情報更新

last update 05/29 17:40

ツイート検索

 

@TAMIKOTAMURA
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@TAMIKOTAMURA

田村民子(伝統芸能の道具ラボ)@TAMIKOTAMURA

  • 60フォロー
  • 1,727フォロワー
  • 71リスト
Stats Twitter歴
2,210日(2011/05/12より)
ツイート数
7,533(3.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年05月29日(月)1 tweetsource

2017年05月28日(日)4 tweetssource

5月28日

@TAMIKOTAMURA

田村民子(伝統芸能の道具ラボ)@TAMIKOTAMURA

昨日のラジオ出演。自分の出番が終わった後、スタジオ内で記念撮影をしていただきました。気が抜けて、うまく笑えていませんね。ちなみに小山薫堂さんが持っているのは、能の扇。私がお稽古で使っていたものです(観世流梅若会の決まりの図案)。
www.facebook.com/DOASA9JI/ pic.twitter.com/GjwxExsfE2

posted at 10:07:19

2017年05月27日(土)7 tweetssource

2017年05月26日(金)3 tweetssource

5月26日

@TAMIKOTAMURA

田村民子(伝統芸能の道具ラボ)@TAMIKOTAMURA

【メディア出演】放送作家の小山薫堂さんがパーソナリティをされているFm yokohama「 FUTURESCAPE(フューチャースケープ)」にゲスト出演させていただくことになりました。明日(5/26)土曜日。放送は朝9時からスタートで、田村は10時から30分程度の出演予定です。

posted at 16:57:44

2017年05月24日(水)1 tweetsource

2017年05月22日(月)1 tweetsource

2017年05月21日(日)3 tweetssource

5月21日

@TAMIKOTAMURA

田村民子(伝統芸能の道具ラボ)@TAMIKOTAMURA

鹿踊の「めじし隠し」。『日本の民俗 岩手』という本に「姿を隠した女鹿を探し求めた末に再会するという筋に、他界した人を追慕する盆の日の感情に照応するものがある」と書かれていました。これを読んで、再び思い返すと、ちょっとほろっとします。

posted at 20:52:23

2017年05月20日(土)5 tweetssource

5月20日

@TAMIKOTAMURA

田村民子(伝統芸能の道具ラボ)@TAMIKOTAMURA

芸能は「土地への祝福」ともいえますが、そういう抽象的な感じではなく「鳥居をほめちゃう!」っていう具体的な感じが、なんだかストレートでいいですよね。本日は、同じ感じで、神社の建物も、ほめていましたよ。鳥居や建物も、さぞ喜んでいることでしょう。

posted at 22:32:04

2017年05月19日(金)1 tweetsource

2017年05月18日(木)6 tweetssource

5月18日

@TAMIKOTAMURA

田村民子(伝統芸能の道具ラボ)@TAMIKOTAMURA

いつの時代も、女性はきれいなアクセサリーが大好き。日本髪を彩る「てがら」も、非常に細かい絞り染めがほどこされていて、とってもきれいです。小さな小さな布地に、繊細な絞り染め。この布を、おしゃれな女性は心をときめかせながら、買い求めたのだと思います。

posted at 23:36:33

5月18日

@TAMIKOTAMURA

田村民子(伝統芸能の道具ラボ)@TAMIKOTAMURA

歌舞伎でも、既婚女性の役が丸髷を結うことがあります。「てがら」は、歌舞伎のかつらでもよく使われるので、いろいろ見て知っていましたが、一般女性が付けていた「てがら」の実物を見る機会はあまりありませんでした。このたび、一般女性が使っていた「てがら」が手元にやってきました。

posted at 23:35:46

5月18日

@TAMIKOTAMURA

田村民子(伝統芸能の道具ラボ)@TAMIKOTAMURA

【髪飾りの布地「てがら」について】大正時代ころまでは、日本髪が結われていました。日本髪にも決まりがあって、結婚した女性は「丸髷(まるまげ)」というこぶりで上品な髷を結うのが一般的でした。その丸髷には、「てがら」と呼ばれるきれいな布地を飾りにつけていました。

posted at 23:35:02

2017年05月16日(火)5 tweetssource

5月16日

@TAMIKOTAMURA

田村民子(伝統芸能の道具ラボ)@TAMIKOTAMURA

私は寒がりなので、劇場内が寒いと舞台に集中できなくなります。それで、あれこれと、あったかグッズを持参しています。能楽堂は、寒いことが多く、よく凍えています。ですので、みなさんが寒い思いをされないようにと、第一回目の記事を書きました

www.nohgakutimes.jp/archives/1483 pic.twitter.com/S0fXvwFvL5

posted at 15:37:38

2017年05月14日(日)2 tweetssource

5月14日

@TAMIKOTAMURA

田村民子(伝統芸能の道具ラボ)@TAMIKOTAMURA

このところ若い人の気持ちを知りたいと思って、仕事をはじめてあまり時間がたってない人達にヒアリングをしています。今という時代において、仕事に誇りをもって、いきいきと働くにはどうしたらいいのか。できるだけ若い人の本音に寄り添って、考えていけたらと思っています。

posted at 21:43:38

2017年05月12日(金)1 tweetsource

2017年05月10日(水)3 tweetssource

2017年05月07日(日)1 tweetsource

2017年05月06日(土)5 tweetssource

5月6日

@TAMIKOTAMURA

田村民子(伝統芸能の道具ラボ)@TAMIKOTAMURA

ただいま、ある道具についての調査を行っています。現在抱えている課題がかなり複雑なので、それを外部の方にも理解しやすいような報告書にまとめています。ひとつの道具について、現場の人にしつこく質問ができる貴重な時間。

posted at 23:00:40

5月6日

@TAMIKOTAMURA

田村民子(伝統芸能の道具ラボ)@TAMIKOTAMURA

少し前の時代に作られた技術の高い道具や用具が、今ならまだ、日本のどこかの蔵や押し入れで眠っていると思います。それを所蔵しているご年配の方が亡くなられたとき、それらのモノがどうなるのか、ちょっと心配ではあります。

posted at 16:52:38

5月6日

@TAMIKOTAMURA

田村民子(伝統芸能の道具ラボ)@TAMIKOTAMURA

先日の朝日新聞ひと欄をご覧くださった読者の方からのお手紙が届きました。紙媒体のメディアでご紹介されると年輩の方からときどき連絡をいただきます。その多くが「昔、作られたもので、こんな貴重な道具がありますよ」という内容。日本のどこかに貴重な道具がたくさん保管されているのだと思います。

posted at 16:42:33

2017年05月05日(金)2 tweetssource

このページの先頭へ