情報更新

last update 06/29 10:55

ツイート検索

 

@NorikoshiTakao
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@NorikoshiTakao

乗越たかお@NorikoshiTakao

Stats Twitter歴
2,613日(2010/05/05より)
ツイート数
20,693(7.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年06月28日(水)3 tweetssource

6月28日

@NorikoshiTakao

乗越たかお@NorikoshiTakao

【勅使川原三郎+佐藤利穂子「静か」】
最後まで無音の中のダンス。少しでも緊張が途切れたり動きがブレれば全てが壊れてしまう。冒頭はあまりにも緊密で怖い。しかしいつしか引き込まれ、息をするのも忘れて見入ってしまう。極北のダンス→ pic.twitter.com/cbEkW2agZ9

posted at 10:02:24

6月28日

@NorikoshiTakao

乗越たかお@NorikoshiTakao

【勅使川原三郎】→この手のダンスでは小芝居が入ったり、意味ありげにジッとしたりという時間稼ぎをしがちだが、一切ない。しかもゼイハーいうわけにいかないので呼吸も押さえ続けている。照明の変化と相まってじつに豊かな舞台。
英語タイトルは「echo of silence」沈黙が響きあう。

posted at 10:04:20

20時間前

@NorikoshiTakao

乗越たかお@NorikoshiTakao

くだんの絶叫暴力女性議員の悪態が、途中から芝居がかった台詞回しのようになるのがくるのが面白い。
怒りながら客観視が始まり、より効果的に言おうと考えたあげく演劇的な言い回しをするという選択ミスを犯しているように見える。
その後のミュージカル仕立てはちょっと理解できないがな。

posted at 17:40:28

2017年06月27日(火)7 tweetssource

6月27日

@NorikoshiTakao

乗越たかお@NorikoshiTakao

藤井四段の凄さをわかりやすく伝えるために、AIの手とのシンクロ率の高さとか好手の率とかを使っているけど、ディープラーニング以降、そういう時代なのだなあ。心ある開発者は「AIが正しいとすると」と付言してるけど。

posted at 01:11:29

6月27日

@NorikoshiTakao

乗越たかお@NorikoshiTakao

夜にチャリで走っていると、灯りをつけていても「地味な色のリードで小型犬を散歩させてる人」だと、危うく犬と人間の間のリードに突っ込みそうになるので、目立つ色にするか光らせるか、全員ボルゾイを飼ったらいいと思う。

posted at 01:14:24

6月27日

@NorikoshiTakao

新書館ダンスマガジン@dancemag_jp

【8月号本日発売】表紙&美の秘密はパリ・オペラ座のミリアム・ウルド=ブラーム! 特集=パリ・オペラ座&ロイヤル・バレエ。スペシャルレポ=歌舞伎×スケート「氷艶2017破沙羅」+岩長姫の市川笑也インタビュー。レポ=新国立劇場「眠り」ほか。インタビュー=セルゲイ・ポルーニン pic.twitter.com/HvmUhonhYN

Retweeted by 乗越たかお

retweeted at 17:14:28

2017年06月26日(月)3 tweetssource

6月26日

@NorikoshiTakao

徳永京子@k_tokunaga

記事の中の杉原さんのコメントにもある通り、実はこれ、芸劇が長い時間をかけて進めている企画です(東京芸術劇場でIWGPってマジかよ?ですが、マジです)。いくつかのトライ&エラーを経て、素晴らしいクリエイターが集まっているので、原作とはひと味違う良い作品になるはず。 twitter.com/stage_natalie/

Retweeted by 乗越たかお

retweeted at 17:31:11

2017年06月25日(日)6 tweetssource

2017年06月24日(土)8 tweetssource

6月24日

@NorikoshiTakao

(公財)埼玉県芸術文化振興財団 舞踊担当@Dance_SAF

バットシェバ舞踊団『LAST WORK』公演とあわせ、今年10月、オハッド・ナハリンに長期密着したドキュメンタリー映画『ミスター・ガガ 心と身体を解き放つダンス』が待望の日本公開!タワーレコード等で配布中の『intoxicate』128号に乗越たかおさんによる紹介記事掲載! pic.twitter.com/Ln2I2eHIbr

Retweeted by 乗越たかお

retweeted at 12:25:47

 

公開拒否

retweeted at xx:xx:xx

2017年06月23日(金)10 tweetssource

6月23日

@NorikoshiTakao

乗越たかお@NorikoshiTakao

映画【『ザ・ダンサー』】
ロイ・フラーの半生を描く。サーペンタイン・ダンスはこれまでも再現に挑戦した映像は多々あるが、さすがにこれは布の素材やカメラワークなどが見事で見応えがある。物語も「最先端の技術を使ったフラー」と「自然・即興のダンカン」を対比させつつ進むので→ pic.twitter.com/6Ze9gXGWwf

posted at 14:25:34

6月23日

@NorikoshiTakao

乗越たかお@NorikoshiTakao

【『ザ・ダンサー』】
貞奴が脇なのは、まあしょうがない。主役のソーコの表情が強くて良い。
ロイ・フラーとイザドラ・ダンカンについては
『ダンスバイブル』
goo.gl/Q6JHct
のP13 p26 p40 p50 など

posted at 14:26:06

6月23日

@NorikoshiTakao

乗越たかお@NorikoshiTakao

【執筆映画『ミスター・ガガ』】
映画に描かれていない内容も補い、映画を何倍にも楽しめる内容満載。
intoxicate誌(イントクシケイト)は店頭で無料配布。
特別試写会あり。
ネット版は限定100部、108円で販売。
goo.gl/cZbHHv

posted at 19:56:22

6月23日

@NorikoshiTakao

山川三太@santa0188

『踊る。秋田2017』公式記者会見終了。栄えある石井漠記念賞の第一回受賞者は勅使川原三郎さんと佐東利穂子さんのお二人に決定しました!
カラスアパラタスでのアップデイトダンスの活動と成果に対して送られます。
おめでとうございます。 pic.twitter.com/PvauaRrhUj

Retweeted by 乗越たかお

retweeted at 23:48:24

2017年06月22日(木)3 tweetssource

6月22日

@NorikoshiTakao

乗越たかお@NorikoshiTakao

連日あまりにも重大でかつ酷いことが起こっているが、自分の作品が社会の問題と無関係に見えたとしても、引け目を感じることはない。前も書いたが、明日世界が滅びようとも、一行の詩、一枚の絵、一振りの踊りを完遂する権利がある。身体のリアルは社会につながっている。突き詰めて、のびのびとやれ。

posted at 00:07:29

6月22日

@NorikoshiTakao

乗越たかお@NorikoshiTakao

午前11時からロイ・フラーの伝記映画「ザ・ダンサー」を見に行く(なぜならあとは1:30しかないから)。
その足でDNAフェスの会議。フェスは来年だが、様々な話し合いを。

posted at 17:19:06

2017年06月20日(火)1 tweetsource

2017年06月19日(月)9 tweetssource

6月19日

@NorikoshiTakao

乗越たかお@NorikoshiTakao

【はなもとゆか×マツキモエ『WORM HOLE』】
タイトルはワープやタイムマシンの可能性とされているもの。光速のパラドックスとか、ヒューマノイド、食・生殖なども。美術も面白く、振りも考えられている。欲をいえばシーンの面白さに比べて作品全体のドライブ感で引き込む力がもっとあれば。

posted at 11:59:30

6月19日

@NorikoshiTakao

乗越たかお@NorikoshiTakao

【Organworks×カルメン・ワーナー『Time of Conversation』】ヨーロッパの街頭のようなオレンジの光の下、男女が行き交う。会話が始まりそうになると固まり、相手は去る、が繰り返される。劇中で平原が言う「向かい合っただけで、それはもう会話なんだ」という通り、

posted at 12:01:23

6月19日

@NorikoshiTakao

乗越たかお@NorikoshiTakao

コミュニケーションは内容ではなく、向き合う行為そのもののようなシーンが重なる。群舞では伝えようとして引いていく波のように舞台を斜めにうねっていく14人のダンサーが見事だった。この人数で舞台全体を使い切るカンパニーは多くはない。見応えがあった。

posted at 12:03:11

6月19日

@NorikoshiTakao

乗越たかお@NorikoshiTakao

【タリノフダンスカンパニー】
長谷川まいこと坂田守と8人のダンサー。トリプルビル。次々に加速していく「Walter」は振付に応えるダンサー達も力があり見応えがあった。仮想世界での交流を描く『フィクション』は白布で顔を隠した最初のインパクト以上の何かが欲しいところ。

posted at 12:22:13

6月19日

@NorikoshiTakao

乗越たかお@NorikoshiTakao

『ナハリンのウィルス』風のガガガッとした振りや、盆踊りのような外した振りなどの多様性はあるものの、同じフレーズが多めの印象。仮想世界の虚構・匿名性を描いてはいるが、現実社会以上のリアリティを獲得している現状で『フィクション』というタイトルもふさわしいのだろうか。

posted at 15:03:31

このページの先頭へ