情報更新

last update 07/24 13:12

ツイート検索

 

@Mushi_Kurotowa
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@Mushi_Kurotowa

蟲喰ロトワ (むしくろとわ)@Mushi_Kurotowa

Stats Twitter歴
2,327日(2011/03/12より)
ツイート数
56,593(24.3件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年07月24日(月)6 tweetssource

9時間前

@Mushi_Kurotowa

蟲喰ロトワ (むしくろとわ)@Mushi_Kurotowa

「日本人は食に貪欲」ってのも本当かなって気がしている。マーケティングに流されやすい集団であることはなんとなくわかる。マーケティングの強さは資本と直結するので金持ちが強い社会になりやすい。

posted at 13:03:15

2017年07月23日(日)13 tweetssource

7月23日

@Mushi_Kurotowa

蟲喰ロトワ (むしくろとわ)@Mushi_Kurotowa

ウナギが絶滅したらしたで多くの人は別の何かを食うようになって、養殖業者はその何かを養殖するようになって、昔のヒトはバカだったんだってリョコウバトみたいな悲劇として消費されるようになるんだろうなと。絶滅前にそのシフトを作らないといけない、というのはちょっと別の戦略が必要なのかも。

posted at 18:48:54

2017年07月22日(土)29 tweetssource

7月22日

@Mushi_Kurotowa

蟲喰ロトワ (むしくろとわ)@Mushi_Kurotowa

ゴキブリは害虫としての優先度が低いので、公的研究機関が駆除の研究をしていない、という理由もあってデマや恐怖、嫌悪を煽るタイプの情報が蔓延してしまうんだろうなと。顔ダニの検索で理解した。

posted at 22:03:05

7月22日

@Mushi_Kurotowa

蟲喰ロトワ (むしくろとわ)@Mushi_Kurotowa

@Polip_keehaa 届きました!どうもです。
硬化した翅は水も油も寄せつけないので料理しにくく、いまひとつ味わいも少ないです。なので成虫脱皮直後の白い柔らかいものなら、味の絡みもよく、メスや幼虫にはない翅の独特の食感が楽しめるのでオススメです。ゴキブリは幼虫期間が長いのでなかなか手に入らないですが。

posted at 22:00:04

7月22日

@Mushi_Kurotowa

蟲喰ロトワ (むしくろとわ)@Mushi_Kurotowa

嫌いな理由を消せば好きになるなんてことはない。
好きだけど殺してしまいそうで手が出せないなら対処できないことに変わりはない。
虫に対する積極性と消極性をハックして行動へと反映させるイメージ。

posted at 21:43:27

7月22日

@Mushi_Kurotowa

蟲喰ロトワ (むしくろとわ)@Mushi_Kurotowa

家に侵入したことと、住民に見つかることの間にギャップがあるなと。家の中で見つかってから隠れるのが1番ダメなようだ。
観測できないということはいないのと同じで、観測できたということは前からいたということなので、状況は変わっていないが発見の前後で認知が変化している。

posted at 21:24:43

7月22日

@Mushi_Kurotowa

蟲喰ロトワ (むしくろとわ)@Mushi_Kurotowa

RT>「家に侵入した虫ども」のうち目につく行動をしたものだけが認識され、認識されたことを罪、としているので、見つかっていない、かつ罪のない虫は存在できない。借りぐらしのアリエッティを見ると、家には気づいていない同居虫がずっとたくさんいる、ということがわかると思うんだけどなぁ。

posted at 21:17:39

7月22日

@Mushi_Kurotowa

蟲喰ロトワ (むしくろとわ)@Mushi_Kurotowa

野生絶滅に近づいて値上がりする野生ウナギと、完全養殖ウナギは
市場原理により絶対に損益分岐点が交差するはずで、
それが来ないということは野生ウナギの評価がフェアじゃなくて、
政治的に歪められている、ということだろう。

posted at 15:32:44

7月22日

@Mushi_Kurotowa

蟲喰ロトワ (むしくろとわ)@Mushi_Kurotowa

#アフターイール #ウナギ絶滅後の世界
ウナギ(アナゴのような細い体型でナマズのような味の白身魚)は
とりたてて特徴のない味にも関わらず、なぜ絶滅するまで値上がりを続け、
食べられ続けたのか。そして完全養殖の商業化はなぜ間に合わなかったのか。
#土用のむしの日 に改めて考える。 pic.twitter.com/zCNiagYt2D

posted at 15:12:15

2017年07月21日(金)8 tweetssource

7月21日

@Mushi_Kurotowa

蟲喰ロトワ (むしくろとわ)@Mushi_Kurotowa

虫に「さわれない」という不可能表現と虫に「さわらない」という能動表現は実質は同じだと思う。虫から触ってきたときにその区別はなくなる。男性はさわらない、女性はさわれない、と表現しがちな気もするなと

posted at 09:37:20

7月21日

@Mushi_Kurotowa

蟲喰ロトワ (むしくろとわ)@Mushi_Kurotowa

@suehiroi そうですね。管理者の権限も負担も大きくなるので、バイアスドな情報とは何か、ニュートラルな情報とは何か、という部分がしっかりしていないとここまでうまくいかなかったと思います。
その点で学術を基盤とする人が管理者となっていることに安心します。

posted at 09:25:25

7月21日

@Mushi_Kurotowa

蟲喰ロトワ (むしくろとわ)@Mushi_Kurotowa

「ヒアリとアリグモを見間違えないように」
というアナウンスができるようになったのはヒアリ警察さんのオープンな活動のおかげだと思う。
昆虫に触れない(ふれない、さわれない)ヒトが多数のこの世界でオープンな活動が貢献できることはまだまだあると思う。

posted at 08:52:36

このページの先頭へ