情報更新

last update 08/24 05:44

ツイート検索

 

@KrtRysk
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

  • 859フォロー
  • 1,002フォロワー
  • 19リスト
Stats Twitter歴
2,670日(2010/05/04より)
ツイート数
7,651(2.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年08月24日(木)1 tweetsource

2017年08月23日(水)1 tweetsource

8月23日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

どこから入り込んだのか、先ほど部屋でヤモリをみかけた。今はどこに潜むのか不明。あまり得意な形状の生き物ではないが、害虫を食べるらしいので、駆除するだけ駆除してもらって、速やかかつ静かにお引きとり願いたい。確か割と甲高い声で鳴くという記憶がある。

posted at 00:49:03

2017年08月22日(火)3 tweetssource

8月22日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

明日は荒俣宏原作・実相寺昭雄監督・林海象脚本の大作「帝都物語」(1988)を観に行こうと考えていたが、ネット視聴可能とわかったので、部屋の片づけに専念。ようやく採点は落ち着いたものの、昔と比べて、なにせ休みが少ない。というより、年々削られ、短くなっている。麦わら帽子はもう消えた。

posted at 21:46:28

8月22日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

昨日の深夜枠「タイタンの闘い」、2日連続の午後枠「トゥームレイダー」をナガラ観してしまったが、「インディ・ジョーンズ」以下、ヒーロー/ヒロインが魔界を探訪するような映画の系譜は根強く継承。西洋古典的ドラマツルギーともいえるが、エキゾチックな異文化理解の画像という意味で興味がわく。

posted at 21:29:15

2017年08月21日(月)1 tweetsource

8月21日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

昨日は錦糸町で「すみだジャズ」。8回目らしいが、もはや夏の定番。割と高頻度で訪問。ゴダイゴのタケカワユキヒデ氏、サルサのデラルスほか。浅草ジンタは観損ねた、ハイネケンの舞台は主に勢いある新進系。会場が分散しすぎて網羅できないのが難。タイ通の友人夫婦らが一緒。現地ビールうまかった。

posted at 20:46:06

2017年08月19日(土)2 tweetssource

8月19日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

スカイツリーのお膝元、押上に寄った。新旧の対照が乙な街。著名モツ焼き2店は着席待ちの列。すぐに諦めてトンカツ屋。今日はカツ丼を食べただけだが、海鮮の充実が半端なかった。関東ではめずらしく鱧もあったし、岩ガキがうまそう。刺し盛り980円とあったので、いずれカウンターで一杯いきたい。

posted at 23:49:17

8月19日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

唐十郎初監督映画「任俠外伝 玄界灘」(1976)。若き根津甚八、石橋蓮司、小林薫らも顔を揃える。紅テント以降、第七病棟、新宿梁山泊など系列劇団も観てきたが、やはりアングラ調。松本清張の引用どおり、同根でありつつ、海を挟んで歪な日韓関係。李麗仙の熱演。国境を脱構築する旅客機の轟音。

posted at 23:36:36

2017年08月18日(金)2 tweetssource

8月18日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

ランチの定番といえば、アジフライ。先週末、京橋で食べた松輪産は絶品。東京湾を挟んで内房の黄金鯵も秀逸だが、最高の素材をプロが揚げるのだから、うまいのは当然。70限定で行列必至らしく、フリーの着席は幸運か。漬けの小鉢は頼み損ねたものの、大根おろしと山葵でサクッ。油もいいのであろう。

posted at 00:39:09

8月18日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

月頭まで早稲田演劇博物館で山田太一氏の企画展が開催された。目下、脳出血で執筆停止とのこと。高校時分より大ファンの私は、上京後、学園祭の講演を拝聴した。数年前、木下恵介監督特集トーク後に無理やりご挨拶。少し怪訝そうなご様子ながら、一連の名作はこの人から生まれたとの想いを新たにした。

posted at 00:09:09

2017年08月17日(木)1 tweetsource

2017年08月15日(火)1 tweetsource

8月15日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

松商学園がめずらしく1回戦を勝ち抜いたので、たまにはワンセグ視聴しようとスタンバっていたが、なんと早朝に順延が決定していたのか。時間を無駄にした。雨の降らない日がない8月。この天候不順、どうにかしてくれんかね。靴には水が入るし、洗濯物は乾かない。あまり続くと、農作物にも悪かろう。

posted at 10:58:39

2017年08月14日(月)1 tweetsource

8月14日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

10年ほど前、「よっちゃん食堂」で中落ちを頼んで以来、浦安魚市場で朝食。お盆の日曜で中華屋なども混んでいたが、カウンターのみの店。一応、寿司屋らしいが、朝呑みオヤジやカップルが多数。「石原さとみ効果」なる言葉が聞こえたし、メトロCMにも出たっぽい。活〆の刺身や牛小鉢は確かに美味。

posted at 02:12:27

2017年08月13日(日)1 tweetsource

8月13日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

今朝、久々に築地。火事の後遺症は不明。中国人家族ほか、観光化がさらに加速。業務も同時進行なので、よく事故が起きない。やはり割高。私は路地裏しか行かないし、街外れでパンと弁当を買うにとどめた。昨年、富良野で中国人旅行者の多さに驚いたが、「狙った恋の落とし方。」がブーム発端と知った。

posted at 00:34:31

2017年08月12日(土)5 tweetssource

8月12日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

瀬川昌治監督「喜劇初詣列車」(1968)は松竹ならぬ東映作品だが、後続「寅さん」を予感させる様式。渥美清演ずる主人公は車掌の定職につき、妻子もいるが、妄想の挙句、振られるのを承知で薄幸のヒロインに尽くす。越後湯沢スキー、前衛アングラ、新宿フーテンの時代相。方言。伊勢神宮で大団円。

posted at 23:45:47

8月12日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

浦安は市場町。昨日、徘徊の末に寄った立ち飲みはセンベロそのもの。ヤンキー漁師風の女子店員による接客は少し癇に障ったが、ともかく安い。サヨリ天150円も三尾。最も高い樽酒300円はイマイチながら、モヒートほかカクテルも大半が200円。無論、ハッピーアワーじゃない。比べるなら晩杯屋。

posted at 23:08:44

8月12日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

山本薩夫監督「天保水滸伝」で農政学者の大原幽学を演じた平幹二朗の輝きたるや。大衆演劇等では平手造酒ほか飯岡vs笹川の対決が主だが、本映画ではむしろ従。世界初ともナレーションされる百姓組合が軸。土壌改良、果ては野良着も統一。「真人間になれ」。自己責任論もみせつつ、貫かれる性善志向。

posted at 02:24:01

8月12日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

「若者たち」(1966)。両親亡き後、叩き上げで弟妹4人を養ってきた長兄。学歴不在で苦労した分、三男や四男「ぼん」に進学を求める。妹が愛する男は被爆者。友人らの町工場は次々と倒産。実社会か理念か。金本位の時代、家長的言動に個々が反発しつつも認め合う様子に「ひとつ屋根の下」を連想。

posted at 01:50:57

8月12日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

遠藤周作は「母なるもの」で日本のマリア崇拝傾斜を描いた。「私の棄てた女」(1969)。学園闘争から社畜転向への時代、優しさを除けば何も残らない田舎娘ミツ。社長一族の令嬢ながら、出世も目論む不器用な男を支えるマリ子。伴侶は階級のステータスか。すべて許してくれる慈愛こそ失われた母性。

posted at 01:20:48

2017年08月11日(金)3 tweetssource

8月11日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

まずい。11日はおとなしく仕事に専念するつもりが、大衆演劇の定番「天保水滸伝」、遠藤周作原作の「私が棄てた女」ほか上映。しかも午前10時30分の開始とは。一応、夏休みだし、祭日だし、行くしかないのかな。起きられるかな、というより、眠れるかな。

posted at 01:54:16

8月11日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

池袋に向かう道中、中井駅や椎名町駅の周辺で飲食することが多い。かのトキワ荘が近かったこともあり、故赤塚不二夫氏らの足跡が随所で散見される。今日は和食屋で日替ランチ。夜はやや高め風で躊躇してきたが、すこぶるお得。串カツに付随した刺身はコチであろうか。思う以上の良店ということが判明。

posted at 00:27:03

8月11日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

ドキュメンタリー「上海 支那事変後方記録」(1938)と「戦ふ兵隊」(1939)。軍の委嘱、日中戦争直下で、プロパガンダ的ナレーションが皆無ではない。ただ、「兵隊さん」も人の子。激務間に映しこまれる少年少女らとの交流。笑顔のアップ。亀井文夫監督は後に治安維持法で検挙されたという。

posted at 00:09:29

2017年08月09日(水)3 tweetssource

8月9日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

松商の投手、青柳真珠。やはり「マシュー」なるファーストネームは聖書の「マタイ」に起因するのかな。以前、藤井隆が某番組でも名乗っていた。ちなみに県内に「青柳」という駅はある。

posted at 12:25:11

8月9日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

あれ、千葉ロッテの応援曲は土浦日大のほうかな。いずれにしても、なかなか迫力のあるブラバン。曲頭テンポのカウント、レイジー「赤頭巾ちゃん御用心」に入っているようなカウベルの音が安っぽくてショボいが。

posted at 11:21:38

2017年08月05日(土)1 tweetsource

2017年07月27日(木)1 tweetsource

2017年07月18日(火)1 tweetsource

2017年07月09日(日)1 tweetsource

2017年06月30日(金)1 tweetsource

2017年06月21日(水)1 tweetsource

2017年06月12日(月)1 tweetsource

2017年06月03日(土)1 tweetsource

2017年05月25日(木)1 tweetsource

2017年05月16日(火)1 tweetsource

2017年05月11日(木)1 tweetsource

5月11日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

火曜、昨年度に代講したゼミの新歓コンパに呼んでもらい、埼玉で授業後に出席。2次会の酒場にエンザラがあった。初めて食したのは房総だが、三浦半島や小田原でも存在を確認。スミヤキと呼ばれたりもする。グロテスクで市場に出回らないものの、焼いても煮ても美味。肉が弱いので、刺身は叩きに向く。

posted at 00:24:47

2017年05月09日(火)3 tweetssource

5月9日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

「殺されたミンジュ」(2014)。結局、犯罪の理由は不明。ただ、社畜、軍人、政治家といったトップダウンの記号。かたや鬱積のもとにテロを遂行する低賃金労働者やホームレスといったマージナルの記号。最大の弱者たる少女こそは慰安婦をも連想させる。主人公は傷ついた韓国そのものかもしれない。

posted at 01:10:05

5月9日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

「The NET 網に囚われた男」(2016)。「国より家族が大事」。小舟で魚を獲り、妻娘を養いたいだけなのに、南朝鮮でも北韓でも身勝手なイデオロギーに個人の尊厳を蹂躙される主人公。エンジントラブルで漂着したことから悲劇は始まる。各世代の記号。私怨や横領などの不正。両体制の矛盾。

posted at 01:01:06

5月9日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

午後の授業がなく、キム・ギドク作品2本立て。「悪い男」や「嘆きのピエタ」などと印象が異なり、社会意識が明確。ただ、「アリラン」ほかにみえる宗教性も反映。みずから福島事故を取材した「STOP」(2015)も気になる。感性的に同種の人間であると実感。しかし、マナーのよくない客が多数。

posted at 00:51:38

2017年05月08日(月)1 tweetsource

2017年05月04日(木)1 tweetsource

5月4日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

プエルトリコが破産申請って、マジっすか。米領といえども、実質、国のような土地。財政難は今に始まったことではないものの、行政がギブアップするというアクションはどうもピンとこない。残るのは何か。ドミニカ共和国のサントドミンゴからマヤゲスに船で渡った旅を思いだす。講義内容も改訂せねば。

posted at 12:33:01

2017年04月30日(日)1 tweetsource

4月30日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

窓を開けていたら、早くも蚊が入ってきた。五分の魂とはいっても、勝手に人の血を吸うなんざ、とんでもねえ野郎だ。容認できない。しかも近年、浮遊型というか、飛行経路の定まらない奴が多く、捕獲もままならない。これも突然変異、適者生存がなす「進化論」の結果であろうか。虫との住み分けは困難。

posted at 19:57:00

2017年04月29日(土)4 tweetssource

4月29日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

火曜、埼玉帰りに蒲田の立ち飲み屋。ここも本来は鰻串が売り。頭の身っぽい。老舗中の老舗だが、以前はいつも隣りの刺身酒場に入っていたため、まさかの初体験。先客も2組くらいながら、数十年はタイムスリップするような古き良き雰囲気。ポテサラほかアテは巨大冷蔵庫から取り出し、モツ煮は温める。

posted at 21:48:06

4月29日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

西武-ロッテのナイターはもつれやすく、過去、終電ギリギリで神経をすり減らすこと多数。昨晩も長時間の引き分け。断念で正解。鰻の何がうまかったって、絶妙のタレと焼き加減。今日は休講ながら、極限の疲れで惰眠。4月でランチ廃止の店があり、昼、菜の花としらすのパスタ。腕利きの若い衆に好感。

posted at 21:27:08

4月29日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

昨日、所沢ついでにドーム観戦したかったが、学生の質問も長引き、見送り。代わりにいわゆる食べログ4.0超えの鰻屋。予約なしであっさり入店。客は自分一人。ギターが置いてあったり、意外とカジュアル。三河産をその場で割き、焼く。まずいわけがない。安くもないが、近年のベスト。また食いたい。

posted at 21:12:42

2017年04月23日(日)3 tweetssource

4月23日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

金曜の晩、UFOらしき飛行物体を目撃。星と並んでも妙に明るく、点滅もなし。凄まじい高速で直行したと思えば、突如、鋭角に方向転換。航空機では不可能。急いでいたため、一部始終を確認しなかったが、数分後には消えた。真相不明ながら、宇宙とつながった気になり、何か荘厳な心もちに満たされた。

posted at 20:58:04

4月23日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

安息日。何もしないで心身を休める予定。巡り合わせで初級的な大人数授業が多く、疲労のピーク。ゆっくりと昼飯、掛川の蔵元で買った「葵天下」を舐める程度。ちなみに金曜、いつもの立ち飲み処に魅かれるアテがなく、はす向かいのモツ屋。サワーとナカで安上がり。肴の味もそこそこ。オヤジ度が高い。

posted at 10:22:01

4月23日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

昨夜は午前の出講後に机仕事。そのまま香港映画のオールナイトを観たかったが、昨年は徹夜のせいで右脚が麻痺。GWまで授業は続くし、見送り。代わりに高田馬場で軽く2杯。開店直後から何度か寄ったが、磨きがかかった。ホウボウや赤貝ほか選べる刺身3点盛りは5百円。生桜海老の卵焼きは感涙もの。

posted at 10:04:51

2017年04月20日(木)5 tweetssource

4月20日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

先週、昨年度の2年ゼミに所属していた女子学生とすれ違った。友だちと一緒で爽快な笑顔であった。今日はキャンパス近くのマルエツでアルバイトしている別の女子学生を店外からみかけた。嵐が大好きで一生懸命に追っかけをしている。思わず「頑張れよ」とつぶやきたくなった。出会いに恵まれていたな。

posted at 21:45:50

4月20日

@KrtRysk

倉田 量介 KURATA Ryosuke@KrtRysk

朝昼抜きとなり、唐木田の蕎麦屋で軽く2杯。やっぱりすげえや、ここの刺し盛り。炙りトロ鯖、鮫カレイ、サワラ、関アジで千円。ありえん。ピリ辛砂肝もイケた。酒も純米・吟醸でいいレア物を厳選している。

posted at 21:40:06

このページの先頭へ