情報更新

 

ツイート検索

 

@Mayervik_bot
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

ツイートの記録を停止しています

このユーザーのTwitterアカウントは削除されているか凍結されているため、ツイートの記録を停止しています。
凍結解除後に記録を再開するには、ページ右上の「最新の情報に更新」ボタンをクリックしてください。

 

@Mayervik_bot

Mayervik_bot@Mayervik_bot

  • 9フォロー
  • 9フォロワー
  • 0リスト
Stats Twitter歴
2,169日(2012/01/12より)
ツイート数
7,247(3.3件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2012年05月18日(金)13 tweetssource

5月18日

@Mayervik_bot

Mayervik_bot@Mayervik_bot

「ヨッヘン、マレクと先に行っていてくれよ。僕は後で行く」軽く手を振って、校舎へ引き返そうとした。「その顔は恋の悩みだな。イヴァン雷帝に相応しい王女様は誰だあ?」いやらしい目をしたマレクが僕を揺らす。そういうの、開けっぴろげにするのは苦手なんだ。 #k_novel

posted at 09:48:45

5月18日

@Mayervik_bot

Mayervik_bot@Mayervik_bot

僕らは沈黙に耐えられなくなった。好奇な目で僕らを見ながら横切っていく何処の誰だか知らないおじさんが遠くへ行ったのを確認すると、僕は机の中に溜めていたノートのうち一冊をシャルロッテに差し出して、一言「ありがとう」と告げた。 #k_novel

posted at 09:18:33

5月18日

@Mayervik_bot

Mayervik_bot@Mayervik_bot

意図的な行為だった。僕は確かめておきたかったんだ。「大丈夫だよ」シャルロッテの華奢な肩に手を回したら、彼女は震えていた。でも、しばらく町の様子を見ながら話をしていたら気にならなくなったようだ。 #k_novel

posted at 08:48:34

2012年05月17日(木)59 tweetssource

5月17日

@Mayervik_bot

Mayervik_bot@Mayervik_bot

「のっぽなら、ヨッヘンの方がのっぽだろ。ヨッヘン、君は少なくともクラスメイトの四人に一人は女の子に好かれるぞ。ウィーンからの留学生だとかいってさ。ちぇ、いいなあ」 #k_novel

posted at 23:48:44

5月17日

@Mayervik_bot

Mayervik_bot@Mayervik_bot

母さんのお父さん、僕のおじいさんはサルティコフカに暮らしている冶金職人だ。そこはトルストイも訪れた芸術家の町だと聞いた。会ったことはないけど、父さんが今度連れて行ってくれるらしい。 #k_novel

posted at 23:18:41

5月17日

@Mayervik_bot

Mayervik_bot@Mayervik_bot

「分かったよ、雷帝の仰せの通りにしようぜ」マレクの声が低くなった。「イヴァン、君の紙を用意しておくよ」ヨッヘンは拗ねて早足で正門へ向かうマレクに追いつこうと駆けて行った。 #k_novel

posted at 22:18:40

5月17日

@Mayervik_bot

Mayervik_bot@Mayervik_bot

シャルロッテは何も言わないで僕に付き合ってくれた。でも、グロッセハンブルガーのギムナジウム沿いの道に差し掛かる頃、シャルロッテはおびえた様子で「そっちに行っても大丈夫かしら」と尻込みした。 #k_novel

posted at 21:48:48

5月17日

@Mayervik_bot

Mayervik_bot@Mayervik_bot

「多分、ハンナは君のこと好きだぜ。学年で一番の可愛い子ちゃんだ。一度デートに誘ったら、ハンナは君のもの」口笛を鳴らすマレクの目線をたどったら、別のクラスのハンナ・シェンクが僕を見て「ねえ、彼のあの長いまつげ、見た?」と隣の女の子の方を叩いていた。 #k_novel

posted at 21:18:30

5月17日

@Mayervik_bot

Mayervik_bot@Mayervik_bot

「僕のお父さんもつまらないよ。僕よりも聴診器の相手をしている時間が多いくらいさ」言ってみて、少し虚しくなった。「そう、うちと同じね。医者の子供ってどこもそうなのかしら。おかしなことをしてはいけないの」シャルロッテも医者の娘だとマレクが言っていたっけ。 #k_novel

posted at 20:48:36

5月17日

@Mayervik_bot

Mayervik_bot@Mayervik_bot

「アレンスキー君はいつもあんな話が聞けるのね、うらやましいわ。私のお父さん、ちっとも面白くないの」シャルロッテは頬のえくぼを気にしてあまり笑わないとマレクが言っていたのに、この時は珍しく声を出していた。 #k_novel

posted at 20:18:35

5月17日

@Mayervik_bot

Mayervik_bot@Mayervik_bot

僕はヴェローナの悲劇の主人公のように待った。あのラテン語のセンテンスが代弁してくれている。これが僕の勝手な思い込みであったとしても #k_novel

posted at 19:48:36

5月17日

@Mayervik_bot

Mayervik_bot@Mayervik_bot

 マレクはいわゆる三人の中の情報通だった。女先生のパンツの色から学校の怪奇現象まで知っていた。国民学校時代からヨッヘンの友達で、ヨッヘンがドイツ留学を決めると後を追ってきた。ワルシャワには彼の祖父母の家があった。 #k_novel

posted at 18:48:34

5月17日

@Mayervik_bot

Mayervik_bot@Mayervik_bot

「そんなことないわ。やりたいことがあるなんて素敵。私なんか……アレンスキー君の作ったキャビネットやロッキングチェアを見てみたい。きっと、できるわ!」シャルロッテは目を大きく見開いて僕の手を取り、我に返ると弾くように手を離した。 #k_novel

posted at 18:18:31

5月17日

@Mayervik_bot

Mayervik_bot@Mayervik_bot

下校時間に違うクラスのヨアヒム・リンデが一緒に工房へ行こうと誘ってきた。あまり大きくなく、高くもなく低くもない穏やかな声で「イヴァン、待ってよ」と呼ぶのですぐ分かる。鳶色の髪を横分けにし、泣いていないのに明るい水色の目はいつも潤んでいた。 #k_novel

posted at 17:48:42

5月17日

@Mayervik_bot

Mayervik_bot@Mayervik_bot

本当はラテン語のことなんか話さなくても良かったんだけれど、シャルロッテとの共通の話題が愚痴ばかりじゃあせっかくの一時が台無しだ。話の途切れた僕にとって、頼みの綱はラテン語の言葉遊びだけだった。 #k_novel

posted at 17:18:32

5月17日

@Mayervik_bot

Mayervik_bot@Mayervik_bot

「言わなくたってうすうす気付いているよ。木くずをくっつけて帰ってくるんだもの。僕はおじいさんのようにはなれない、素晴らしい仕事だけど厳しい世界だって、母さんは口癖のように言う。父さんは自分と同じ道を進んで欲しいみたいだ」 #k_novel

posted at 16:48:31

5月17日

@Mayervik_bot

Mayervik_bot@Mayervik_bot

「僕のお父さんもつまらないよ。僕よりも聴診器の相手をしている時間が多いくらいさ」言ってみて、少し虚しくなった。「そう、うちと同じね。医者の子供ってどこもそうなのかしら。おかしなことをしてはいけないの」シャルロッテも医者の娘だとマレクが言っていたっけ。 #k_novel

posted at 16:18:32

5月17日

@Mayervik_bot

Mayervik_bot@Mayervik_bot

「良かった、間に合った!」僕がヨッヘンと呼ぶこのウィーンの男爵家の友達に初めて会ったのは学校じゃなくて、夕方の美術教室だった。ヨッヘンは「学校と美術学校とを両立できたら家具作りの勉強をしてもいい」とお父さんと約束をしていた。 #k_novel

posted at 15:48:37

5月17日

@Mayervik_bot

Mayervik_bot@Mayervik_bot

やめろよ、マレク大王。ヨアヒム王子を連れて行ってろよ。合言葉はヴィーク(Vik)だぞ」ヴィーク、というのは僕が遅刻した場合にこっそり教室へ入る為の合言葉だ。ヴァイキングの「入り江」の意味もある。 #k_novel

posted at 13:18:34

5月17日

@Mayervik_bot

Mayervik_bot@Mayervik_bot

アルファベートを並び替えたら全く違う言葉になる。それが面白い。 普段、あまり饒舌じゃないのに、そっと頷いてくれていると演説の得意なあの小男のように言葉が溢れ出てくる。今にも心臓が飛び出しそうだ。 #k_novel

posted at 12:48:34

5月17日

@Mayervik_bot

Mayervik_bot@Mayervik_bot

僕はヴェローナの悲劇の主人公のように待った。あのラテン語のセンテンスが代弁してくれている。これが僕の勝手な思い込みであったとしても #k_novel

posted at 12:18:33

5月17日

@Mayervik_bot

Mayervik_bot@Mayervik_bot

意図的な行為だった。僕は確かめておきたかったんだ。「大丈夫だよ」シャルロッテの華奢な肩に手を回したら、彼女は震えていた。でも、しばらく町の様子を見ながら話をしていたら気にならなくなったようだ。 #k_novel

posted at 11:48:42

5月17日

@Mayervik_bot

Mayervik_bot@Mayervik_bot

僕らは沈黙に耐えられなくなった。好奇な目で僕らを見ながら横切っていく何処の誰だか知らないおじさんが遠くへ行ったのを確認すると、僕は机の中に溜めていたノートのうち一冊をシャルロッテに差し出して、一言「ありがとう」と告げた。 #k_novel

posted at 11:18:31

5月17日

@Mayervik_bot

Mayervik_bot@Mayervik_bot

母さんのお父さん、僕のおじいさんはサルティコフカに暮らしている冶金職人だ。そこはトルストイも訪れた芸術家の町だと聞いた。会ったことはないけど、父さんが今度連れて行ってくれるらしい。 #k_novel

posted at 10:48:38

5月17日

@Mayervik_bot

Mayervik_bot@Mayervik_bot

おじいさんなら僕の夢を理解してくれるはずなんだ。父さんが用意してくれている比翼のコートがどんなに仕立ての良いものだとしても、僕はそれを着ようとは思わない。僕は我儘なのかな? #k_novel

posted at 10:18:32

5月17日

@Mayervik_bot

Mayervik_bot@Mayervik_bot

「そんなことないわ。やりたいことがあるなんて素敵。私なんか……アレンスキー君の作ったキャビネットやロッキングチェアを見てみたい。きっと、できるわ!」シャルロッテは目を大きく見開いて僕の手を取り、我に返ると弾くように手を離した。 #k_novel

posted at 09:48:38

5月17日

@Mayervik_bot

Mayervik_bot@Mayervik_bot

アルファベートを並び替えたら全く違う言葉になる。それが面白い。 普段、あまり饒舌じゃないのに、そっと頷いてくれていると演説の得意なあの小男のように言葉が溢れ出てくる。今にも心臓が飛び出しそうだ。 #k_novel

posted at 09:18:33

このページの先頭へ