情報更新

last update 05/29 06:17

ツイート検索

 

@azzurro45854864
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

  • 147フォロー
  • 118フォロワー
  • 9リスト
Stats Twitter歴
123日(2017/01/27より)
ツイート数
9,800(79.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年05月29日(月)8 tweetssource

7時間前

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

斷崖のかの上に立たば何なくにとほき世界も見ゆるなるらむ                                 下條義雄『春火』

posted at 00:05:34

7時間前

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

星ひとつおちゆきにしを天上(てんじよう)の明けてはつひにあひ抱くなし                         下條義雄『春火』

posted at 00:03:00

2017年05月28日(日)20 tweetssource

7時間前

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

曉(あけ)くらき暗礁(あんしよう)をこえ崩れゆく白き波ほどのもだへなりけり                           下條義雄『春火』

posted at 23:48:51

7時間前

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

海底(かいてい)にいのち數(かず)しれず生(あ)るる夜(よ)の魚群(ぎよぐん)のながれきらめきてあり                                   下條義雄『春火』

posted at 23:44:54

7時間前

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

ひそかなる春の目覺めといふこともすでに遠しなゆく雲見れば                                 下條義雄『春火』

posted at 23:40:03

7時間前

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

思ひ出を手繰(たぐ)りゆく日のいつの日か乗鞍が尖(ほ)はかがやきいでむ                           下條義雄『春火』

posted at 23:36:47

12時間前

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@sarihama_xx 私が余計なものを薦めてしまったみたいですね。中村真一郎『江戸漢詩』辺りから入って行かれるかと思ったのですが、いきなり核心という感じ。私が一番好きなのは柏木如亭と館柳湾です。いつかどんな評価をされるのか、愉しみにしておきます。

posted at 18:46:06

13時間前

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@tolle_et_lege お忙しいところ、すみません。土木工事などで柔らかい地面に液剤を注入して地面を安定させると聞いたことがあるので、それに類したものが壁にも使われているのかと。

posted at 17:53:56

5月28日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@vienna_cat55 塚本さんは塚本さんだから、そんなに意識する必要はないのでは。私も今は、幽玄をアガンベンを介して理解しているので、今会えば何と言われるか。あの当時も意見が違っても言いたいことは言ってたけれど。

posted at 07:19:31

5月28日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

白い葩のやうに 掌(てのひら)をくむ あなたは わたしの温室(へや)で 咲いたかのやうに                                    草飼稔『喪(かな)しみの詩片』

posted at 05:46:48

5月28日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

雲の背中の 何がわたしを招(よ)ぶのか ふり仰ぐ前額は 動かぬ雲の色をしてゐる                          草飼稔『喪(かな)しみの詩片』

posted at 05:40:23

5月28日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

この徑は どこまで歩つても
鵞鳥の聲がゆく先にゐて
常に顔を歪めてゐる                                草飼稔『喪(かな)しみの詩片』

posted at 05:36:52

5月28日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

頁のない本の中に
誰れも讀めない文字になってゐる
わたし                                      草飼稔『喪(かな)しみの詩片』

posted at 05:35:38

5月28日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

掌(て)の水溜
魚の目ばかり 流れの雲うつした                           草飼稔『喪(かな)しみの詩片』

posted at 05:32:55

5月28日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

にほいのない花 散らぬ花
あなたの頬は
造花(かみ)の薔薇                                 草飼稔『喪(かな)しみの詩片』

posted at 05:31:38

5月28日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

繪封筒
あなたの頬を ぬけてきた
泪のにほい 薬のにほい
                          草飼稔『喪(かな)しみの詩片』

posted at 05:30:23

5月28日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

きみの掌(て)に 掌(わたし)をくんで
掌(て)すぢの鳥籠をつくつてた
ふたりは小鳥                                     草飼稔『喪(かな)しみの詩片』

posted at 05:28:11

5月28日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

今回戦前のモダニズム歌人で履歴がわかっていない3人の履歴を探るに際して、図書館の司書ってすごいと思い続けてる。まず忙しい中で、よくこんな漠然とした希望を引き受けてくれたなと。今まで忙しさにも気付いていなかった。申し訳ないです。頭上がらないな。元々丁寧な対応してくれる人だったけど。

posted at 02:03:35

5月28日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@geldfeld いえいえ。私も以前は中野嘉一のことは漠然と意識していただけで、今回モダニズム短歌を読めるようにしようとして、新短歌も含めることにして初めて真面目に読んだ次第です。

posted at 01:52:48

5月28日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@geldfeld 私は何で読んだのか、本人の著書の中なのか短歌事典の類なのか、中野嘉一は新短歌やモダニズム詩の中心人物なので、いろんなとことで太宰との関係を読んだような気がします。

posted at 01:16:54

2017年05月27日(土)46 tweetssource

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

時計臺の下の細胞組織を ああ美妙な馬鈴薯の花瓣は潜航し始める                               中野嘉一『秩序』

posted at 23:54:25

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

瓣膜をあけると 白い石だたみが傾斜してゐる 遠方に明るい地點                                中野嘉一『秩序』

posted at 23:51:19

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

透明な無風の眞空の世界 悪漢の瞳はサフランの花瓣である                                 中野嘉一『秩序』

posted at 23:46:45

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

肋骨のあひだに暴虐な少年がゐる ひどい近眼鏡を懸けて                                  中野嘉一『秩序』

posted at 23:44:20

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@UbuHanabusa 日本でも英国でも焚書坑儒がなくてよかったですね。焚書坑儒は儒教との関係のみで論じられますが、漢字の異体字の禁止目的も含んでいたので。

posted at 23:31:13

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@UbuHanabusa 昔は書き手の文字が下手と言われていた文書だと思うのですが、最近今野真二さんがそれは使われている文字が違うという説を立てているのを知りました。そういうこともあるんですね。

posted at 22:50:49

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

肋骨のあひだに大きな鴉が下りた 鴉はさみしい音樂を択ぶ                                  中野嘉一『秩序』

posted at 22:41:44

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

たんぽぽ色の子供が嗤へば ペーブメントの空気はみるみる稀薄になつた                          中野嘉一『秩序』

posted at 22:37:53

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

おづおづと七月の日のめぐりゐる頂きとほく雪つもり見ゆ                                   下條義雄『春火』

posted at 22:27:31

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@UbuHanabusa 小松英雄氏だったか、「古文書は文の続きが下または次の行に来るとは限らないけれど、全く突拍子もないところに書いても筆の勢いで文の繋がりがわかる」といった旨のことを書いてたと思うけど、そんな文はAIには無理でしょうね。

posted at 22:25:06

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

あは雪のながれ降る夜ぞかうとして乗鞍が尖(ほ)はひそまりにけむ                               下條義雄『春火』

posted at 22:14:10

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

鳥あまた木の葉のごとく降(ふ)りも來よ天切(あまき)る山はいまだ寒きに                           下條義雄『春火』

posted at 22:05:41

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

いつよりか遠き思ひのあるごとく山ひかる野をかなしみそめつ                                 下條義雄『春火』

posted at 22:01:54

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@ISOGAI_1 図書館の相互貸借も基本的に書籍のみなので、雑誌類は記事をタイトルだけで選んでコピーを注文して、送られてきて初めて内容が詳しくわかるという具合なので、無駄使いが多いですね。

posted at 21:55:27

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

かの影もとほく斜面をたどりつつ離(さか)りゆくなる雪ひかる溪(たに)                           下條義雄『春火』

posted at 21:42:20

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

のびあがりのびあがりつつ見し國は山ふかく雪に昏(く)れかたむきつ                            下條義雄『春火』

posted at 21:38:49

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@ISOGAI_1 すみません。「気軽に」と書いたのは、言葉の綾です。地方にいると古書店も少ないし、絶対と言っていいほど、そんな本を見つけられないので。

posted at 21:11:30

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@leplusvert @tokiris7 @spica819 ハイクは、外国語作品で切れに当たるものが即座に浮かばなかったので、切れを俳句の最重要と考えている人達に配慮しての表記です。私は季語あるいは季節を表す語を必ず入れるというのが、外国人にとって、俳句が詩であることの最低限の要素だと考えています。短歌は英訳すればただの行分け散文になる

posted at 20:51:19

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@leplusvert @tokiris7 @spica819 韻と律の区別はうまく継承されていませんね。象徴主義の音楽が粟津・福永世代には音の音楽ではなく、宇宙の律動のようなものだったのがうまく継承されていないのと同じでしょうか。ある世代にとって当り前のことは、意識的に継承させないと伝わりません。韻と律を区別なしだと、いつか困るでしょうね。

posted at 20:42:54

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@leplusvert @tokiris7 @spica819 韻と律なら、わかるんですけどね。韻は同じ音の反復による調べ、律は句の音数の反復による調べ。よくわからないんですけど、最近よく紹介される外国語のハイクは切れに当たるものがあるんでしょうかね。

posted at 18:19:58

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@goda_nobuyo 別のアカウントはもってないです。初め事態がわからなくて、どうなってるのか確かめようとその人のtwilogへ入ってみたら、ブロックされた時間にそんなツイートを見つけました。その人もそうなんですが、その人の周辺の人のTwitterに結構貴重な情報があって、それが残念です。

posted at 03:09:41

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

@goda_nobuyo @eaDK5r6Yk8VTJu4 ありがとうございます。でも、その人は研究者で著述家なんですよね。同じ理屈で行けば、自分の論文や本は知人以外には読まれたくないということになりそうなので、職業間違えてるのではと思ってしまいました。Twitterで初めてトラブルでした。

posted at 02:52:00

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

海に入る山脈(やまなみ)とほくりんりんとその人は見ず別離のひびき                            下條義雄『春火』

posted at 02:45:37

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

たちまちに雪どけとなる高原(たかはら)の春のふかきはわが眼にも見ゆ                            下條義雄『春火』

posted at 02:42:44

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

山並(やまなみ)は雲立ちわたりわれらいまみ空の靑に消えむとするらむ                           下條義雄『春火』

posted at 02:38:37

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

ひとたびは天に冲せしかなしみの崩れゆく日ぞ山燃ゆるなる                                 下條義雄『春火』

posted at 02:35:30

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

大岩(おおいわ)に雲湧きにつつよよと泣く魂(たま)かもひとりよぎりゆきけり                          下條義雄『春火』

posted at 02:32:16

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

石楠花(しやくなげ)の白きはしだきゆく人の山たかく風に吹きまくらるる                           下條義雄『春火』

posted at 02:28:59

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

あたたむる榾柮火(ほだび)もなくに山越ゆと岩あまた白く雪を抱きし                             下條義雄『春火』

posted at 02:25:47

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

こよひは恢復期にむかふので スイスのやうに漉したてのまつげをふれあはす                           廣江ミチ子『標札』

posted at 02:15:04

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

らせんの本をひらく R(アール)と云つてごらんといつて吊ランプをかたむける                         廣江ミチ子『標札』

posted at 02:11:26

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

郵便切手がふるへて そして はなれた と コツプの破れる音                              廣江ミチ子『標札』

posted at 02:08:51

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

少年は少女をとらへる 部屋はしづかにあるきませう タイトル                              廣江ミチ子『標札』

posted at 02:07:08

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

そのうちにとほのいてゆく虛白のひろがりに少女ははつとして耳をすます 〈メソオド〉                      廣江ミチ子『標札』

posted at 01:58:30

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

河岸に二厘のはりがねを落とし 貝がらに一ぱいのペガサスを書けば                             廣江ミチ子『標札』

posted at 01:54:47

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

手風琴よ こまかな耳のふるへる理髪屋の どこを走つてゐるのかしら                             廣江ミチ子『標札』

posted at 01:51:35

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

圓錘のさびしい果てに手をふつて影の粉をあゆむ                                     廣江ミチ子『標札』

posted at 01:46:35

5月27日

@azzurro45854864

azzurro@azzurro45854864

花類に 折れまがつた羊齒がつめたいはかりを吊るしてゐる                                 廣江ミチ子『標札』

posted at 01:44:07

このページの先頭へ