情報更新

last update 05/30 10:38

ツイート検索

 

@atoreides
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@atoreides

アトレイデス@atoreides

  • 927フォロー
  • 1,125フォロワー
  • 77リスト
Stats Twitter歴
2,610日(2010/04/08より)
ツイート数
48,189(18.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年05月30日(火)10 tweetssource

4時間前

@atoreides

アトレイデス@atoreides

@tritonnova 『海底基地を追え』ラストでの、旭日から引いてのダンの撮り方、よかったですねぇ。強い絵で説明以上のものを見せて! 吉田義夫、強烈ですね! 『震源x』前半はもうほとんど吉田に捧げられているように見えました‼

posted at 10:14:26

4時間前

@atoreides

新曜社@shin_yo_sha

週刊読書人2014年11月21日付「赤瀬川原平さんのこと」藤森照信・秋山祐徳太子・松田哲夫トークショーat 千葉市美術館が面白い。自宅の設計の設計のこととか風情のこととか。赤瀬川さんと荒川修作が高校の同級生とははじめて知りました

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 10:03:35

5時間前

@atoreides

アトレイデス@atoreides

『ウルトラセブン』の、戦艦大和が改造された無人戦艦「アイアンロックス」登場回『海底基地を追え』の脚本を執筆した赤井鬼介=宮崎英明が、『海底軍艦』『フランケンシュタイン対地底怪獣』で監督助手をしていた方と知り、吃驚と納得が! こちら、「底」が共通しているだけでなく…。

posted at 09:50:41

5時間前

@atoreides

アトレイデス@atoreides

@tritonnova おお、ブラコ星人回! 『人間牧場』見返してみます。 『海底基地を追え』-『メカゴジラの逆襲』の線、面白いですね‼ 真船博士の学会との因縁やブラックホール第三惑星人の東京襲撃宣言など、『逆襲』には何か「過去からの復讐」感もあって。

posted at 09:41:00

5時間前

@atoreides

小野俊太郎(S_T_ONO)@tritonnova

同じ鈴木監督による22話の「人間牧場」も月夜の海ではじまり、海底からやってきたもの、伊豆が鍵となるので、共通点が感じられます。2話ずつ制作のパターンからすると対になる話かもしれません。大和が海底にないのは、沖縄を舞台にしたメカゴジラの破片が海底になかった『逆襲』も連想されます。 twitter.com/atoreides/stat

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 09:13:53

2017年05月29日(月)32 tweetssource

15時間前

@atoreides

ストラングル・成田@stranglenarita

チェスタトン『新ナポレオン奇譚』、ノックス「ブロードキャスティング・ザ・バリケイズ」、「ピムリコへの旅券」、J・G・バラード『千年紀の民』…と並べると、英国「革命的」想像力の系譜というのが、できそうな気がしてきた。そもそも、革命の元祖であるわけで。

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 23:01:46

15時間前

@atoreides

アトレイデス@atoreides

…チェスタトン『新ナポレオン奇譚』-小松左京『地には平和を』-ハーラン・エリスン『眠れ、やすらかに』-後期バラードの社会科学三部作-伊藤計劃『ハーモニー』を挙げてこられるのを聞く。 「保守革命」-「人間の終焉」問題系

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 22:59:42

15時間前

@atoreides

アトレイデス@atoreides

知人と、大戦間期に浮上してきた問題系「西洋の没落」「人間の終焉」「保守革命」「近代の超克」に衝突してくるようなSF作品って、どんなものが在るだろうか?と話していて、「保守革命」から「人間の終焉」へのグラデーションの圏域に在るような作品として…

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 22:59:38

16時間前

@atoreides

雀來豆@jacksbeans2

君たちにこの世界の秘密を教えてやろうか。それはわれわれがこの世界のうしろしか知らないということなんだ。(中略)もしわれわれが前に回ることができたら・・・
/チェスタトン『木曜の男』吉田健一訳、創元文庫 #OTD 1874/5/29日は、チェスタトンの誕生日 pic.twitter.com/yQ83mDyVuR

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 22:51:18

16時間前

@atoreides

アトレイデス@atoreides

中沢新一『シュトックハウゼン事件』、作曲家シュトックハウゼンが自らの大作『LICHT』について「作曲家自身はこれをHikariと日本語で呼ぶのを好んでいる」との記述があり。 「ひかり」、ドイツ語圏人にはどのようなニュアンスをもって聴こえてくる音なのだろうか。

posted at 22:42:18

16時間前

@atoreides

アトレイデス@atoreides

中沢新一『シュトックハウゼン事件』、読み方によっては中沢の自己弁護めいても読めてしまう感ありつつ、その「9・11と芸術」を巡る事件の記述に、オウム事件の思想史的影響?の露現も覗けるかのようで…。

posted at 22:33:49

16時間前

@atoreides

アトレイデス@atoreides

中沢新一、『緑の資本論』序文で、シュトックハウゼンが9月11日についての発言に関して受けた、マスコミからの非難について、「数年前に自分自身が体験した、理不尽な状況のことが思いあわされた」と記し。こちらやはりオウム事件に関連してのジャーナリズムの中沢への反応のことなのだろうな、と。

posted at 22:27:48

16時間前

@atoreides

アトレイデス@atoreides

中沢新一著作、続けて2002年刊の『緑の資本論』から、シュトックハウゼン事件』読む。9・11テロについての作曲家シュトックハウゼンの発言が問題となり、2001年のハンブルグ音楽祭が中止となった「事件」を巡っての小論考。「芸術と思想が追い込まれている今日の危機を、浮かび上がらせる」

posted at 22:21:18

16時間前

@atoreides

哲学書新刊情報++@Philo_Shinkan

【カスタマーレビューがありました】『フィロソフィア・ヤポニカ』(中沢 新一著  講談社学術文庫) 【Amazon】→ www.amazon.co.jp/gp/product/406 【10月発売一覧2】→ www.amazon.co.jp/lm/R1LVLKBDMMA  #bookjp #book

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 22:10:47

17時間前

@atoreides

アトレイデス@atoreides

中沢新一は田辺元を扱った論考『フィロソフィア・ヤポニカ』では「保守革命」圏域にあるドイツの歴史学者ゾンバルトも取り上げ。 その折口論での「徹底的に保守的な革命」との言葉の使用は、ホフマンスタールらドイツ大戦間期の「保守革命」潮流を意識してのものと思えるのだけれど、果たして?

posted at 21:53:18

17時間前

@atoreides

アトレイデス@atoreides

中沢新一『古代から来た未来人 折口信夫』でのこの「徹底的に保守的な革命」という言葉、詩人ホフマンスタールの1920年代講演『国民の精神的空間としての著作』での「保守革命 Die Konservative Revolution」との語も想起させて。

posted at 21:45:16

17時間前

@atoreides

アトレイデス@atoreides

…折口信夫は古代末期に日本人の精神に起こった、重要な飛躍の意味を、あきらかにしてみようとしたのである。〉〈このひっそりと遂行された徹底的に保守的な革命の意味を描くために、中将姫のイメージは折口によって創造されたのである。〉 中沢新一『古代から来た未来人 折口信夫』

posted at 21:36:52

17時間前

@atoreides

アトレイデス@atoreides

中沢新一書籍版『古代から来た未来人 折口信夫』読んでいたら、折口『死者の書』での中将姫の宗教体験について、こんな記述が。 〈日本人にとっての真実の精神的飛躍は、いつもこのように「古代人」の世界を土台にしておこなわれるものでなければならない。〉〈『死者の書』という小説作品で…

posted at 21:33:07

17時間前

@atoreides

アトレイデス@atoreides

中沢新一テレビ講義『古代から来た未来人 折口信夫』(タイトル聞いた時は、或るテレビ放映映画のタイトル「宇宙から来たツタンカーメン』を思い出し)、その書籍版(ちくまプリマー新書 2008年刊)を購入。 第五章は折口全集月報向け文章再収録、第六章は新たに書き下ろされ。

posted at 21:18:18

17時間前

@atoreides

アトレイデス@atoreides

テレビアニメ版が放映中の人気ライトノベル『終末何してますか?』の「終末」が「週末」に引っかけられていることに今更ながら気がつく…。

posted at 21:06:27

18時間前

@atoreides

アトレイデス@atoreides

『宇宙戦艦ヤマト』スタッフは、企画立ち上げる時に、このセブン「海底基地を追え」回が頭をよぎったりはしなかったのだろうか…?

posted at 20:44:35

18時間前

@atoreides

鈴木誠二@esukiesuji

『ウルトラセブン』の「海底基地を追え」と「ノンマルトの使者」」って『艦これ』の深海凄艦ネタに近いよね(個人の感想でつ)。大和型戦艦をモチーフにしたアイアンロックスの主砲が艦体の両舷に配置されているデザインは、多くの艦これキャラの艤装装備配置と同じだったりするのが面白い。

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 20:38:34

18時間前

@atoreides

助×御女郎@tyngtong

MX2でウルトラセブン始まった。今日は21話「海底基地を追え」だ! イマイチ怪獣に分類されてることが納得いかないアイアンロックスが出てくるぞ! 怪獣図鑑で見たときの不気味さの原因が、人や獣の姿をしていないことにあるんだと、今更ながらに気付いた。話通じなさそう。

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 20:38:27

18時間前

@atoreides

濱岡 稔@hamatch2

TVKでウルトラセブン「海底基地を追え」を観てしまう。戦艦ロボットという時代を先取りしたアイデア……と言っても、東宝からの戦艦大和のお下がりを再利用したもので、このあたりから、造形担当だった成田亨と円谷の確執が目に見えるものになってきたんだよな……。#ウルトラセブン

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 20:33:53

18時間前

@atoreides

アトレイデス@atoreides

『ウルトラセブン』「海底基地を追え」回、登場人物中に戦艦大和に思い入れを持つものは出てこないこともあってか、同じく円谷『怪奇大作戦』での、戦時中に改造された水棲兵士が戦後二十年たってから、米軍の艦艇に特攻するエピソードのような、デモーニッシュなものへの傾斜は起こらないものの。

posted at 20:32:42

18時間前

@atoreides

アトレイデス@atoreides

『ウルトラセブン』「海底基地を追え」、傑作回というわけではないのだけれど、東宝からの貰い物の戦艦模型用いての〈「戦艦大和」が嘗ての黒船停留地「下田」を攻撃、セブンを巻き込んで「自爆」しようとする〉との展開は、何か円谷プロの、歴史から物語を掘り起こしてくる手つきの怖さを伝え。

posted at 20:24:35

18時間前

@atoreides

アトレイデス@atoreides

TVKで再放送の『ウルトラセブン』「海底基地を追え」回を見る。 鈴木俊継/監督、赤井鬼介/脚本。海底に眠る戦艦大和!の残骸をミミー星人が改造した無人戦艦「アイアンロックス」登場回。

posted at 20:16:07

2017年05月28日(日)39 tweetssource

5月28日

@atoreides

アトレイデス@atoreides

ワイアール星人の不気味、J・G・バラードお気に入りのマックス・エルンスト絵画『雨後のヨーロッパ』も想起させてきて。

posted at 23:17:35

5月28日

@atoreides

岩尾 葵@『家』潜書中@180a01

ワイアール星人…まずあのデザインがトラウマ級の怖さ。ガンQ見た時もなかなかの衝撃だったけどそれとはまた別のベクトルの怖さ…時々深夜背後にワイアール星人がいるんじゃないかと妄想することがあるけどもうgkbr

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 21:49:33

5月28日

@atoreides

びすまるく@bismark178

初めて小田急ロマンスカーの存在を認識したのはウルトラセブン第二話「緑の恐怖」だったので、未だにロマンスカーに乗ってみかんを食ってると隣の席の人が植物怪獣になるというイメージが強い

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 21:39:08

5月28日

@atoreides

かなかな(反日国に天罰を!)@kanajjjjjj

一応ウルトラマンって宇宙から来た侵略者には地球を守る為に戦えるが、地球上の生物同士の争いにはどっちの味方もしちゃいけないんだよね。このままだと人類は滅亡する。ティガ=ダイゴは人間でもあるから人類滅亡を阻止する為に植物怪獣を攻撃。人類は植物の味方(笑)。

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 21:33:18

5月28日

@atoreides

かなかな(反日国に天罰を!)@kanajjjjjj

ティガ、見た。変な植物の怪獣だったが考えさせられる内容だったな〜。その植物の出す花粉のせいでみんなラリッて夢の中、ダイゴだけは正気。夜になるとある程度正気になる人間もいるがその脳内快楽の虜で今植物怪獣を攻撃したらこちらが非難されるから出来ないと上司。

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 21:33:05

5月28日

@atoreides

指南役@cynanyc

藤子F不二雄先生の作品に「みどりの守り神」という話がある。細菌兵器で人間はおろか地球上の全動物が死滅する。しかしCO2が減ると、困るのは植物。急速に進化し、遂には動物を再生させる品種が登場するーー。今回の原発事故。地球にそんな再生力はあるだろうか。

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 21:26:07

5月28日

@atoreides

熊人@kuma3393

植物が無ければ人間は生きれないという宮崎駿さんのセリフで手塚治さんの火の鳥の黎明編を思い出した ほら あれ ヒナクとグズリが閉じ込められた縦穴の洞窟(?)で光が当たる所に植物が生えててグズリがそれを見つけて「く、食えるぞ」ってそれを貪るシーン

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 21:24:37

5月28日

@atoreides

空想野郎@doramamaker

宮崎駿が徹底的に「大地」「植物」「石」「飛ぶのは雲がある場所まで」に執着するのに対して、「大気圏」「成層圏」「月」「宇宙」で語る富野由悠季。キャラクターの性格や言動、テーマも当然として本当に対象的な2人。 #kinro #ラピュタ

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 21:24:02

5月28日

@atoreides

@arataito

SWITCHインタビューで、30年後は国境なんかなくなるかもしれないと言ってた宮崎駿がその舌の根も乾かないうちに帰化植物は片っ端から抜くよ俺はと言ってて素敵だった。

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 21:22:32

5月28日

@atoreides

山本敏晴@yamamoto1208

腐海とは宮崎駿の『風の谷のナウシカ』に登場する森。有毒な瘴気が充満する「死の森」に見えるが実際は「再生の森」。核戦争で汚れてしまった世界で、植物らは放射性物質をガラスのように結晶化させ浄化させようとする。モデルはウクライナの森だが、皮肉なことに後年チェルノブイリ原発事故で被災した

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 21:20:20

5月28日

@atoreides

アトレイデス@atoreides

オールディス『地球の長い午後』への、植物世界を評価しつつ、「出てくる人間は面白くなかった」との宮崎駿の評、反転して宮崎アニメ評ともなりえそうな。 ニューウェーブSFの「人間」像と距離を置くスタンスの発露とも聞こえて。

posted at 21:17:20

5月28日

@atoreides

叶 精二@seijikanoh

続)ナウシカの舞台としてあんな世界ができちゃった」

人間を脅かす凶暴で有毒な森、巨大植物の生態描写、「ムシゴヤシ」「ヒソクサリ」といったカタカナ表記の植物群のネーミング、巨大昆虫など、この作品から得た物も大きかったのではないか。(拙著『宮崎駿全書』P50より)

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 21:11:24

5月28日

@atoreides

叶 精二@seijikanoh

『地球の長い午後』についての宮崎駿監督の発言(『COMICBOX/82年11・12月号』)。
「植物の世界というのはワクワクするんです。翻訳もよかったですね。ただ、植物はおもしろかったけど、出てくる人間はおもしろくなかった」
「木が全て百メートルの高さだったら、(続

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 21:10:50

5月28日

@atoreides

園田義明 Y-SONODA@YS_KARASU

宮崎駿と宮脇昭:宮崎は中尾佐助と並ぶ尊敬する人物に宮脇を挙げる。宮脇は、植物こそ地球上の全ての生命の根源であり、植物界のバランスこそ、人間が学ばねばならないと力説。ナウシカの行動力学は、調査から真理を導く宮脇の実践の影響に学んだものと考えられる。((叶精二「宮脇駿全集」P52)

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 21:10:19

5月28日

@atoreides

園田義明 Y-SONODA@YS_KARASU

宮崎駿と中尾佐助:宮崎は、70年頃に中尾の著作「栽培植物と農耕の起源」と出会い、衝撃を受けた。心情左翼として祖国の歴史と文化を否定し、中央アジアやヨーロッパに憧れて来た宮崎は、この本によって「日本人」を肯定することが出来たという。(叶精二「宮脇駿全集」P51)

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 21:10:06

5月28日

@atoreides

火曜日@yujikitagawa

宮崎駿に多大な影響を与えた照葉樹林文化論の提唱者として知られる植物学者中尾佐助が残した言葉に「タネから胃袋まで」という言葉がある。作物の栽培から食料となって胃袋に入るまでを「文化複合」として捉える考え方。いわば拡張された植物学とでいえようか。

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 21:09:47

5月28日

@atoreides

YA_UE@yakuza7_YU

牧眞司さんがまとめた一覧に、アニメと漫画がないのは正直残念だった
私の数少ないSF経験の中に、植物がテーマのSFと言ったら、パヤオ作品が一番印象深いなんだけど

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 21:08:08

5月28日

@atoreides

飯間@iima1115

『美しい星』、かなりブッ飛んだ問題作だけど根本には普遍的な家族の物語が流れている。今のところ今年一番笑えた映画だし、客観的に地球人を描いたSF映画だし、そして温かみのある家族の映画。吉田大八かなり振り切ってきたな!ハリウッドが『メッセージ』で挑むならこっちには『美しい星』があるぜ pic.twitter.com/cfxDcjUtE3

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 09:00:13

5月28日

@atoreides

糸田屯(さすらい)@camelletgo

この「Arrival(メッセージ)」についての記事を読んでいたが、最後の方で「理解」の他にもテッド・チャン作品のオプション権がとられてることが書かれているな。「ソフトウェア・オブジェクトのライフサイクル」と「地獄とは神の不在なり」のタイトルが挙がっている。実現できるかはさておき。

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 08:06:09

5月28日

@atoreides

ワタナベノボル@noboruw

『理解』も映画化予定やと。あれも無茶苦茶カッコよかった。『地獄とは神の不在なり』は自分のオールタイムベスト。寡作過ぎてテッド・チャンは監禁してでも書かせよ。

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 08:05:20

5月28日

@atoreides

Ginga@SpiralGinga

テッドチャンの地獄とは神の不在なりを映画化してっ!天使と奇跡が実在する世界で、ハリケーンチェイサーみたいな感じで、天使を追う人々と信仰を乾いた筆致で描いた傑作なの…無茶苦茶映像映えすると思うのだけどなぁ〜。無神論者な作者が思考実験的に神を考えた、神的なものとの距離感が絶妙で好き。

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 08:04:19

このページの先頭へ