情報更新

last update 07/21 21:42

ツイート検索

 

@fronori
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@fronori

Tetsuo Ishikawa@fronori

Stats Twitter歴
2,681日(2010/03/21より)
ツイート数
9,549(3.5件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年07月21日(金)5 tweetssource

13時間前

@fronori

hoxo_m @hoxo_m

@tetsuroito @horihorio @Qiita 任意のパッケージ内の関数のデフォルト引数を変えることができるというのが基本機能なんですが、デフォルト引数を指定する際に任意のステートメントを挟むこともできるので魔改造しまくれるパッケージです。

Retweeted by Tetsuo Ishikawa

retweeted at 14:43:28

13時間前

@fronori

Tetsuo Ishikawa@fronori

@onoken3 d族の効果量とは違い、r族はそれ自体が効果量でもあるのですが…。無相関検定が有意かどうかと実質的に(e.g., 認知科学的に)意味のある大きさの相関と言えるかどうかは別だと考えるしかないのではないかと。しかし、回答にはなっていないですね。

posted at 14:32:48

2017年07月20日(木)2 tweetssource

2017年07月19日(水)5 tweetssource

7月19日

@fronori

Tetsuo Ishikawa@fronori

例年になく早い梅雨明け記念とかこつけてゴーヤを食す。暑さを吹き飛ばすような苦さ。苦瓜とはよく言ったものだ。写真はランチの新規開拓を試みて見つけた沖縄料理屋で沖縄そばを頼んだ折の撮影。ラフテーとゴーヤチャンプル、ゆで卵まで付いていた。次回は日替わり定食が売り切れる前に行ってみたい。 pic.twitter.com/C0A1ng8tGo

posted at 22:37:37

7月19日

@fronori

Kohta Ishikawa@_kohta

@shima__shima はい。しかもそのモデル選びも、モデル自体の構造、コスト関数の内容、最適化手法、データの与え方などが絡み合って全体として意味を構成していて、個々の要素を見たときの妥当な解釈というのがあまり意味が無いことが多く、結局これらの複雑な関係性を人間が経験的に学習するしかない感じがします。

Retweeted by Tetsuo Ishikawa

retweeted at 09:58:36

2017年07月18日(火)6 tweetssource

2017年07月17日(月)8 tweetssource

7月17日

@fronori

Tetsuo Ishikawa@fronori

神社に夏祭りの人集りができていた。ローラとの勝負に勝ってジムビームのハイボールを入手、乾いた喉にバーボンが焼け付くように強くて苦かった。たこ焼きが欲しくなったが諦めてかき揚げ冷やしうどんをつるつる飲み込み、仕上げに肉まんを頬張った。デザートにざっくり切られたシトラスでも試そうか。 pic.twitter.com/dr3YsZ0wJ1

posted at 21:39:45

7月17日

@fronori

Tetsuo Ishikawa@fronori

もとい。図の元記事は幾何化予想で知られる数学者サーストンの遺志を継ぐ、奇抜なアイデアだった。多項式が生み出すフラクタルなジュリア集合を折りたたんで3次元にするとどのような形状になるか?曲率から最大エントロピーMMEの情報が得られる! www.quantamagazine.org/3-d-fractals-o pic.twitter.com/7SfJq71maX

posted at 15:21:29

7月17日

@fronori

Tetsuo Ishikawa@fronori

高い3D加工精度が求められるGömböc en.m.wikipedia.org/wiki/Gömböc の応用は案外進んでいないそうだ。実用上は形状のみを問題にするより、質量分布を非一様にして重心をずらした方が簡単(いわゆる起き上がり小法師のカラクリ)。今のところ眺めて愉しむ数楽も発展に期待。

posted at 15:06:22

 

公開拒否

retweeted at xx:xx:xx

 

公開拒否

retweeted at xx:xx:xx

2017年07月16日(日)4 tweetssource

7月16日

@fronori

Tetsuo Ishikawa@fronori

凹図形も許した場合のタイル分類は未完成。特に、非周期的な充填(cf. 二種類の組み合わせのペンローズタイルや非連結なSocolar-Taylorタイル)を連結した一枚で実現する「アインシュタイン(一つの石)」と呼ばれる未発見図形を聖杯として追い求める研究者がいてRaoもその1人。 pic.twitter.com/wcbAXospIv

posted at 12:14:44

2017年07月15日(土)8 tweetssource

7月15日

@fronori

Wataru Toyokawa@WataruToyokawa

コーディングスタイルなんて考えたことなかったし動けばいいやって感じだったが、論文と一緒にコードもシェアする世の中では、やっぱ気にした方がいいよな。反省

Retweeted by Tetsuo Ishikawa

retweeted at 21:44:45

7月15日

@fronori

Tetsuo Ishikawa@fronori

Rの代入に <- を使うか = を使うか議論をいろいろ見る。いつかグローバル変数に代入する演算子 <<- (スコープ代入とかsuper assignmentなどと呼ばれる)を使うときが来ることを見据えるなら、 <- と <<- の対応関係の方が = と <<- よりは自然だろう。

posted at 20:25:37

2017年07月14日(金)6 tweetssource

7月14日

@fronori

tagomoris@tagomoris

オフィスビルの窓清掃が外に現れるたびに、数年前の所属企業で流れた全社メール「窓清掃の人に向かって一発ギャグを見せるのは絶対にやめてください、非常に危険です」が思い出される

Retweeted by Tetsuo Ishikawa

retweeted at 22:54:34

7月14日

@fronori

Masanori Takezawa@lalalarakko

ただそれから13年が経ち、今なら、さらに以下を加えます。

3. 本当に良いモデルは研究者に驚きをもたらす。直感では思いつかない結論を導くモデル、誰も説明できなかった現象を説明できるモデル、新しく検証可能な仮説を導くモデル etc.

Retweeted by Tetsuo Ishikawa

retweeted at 11:46:31

7月14日

@fronori

日本社会心理学会広報委員会@jssp_pr

第4回春の方法論セミナー「効果の科学からデータ生成過程の科学へ~心理学者のためのベイジアン・モデリング入門」講演資料と動画を学会ウェブサイトで公開しました.ご講演いただいた先生方,ありがとうございます.皆様どうぞご活用下さい.www.socialpsychology.jp/seminar/semina twitter.com/jssp_pr/status

Retweeted by Tetsuo Ishikawa

retweeted at 11:45:43

2017年07月13日(木)6 tweetssource

このページの先頭へ