情報更新

last update 01/18 20:38

ツイート検索

 

@cjm0610
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

Stats Twitter歴
3,017日(2009/10/17より)
ツイート数
16,189(5.3件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年01月18日(木)4 tweetssource

2018年01月17日(水)5 tweetssource

2018年01月16日(火)1 tweetsource

2018年01月15日(月)6 tweetssource

1月15日

@cjm0610

長者丸(諜邪丸/cjm)@cjm0610

…しかし、根室、士別、釜石、別子を入れたことで、個人的には“味噌汁軽便”という表題からはやや逸脱しつつあるようにも感じるわけで。ここまできたら、昭和20年以降全部入りで増補&改題したほうがエエのかもしれんなあ…

posted at 02:47:02

2018年01月14日(日)3 tweetssource

2018年01月13日(土)12 tweetssource

1月13日

@cjm0610

長者丸(諜邪丸/cjm)@cjm0610

要するに「俺の欲しい機種が俺の納得いく構成(=プレス主体or安くてよく走る量産品)で出ないのが気に食わない」ってヤツ。
Nゲージで喩えれば「蟻で出てるけどやっぱりケトーのが欲しいよう」的な。

posted at 16:31:46

2018年01月12日(金)1 tweetsource

2018年01月11日(木)3 tweetssource

1月11日

@cjm0610

長者丸(諜邪丸/cjm)@cjm0610

難儀だろうなと思っていた釜石、仙鉄式改番後のものに絞ったらそれほどでもなかったけれど、物量が他社に比してベラボーでちっとも“軽便”じゃないw

ついでに、メーカー表記を大日本軌道=『雨宮D』、本江=『立山M』に変えてみたり。 pic.twitter.com/MDYfIJ5YVA

posted at 04:12:16

2018年01月10日(水)5 tweetssource

2018年01月09日(火)5 tweetssource

1月9日

@cjm0610

長者丸(諜邪丸/cjm)@cjm0610

@SEI_YASUMA 別子は“昭和29年以降営業線として残存”という線引きには触れるものの、手許の資料の関係(=湯口本では罐の廃車時期が判らない)で一旦外したのですが、別件で「沖田さんの機関車表見れば?」「あ…自分持ってました!」という情けない流れで道が拓けた(^_^;)ので、追々アップデートしようと思います。

posted at 01:55:13

1月9日

@cjm0610

長者丸(諜邪丸/cjm)@cjm0610

@SEI_YASUMA ご指摘恐れ入ります。件の表に関しては作成意図の関係もあり釜石はハナから除外しましたが、RTいただいたツイートの内容は確かに勇み足でした。
(もっとも、釜石は確かにニロクのナローではあるけれど“軽便”と言い切るのは少々悩ましいところではあるのですが)

posted at 01:49:46

2018年01月08日(月)25 tweetssource

1月8日

@cjm0610

長者丸(諜邪丸/cjm)@cjm0610

【余談】
・それにつけても、むかしの軽便や田舎私鉄はどの資料見ても車体色の切替時期の記述がサッパリで困るのであります(つか、断言しかねるから誰も書かないってヤツなのかも知れんが)
・はたしてバークリなのかバークレイズなのかバークリーなのか()

posted at 23:30:18

1月8日

@cjm0610

長者丸(諜邪丸/cjm)@cjm0610

蒸機の機種をどうしよう、というお嘆きの貴兄には…この先富が製品を出すかどうかはさておき、実物は無煙化前の駿遠線や西大寺など6~7tクラスが中心の路線も案外多いので、あまり勾配がない鉄道という設定であれば、ミニトレインズのBタンクあたりが手っ取り早い。 pic.twitter.com/xlPnK0qC5O

posted at 23:26:38

1月8日

@cjm0610

長者丸(諜邪丸/cjm)@cjm0610

さしあたりは、木造や非Hゴムの客車を単色に塗り替えるのが早道。
工作や塗装は苦手ダ…とおっしゃるなら、妄想力も駆使しつつ蒸機の存在できる設定をかんがえてやればヨイ。

posted at 23:24:28

1月8日

@cjm0610

長者丸(諜邪丸/cjm)@cjm0610

話は変わって、軽便各社の旅客車へのツートンカラーの導入は軒並み蒸機の実質引退と入れ替わりだということも判るわけだが、ここで身もフタもないことを言ってしまえば“吊るしの”猫屋線車輛は蒸機に合わんのです(´・ω・`)
でもまあ、やりようはあるわけですよ(まさに“各自創意工夫のこと”とも)。

posted at 23:23:47

1月8日

@cjm0610

長者丸(諜邪丸/cjm)@cjm0610

鉄道の廃止後も、鬮場の車庫は丸9年近くそのままで、放火という強制リセットがなければいつまであの状態が続いたことか。井笠はこの異様な物持ちの良さという点に関しては、昨今の近江鉄道に勝るとも劣らぬ軽便だったのである。最近会社自体も斃れたが、今なお保存車が20輛に及ぶのはご同慶の到り。 pic.twitter.com/8U0XvbEMjg

posted at 23:22:31

1月8日

@cjm0610

長者丸(諜邪丸/cjm)@cjm0610

昭和36年にホジ101・102が増備されるに及んでようやく全機車籍は落とされたが、翌年に2号機が保存のために池田動物園へと移った以外は、少なくとも昭和43年まで残り7輛-戦後のドサクサで買ったはいいが殆ど役立たずだったという9・10号機も含め、揃って鬮場に保管されていたのだ。

posted at 23:02:30

1月8日

@cjm0610

長者丸(諜邪丸/cjm)@cjm0610

いっぽう、蒸機が“残っていた”とはいっても、他社と全く分けて考えるべきは井笠である。昭和30年にホジ1~3の投入でディーゼルカーが10輛超えの布陣になった時点で無煙化を果たしたにもかかわらず、8輛いた蒸機はその後7年間1輛も欠けることなく鬮場の車庫に置かれたままであった。

posted at 23:01:41

1月8日

@cjm0610

長者丸(諜邪丸/cjm)@cjm0610

昭和34年時点で各社の蒸機以外の動力車の布陣は、沼尻がDC121・DC122・ガソ101、頸城はDB81・DC92・ホジ3・ジ1、尾小屋はDC121・DC122・キハ1・キハ2と、皆15km前後の距離がある鉄道の割には実質3~4輛レベルでしかなく、そりゃ何かあったら怖いから蒸機1台くらい温存しておこうとするのも無理はない。

posted at 22:54:31

1月8日

@cjm0610

長者丸(諜邪丸/cjm)@cjm0610

あと、比較的後年まで確固たる予備機として蒸機が生き延びたのは沼尻、頸城、尾小屋の3社だが、これらは除雪が必要な雪国の鉄道であるというだけでなく、もともと動力車の数に余裕がなかった点も共通している。

posted at 22:52:59

1月8日

@cjm0610

長者丸(諜邪丸/cjm)@cjm0610

けむりプロの作品には昭和37年8月に撮られた11号機の本線列車のカットがあるが(『鉄道讃歌』や↓に載ってマス)、とくにこの時期はDLの片方(DC4)がサブロク改軌のため三菱三原に送り込まれていたはずで、DLが1台しかいなければ、蒸機も否応ナシに本線仕業に就くことが増えるわけだ。 pic.twitter.com/g4XM3DNjFI

posted at 22:50:53

1月8日

@cjm0610

長者丸(諜邪丸/cjm)@cjm0610

小坂の場合は、奥の電化区間は電関が予備ナシ2輛、非電化区間も三菱のジャックロッド式DLが入ったとはいえ2輛のみ。蒸機は引き続き入換仕事をしつつ、DLの片方がコケたらすぐ本線に馳せ参じられる態勢でなければならなかったのである。

posted at 22:45:51

1月8日

@cjm0610

長者丸(諜邪丸/cjm)@cjm0610

とまれ、この表を見れば、我が国の蒸機軽便は事実上昭和20年代一杯でほぼ絶滅してしまったのだ…ということが身に沁みて判る。最後まで意気軒昂だったのは“味噌汁”のカテゴリの中ではやや異質ともいえる小坂で、改軌直前の昭和37年時点ですらBLWコピーの雨宮が本線仕業に就いていた。 pic.twitter.com/bXarMJmfFP

posted at 22:45:08

1月8日

@cjm0610

長者丸(諜邪丸/cjm)@cjm0610

我がいとしのアメロコに関してはポーター6件、BLW3件のみと寂しいかぎり。戦後に限ればあとは殆ど林鉄用の0-4-2だから、そりゃまあかの先輩方は南部軽便やら石狩軽便やらを夢想したあげく海の向こうへキモチが飛んで行ってしまったのもワカランではない。

posted at 22:42:53

1月8日

@cjm0610

長者丸(諜邪丸/cjm)@cjm0610

その中でも圧倒的に多いのは6~7tで、このクラスがもっとも普遍的な“軽便のコッペル”だったのかもしれないが、すべて昭和20年代のうちに消え去っている。結果、今日まで姿を留めるのがサイドタンク延長改造済の井笠8tやアラン式の頸城9tといったやや特殊な個体に偏っているのは口惜しくもある。 pic.twitter.com/ixuK0sbmLE

posted at 22:40:50

1月8日

@cjm0610

長者丸(諜邪丸/cjm)@cjm0610

ここで、今回の調べモノの感想などをつらつらと。
メーカー別在籍件数(※転属によるダブリがあるので輛数に非ず)1位はコッペルが49件。2位の立山(16件)・3位の雨宮(10件)を引き離しダントツで、犬の糞はなんというかもう完膚なきまでに犬の糞だった。

posted at 22:38:17

1月8日

@cjm0610

長者丸(諜邪丸/cjm)@cjm0610

@araraxi いちおう見たけど、この表に必要な情報はなかったっす(^_^;)。
・あくまで“写真が残っている”機関車を紹介しているだけで、廃車年月も特に書いてない
・機関車だけ写ってるコマが殆どだから客車の塗色の参考にもならない
といったカンジで。

posted at 16:11:47

1月8日

@cjm0610

長者丸(諜邪丸/cjm)@cjm0610

ワカランもんで端折ったり曖昧になってたりする点も多々ありんす<(_ _)>
ぶっちゃけ、栃尾に居た蒸機の一覧とか昭和33年撮影の沼尻の写真とか下津井の電化直後の写真とか載ってる資料知ってたら教えてクダサイ…

posted at 03:58:15

このページの先頭へ