情報更新

last update 02/20 12:34

ツイート検索

 

@aminophen
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@aminophen

Acetaminophen@aminophen

  • 146フォロー
  • 346フォロワー
  • 16リスト
Stats Twitter歴
1,202日(2014/11/07より)
ツイート数
7,223(6.0件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年02月19日(月)1 tweetsource

2018年02月17日(土)2 tweetssource

2018年02月16日(金)2 tweetssource

2018年02月15日(木)1 tweetsource

2018年02月14日(水)2 tweetssource

2月14日

@aminophen

gfn@bd_gfngfn

「SATySFiの文書のコード手で書くには煩雑な気がする」という旨の反応を初めて見た,確かにTeX/LaTeXを経験していない人には煩雑に見えてもおかしくないとは思うけど,想定ユーザは “明示的に意味マークアップしたくて,そのための自動処理をバリバリやりたい人” なのでMarkdown等とは方針から違う

Retweeted by Acetaminophen

retweeted at 19:52:46

2018年02月13日(火)1 tweetsource

2018年02月12日(月)6 tweetssource

2018年02月11日(日)5 tweetssource

2月11日

@aminophen

Acetaminophen@aminophen

「フォーマットに関わるファイルが tlmgr で更新された場合,自動で fmtutil-sys が走る」という仕組みが確かあったと思うのだけど,この仕組みに (u)ptex-fonts が正常に登録されているのかどうか自信がない…

posted at 00:31:50

2月11日

@aminophen

Acetaminophen@aminophen

「フォーマットがデフォルトで読み込む TFM」は,\dump したときに .fmt にダンプされている(=従って,フォーマットを作り直さないと TFM だけ作り直しても TeX は読んでくれない)というのを忘れていて30分費やしたorz

posted at 00:29:09

2018年02月10日(土)3 tweetssource

2月10日

@aminophen

Acetaminophen@aminophen

@doraTeX 今日偶然気がついたのですが,Office for Mac 2016 からいつのまにか DFonts フォルダが消滅し,Fonts に統合されているような気がします。フォント数は気づける範囲内では減っていないのと,cjk-gs-* はもう一回 --force で再実行すれば問題なく動いているのですが,ちょっとビックリでした

posted at 08:23:02

2018年02月09日(金)5 tweetssource

2月9日

@aminophen

Acetaminophen@aminophen

@norbusan
TeX Live の svn:ignore から,trunk/Build/source directory の Work が消えましたか? 今日,
$ svn status
したときに,ignore されなくなっていることに気づきました。

posted at 21:01:11

2月9日

@aminophen

ZR-TeXnobabbler(∉∅)@zr_tex8r

「黒をグレー気味にするとどうなるか」
自分も試してみた。
・見えづらいと感じ始める → 15%
・「非重要部分(だから故意に視認性を下げている)ではないか」と疑い始める → 33%
(白地に“黒”のWebページで試した)

Retweeted by Acetaminophen

retweeted at 19:57:45

2月9日

@aminophen

ものかの@monokano

「全角」は文字コードとフォントのグリフの両方を指す。この二種のデジタルデータを制御することが、日本語デジタル組版の要諦。

Retweeted by Acetaminophen

retweeted at 19:51:53

2018年02月08日(木)1 tweetsource

2月8日

@aminophen

Acetaminophen@aminophen

@iwaokimura たしかに pdfx.sty を使えば形式上は PDF/X-1a になりますが,埋め込んでいる画像とか色とか全部がそれに本当に準拠しているかどうかは結局プリフライトでチェックしないといけない,という話だと思います。(\includegraphics のような取込みの中身までは,dvipdfmx が検知しようがないため)

posted at 20:40:06

2018年02月06日(火)1 tweetsource

2月6日

@aminophen

Acetaminophen@aminophen

句点・読点を \kuten \touten みたいに定義したくなる,けど,実は \kuten というプリミティブが pTeX にはある(これは“区点”;\jis とか \euc と同列の文字コード変換)のを忘れがち。 #pTeX

posted at 19:54:33

2018年02月05日(月)1 tweetsource

2018年02月04日(日)1 tweetsource

2018年02月03日(土)5 tweetssource

2月3日

@aminophen

Acetaminophen@aminophen

@NASAofJAXA この辺は TeX マクロとは全く別の話ですから,「TeX 言語に詳しいかどうか」とは無関係で,情報不足は慢性的ですね…
※ VF は DVI から何かへの変換時に必要なものなので,TeX は VF を参照しないし,DVI 本体には何ら変化はない。DVI から PDF を作るときにマッピングされる文字が変わっているだけ。

posted at 19:27:55

2月3日

@aminophen

Acetaminophen@aminophen

@NASAofJAXA そこで,DVI を表示または PDF に変換するには,実際に表示すべきフォントの文字コードへの変換を行ったり,複数の文字やフォントを合成したりする定義が必要になります。その定義(マッピング)を行うファイルが,VF(仮装フォント)です。

posted at 19:14:50

2月3日

@aminophen

Acetaminophen@aminophen

@NASAofJAXA TeX は「TFM」というメトリックを参照して組版を行い,DVI を作ります。(この辺は既知と仮定して説明します。)TFM には寸法情報しか入っていないので,DVI だけを見てもそこからどんな文字を表示すればいいかは判りません。→

posted at 19:13:05

2月3日

@aminophen

Acetaminophen@aminophen

@NASAofJAXA pTeX 系列の場合,
.→。
,→、
のような変換は VF (Virtual Font) を使って行います。OTF パッケージはそのような縦組と横組での切替機能を持っていて,その実現は VF によって成されています。

posted at 18:27:05

2018年02月01日(木)13 tweetssource

2月1日

@aminophen

Acetaminophen@aminophen

資料やコメントありがとうございます。質問が“資料”に限定しすぎていたので,少し幅を広げるべく編集しました。

posted at 21:53:21

2月1日

@aminophen

Acetaminophen@aminophen

国内規格は,国際規格に常に追随する必要があるし,逆もまた然り。そうでないと,追随しなかったものはまた使い物にならない。そうなると困るので,規格の改訂作業を行う方々(ワーキンググループ)が再結集/新たに発足している。その度に規格が緩んだり厳しくなったりするが,それはそういうもの。

posted at 20:41:29

2月1日

@aminophen

Acetaminophen@aminophen

本業の方で,とある規格の策定(標準化)に近い位置にいる人間としては
「規格は現存するものに近すぎず,乖離しない,それが難しい」
印象。実在するものから離れすぎると,その規格は使い物にならないし,かといって特定のものに即しすぎると,より良い(と推察される)者の新規参入を妨げる。

posted at 20:36:29

2月1日

@aminophen

Acetaminophen@aminophen

実際のユーザの多くは出版関係者ではなくて,「学生の長くとも数年間だけ LaTeX で論文を書く必要があるが,そのあとは一切使わない人」なんじゃないかと思う。そして,そういうユーザにとっては「組版の見た目を調整するためのマクロの秘伝のタレ化」のほうがよっぽど問題なんじゃないかと思う。

posted at 12:45:08

2月1日

@aminophen

Acetaminophen@aminophen

・出力の互換性が大事と主張している人は,「本の重版時などに組版が変わると困るから」という理由を付ける。
・でも実際に本を出版している人は,「初版と重版で環境を変えることは絶対にしないから,互換性云々は問題でない」と言っている。
この時点で主張が食い違っている。

posted at 12:42:27

2月1日

@aminophen

Acetaminophen@aminophen

実際のところ「出力の互換性を保つ」に意味を見出せていないし,それに納得のいく説明をされた試しもないんだよな。

posted at 12:40:46

2月1日

@aminophen

abenori@abenori

jlreq.clsはあるので好きに使ってください.今後は以前言ったとおり「大きく変わることはない」です.以前のソースがコンパイルエラーで通らない,ということはないようにしたい.(でも\endnoteの名前は変えるかも……)

Retweeted by Acetaminophen

retweeted at 12:36:45

2月1日

@aminophen

ZR-TeXnobabbler(∉∅)@zr_tex8r

つまり、jsclassesの挙動が変わって奥村氏に文句を言ったような人は、もし仮にpLaTeXの挙動が変わったとしたら、その時にも文句を言いたいと思っただろう。
しかし2014年以前はpLaTeXは(LaTeXも)“凍結”されていた。だから実際には「文句が出る状況」はjsclassesにのみ発生したのだろう。
#TeX

Retweeted by Acetaminophen

retweeted at 12:36:18

2月1日

@aminophen

ZR-TeXnobabbler(∉∅)@zr_tex8r

そもそも、ホンキで
①「jsclasses*だけ*WYG的互換を保つ」
ことが有意義であると思っている人なんていないはずで、“それらしい”意見というのは、実際には
②「jsclasses*ないしpTeX、LaTeX、pLaTeXのような基礎的な部分*はWYG的互換を保つ」
という意図なんだと思う。
#TeX #jsclasses

Retweeted by Acetaminophen

retweeted at 12:36:07

2月1日

@aminophen

ZR-TeXnobabbler(∉∅)@zr_tex8r

BXjsclsパッケージは、一貫して
「“WYM的な互換性”(=ソース文書の意味は変わらない)のみを保って、“WYG的な互換性”(=組版結果の見た目が変わらない)は全く保証しない」
という方針を採っている。
#TeX

Retweeted by Acetaminophen

retweeted at 12:35:58

このページの先頭へ