Twilog

 

@enodon

榎木英介・病理医・博士(医学)@enodon

Stats Twitter歴
2,883日(2009/05/04より)
ツイート数
19,289(6.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年03月22日(水)2 tweetssource

2017年03月21日(火)1 tweetsource

2017年03月19日(日)1 tweetsource

2017年03月14日(火)1 tweetsource

2017年03月09日(木)1 tweetsource

2017年03月07日(火)1 tweetsource

2017年03月05日(日)1 tweetsource

2017年02月22日(水)1 tweetsource

2017年02月21日(火)3 tweetssource

2月21日

@enodon

榎木英介・病理医・博士(医学)@enodon

日本はない Marching for Science, from Berlin to Sydney | The Scientist Magazine® www.the-scientist.com/?articles.view

posted at 00:42:27

2017年02月20日(月)1 tweetsource

2017年02月14日(火)1 tweetsource

2017年02月10日(金)2 tweetssource

2017年02月07日(火)1 tweetsource

2017年02月01日(水)1 tweetsource

2017年01月31日(火)2 tweetssource

2017年01月24日(火)1 tweetsource

2017年01月17日(火)1 tweetsource

2017年01月10日(火)1 tweetsource

2017年01月02日(月)1 tweetsource

2016年12月31日(土)1 tweetsource

2016年12月30日(金)1 tweetsource

2016年12月28日(水)1 tweetsource

2016年12月27日(火)1 tweetsource

2016年12月14日(水)2 tweetssource

2016年12月13日(火)1 tweetsource

2016年12月10日(土)1 tweetsource

2016年12月06日(火)1 tweetsource

2016年12月05日(月)1 tweetsource

2016年12月01日(木)1 tweetsource

2016年11月29日(火)1 tweetsource

2016年11月28日(月)1 tweetsource

2016年11月25日(金)1 tweetsource

2016年11月24日(木)1 tweetsource

2016年11月22日(火)1 tweetsource

2016年11月21日(月)1 tweetsource

2016年11月16日(水)1 tweetsource

2016年11月14日(月)1 tweetsource

2016年11月09日(水)1 tweetsource

2016年11月07日(月)1 tweetsource

2016年11月05日(土)84 tweetssource

11月5日

@enodon

榎木英介・病理医・博士(医学)@enodon

山本:匿名OK、判断批判しない。全員参加。対話しよう。打ち負かすんじゃない。問題を発見すること。口癖せ。すなお。す:すごい!すばらしい!お:面白い!な:なるほど。すごくも面白くもないとき。スピークアンドリッスン。全員2分話す。その間は聴く。キーワードを付箋に #bsm16

posted at 15:07:04

11月5日

@enodon

榎木英介・病理医・博士(医学)@enodon

河本:欠損遺伝子を受け継ぐと死んでしまうという場合、遺伝子を人類が持っている意味はない。これと目の色、背の高さは区別すべき。おそらくそういうことをする国としない国がすみ分けるだろう。優性思想とつながるので時間をかけてコンセンサスをとっていくべき。#bsm16

posted at 14:52:45

11月5日

@enodon

榎木英介・病理医・博士(医学)@enodon

質問:計算機科学の研究者。AIでも倫理委員会立ち上がったところ。次の世代の同意の同意を受けないで不可逆な決定をしているのが今の社会。都市計画。これは程度問題の話。次世代の同意を基準とすると社会は停滞する。#bsm16

posted at 14:48:16

11月5日

@enodon

榎木英介・病理医・博士(医学)@enodon

粥川:今は渦中。AIにもロボエシックスがある。それが歯止めになるか。GATTACA何もかもが遺伝子操作されていることが前提の社会を考えると、貧しい人は遺伝子操作できない。ものすごい能力主義社会。今の社会と変わらない。技術の有り無しよりは何を望むかを考えたい。#bsm16

posted at 14:46:07

11月5日

@enodon

榎木英介・病理医・博士(医学)@enodon

質問:愛知県から来ました。患者の立場で参加。倫理のことは考えることはなかった。期待の部分が先に走る。知識が追い付いていない。議論の場がない。でも倫理は社会全体の話。今のままだとどうなんだろうな、と考えることがあって参加した。関心のない人に関心をもってもらうことも必要。#bsm16

posted at 14:42:09

11月5日

@enodon

榎木英介・病理医・博士(医学)@enodon

河本:最近は進行がんも治るようになってきている。5年前には考えられなかった。少しでも進行を遅らせるために原発をとっておくほうがよい。医療も変わる。三輪:同じステージでもより細かい区分けをしている。#bsm16

posted at 14:40:43

11月5日

@enodon

榎木英介・病理医・博士(医学)@enodon

三輪:好ましい変化が起こるかもしれないが、時間がたたないと分からない。がんで死にたいと思っても、PPK(ピンピンコロリ)がよいと思う場合もあるかも。でも後戻りできない。こういう問題をどう思うか?#bsm16

posted at 14:35:13

11月5日

@enodon

榎木英介・病理医・博士(医学)@enodon

三輪さん:3人に。猫を5匹/30年飼っている。二匹が腎不全。猫は自発的に病気を言わない。猫はなぜ注射されるのかわからない。治療の意味を1年くらいで理解する。はいたときに薬箱に誘導。治療を続けていくうちに治療自体の意味が変質する可能性があるのでは?#bsm16

posted at 14:33:26

11月5日

@enodon

榎木英介・病理医・博士(医学)@enodon

質問:現状は滑り始めている?粥川:もうやり始めているので、坂道を転げ落ちるスピードをコントロールするのがせいぜい。質問:研究者として認識は?河本:ある。国際競争で負けてしまうので、国も厳しくしない。やってしまえ、という風潮を感じる。#bsm16

posted at 14:30:04

11月5日

@enodon

榎木英介・病理医・博士(医学)@enodon

粥川:重要なのは何ができるかではなく、何を望むのか。それを考えるうえでいい材料はGATTACA(1997年の映画)。今最先端医療である受精卵ゲノム編集が標準医療になった世界。ぜひみてください。付記。誰が「煽っている」?誇張のすべてはプレスリリースの段階ですでに存在。#bsm16

posted at 14:25:41

11月5日

@enodon

榎木英介・病理医・博士(医学)@enodon

粥川:生命倫理≒ELSIは歯止めになる?日本では法律による規制の動きは皆無。法律の歯止めがきくのは国境線までという限界。だからこそ、メキシコで行われたミトコンドリア置換。国際的な規制のコンセンサスは遅い?#bsm16

posted at 14:23:28

11月5日

@enodon

榎木英介・病理医・博士(医学)@enodon

粥川:医療技術はより「生命操作的」になっている。技術は未成熟だが、議論や規制よりも先にどこかで実施される。将来の世代が十分な説明を受けて同意することは不可能。研究者も高校生も口をそろえて言っている。#bsm16

posted at 14:21:41

11月5日

@enodon

榎木英介・病理医・博士(医学)@enodon

粥川:卵子はだれからきたの?それが問題。アメリカの医師がメキシコで実施、ヨルダンの夫婦。別の例。ウクライナの医師が不妊治療を目的としてミトコンドリア置換。2人が来年早々生まれる。これも生殖細胞の遺伝子改変。#bsm16

posted at 14:20:19

11月5日

@enodon

榎木英介・病理医・博士(医学)@enodon

粥川:ミトコンドリア置換とは?3人親法。お母さんがミトコンドリア病のとき、第三者の卵子の核を取り除き、核移植。体外受精し母親に戻す。ミトコンドリアにも遺伝子が含まれているので、3人。ただ、ミトコンドリアの遺伝子は少ないので、2.0001人親じゃないかという研究者も。#bsm16

posted at 14:18:49

11月5日

@enodon

榎木英介・病理医・博士(医学)@enodon

粥川:2016年4月。中国の2例目。HIV関連遺伝子をゲノム編集したと報告。HIV耐性の人間をつくる?驚いた。日本では生命倫理専門調査会が中間まとめ。基礎研究を容認。臨床応用を禁止。審議継続。日本のグループ、猿の受精卵ゲノム編集報告(2016年7月)。#bsm16

posted at 14:17:03

11月5日

@enodon

榎木英介・病理医・博士(医学)@enodon

粥川:ノックインの効率があがってきた。倫理問題はできるという想定のもとに考えることが必要。受精卵のゲノム編集と体細胞のゲノム編集。体細胞は次の世代に伝わらない。体細胞ゲノム編集医療は進んでいる。倫理問題は受精卵のゲノム編集。次世代に伝わる。#bsm16

posted at 14:11:54

11月5日

@enodon

榎木英介・病理医・博士(医学)@enodon

粥川:DNAとゲノム、遺伝子、染色体の関係(図を投影中)。2010年くらいから、ゲノム編集が出て遺伝子組換えの性能が上がってきた。かつての組換えの確率は低かったが現実的になってきた。狙ったところを切る(ノックアウト)、切ったところに別の遺伝子を入れる(ノックイン)。#bsm16

posted at 14:09:59

11月5日

@enodon

榎木英介・病理医・博士(医学)@enodon

粥川:医療の現状、遺伝学的医療の拡大。3つくらいの動き。医療の介入対象が小さなものに。今は出世後の診断治療だったのが、生まれる前に介入する動き。能力強化の動き。二重瞼、目の色など。いわゆる医療の枠組みからはみ出る。#bsm16

posted at 14:07:05

11月5日

@enodon

榎木英介・病理医・博士(医学)@enodon

粥川:ELSIとは。1990年、Jワトソンはゲノム研究がプライバシー問題を起こすことを予測。予算の3-5%を倫理的、法的、社会的な課題を研究するために使うことを提言。頭文字でELSI。議会に働きかけた。生命操作(広い意味での)を研究するためには必要と言われるように。#bsm16

posted at 14:02:36

11月5日

@enodon

榎木英介・病理医・博士(医学)@enodon

質問タイム:いまの標準治療は昔の最先端がスライドしてきたもの。最先端の位置づけとは?鈴木:最先端医療を否定しているわけではない。私個人は受けない。研究は推進すべきだが、今の私は受ける気ない。最先端研究と最先端医療は違う。#bsm16

posted at 13:55:44

11月5日

@enodon

榎木英介・病理医・博士(医学)@enodon

鈴木:最先端研究は私に関してはいらない。医療における最先端とは何?最先端を目指す研究、医療は何を目的に進めるべき?もやもや感。医療の研究の先には患者、市民がいるという認識を。患者の実態(生活、思考、世間のながれ)に興味を持ってほしい。患者さんとつながりもってほしい。#bsm16

posted at 13:52:44

11月5日

@enodon

榎木英介・病理医・博士(医学)@enodon

横山さん質問:DeNAの南場さんが開幕セッションで、ビジネスでやろうとしたら規制がたくさんあった。河本:厚労省でも意見が統一されていない。我々医療現場も右往左往。網膜ではいいのにパーキンソン病ではだめなど。#bsm16

posted at 13:36:02

11月5日

@enodon

榎木英介・病理医・博士(医学)@enodon

河本:今年の1月に読売新聞に紹介された。iPS細胞の再生医療の問題点1)生殖医療への応用。髪の毛1本抜かれて数年後にあなたの子よという事態も起こりうる。同性愛カップル。自分の再生。動物ではiPSから完全個体できている。#bsm16

posted at 13:23:45

このページの先頭へ