情報更新

last update 12/17 15:33

ツイート検索

 

@furusaki_y
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

Stats Twitter歴
2,883日(2010/01/27より)
ツイート数
7,693(2.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年12月17日(日)5 tweetssource

14時間前

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

テレ朝のドラマ部門にとって編成上の難点は平日の夜22時台がニュース編成となっているがゆえ22時台の「大人向けドラマ」が作れないところ。「大人向け」はテレ朝得意の層なので平日に設定できない分、土曜か日曜の22時台をドラマを確保しておきたいところなのだが。

posted at 12:43:10

14時間前

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

テレ朝は本年1月に制作会社をまわり土曜ワイド劇場終了を説明したそうで確固たる決意があったと思うがあまりこだわらない方が良い。放っておくと土曜夜の2時間ドラマは視聴習慣が合うし他局が横取りする可能性もある。何の根拠もないがフジあたりがやりかねない気がする。

posted at 12:36:58

14時間前

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

早坂暁は独立独歩の存在だった印象がある。作風も人情的に見える話だがどこか冷徹な視点が貫かれてゾクッとする側面があった。『勝海舟』で倉本聰と対立した人と『夢千代日記』を手がけたときも驚いた。その後、向田邦子や山田太一も同氏と仕事を手がけるが、早坂氏の最初の動きは速かった印象がある。

posted at 12:25:03

14時間前

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

土曜ワイド劇場がなくなり9ヶ月になる。当時、残念がる制作会社の人に「少しすれば復活するのでは?」と申し上げたところ否定されたのだけど、土曜夜の2時間ドラマは視聴習慣に合っていて復活が妥当と思う。昨夜放送の『黒薔薇』は22時開始だったとはいえ枠復活に向けての試行だったのではないか。

posted at 12:00:58

2017年12月16日(土)2 tweetssource

2017年12月10日(日)2 tweetssource

12月10日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

最近、ちょっと苦言を書いた連ドラがその後面白くなることが何本かあり不思議。『民衆の敵』も市長選後、面白くなった。とはいえ、ちょっと遅きに失した感があって残念。

posted at 18:13:40

2017年12月09日(土)1 tweetsource

12月9日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

『奥様は、取り扱い注意』視聴終了。ほとんど回数稼ぎのような回があったが、最後までみるとそこまで描かれた主婦の日々が生きている。『BORDER』や『CRISIS』でもそんな傾向だったが金城一紀、締めるところは締めて全体を見ればこれはこれで見る側を満足させてくれる作品に仕上げてくれたことになる。

posted at 11:04:41

2017年12月06日(水)2 tweetssource

12月6日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

テレビを買えば延々と受信料という「税金みたいなもの」を払っていかなくてはならないとなるとテレビを買う人はだんだんいなくなり、PCやiPadを使って、ニュースはネットで済ませ、必要ならNetflixやAMAZONビデオで映画やドラマを見るスタイルが一般化するのかも。

posted at 22:20:39

12月6日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

NHK受信料に合憲判決。一見NHKに好都合な判決に見えるけど、テレビを買うと廃棄するまで延々と「税金のようなもの」を払っていかなくてはならないことが明白になったわけで、そんなテレビなんていらないという流れを加速させ、後世からみて「テレビの終わりの始まり」の出来事だったとなりそうな気配。

posted at 20:31:11

2017年12月01日(金)1 tweetsource

12月1日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

『民衆の敵』、一話遅れで視聴中だがこの手の物語づくりは難しいのだな。政治の複雑な世界を濃厚に描くと難しいと感じる層が増える。逆にあまり分かりやすく簡略化しすぎると現実離れし視聴者を馬鹿にしているのかと感じてしまう。現状、このドラマはやや後者寄りの展開になっていて歯ごたえが乏しい。

posted at 08:07:04

2017年11月30日(木)1 tweetsource

11月30日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

『奥様は、取り扱い注意』第9回視聴。ここに来てずいぶん急に面白くなった。これまでの怠惰な展開がここで意味を持ってきた。さすが金城一紀、ただでは起きない。けれど間に合うのか。ここまでの負債が大きすぎる気もする。

posted at 00:18:36

2017年11月23日(木)2 tweetssource

11月23日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

『明日の約束』。この記事では「業界関係者の評価が高い」とある。ただ記事のコメントはテレビ誌編集者1人だけでもう一人はこの「火曜21時枠」が全般としては面白い、というコメント。本当に「業界関係者の評価が高い」のか。 news.yahoo.co.jp/pickup/6261954

posted at 14:18:59

2017年11月20日(月)3 tweetssource

11月20日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

『この声をきみに』。非論理的なものは本当にランダムな事象なのか、それとも論理性はあるが現代科学では計測に限界があるがゆえ法則性が見いだせないのか。主人公の数学者は過去の記憶を思い起こして非論理的なものの中にある論理性を突き止めるためのメソッドが「言葉」だと思い至った。

posted at 13:50:30

11月20日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

『この声をきみに』は、数学者である主人公が「恋愛」という「非論理性」なものに捉わ
れたあたりから、「言葉」が非論理的なものをつかみ取るための重要な存在であることを
認識し、最後にはもともとなぜ数学者を目指したのか、その根源が実に非論理的な動機だったことを彼に思い起こさせた。

posted at 13:38:06

11月20日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

『この声をきみに』視聴終了。「言葉」の力を「映像」で表現するのはハードルの高い挑
戦に見えたが、見終えると、むしろ「映像」だからここまで浮かび上がらせることができ
た面があるように思えた。書き手の描ける限界を目指そうとする意欲が伝わる作品だった。

posted at 13:36:23

2017年11月19日(日)1 tweetsource

2017年11月18日(土)3 tweetssource

11月18日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

『先に生まれただけの僕』は、教育者としての理想を追い求めるドラマだけど説教臭くなく、適度にエンタテインメント要素が考慮されているので飽きさせない。あと、演出も頑張っていて、今回(第6回)、いつになく演出が凝っていると思ったらサブの相沢淳演出だった。

posted at 23:34:26

11月18日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

『先に生まれただけの僕』はここへ来て恋愛の三角関係的な要素も投入されて見どころが増えてきた。鳴海校長の会社での上席を演じる高嶋政伸のあの芝居は福田靖作品『DOCTORS』で沢村一樹と張り合う院長の息子役の快演(怪演)を踏まえてのもの。徐々に本領が発揮されつつあるといったところだろう。

posted at 23:29:45

11月18日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

『先に生まれただけの僕』第6回視聴。鳴海校長の行動がスムーズに周囲に理解者を広げている。もう少し壁があったほうが物語が劇的になるけれどこれぐらい穏やかな温度で物語が進む方が心地良い。福田靖作品としては『龍馬伝』で少しずつ龍馬の周囲に理解が広がっていくプロセスに通じるものがある。

posted at 23:25:29

2017年11月17日(金)2 tweetssource

2017年11月07日(火)1 tweetsource

11月7日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

遅ればせながら『陸王』第1回視聴。『半沢直樹』『流星ワゴン』『下町ロケット』と受け継がれてきた、おなじみ「日曜劇場」「福澤克雄演出」のフォーマット通りのソツのないバランスが取れた手堅い必勝パターンのウェルメイドのドラマで水準も高い。その分、奇想天外さ、意外な展開はないわけで。

posted at 01:41:20

2017年11月05日(日)3 tweetssource

11月5日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

中園ミホさん脚本ドラマだった『ドクターX』だがついにこの新シリーズから中園さんの執筆はまったくなくなった模様。昔から人気ドラマのフォーマットだけ書いて降板することも多い人だったが、今回全く権利料のような支払いはないのだろうか。人物造形など中園さんのアイディアが残っているはずだが。

posted at 16:02:00

11月5日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

この記事、『ユニバーサル広告社』は岡田恵和が脚本を書いていてその第3話に高橋ひとみが出演したとある。だが第3話は岡田恵和脚本じゃなく谷口純一郎が脚本。必ずしも一人が全話書くとは限らないのでこういう記事を書くときは注意が必要なのだが。news.mynavi.jp/news/2017/11/0

posted at 15:50:31

2017年11月04日(土)2 tweetssource

11月4日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

『この声をきみに』第7回も良かったが、第6回が最高潮でそこからはちょっとピークアウトした気がする。天ぷらそばの話、狙いすぎでさほどハマらなかった。あれなら落語家の食べる仕草のほうが美味しく感じる。ともあれイイ感じの展開なのでこのままラストまで素敵な展開で引きつけてほしい。

posted at 14:20:02

11月4日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

他ジャンルからテレビドラマの面白さに気付いて参入した人の最初にハマりやすいドラマが遊川和彦さんのドラマのような気がする。熱病のように激賞する様子を見て「ああ、またしてもか」と思う。こういう人も数年経つと落ち着くことが多いんだけど、それだけ響くものがあるのだろう。

posted at 14:13:06

2017年11月02日(木)2 tweetssource

11月2日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

『奥様は、取り扱い注意』はまた当初海外ドラマのテイストを意識していると思わせていた作品のテイストは、確かにそういう意図はありそうだが、それは細かい人間描写、生活細部のリアリティを描くことが苦手でそれから回避できる消極的な意図も含まれているのだろうと思わせるようになってきている。

posted at 03:27:44

11月2日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

『奥様は、取り扱い注意』第5回視聴。開始当初は今度は何をやってくれるのかと期待していたけれど何もない。これでは劣化した実写版『キャッツアイ』だという声を聴いた。いくらなんでも芸がなさ過ぎかも。今後何か起きることをほのめかすナレーションがあったが、ここまでを挽回するのは難しい。

posted at 03:25:44

2017年11月01日(水)1 tweetsource

11月1日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

気のせいかも知れないが日本語変換ソフトATOK、最近のバージョンで変換精度が少しばかり落ちてきている気がする。どうでもいいような変換を学習していつもそれが優先的に候補に出てきたり、一体で変換認識しなくてはならない語句を勝手に分割して変換しようとして失敗したり。

posted at 03:31:01

2017年10月31日(火)5 tweetssource

10月31日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

『この声をきみに』第6回に至り竹野内豊と麻生久美子はお互いを見るだけで表情がこわばる。恋に墜ちてしまったことを自覚しているということなのだろう。こういうの、どこかで見たと思ったら、同じ大森美香脚本の『ブザー・ビート』で山下智久と北川景子も後半、そんな感じになっていたなと。

posted at 02:49:09

10月31日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

サイゾーって世のマイナーな意見を尊重するメディアだと思っていたけど、テレビドラマの記事に限ってはなぜ低視聴率であることだけでそこまで作品を貶めるのだろう。低視聴率のドラマの中に少数意見はあると思うのだけど、なぜそこで商売の論理だけで作品の価値を断じてしまっているのだろう。

posted at 01:45:40

10月31日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

オリコンのコンフィデンスアワード、審査員のお誘いをご辞退した経緯もあるので気になっているのだけど、ここは『ひよっこ』ではなく『やすらぎの郷』だと思うがなぁ。テレビジョンのドラマアカデミー賞は存在意義をかけて読者投票結果を審査員投票が乗り越えて『やすらぎの郷』にしてくるのでは。

posted at 01:31:13

10月31日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

ともあれ『この声をきみに』はなかなか奥の深い世界が展開していて興味深い。明らかに数字は稼げないドラマだと分かるが視聴率はとれなくても良いドラマはあるという明確な証拠になりそうなドラマ。こういうドラマこそNHKが作ってふさわしいのかも。

posted at 01:23:19

10月31日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

『この声をきみに』第6回。ようやく大森美香脚本が求める「朗読の世界の面白さ」に演出が追いついた感じを受けた。演出は本作初登板の上田明子という方。ググるとNHK FMのラジオドラマの演出に同姓同名の人がいる。この人なのか。確かに朗読はラジオドラマに通じるところがあるのだが。

posted at 01:19:08

2017年10月30日(月)2 tweetssource

10月30日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

小栗旬には『リッチマン,プアウーマン』のNEXT INOVATION社長のその後も続編で演じて欲しかったのだけど、いつしか、もうそれはないだろうなという気になっている。もっとやりたいことがあるように見えるし、それを見たい気がする。

posted at 01:48:59

10月30日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

『BORDER 贖罪』視聴。連ドラ時と演出者が変わったためか、カメラポジション、場面と場面のつながり、カメラ移動のテイストが変化した。だが気になるレベルでもなく内容的には期待どおりの面白さだった。前作の結末をいかに続編可能な形に持ち込むか、という課題は一応成功したというところか。

posted at 01:37:44

2017年10月29日(日)2 tweetssource

10月29日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

今夜放送『BORDER 贖罪』、連ドラのときの監督(橋本一、波多野貴文)じゃないのか。橋本一さんが東映から独立して間もない時期だったこともあってか画面から気迫が伝わっていた記憶が。期待しているだけにちょっと心配。もちろん常廣丈太氏も『緊急取調室』などの演出で定評ある人なのだが。

posted at 12:55:49

2017年10月28日(土)2 tweetssource

10月28日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

『民衆の敵』のような普通の人が立候補する話は大竹しのぶ主演『モナリザたちの冒険』など思い起こすが大成功した例はない。むしろ『夏子の酒』で有機農法に否定的だった保守的な村がひとりの女性の力で徐々に動かされて変革されていく、その過程が感動的だった。ああいうものを見せて欲しい気がする。

posted at 10:00:52

10月28日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

『民衆の敵』第1回視聴。導入部としてはしっかり見る側の気持ちをつかむことに成功していてグッとくる場面もある。少しうまく行き過ぎにも見えるけど、せっかちな視聴者も少なくないのでこれぐらいが適度なのだろう。こういう作品が世の空気を変えるきっかけになれば素晴らしいのだけど。

posted at 09:53:57

2017年10月26日(木)1 tweetsource

10月26日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

「東京ドラマアウォード」は加盟局に「公平に」賞を渡すようしているので、優秀賞受賞作についてあまり過度に信頼を寄せることは禁物だが、その中から選ばれたグランプリ作品である『逃げ恥』『破獄』はなかなか適切な選定だったのではないか。ちなみに『破獄』、放送当時私も推奨していた。 twitter.com/furusaki_y/sta

posted at 22:48:37

2017年10月23日(月)1 tweetsource

10月23日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

『明日の約束』第1回視聴。う~ん。残念ながら私には今ひとつだった。余計な音楽を入れずに場面場面をじっくり描くことで緊張感を生ませるこの演出家のこの手法、中谷美紀主演『ゴーストライター』では成功していたのだが私には今回は脚本の問題なのか、単に「こなれてない話運び」に映ってしまった。

posted at 00:22:46

2017年10月21日(土)1 tweetsource

10月21日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

『先に生まれただけの僕』第1回視聴。福田靖脚本らしいうまい導入部だが単にテクニック的な良さに終わっていない。これまでややエンタテインメント志向だった福田作品だが今回はちょっと趣向を変え何か新しいものが生まれる予感が漂う。櫻井翔の台詞まわしも良く作品世界に引き込まれた。

posted at 16:12:35

2017年10月20日(金)5 tweetssource

10月20日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

『奥様は、取り扱い注意』の町の主婦たちの描写を見ているとどこか米国ドラマ、例えば「デスパレートな妻たち」あたりのタッチを少し彷彿させるところがある。このあたり、意図的に明快さを優先しているようにも見える。

posted at 04:04:51

10月20日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

『奥様は、取り扱い注意』の書き手は、混みいった人間関係の心理の微妙なひだのようなものは描けないのか、それとも意図して描かないようにしているのか。『BORDER』『CRISIS』も大味(おおあじ)なところがあったがそれはそういうジャンルの物語だからしっくりきていたわけなのだが。

posted at 04:02:47

10月20日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

『奥様は、取り扱い注意』第3回は青木さやかゲストで割と好評だったようだが、単純明快な展開で、青木さやかの取り巻きだった主婦たちが離脱して、離脱した人が次々と運動を行っている綾瀬はるかのメンバーのほうに加わっていく。あまりウェットに描かないよう意図しているのだろうけどマンガチック。

posted at 03:56:45

10月20日

@furusaki_y

古崎康成@furusaki_y

8月に放送された寺島進主演『日曜ワイド/ドクター彦次郎3』。関西地区では当日ABCが高校野球中継をしたためオンエアされないままでいたがようやく明日の21日(土)12時から放送されるようだ。京都が舞台だけに、撮影に協力した先なども視聴できるので、制作側の面目もようやく立つだろう。

posted at 03:39:31

このページの先頭へ