情報更新

last update 09/20 14:45

ツイート検索

 

@atoreides
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@atoreides

アトレイデス@atoreides

  • 962フォロー
  • 1,162フォロワー
  • 76リスト
Stats Twitter歴
2,724日(2010/04/08より)
ツイート数
52,435(19.2件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年09月20日(水)11 tweetssource

2017年09月19日(火)74 tweetssource

9月19日

@atoreides

アトレイデス@atoreides

…『装甲騎兵ボトムズ』、全五十二話殆どすべての回が「移動と戦闘と移動しながらの戦闘」の運動で満たされていて。 高橋良輔監督とスタッフ、凄いことやっていたんだな!と改めて。

posted at 23:10:29

9月19日

@atoreides

アトレイデス@atoreides

「キリコとイプシロンのはてしないたたかい!」‼ そういえば近年、『マッドマックス』第四作やガルパン劇場版など、アクションがいったん起動したら映画の終りまで続くタイプの作品が改めて評価されているけれど、昨年からTVKで『ボトムズ』再放送見ていて、全五十二話殆どすべての回が…

posted at 23:06:46

9月19日

@atoreides

放浪するNR@nitorina

クイーンのYの悲劇って今の時代に書いたら炎上必至だけど、その当時にしか書けない毒々しさとか異様な雰囲気とかは魅力的なんだよなー。歴史の徒花的な。

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 22:49:41

9月19日

@atoreides

アトレイデス@atoreides

丸谷才一による「三島由紀夫『午後の曳航』はエラリー・クイーン『Yの悲劇』の影響下に書かれている」との指摘、今まで考えたこともなかった視点で。『Yの悲劇』、読み返してみたく。

posted at 22:45:03

9月19日

@atoreides

maruya_essai@maruyaessai

大岡昇平とか、福永武彦とか、自分でもミステリも手がけた人たちはもちろんですが、さうでない作家たちもずいぶん読んでゐる。たとへば三島由紀夫。彼の『午後の曳航』はエラリー・クイーンの『Yの悲劇』の影響下に書かれたこと、歴然としてゐる。『人魚はア・カペラで歌ふ』

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 22:41:01

9月19日

@atoreides

アトレイデス@atoreides

@8Knee5high6high おお、三島、福永『草の花』を評価していたのですか! 確かに『草の花』のドラマ、三島好みと思えるものが濃密に溶し込まれて‼ 三島の剣道部もの『剣』などは、『草の花』の弓道部への応答のようにも読める感いたします。

posted at 22:33:09

9月19日

@atoreides

中原芽衣@nakaharamei

「かつて漫画映画はディズニーのような『ウソのほんとうらしさ』ではなく『ほんとうのウソらしさ』こそ追求すべきだと述べた花田清輝」

こと花田十輝のお祖父ちゃん

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 22:23:25

9月19日

@atoreides

Yusuke Takechi@WalpurgisNight

アニメシナリオハウス主宰の小山高生氏の著作に、八期生の花田十輝氏が学生時代、祖父(つまり花田清輝。ちなみに十輝の名付け親)の書斎にあった三島由紀夫本人から贈られた署名入り初版本を見つけ、古本屋に売りに行こうとして祖母に見つかったという逸話があったが、wikiの清貧ぶりを見て納得。

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 22:19:32

9月19日

@atoreides

he8の日記@he8nonikki

花田清輝の名文句のなかで印象に残っているのは、三島由紀夫が自決したときに、「憎まれて世に住む甲斐はなけれども可愛がられて死ぬよりはまし」と、自己の心境を披瀝した一句である。そのあと間もなく、彼自身、亡くなってしまった。僕が彼の亜流酸セシウムとなって毒を撒き散らしながら生き延びる?

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 22:18:49

9月19日

@atoreides

Beat of blues@Beatofblues

「歴史の欠点は、起ったことはかいてあるが、起らなかったことはかいてないことである」と三島由紀夫はいうが、そんなふうに謙虚な態度で「歴史」にたいする満腔の信頼を告白されると「歴史」のほうでも、必ずやその素朴な信頼にこたえて、笑顔をみせないわけにはいかなくなるであろう - 花田清輝

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 22:18:18

9月19日

@atoreides

アトレイデス@atoreides

【↓リツイート言及】とすると、写真右端にわずかに写った手が福永武彦? にしても論評する面子(花田清輝・三島由紀夫・福永武彦)も凄いが取上げられる作者も大物揃いで!

posted at 22:13:14

9月19日

@atoreides

kyarako@ako2001

本日桜庭一樹さん、三上延さんの対談を収録させていただいたのは千駄木の「カフェ ブーザンゴ」www.bousingot.com
素敵な古書置いてます。欲しいけど今度にしようかな、と置いた百閒先生の本を、すかさず三上さんが「あ、それ僕買っていいですか」とお持ち帰りに…(>_<)

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 22:01:28

9月19日

@atoreides

アトレイデス@atoreides

…「母の強い影響から逃れようとする娘」「本を読むことが出来ない、という奇妙な症状に憑かれた青年」など出てきて、三上延『ビブリオ古書堂』シリーズ、アルジェント映画のオブセッションと通底するものも伺えて。 三上エッセイ『恐怖のノスタルジー』

posted at 21:58:12

9月19日

@atoreides

アトレイデス@atoreides

三上延、エッセイ『恐怖のノスタルジー』で、幼少期に見て印象に残っている映画としてダリオ・アルジェント『サスペリアPART2(赤い深淵)』の或る場面を挙げ。 む、そういえば三上の代表作『ビブリア古書堂』シリーズなども「究極の古書通を作り上げるために愛人を作る悪魔的な古書店長」とか…

posted at 21:53:27

9月19日

@atoreides

アトレイデス@atoreides

『小説新潮』2017年8月号真夏の怪談特集、三上延エッセイ『恐怖のノスタルジー』から 〈ホラー映画の恐怖は失われた故郷に似ている。今も感情は思い出せるのに、同じものを二度と味わうことができない。〉

posted at 21:46:19

9月19日

@atoreides

アトレイデス@atoreides

『小説新潮』8月号真夏の夜の怪談特集、澤村伊智『高速怪談』も箱物語形式取られて、ホラー・怪談が孕むメタ性との結びつきの強さについて改めて感じさせられ。 そういえばちょい前に読んだ緑川聖司の児童向け怪談『ついてくる怪談 黒い本』(ポプラポケット文庫)も「本の中で本を読む」仕掛けで。

posted at 21:42:20

9月19日

@atoreides

アトレイデス@atoreides

『小説新潮』八月号真夏の怪談特集、花房観音の『女禁高野』は、ある会合で語られた、泉鏡花のあの著名な小説の裏返しのような出来事が記され。 箱物語の形式が巧みに用いられて、恐怖と官能を煽りたて!

posted at 21:34:11

9月19日

@atoreides

アトレイデス@atoreides

芦沢央『火のないところに煙は』、「隣人の妻への告げ口に悩まされるサラリーマン」というサイコサスペンスの記述で既にスリリングなのだけれど、芦沢はもうひとひねりを加え。 ○○能力者は何故自分が××したものを○○と認識できるのか?という時におざなりにされている問いかけを巧みに使って…。

posted at 21:28:37

9月19日

@atoreides

アトレイデス@atoreides

『小説新潮』2017年8月号「真夏の怪談特集 怖い話」収録の芦沢央『火の無いところに煙は』読む。「書き手がオカルトライターから聞いた話」という箱物語形式で記された、埼玉の郊外にマイホームを購入したある夫婦と、その隣人との関係を巡っての怖い話。

posted at 21:22:15

9月19日

@atoreides

アトレイデス@atoreides

「チェスタトン」、子供の頃に『ブラウン神父』シリーズ初めて読んだ時には片仮名アナグラムで「チェストタン」と名前を記憶してしまっていた。今思い返すと、薩摩示現流の掛け声もじったユルキャラみたいに感じられ。 チェスト―‼

posted at 21:15:10

9月19日

@atoreides

マキノヤヨイ@machino_y

チェスタトン『ノッティングヒルのナポレオン(新ナポレオン奇譚)』は1984年から一世代の(架空の)ロンドンを舞台にしている訳だけど、この時期の現実のノッティングヒルに起こったジェントリフィケーション等を踏まえた語り直しなどあったら是非読みたい。絶対誰かやってるでしょ。無い訳ない。

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 21:03:58

9月19日

@atoreides

アトレイデス@atoreides

チェスタトンによる、ストリート再開発を巡ってはじまる寓話『新ナポレオン奇譚』が如何に生々しいものを現在進行形で孕んでいるか、実家何させられている近年。

posted at 21:01:49

9月19日

@atoreides

アトレイデス@atoreides

「おおみやストリートテラス」で配布されていた「大宮駅グランドセントラルステーション化構想 ニュース」、見ていると開発構想の中には、現すずらん通りに交通広場を作ろう、との案も在り。うわわ、それはやめてくれぇ‼‼ 再開発するならば、大宮の魅力である路地を活かした再開発を期待したく。

posted at 20:57:25

9月19日

@atoreides

アトレイデス@atoreides

大宮駅東口、市役所前の通りに設営された「おおみやストリートテラス」を廻る。カフェにソファの置かれた休憩所に大宮再開発を巡ってのやり取りがなされていた会合所がストリートに並び。 市役所前というと、モツ焼きや馬肉屋の並ぶ路地に面していて、屋外に椅子の置かれたストリートカフェは馴染み。

posted at 20:50:52

9月19日

@atoreides

Ryuji Fujimura@ryuji_fujimura

道路予定地に仮設建築を建てて起業支援やにぎわい創出の場にする社会実験「大宮ストリートテラス」最後の夜(9/23土)にアーバンデザイントーク#003開催決定!! ゲスト:秋吉浩気 岩瀬諒子 刈谷悠三 辻琢磨 連勇太朗 www.udco.jp/2017/08/28/%E3

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 20:44:51

9月19日

@atoreides

ワカ@wakasatominori

あと、蕨は「ワラビスタン」とも言われるほどクルド人が多い町。コスモポリタンです。カザフスタン料理屋さんもあったりする。
旧中山道沿で古い町並みも残ってるところに、外国文化が入り込んできてるのが面白かった

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 13:04:51

9月19日

@atoreides

芹沢文書@DocSeri

ところで西川口の新中華街ほどじゃないけど川口市内わりとインド・ネパール系の本格的カレー屋とか多くて、他にも商店街の中にタイレストランがあったりとか、わりとアジア色豊かな感ある

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 13:04:16

9月19日

@atoreides

アトレイデス@atoreides

西川口、先の怪談探書宴の帰りに寄ってみたのだけれど、駅西口のの中華街化、多国籍化、本当に目覚ましく! 確か、大友克洋『童夢』の舞台のモデルとなったという川口芝園団地も、多民族団地化していたのではなかったか?

posted at 12:36:36

9月19日

@atoreides

在華坊@zaikabou

いやほんと、今の西川口、物凄く面白いです。中華街や上野や大久保や池袋とも次元が違う、本当の意味での現地化、みたいなものが味わえる。そして刻々変化していくと思うので、是非、現地に足を運び、散策し、いろいろと飲み食いしてみることをお勧めします。いやー、面白かった pic.twitter.com/I7ClQt9AuV

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 12:29:57

9月19日

@atoreides

在華坊@zaikabou

スーパーでは、普通のフードコートかと思えば東北特色砂鍋米線を扱っていて、厨房の中国人シェフがフリーダムにメニュー開発中、街角の中華食品店も、一見普通かと思えば惣菜を量り売りしていたり、店内の椅子に店員さんが座ってラジオ聴いたり携帯弄ってる様がまさに中国だったり、レベルの違う現地感 pic.twitter.com/Wjwk8wW6i4

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 12:29:41

9月19日

@atoreides

在華坊@zaikabou

西川口駅ビルの中に豆漿と油条を売る店があって繁盛し、おばちゃんが特大の油条を豆漿に突っ込んでイートインしている、駅前には中華ドリンクスタンドがあって中国語の若者がたむろしてタピオカミルクティーとか飲んでいて、芋圓や焼き物まである、中華圏の生活がまさに、目の前で活きている pic.twitter.com/YRppjltgfX

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 12:29:37

9月19日

@atoreides

在華坊@zaikabou

西川口、風俗が無くなった後に現地系中国料理店が大豊作になっていると聞いていましたが、歩いてみると確かにすごい、驚愕。まず、街中、特に西口周辺に、手抜き無しガチな中国料理店が。溢れていて、池袋北口を凌ぐ勢い。なんだか日本ではなくて現地にいる気分だが、これだけで終わらない pic.twitter.com/MGKrhqrpS5

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 12:29:31

9月19日

@atoreides

アトレイデス@atoreides

三島由紀夫『切符』、お化け屋敷やホラー映画などお金を払って見に来たはずなのに、怖すぎて、なんで俺は今こんなところにいるんだ?とアワアワさせられてしまう恐怖感情を追体験させてきて、「娯楽」と「怖がる」ことについて改めて考えさせられてしまい。

posted at 12:28:20

9月19日

@atoreides

アトレイデス@atoreides

『文豪怪談傑作選 三島由紀夫集』収録の『切符』読み返し。人の反応を見ようとして入ったはずのお化け屋敷が、どんどん怖くなってきてしまう感触を描いて、読んでいるこちらもゾクリとさせられ。 男はついに耐えきれず、本来の通路ではない藪下の抜け道を通ってお化け屋敷の書割の裏に出るが…。

posted at 12:16:50

9月19日

@atoreides

室生犀星bot@saisei1889

指はみな肥り切って、関節ごとに糸で括ったような美しさを見せていて、ことに、そのなまなましい色の色さが、まるで幾疋かの蚕が這うてゆくように気味悪いまで、内陣の明りをうけて、だんだん膝がしらへ向って行った。 (性に目覚める頃)

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 12:06:07

9月19日

@atoreides

アトレイデス@atoreides

『芸術新潮』のアニメ特集、「チョイスされたベストアニメ」について考えさせられると共に、メタ的に「ベストアニメをチョイスする人がどういう基準でチョイスされているか?」について考えさせられてしまい。

posted at 11:55:53

9月19日

@atoreides

小野俊太郎(S_T_ONO)@tritonnova

↓ 学生に授業で日本3大「ん」について考えろとよく言います。『ドラえもん』、『アンパンマン』、『ポケモン』。どうしてこれに惹かれる子供たちがたくさんいるのかを説明することが、アニメ論にとっても重要ではないかと。もっともコナンはどうしたとか、鋭いツッコミが学生からきます。

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 11:50:58

9月19日

@atoreides

孤独のカレー@kodoku_curry

ようやく芸術新潮のアニメ特集を見たんだけど、投票者の中で大長編ドラえもんを挙げてるのが藤田直哉さんだけだった(藤田さんは魔界大冒険をチョイス)。アニメ系の偉い人ってあんまり熱心に大長編ドラえもんを観てないのかしら。魔界大冒険の他にはのび太と竜の騎士とかもすごいと思うんだけどなあ twitter.com/g_shincho/stat

Retweeted by アトレイデス

retweeted at 11:50:48

このページの先頭へ