情報更新

last update 09/26 02:00

ツイート検索

 

@disaster_i
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

  • 41フォロー
  • 4,609フォロワー
  • 473リスト
Stats Twitter歴
2,604日(2010/08/11より)
ツイート数
12,051(4.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年09月25日(月)1 tweetsource

18時間前

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

@yokoma9 右から,名鉄名古屋本線,東海道本線,東海道新幹線,関西本線,名古屋臨海高速鉄道,近鉄名古屋線.その他側線の関係はよくわからない.

posted at 14:54:26

2017年09月24日(日)2 tweetssource

9月24日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

今日の広島市安佐南区八木三丁目.砂防堰堤はできてきたが,関連工事は未だ途上.最も渓流寄りにあった集会所が,以前広場だったところにすごく堅牢な建物となって移設されていた.(このツイート行政批判的意図ありませんし,批判しようとする人には絶対賛同しません) pic.twitter.com/rwFlum6DZL

posted at 19:22:12

2017年09月19日(火)7 tweetssource

9月19日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

17日の東九州での豪雨について.17日24時の72時間降水量分布.「山の方で大雨」ではなくて,大分県南部海岸付近から宮崎県では海岸と九州山地の中間付近が多雨域.72時間降水量は少なくはないが,この地域としては時折ある程度.話題となった佐伯,臼杵付近も極値更新はしていない. pic.twitter.com/JVaX4c07y5

posted at 12:14:09

9月19日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

AMeDAS佐伯の9/15~17の降水量推移.降雨は17日朝から夕方までのほぼ12時間.1時間50mm以上の非常に激しい雨が3時間,80mm以上の猛烈な雨も1時間記録.豪雨のピークが午前と午後の2回あったようだ. pic.twitter.com/ayaPOkDSHw

posted at 12:14:41

9月19日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

AMeDAS佐伯の9/15~17の降水継続時間毎の最大値と,過去の記録との比較.5時間以下の降水量や,12時間降水量で1976年以降最大値を更新.記録的な大雨ではあったが,7月の朝倉のような,あらゆる角度から見て過去の記録を大幅に更新するタイプの大雨とまでは言えない. pic.twitter.com/Nnl5VBLYv4

posted at 12:15:02

9月19日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

津久見市内の大分県設置の「福山」観測所の9/15~17の降水量推移.24,72時間降水量は佐伯より大きい.過去の記録がないので直接比較はできないが,3,24時間降水量は佐伯の1976年以降最大値よりは大きい.1時間50mm以上が4時間だが,80mm以上に達してはいない. pic.twitter.com/5QHGcTI5H5

posted at 12:15:24

9月19日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

総じて見て,降水量記録は,大分県南部としてはやや大きな記録となったと思われるが,極端に大きな記録とまでは言えなさそう.主に短時間の降水が激しかったケースとみられる.また,特に大きな記録が見られた範囲は限定的.宮崎県側も値は大きく見えるが,この地域としては特筆するほどではない. pic.twitter.com/zI8sBlW3Y2

posted at 12:15:45

9月19日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

こちらは気象庁HPから,佐伯の9月及び9/17の潮位変化.17日は大潮に向かうところで潮位はやや高め,台風接近の午後は満潮.ただし潮位偏差はピークの16時頃で0.5m程度.高潮による激しい被害事例というよりは,主に豪雨による洪水というところではなかろうか. pic.twitter.com/YKRsbnBz8g

posted at 12:16:28

2017年09月18日(月)4 tweetssource

9月18日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

「その地域にとって激しい雨が降って,地形的に洪水が起こりうるところで洪水が起こるのです」という話がなぜキライなんだろう.「今回だけ見られる特殊な雨の降り方や特殊な地形条件によって,今まで起こったこともない洪水が起こった」話にすれば好まれるんですね.

posted at 15:04:31

9月18日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

もしかするとすごく今更なのかもしれないけど,気象庁「過去の気象データ・ダウンロード」の検索条件に「都道府県名を格納(CSVファイルダウンロード実行時)」って昔からあったっけ? これは助かる,とても助かる.

posted at 16:53:24

2017年09月17日(日)3 tweetssource

9月17日

@disaster_i

こばこ/ShunsukeTsushima@kobako

台風の上陸した曜日だけ10年分列記
2008:なし
2009:木
2010:木・水
2011:火・土・水
2012:火・日
2013:水・月(祝)
2014:木・日・月・月(祝)
2015:木・日・火・水
2016:水・月・火・日・月・火
2017:火・月・日←New!

Retweeted by 牛山素行

retweeted at 23:35:08

2017年09月16日(土)1 tweetsource

2017年09月14日(木)7 tweetssource

9月14日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

「朝倉みたいな『急速に発達する大雨』は初めて!,今まで防災のやり方では通用しない!」みたいな言説に同調しないと「わかってない,使えない学者」扱いされて相手にされなくなるみたい.

posted at 09:56:59

9月14日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

「今までのやり方」っていうけど,「今まで」はうまくやってきて被害がなかったとでも? 風水害の被害は,昔(1980年代前半以前)の方が今よりはるかに多いのだけど.牛山素行:日本の風水害人的被害の経年変化に関する基礎的研究 goo.gl/CFQiLp

posted at 09:57:48

9月14日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

数十年,いや十数年前と比べても飛躍的に各種防災気象情報は量的・質的に充実し,避難勧告等を支援する制度・指針等も拡充.被害がゼロにできるわけではないけど,「今まではうまく対応できたのに,今までのやり方ではもう対応できない」ような「感覚」はどうにも理解できない.

posted at 09:58:52

9月14日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

「今までのやり方では対応できない」のではなくて,「今の情報が多すぎて人間の方が対応できてない」のじゃないかな,とも.対応できない人が愚かでダメ,とかいう話じゃなくて,難しさの質が変わってきてるのかな,とも.

posted at 10:05:41

9月14日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

@chizulabo それはわからないでもないのですが,ならば回避策をかんがえていただければな,と.一研究者にリスクを押しつけですか,とむしろお気の毒,腹立たしいです.

posted at 13:15:20

9月14日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

@ktgis @chizulabo おお,なるほど,ご教示ありがとうございます.どこかで「大きな声」があがればあっさり進んでいくのかもしれませんが,比較的地味な話題ですし,なかなか難しいかもしれないですねえ.

posted at 14:22:05

2017年09月13日(水)2 tweetssource

2017年09月08日(金)1 tweetsource

2017年09月06日(水)2 tweetssource

2017年09月01日(金)1 tweetsource

2017年08月31日(木)18 tweetssource

8月31日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

@yanshike_udonko お気の毒さまです.私は車で自転車と接触しかかって,リスクの高い通勤経路変えたことがありました.そういうときは気が立ちますし,いろいろな人もいますよ.

posted at 09:42:47

8月31日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

この記事 goo.gl/54EscJ の「昔はまっすぐ流れていた」という「声」は興味深い.1948年の航空写真でも,1900年の1:50000地形図でも,河道の位置は今と変わっていないから,100年以上前の河道の位置の記憶が残されているのかな.

posted at 11:19:27

8月31日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

杷木林田付近の赤谷川,7月以降の「新河道」の位置が,最近数千年間のいずれかの時期に河道だったとは言えると思う.「昔はまっすぐ流れてた」という「声」がウソだと思っているわけではない.

posted at 11:22:50

8月31日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

8月28日時点の朝倉市杷木林田付近の赤谷川「7月5日以前の河道(橋が埋まってる)」と「現在の実質的な河道」.なんというか,このまま現河道が下刻して,実質的な河道になっていくことになるんじゃなかろうか. pic.twitter.com/k5v44EyJzr

posted at 11:26:53

8月31日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

@motohirohonma いえ,「新河道」の位置は発災直後と変わっていません.写真右端にすこしだけ「新河道」が見えます.自然堤防然としていたところの上に,周囲から集められた砂が仮置きされている状況でしょうか.

posted at 11:56:32

8月31日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

ちょっと必要があって,「風水害時に土嚢積み作業をしていて死亡した人」を数えてみた.基礎資料は当方整備の風水害犠牲者資料(2004-2016年の761人).

posted at 16:04:38

8月31日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

当方では「移動や避難の目的ではなく,自らの意志で危険な場所に接近したことにより遭難」を「能動的犠牲者」と定義しており,この形態の犠牲者が全体の24%.「土嚢積み」はこの一部に当たる. pic.twitter.com/ojDPNdmmMv

posted at 16:05:05

8月31日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

「能動的犠牲者」をさらに分類するとこのようになる.40%は何らかの防災行動を取っていたもの.ただしそのほとんどは個人的な行動.「土嚢積み」はこの一部で,少なくとも9人確認された.水防活動による土嚢積みと思われるケースはなく,いずれも個人的な行動らしい. pic.twitter.com/RiFzP83qAO

posted at 16:05:36

8月31日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

「土嚢積み」による犠牲者,761人中9人なので格別に多いわけではないが,要注意な行動の一つであるとは言えそう.少なくとも「水害に備えましょう!」と言って,土嚢積みをオススメすることは私はしたくはない.水には立ち向かうのではなく,逃れましょう.

posted at 16:06:02

8月31日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

なんか言う人がいそうだから付記しますが,浸水前の土嚢積みまでは否定しないですよ.水が迫ってきたら,土のうなんか積んでいる場合ではなくて,逃れましょう,という話です.

posted at 16:20:33

8月31日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

@Beniya_Shohei 土のうは河川堤防での水防活動としてはおかしなことではないと思いますが,個人宅についてはどうでしょう,文献サーベイしたことはないですが.バケツリレーは火災方面で何かありそうな気がします.廣井さんが一言あるかも.

posted at 17:32:37

8月31日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

@Beniya_Shohei でも,土のうは「一生懸命開発」「オススメ」している人がいるから,あまり逆らわない方が身のためだとは思いますよ.防災グッズ全般に言えることかもしれませんが.

posted at 17:37:33

8月31日

@disaster_i

牛山素行@disaster_i

@Beniya_Shohei @taisho__ まさにそういうことだと思います.水防活動として行っている場合は,当然組織的に行うから効果もあり,安全にも配慮しつつやって訳で,個人的な行動とは全然違う話だと思います.

posted at 18:14:49

2017年08月30日(水)1 tweetsource

このページの先頭へ