Twilog

 

@geishin

芸術新聞社@geishin

Stats Twitter歴
2,251日(2010/03/30より)
ツイート数
6,096(2.7件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2016年05月26日(木)4 tweetssource

9時間前

@geishin

芸術新聞社@geishin

「密かに凄い本」とご好評いただいている演劇書『緊張をとる』ですが、刊行以来、丸善丸の内本店様での売上が100冊を超えました。舞台で緊張をとるために俳優が行うエクササイズを、物語形式で一般に向けて紹介したものです。乞うご高覧。 pic.twitter.com/yXQNKllmik

posted at 16:13:16

15時間前

@geishin

芸術新聞社@geishin

すみねこです。おはようございます。酒井順子さんの来月の新刊「字を書く女」、制作を進行中です〜。酒井さんにとって、エッセイを書くことも書道も、基本は同じで「書くことが好き!」。鋭い洞察力で時代を表現し、知的でクールなイメージの酒井さんですが、書のお稽古では素顔が垣間見えます〜。

posted at 09:53:11

2016年05月25日(水)4 tweetssource

5月25日

@geishin

KIMURA Satoko@kimsato27

日曜日の記録。人造乙女美術館、女がいったら男性を居心地悪うさせるんやないかと心配したが杞憂やった。客の半分は女性で、最終日の大盛況。写真で見て壇蜜がモデルかと思うた人形は、池永康晟「如雨露」の再現やった pic.twitter.com/LpEtTOSxI3

Retweeted by 芸術新聞社

retweeted at 11:41:14

5月25日

@geishin

渡辺知明@WATANABE_tomo

「千里の道も一歩から」とは文章の書き方にも言える。どんなに頭の中で構想を練ったり思いつきをメモにとったりしても、いざ文章を書くときには一文字一文字とつないでいく。一歩一歩の歩き方が文章の書き方だ。その作業の実態は自己添削である。拙著『文章添削の教科書』は歩いて考える文章法なのだ。

Retweeted by 芸術新聞社

retweeted at 11:40:00

5月25日

@geishin

芸術新聞社@geishin

すみねこです。酒井順子さんの新刊エッセイ『字を書く女』を6月下旬に発売します。ベストセラー『負け犬の遠吠え』から12年、いま『子の無い人生』でも注目されているあの酒井さんが、じつは書道の体験者だった!!! 独自の視点で王羲之や空海、写経の楽しさを語ります。乞うご期待ニャンっ

posted at 09:34:33

2016年05月24日(火)2 tweetssource

5月24日

@geishin

芸術新聞社@geishin

展覧会案内に、「ポール・スミス展 HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH」(6/4~7/18・7/27~8/23・9/11~10/16 京都国立近代美術館・上野の森美術館・松坂屋美術館)をアップしました。チケプレも。bit.ly/1RmVDWN

posted at 20:17:15

2016年05月23日(月)10 tweetssource

5月23日

@geishin

ペンギン店長@penguinbookcafe

ここんとこずっと手元に置いて眺めている本。『本の夢 小さな夢の本』(田中淑恵)。
へぇー! ほぉー! ハァー! と驚いたり感心したり感動したり、いやぁーいい本です。

Retweeted by 芸術新聞社

retweeted at 19:29:21

5月23日

@geishin

渡辺知明@WATANABE_tomo

オキシトシンという「幸せ物質」について書かれた本を読んでいたら「情けは人の為ならず」と繰り返し出てきた。要するに人に親切にするとオキシトシンが体内に作られて自らも幸せになれるという。拙著『文章添削の教科書』の背帯にも書いた。人の文章に添削すると幸せで長生きできるようになれそうだ。

Retweeted by 芸術新聞社

retweeted at 11:48:29

2016年05月20日(金)1 tweetsource

2016年05月18日(水)4 tweetssource

5月18日

@geishin

渡辺知明@WATANABE_tomo

2016年5月17日(火)放送の『重版出来』はすばらしかった。大テーマは資本主義経済と芸術との対立問題だ。そこに生きる人間の悲劇をお涙頂戴ではなくリアルに描いた。主演の黒木華はじめ俳優たちの細部の演技が見事だ。ちなみに、拙著『文章添削の教科書』も刊行4か月で「重版出来」した本だ。

Retweeted by 芸術新聞社

retweeted at 10:03:53

2016年05月17日(火)4 tweetssource

2016年05月16日(月)5 tweetssource

5月16日

@geishin

芸術新聞社@geishin

おかげさまで『池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福』が6刷出来となりました。池永先生の作品の力はもちろん、多くの皆様の応援やご協力を得て、周知することができ、刷を重ねられています。この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございます。 pic.twitter.com/gh1KpKWDPN

posted at 12:30:03

5月16日

@geishin

アート情報@art_infoJP

オリエント工業×日本美術、ラブドールで美人画を再現した展覧会『人造乙女美術館』開催中: 美術評論家・山下裕二監修のもと、日本画家・池永康晟による美人画をラブドールで完全再現し、ドールの美しさや美術表現の新たな可能性に迫る。… dlvr.it/LJwxN2 #美術

Retweeted by 芸術新聞社

retweeted at 09:16:08

5月16日

@geishin

橋本麻里@hashimoto_tokyo

ヴァニラ画廊「人造乙女美術館」www.vanilla-gallery.com/archives/2016/ 「山下裕二氏監修のもと、日本画家・池永康晟の美人画をラブドールで完全再現し、ドールの持つ美しさと美術表現の新たな魅力と可能性に迫り」の招待券が某禅寺謹製「禅定」文字入りクリアファイルに挟んであった件。

Retweeted by 芸術新聞社

retweeted at 09:15:52

2016年05月14日(土)1 tweetsource

2016年05月13日(金)1 tweetsource

2016年05月12日(木)3 tweetssource

2016年05月11日(水)2 tweetssource

2016年05月10日(火)8 tweetssource

5月10日

@geishin

Bellissima@BellissM

人造乙女美術館@ヴァニラ画廊 蠱惑的な美人画をラブドールで完全再現する企画展。ドールの性的意味合いを払拭してアートの領域に昇華させる試み。鑑賞から体験へ見る者の知覚に訴える芸術表現への挑戦状。池永康晟の美人画再現は必見! 5/22迄 pic.twitter.com/ANXK259iwP

Retweeted by 芸術新聞社

retweeted at 10:09:59

5月10日

@geishin

かねたく@hirakuk

窪島誠一郎『最期の絵 絶筆をめぐる旅』読了。「絶筆」を人生最期に描いた絵とするだけでなく、「絵を描いていた自らの人生の最後の証になる作品」と広く捉えているのが印象的。早くに壮絶な最期を遂げた画家が多いのに驚かされる。絶筆の絵と人生のつながりに惹かれたのは、古賀春江か。

Retweeted by 芸術新聞社

retweeted at 10:07:56

5月10日

@geishin

渡辺知明@WATANABE_tomo

『本の読み方上達法』読者の態度から見ると2種類の本がある。1つは、読んで理解する本。1度読んだら用が済む本だ。もう1つは、実践を目指した本だ。「分かって→試して→忘れる」を繰り返す本だ。それで原理と方法が身につく。渡辺知明の2著『文章添削の教科書』も『朗読の教科書』も後者である。

Retweeted by 芸術新聞社

retweeted at 09:36:59

2016年05月06日(金)1 tweetsource

このページの先頭へ