情報更新

last update 10/23 07:10

ツイート検索

 

@NJSLYR
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

Stats Twitter歴
2,658日(2010/07/15より)
ツイート数
72,805(27.3件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年10月22日(日)7 tweetssource

2017年10月21日(土)19 tweetssource

10月21日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

兄弟はトーンダウンし、お互いを咎めるように睨んだ。「何を信じてるんだ?」K2が尋ねた。コトブキは答えた。「ニンジャスレイヤー=サンは死んでしまいましたが……それでも生きていると……確率論は冷たく彼の死亡を裏付けます。でも、わたしはそれでも信じたいんです。彼の生存を」 38

posted at 00:02:47

10月21日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

「そいつとはぐれたッていう……」「はい」コトブキは頷いた。「どうにかしてマナウスからネオサイタマに帰り、そこで本格的にニンジャスレイヤー=サンの目撃情報を収集……」「ニンジャスレイヤーと言ったか」振り返ると、マグカップを手に立ち尽くすサワタリ社長が居た。 39

posted at 00:06:40

10月21日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

コーヒー・マシンが壊れた事を訴えに来たサワタリ社長は、もはやその事が頭から吹き飛んでしまった。「奴は死んだのか」「ハイ、その確率はかなり高く。でもわたしは諦めきれません。彼をご存知ですか?」「貴様の同行者とは、ニンジャスレイヤーなのか。フジキド・ケンジなのか!」「フジキド?」40

posted at 00:09:35

10月21日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

コトブキは眉根を寄せた。「彼の名はマスラダ・カイです。それが偽名で、本名がフジキド・ケンジでしょうか?でも彼は無頓着なのです。己の名前を秘する事などに興味が無いようで、偽名という事は考えにくく……」「奴は殲滅ナパーム弾の中を走る特殊工作員……我が軍が最も警戒すべき相手だった」41

posted at 00:14:35

10月21日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

「社長?」「オッサン、どうした?」「10年前、ホーチミンへのICBM攻撃は奴の手で阻止された。一種の不可侵条約がそのとき我が軍との間に結ばれたのだ。奴との国交は断絶しているが、奴の……」「違う人ですね」コトブキは結論づけた。「フジキド=サン、とても気になります。でも違う」 42

posted at 00:20:48

10月21日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

「どうしちまったんだ、オッサン!」K2が心配した。K3は不安げに兄とサワタリ社長を交互に見た。サワタリ社長は空のマグカップを呷り、深呼吸した。「どうという事はない。それよりも……」「社長ーッ!」フォート敷地に走り込んできた反重力バイクから、ペドロが転がり落ちた。「アバーッ!」43

posted at 00:26:52

10月21日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

「何だ!?」「ペドロだ!」「どうした!」「ペドロ=サン!」彼らはペドロに駆け寄った。よほど急いで来たのか、スーツは泥と傷だらけで、本人も擦り傷まみれだった。「お、俺の事は平気だ」ペドロは呻いた。「ディスカバリー=サンが……モニカ=サンが……!ウ、ウオオーッ!」号泣! 44

posted at 00:30:12

10月21日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

「キュキューン?」プールからマインドキルが顔を出し、表情の無い黒目で、彼らが早口にかわすエマージェント会話の様子に注目した。ペドロは髪を掻きむしり、泣き叫ぶ。コトブキが背中をさする。その表情が徐々に強張り、ぐっと奥歯を噛み締めている。K2とK3は愕然として、震えだす。 45

posted at 00:33:31

10月21日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

社長は一歩後ずさり、空のマグカップを取り落とす。様々な表情が社長に去来する。懸念、困惑、後悔、疑念、悲哀……俯いた表情が傾いてきた太陽の影になり、ギラリとその目が光る。マインドキルはブルルと震えた。46

posted at 00:36:32

10月21日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

「サワタリ社長!」コトブキは身をひるがえしたフォレスト・サワタリを呼んだ。フォレストは立ち止まり、振り向いた。「……貴様はここにおれ。客人。……K2。K3」「「アイ、アイ、サー!」」兄弟は敬礼した。「戦闘準備だ。10分後にブリーフィングを行う」「「アイ、アイ、サー!」」47

posted at 00:39:54

10月21日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

「サワタリ社長!」「くどいぞ」フォレストはコトブキを睨んだ。だがコトブキは怯まず言った。「ペドロ=サンがパーツを持ち帰ってくれました」「うむ。治すがいい。費用は……」「修理は間に合わせます。わたしも行きます」「何と言った?」「わたしも行きます!」「……何だと……?」48

posted at 00:43:07

10月21日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

「一宿一飯の礼があります。義を見てせざるは勇無きなりです。困っている人を助けないのは腰抜けです」「……」「ウキヨの戦闘能力をあなたはナメていると思います。そもそも、わたしはブチギレました。絶対に許せません。同行します」「……勝手にしろ」フォレストは再び歩き出した。 49

posted at 00:47:18

10月21日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

◆そしてKindleの64%OFFの手は物理書籍にもおよぶ!第1部と第2部の全巻が、50%オフからさらに64%オフになっているぞ。紙の温かみや物理的存在感は物理書籍にかなわないが、Kindle版は文字列検索できるのが便利なので、まだのひとはフェア中に試しに電子してみよう!◆ twitter.com/NJSLYR/status/

Retweeted by ニンジャスレイヤー

retweeted at 13:21:19

10月21日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

◆「エッ!?トップ固定記事とか見えない!」「メニューバーとは!?」貴方!ダイハードテイルズのnoteでは、まだ正式リリースされていないβ機能をテスト的に使うこともあります。そのためnote公式モバイルアプリだとうまく反映されない部分も。そういう時は普通のブラウーザーしてください◆

posted at 13:40:15

10月21日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

◆またここ最近でnoteはだいぶ軽くなったり使いやすくなった。たとえば検索機能は、有料か無料かを問わず、全記事の全文検索が可能になったので、キャラクター名で検索などすれば簡単にそのキャラの言及記事などを探せるはずだ。インデックスと合わせてつかってみてね◆

posted at 13:48:42

10月21日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

◆アンケートしたところ、初期の荒野から購読していた人にはこの辺が周知されていたのですが、最近購読を始めたばかりの人はPLUS記事の大漁ぶりに驚き途方にくれやすいことが判明しました。しかし実際は便利な機能がいくつもあります!今後も定期的にこの辺の周知ツイートしていきます◆以上です◆

posted at 13:52:46

2017年10月20日(金)66 tweetssource

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

◆ブンブンブーン、ブンブンブーン、ブンブンブーンブブーン……まるで冬!◆どうですか?掴み上げてください!◆最近のニンジャニュースを振り返る時がきました!

posted at 12:34:30

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

◆我々はこの1ヶ月、12月発売予定の最新刊「ロンゲスト・デイ・オブ・アマクダリ下」の大幅加筆修正原稿翻訳に取り組んでいました。今回も凄いです!それが終わるとタガが外れたようにPLUS記事がドバッと来たり、KINDLEやLINEの情報がきたりで情報密度が凄かった!なので振り返ろう◆

posted at 12:38:41

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

◆TwitterのAOM本編更新はプレシーズンの第2話【ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル】が開始。コトブキが謎の勢力サワタリ・カンパニーと遭遇したぞ。第3部ラストから約10年……フォレスト・サワタリとバイオニンジャ達はアマゾン奥地に生息していた!そしてカンパニーを作っていたのだ◆ twitter.com/NJSLYR/status/

posted at 12:42:44

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

◆PLUSで人気「シャード・オブ・マッポーカリプス」シリーズは、AOM世界の文化やテックなどの設定資料としてだけでなく関連キャラクターのAOM時系列ショートストーリーとしても楽しめるぞ。最新はアイアンオトメ!謎の人工知性ツクモや反重力バイクについても。AoM時系列のユンコが出る◆ twitter.com/NJSLYR/status/

posted at 12:46:26

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

◆DHTLSのTシャツショップに、shakaさんデザインの新作が到着◆『……2037年の未来で繰り広げられる容赦なき殺人レース、ハシリ・モノ! 名誉を賭して挑むのは、武装霊柩車乗りデッドムーンをはじめとする命知らずの挑戦者たち……!』◆フォロウ・ザ・コールド・ヒート・シマーズ!◆ twitter.com/NJSLYR/status/

posted at 12:49:17

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

◆NINJA SLAYER PLUSでは定期的にアンケートをおこない、おたよりを募集しているぞ。ここで集められた様々な質問に、ボンド=サンとモーゼズ=サンが答える!今月はその第4回目だ。謎に包まれたニンジャの生態だけでなく、制作スタイルを含めてかなり深い所も答えてくれています◆ twitter.com/NJSLYR/status/

posted at 12:53:40

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

◆そしてこれが数ヶ月おきにあなた方の前に出現し、その目を引くSWEEETS・・・!読者アンケートです。今購読するとちょうど今月のやつの締め切りに間に合うので、忘れずに早めにしよう。特にアイディア募集などは票数で実現可能性が決まるわけではないので、何でも書いてみてね◆ twitter.com/NJSLYR/status/

posted at 12:57:26

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

◆PLUSの更新もこの1週間はハイペースだった。見逃している人がいるかもしれないので、再紹介していこう。まずは、これまでにない斬新な読み味とニンジャアトモスフィアを感じ取れる新シリーズ【アイアン・アトラス】!そのマイティな活躍に貴方は今すぐニンジャオンしよう!◆ twitter.com/NJSLYR/status/

posted at 13:10:24

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

◆【デッドリー・ヴィジョンズ】はスナック感覚でニンジャとニンジャの殺し合いを読める人気シリーズ。今回はビル屋上からカイトで脱出しようとするアイスシールドとニンジャスレイヤーの情け容赦ない戦いを描く【アイス・クラッシュ】。濃厚な第1部エッセンスが封入された珠玉のニンジャバトルだ◆ twitter.com/NJSLYR/status/

posted at 13:12:46

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

◆そして最後に、昨日深夜にPLUSにアップされた特別資料集【主要キャラクター身長一覧表】!各キャラクターの身長だけでなく、逆噴射映画祭によく出る有名俳優の身長も比較用に並べてあるぞ。末尾にはボンド=サンからの取扱注意メッセージも載っているので、数字だけでなくこちらもよく読もう!◆ twitter.com/NJSLYR/status/

posted at 13:20:12

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

◆どう?この1週間のハイペースなニンジャをあなたは掴み上げることができただろうか?それは素早い動き…!ニンジャ動体視力を駆使して捕まえてください!◆なおニンジャニンジャカワイイLINEスタンプも順調に進んでいます。デザイナーの千代さんからまた新たなラフが届いたぞ!◆いじょうです◆ twitter.com/NJSLYR/status/

posted at 13:22:40

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

(あらすじ:南米アマゾン流域に独自のエメツ鉱床を持ち、新薬を開発してビジネスする小規模自治企業、サワタリ・カンパニー。コトブキはこのカンパニーの最大拠点フォート・サワタリに滞在する事となった。だがサワタリ・カンパニーの持つエメツ鉱床を狙い、今、危険なエル・キケンが動き出す)

posted at 21:55:21

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

(「奴らはマナウス・シティに定期的に買い出しに来ていますぜ」エル・キケンの邪悪なる伊達男のニンジャ、ファッショニスタは、恐るべきボスのニンジャ、デッドマンに卑劣な策を進言する。ナムサン!奴らは怖れを知らねえんだ。こんな事になったら、どうしたって惨劇は避けられねえんじゃねえか!?)

posted at 21:57:44

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

マナウス・シティ!ポスト磁気嵐時代の南米最大の都市として知られ、カフェモカめいた色の大河に添って、ミラー素材の高層ビルディングが立ち並ぶ。ビルディングの奥上部には念入りな植樹が為され、銀色と緑色が美しく調和する一方、川の上には大規模なイカダ居住区がどこまでもへばりつく。 1

posted at 22:05:21

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

高層ビルの間を縫って伸びる上空百メートルのガラス・チューブの中をクルマやバイクが颯爽と走るさまは極めて未来的である一方、チューブの所々は命知らずの高所グラフィティ・アーティスト達……通称タマリン達によって猥雑なペインティングが施されて、独特の猥雑な景観を作り出していた。 2

posted at 22:10:21

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

彼らタマリンは最小限の装備でパルクールめいてビルからビルへ飛び渡り、己の生きた証に等しいグラフィティを描き残す。あまりの高所ゆえ、企業が彼らに取りうる対策といえば、取り締まりのドローンを出動させるくらいのもの。当然タマリン達は電磁パルス兵器を用いてそれらを悠々と撃墜する。 3

posted at 22:14:16

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

コストに見合わないとして、年間を通してほぼ取り締まりフリー状態、結果、「俺たちゃ下の生まれ」「憧れの世界」「たけし」「亜麻存川」などの野放図なネオサイタマン・グラフィティや、ドクロパンダのカートゥーン、注射器を戯画化したチャンプキッドなど、様々なモチーフが天上を彩るに至った。4

posted at 22:19:09

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

「アーッ……」……SLAM!まさにその命知らずのタマリンの一人……恐らく調子こきのヤングスター気取りが、チューブから足を滑らせ、粗悪品の命綱も機能せず、自由落下の末に下のアスファルトに人型のシミを、今、作った。「ああ」レストラン「磁場」の窓際席、ディスカバリーが悲劇を一瞥した。5

posted at 22:25:25

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

「初めて見たときは、それこそ目の前に落ちたもんだ」ディスカバリーはナッツのアイスクリームをスプーンでもてあそびながら言った。「ニンジャでもショックなの?」モニカが尋ねた。「いや、全然」ディスカバリーは肩をすくめた。「そういうモニカ=サンは」「覚えてないわね」「なら同じだ」 6

posted at 22:29:37

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

「……あのコトブキとかいうウキヨ」「ええ」「えらくかわいがってるじゃないか」「親切にするのは当り前よ」「博愛的な」「あの年頃の子を見ると、妹を思い出すの」「……成る程」ディスカバリーは氷だけになったグラスのストローを吸った。「年頃って、オイランドロイドだ」「そういえばそうね」7

posted at 22:33:21

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

「ペドロ=サン遅いぞ」ディスカバリーは腕時計を確認した。「たまに一番になったと思ったら、せっかちよね」「見ての通り、飯も食っちまったんだよ、俺は」タフを予想したディスカバリーの案件は、担当者の急病で来週に延期となった。三人はそれぞれのタスクを済ませ、ここで落ち合う段取りだ。8

posted at 22:40:06

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

ペドロはジャンク街担当。いつものメンテナンスパーツに加え、今回はオモチシリコンの成形材や高精度のアクチュエーターを買う。「ドーゾ」ウエイターがモニカの頼んだトーフ・バーガーの皿を運んできた。「ドーモ」ディスカバリーはチップを渡すモニカを目で追い、それから新たな入店者を見た。 9

posted at 22:43:40

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

ディスカバリーは、ニンジャという事もあり、その入店者の異様なアトモスフィアを一目で見て取った。小太りの男は、脂汗を流し、キョロキョロと落ち着かなげに店内を見渡す。「フォ、フォレスト……フォレストなんとかの……なんかカンパニーの……いないですか」店内が静まり返り、視線が集まる。10

posted at 22:47:10

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

男は鋼鉄製の腹巻を巻いている。腹巻?それから窓の向こう、店外。嫌にファッショナブルな男が腕組みして見守っている。その男はニンジャである。ズキン、と強い痛みのようなニンジャ第六感警鐘が働いたとき、彼は最速で動いていた。「モニカ=サン!」テーブルを飛び越え、庇うように押し倒した。11

posted at 22:49:21

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

KRA-TOOOOOOM!視界が白くなり、黒くなり、金属的な耳鳴りが残った。極度のスローモーションとなった主観時間が元に戻ってゆくなか、ディスカバリーは背中から全身を圧迫する重みと、身体の下で震える温かいモニカの息遣いを感じた。「ぶ……無事か」「ディスカバリー=サン……!」12

posted at 22:53:12

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

膂力を振り絞り、瓦礫を押し退け、彼は立ち上がった。彼は熱と粉塵の中にいた。窓ガラスの全てが砕け、店内で無事なものは数えるほどしかいない。警報器が鳴り響いている。表通りは騒然となっている。レストランがやられたのか。天井はある。テナントするビル自体の崩壊は無かったか。何が起きた。13

posted at 22:57:17

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

「立てるか……!」「……!」ディスカバリーはモニカの手を取り、起き上がらせた。モニカは咳き込んだ。無事だ。彼が盾になった。そこで気づく。彼自身の背中に大きめのガラス片が刺さっている。「畜生、こいつは……」息を止め、破片を引き抜く。筋肉の力で、かろうじて止血する。 14

posted at 22:59:05

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

「そうだ、ノロノロしている時間は無いぞ!」外から声が飛んできた。さっきのニンジャだ。囃すように手を叩き、脱出を促す。「出てこい、さっさと。そのホットな女と一緒にな」「お前が……お前がこれをやったのか」「他に誰がいる」首を傾げ、両手を広げる。手首の金時計がジャラついた。 15

posted at 23:01:20

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

「サワタリ・カンパニーの……エート……ディスカバリー=サンで合ってるか?ああ、そうか、よかった。ドーモ。ファッショニスタです」ニンジャはオジギをした。その後ろの道路に白いオープンカーが乗り付け、何人かの乗員が降り立った。彼らはアームドジャケットを着、Tシャツには「コカイン」。16

posted at 23:03:43

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

「ドーモ。ディスカバリーです」「ディスカバリー=サン!」気遣うモニカの肩に手を当て、引き離す。そして進み出た。「俺を狙ったのか」「そうだ。ニンジャなんだろ、今の爆発ぐらいで死なれては困る」「何の用だ」「用?ハハッ……」ファッショニスタは身を屈め、左右に波打つように動き始めた。17

posted at 23:06:18

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

モニカは息をのむ。よく知った動きだ。ジンガだ。重心を奇妙にしならせ、幻惑的に左右に動く、カポエイラの基本ムーブである。カポエイラ・カラテの使い手か!「逃げろ」ディスカバリーが促すが、モニカにはそれが出来ない。店の残骸を半円状にコカイン達が包囲しているのだ! 18

posted at 23:10:00

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

心得たものか、コカインの一人が懐からビリンバウを取り出し、素早く組み立てると、攻撃的な演奏を開始!それにあわせ、他の者たちが手拍子を打ち始める!「ヤーチマ、ヤーチマイナ、ヤーチマ、ヤーチマイナ……」ナムサン!恐るべきヤクザスラング歌唱である!やってしまえと言っているのだ! 19

posted at 23:12:29

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

「ハッ!」ファッショニスタは挑発的に側転した。「ハッ!」二度目の側転は明確にディスカバリーの脳天を蹴りで狙った。ディスカバリーは危うくこれを躱す。「ヤーチマ、ヤーチマイナ、ヤーチマ、ヤーチマイナ……」「音楽は力。ワカルか?」ファッショニスタは顔を近づけ、囁いた。「ワカルか?」20

posted at 23:15:25

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

「イヤーッ!」ディスカバリーは断頭チョップを繰り出す。ファッショニスタは身を沈め、側転で回避!さらにその着地点で跳ね返り、バック転をぶつけに来た。マカーコだ!「イヤーッ!」「グワーッ!」ディスカバリーは地面に叩きつけられる!敵のカラテもさることながら、背中の傷!そして音楽! 21

posted at 23:18:19

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

「ヤーチマ、ヤーチマイナ、ヤーチマ、ヤーチマイナ……」生気のない呪いチャントじみたコカイン達の歌唱は、サワタリ・カンパニーのあの晴れやかなモニカの歌とはまるで真逆だった。ディスカバリーは足元が泥めいて重くなり、動きが飲み込まれる錯覚に陥る。「イヤーッ!」「グワーッ!」 22

posted at 23:20:09

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

「どこを見てる!」ファッショニスタは嘲笑った。「コイツの心配の元を取り払ってやれ!」「こっちに来い!」「ンアーッ!」包囲コカインの一人が隙をついてモニカを捕まえ、羽交い絞めにして引きずって行った!「モニカ=サン!」「イヤーッ!」「グワーッ!」「ヤーチマ、ヤーチマイナ……」23

posted at 23:22:59

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

ナムサン!企業治安兵の出動まだか!彼らの動きは鈍い!そして実際エル・キケンの構成員がこれだけ集まっているとなれば、パトロール警官一人二人ではどうにもならないのだ!「イヤーッ!」ディスカバリーはメイアルーア・ジ・コンパッソで反撃!「イヤーッ!」ファッショニスタは身を沈めて回避!24

posted at 23:24:44

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

「イヤーッ!」アルマーダ!「グワーッ!」アルマーダ・マルテーロ!「グワーッ!」ケイシャーダ!「グワーッ!」アウー・バチウド!「グワーッ!」ディスカバリーはアスファルトをなめる!ファッショニスタは部下に指示!「女には手を出すな、押さえとけ!」「ヤーチマ、ヤーチマイナ……」 25

posted at 23:28:15

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

「クウッ」ディスカバリーは口の血を拭い、立ち上がる。ファッショニスタは舐めきっており、カイシャクのカラテを繰り出す事すらしない。ゆったりと包囲陣に添って歩きながら、ディスカバリーが再び構えるのを待っているのだ。「サワタリ・カンパニーは戦闘集団と聞いていたが、ま、こんなものよ」26

posted at 23:31:11

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

「貴様らの目的は何だ……!」「邪魔なんだよ、お前たち」ファッショニスタは言った。「三流のニンジャ集団にイザコザやってるようじゃ、エル・キケンを世界に羽ばたかせる事はできやしないだろ……叩き潰してやるよ」「イヤーッ!」決死の反撃!「イヤーッ!」カウンター!「グワーッ!」 27

posted at 23:33:47

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

ディスカバリーの脳が揺れた。立ち上がるが、また倒れる。それでも立ち上がる。視界の端にモニカ。何か叫んでいる。ディスカバリーはファッショニスタを目に焼きつける。耳の奥でコカインのチャントが反響する。ヤーチマ、ヤーチマイナ、ヤーチマ、ヤーチマイナ……。 28

posted at 23:35:42

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

……ペドロが「磁場」に辿り着いたのは、それからほんの五分後の事だったが、既に事態は収拾してしまっていた。まず彼は黒煙を吹くレストランのありさまに呆然とした。遠巻きに野次馬が取り囲み、興奮した口調で、つい先ほど起こった出来事をまくしたてていた。徐々にペドロの表情が崩れていった。29

posted at 23:37:30

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

「どいて!」「どきなさい!」今頃駆け付けた企業警察隊が「外して保持」のテープを張り渡し、現場保全をはかっていた。(遅いんだよ、役立たずめ)(社会不安だぞ!)市民たちは口々に罵った。ペドロは人に押され、また押され、尻餅をついた。「邪魔だ!」通行者が彼を蹴った。「アイエエエ!」 30

posted at 23:39:13

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

ペドロもまた相当に血気盛んな男であり、普段の彼ならば跳ね起きて殴り返すところ、今はとてもそんな行動を取る気力もない。彼は野次馬たちの言葉を絶望的に反芻していた。エル・キケンの連中がニンジャをカラテでブチのめし、連れの女とそいつを白いオープンカーに乗せて意気揚々走り去った……!31

posted at 23:41:53

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

「ウ……ウグーッ」ペドロはそのまま、その場で地べたに丸まり、嗚咽を噛み殺した。まだエル・キケンの連中がいるかもしれない。間違いなく、サワタリ・カンパニーに狙いを定めた攻撃だ。ならば自分がカンパニーの一員とバレたら……いや、生きて社長に伝える事こそ最善……臆病者……最善……! 32

posted at 23:46:40

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

プカプカプカプー……プカプカプー。ベンチに腰かけ、アコーデオンを演奏するコトブキに、K2とK3はほとんどウットリと聴き入っていた。「……歌わないと、始まりませんよ」コトブキが二人を咎めた。「だってよォ」K3が鼻の下を指でこすった。「メチャクチャ上手じゃんよ。なあ?」「だな」 34

posted at 23:50:25

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

「そうやって、膨らませたりしぼませたりしながら、なんか押して演奏してよォ……」「俺ら、できなくてムカついてきたもんだぜ!モニカ=サンもアコーデオンはダメなんだ。どこで覚えたんだよ?」「通信教材です」「あのさあ、コトブキ=サン」K3がおずおずと言った。「ずっとここに居ろよ」 35

posted at 23:53:22

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

「お前……何言ってンだよ!」K2が狼狽し、K3の肩をパンチした。「姉ちゃんも困るだろ!」「姉ちゃんとか言ってるじゃねえか!お前だって!」「言ってねえし!」「いま言った!」「いけませんよ!ケンカはダメです」コトブキが仲裁する。「わたしは帰らなければ行けません……ネオサイタマに」36

posted at 23:57:09

10月20日

@NJSLYR

ニンジャスレイヤー@NJSLYR

「だけどまあ……都会なんて汚ッたないぜ?マナウスと変わらねえんだろ」K2が呟いた。K3は勢い込んだ。「ゲームとか一杯あるだけだろ?そういうのだって、モニカ=サンが買ってきてくれるしよ。ここで問題ねえよ。いいじゃんか」「ダメなのです。わたし、信じているんです……信じて……」37

posted at 23:59:59

このページの先頭へ