のスピンオフシリーズ「薔薇十字叢書」みたいに、複数の作家が一巻ずつ書いてくれても嬉しい。わたしは近藤史恵と桜庭一樹を希望します。

Retweeted by 琴瀬美沙

retweeted at 22:20:32

12月16日

@K_misa_maguro

琴瀬美沙@K_misa_maguro

時々思い出しては一人で笑ってるエピソード

「徳田秋聲の下宿にやってきて卵かけご飯を三杯食べる泉鏡花」

ちなみに卵かけご飯は卵一個に対してご飯が三杯の割合です

posted at 22:53:07

12月16日

@K_misa_maguro

琴瀬美沙@K_misa_maguro

これは完全に妄言なんですが、有栖川有栖の江神シリーズのキャラクター、織田光次郎の名前が「織田作之助+青山光二」に思えてしまって落ち着かない。

有栖川さんは大阪の人だし、織田作についてのエッセイやゆかりの地を扱った小説もあることはあるんですがね。

posted at 23:01:00

12月16日

@K_misa_maguro

琴瀬美沙@K_misa_maguro

@camelliascolor 文アルの鏡花さんは門下生時代がベースっぽいのに、どうして潔癖症の度合いは先生の死後準拠なんだろう、と思っていた人間です。潔癖症エピソードが有名過ぎるので仕方ないのですが、門下生時代はなま物を食べていた時期もあれば、秋声とそれほど酷い不仲ではなかった時期もあるんですね。

posted at 23:18:35

12月16日

@K_misa_maguro

よしの@catsummer

こんなこと言ってるの誰だろうと思ったらやっぱり中村真一郎先生だった……ガチのはるお信者で春夫全集の月報で「はるおは何書いても面白いの!」って力説してたけど全集完結前に亡くなってしまったあのS中村先生……(←はるおによる呼び方。なおM中村は中村光夫)

Retweeted by 琴瀬美沙

retweeted at 23:31:14

12月16日

@K_misa_maguro

よしの@catsummer

国書刊行会の日本幻想文学集成ではくちょ先生の巻を担当した編者の人が「まさむねはくちょうで幻想小説とかどうしろっちゅうねん!ていうか最初にはくちょうは幻想小説作家とか言いだした奴誰だ!」って犯人捜ししたら中村真一郎の文章だった、ってところ笑った。独自の世界観を持ってる中村先生……

Retweeted by 琴瀬美沙

retweeted at 23:31:16

12月16日

@K_misa_maguro

琴瀬美沙@K_misa_maguro

田端文士村と言ったときに、中井英夫世代まで来ると若すぎて文士村メンバーから外されてる気がするんだ。中村真一郎は堀辰雄の弟子だから直接繋がってるのだけども。

posted at 23:39:51

このページの先頭へ