情報更新

last update 09/26 06:19

ツイート検索

 

@Yam_eye
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@Yam_eye

山中俊治 Shunji Yamanaka@Yam_eye

Stats Twitter歴
2,712日(2010/04/25より)
ツイート数
32,351(11.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年09月25日(月)6 tweetssource

2017年09月24日(日)4 tweetssource

2017年09月23日(土)16 tweetssource

9月23日

@Yam_eye

山中俊治 Shunji Yamanaka@Yam_eye

【承前】個展は、ただ作品を並べる場ではなく、個人の世界観を多くの人に晒す行為です。それを計画し、実行するプロセスの中で、彼女が自分の創作のコアになる部分と向き合うことができるのではないか、そう思ったからです。荒牧悠の無謀な挑戦が始まりました。
#研究室からはじまった未来

posted at 23:33:52

9月23日

@Yam_eye

山中俊治 Shunji Yamanaka@Yam_eye

企業でも研究機関でも、研究開発提案の説明資料に時間をかけすぎてないかと思う事例が少なくない。やってしまえばわかることを詳細に予想するなど研究そのものより難しいんじゃないか。
「よし、やってみよう」と決断すれば済むことなので、多分、意思決定システムに問題がある。

posted at 08:59:16

9月23日

@Yam_eye

山中俊治 Shunji Yamanaka@Yam_eye

ツッコミどころをなくすことが完璧なプレゼンだと思い込むのは少々危険である。提案が未来志向であるほど不確定要素を多く含むのはあたり前。事前精査に時間をかけすぎると開発の活力、柔軟性が失われる。「それこそが課題です」と答えるのは恥ではない。

posted at 08:48:59

2017年09月22日(金)10 tweetssource

9月22日

@Yam_eye

山中俊治 Shunji Yamanaka@Yam_eye

倫理的な基準に正解はなく、社会的コンセンサスとともに変わってゆきます。私たちがバイオ系のプロトタイプを作る目的は、技術が実用化する前にその議論を巻き起こすこと。
見て怖いと感じるかもしれませんが、すでにあなたはこの技術がもたらす未来について考え始めたということなのです。

posted at 16:42:20

2017年09月21日(木)4 tweetssource

9月21日

@Yam_eye

山中俊治 Shunji Yamanaka@Yam_eye

サイエンスとアートは「真理への渇望」を動機としている点では似ているが、方法論が全く違う。だからそう簡単に融合などしない。
ただし、接点を探すことは可能で、それが私たちの仕事だ。

posted at 12:09:02

2017年09月20日(水)6 tweetssource

9月20日

@Yam_eye

山中俊治 Shunji Yamanaka@Yam_eye

生き物のように見えるロボットは、しばしばアート作品として登場するが、実はユーザビリティ上も重要な意味を持っている。実用的なロボットの生物的印象は、性能や動作状態を推察するためのインジケータとして、機能的にデザインされなければならない。

posted at 12:36:53

9月20日

@Yam_eye

山中俊治 Shunji Yamanaka@Yam_eye

子供のころから「朋あり遠方より来る、また楽しからずや」という一節に妙に惹かれた。
しかし近頃は、朋あり遠方より自撮り、また楽しからずや、である。

posted at 10:58:44

2017年09月19日(火)7 tweetssource

9月19日

@Yam_eye

山中俊治 Shunji Yamanaka@Yam_eye

プロである以上、自分が使う機会がないものや使えないものをデザインすることは避けられない。
異なる文化圏のもの、赤ちゃんが使うもの、大金持ちのためのもの、宇宙飛行士の道具、プロスポーツ用品、医療器具…。
全ては、調査、実験、観察、そして想像力にかかっている。

posted at 06:27:08

このページの先頭へ