情報更新

last update 12/12 12:25

ツイート検索

 

@hoshinot
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@hoshinot

星野智幸Tomoyuki Hoshino@hoshinot

Stats Twitter歴
3,102日(2009/06/16より)
ツイート数
8,944(2.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年12月07日(木)2 tweetssource

2017年12月06日(水)4 tweetssource

2017年12月03日(日)1 tweetsource

2017年12月02日(土)3 tweetssource

12月2日

@hoshinot

星野智幸Tomoyuki Hoshino@hoshinot

昨日、私と金井真紀さんの相撲をめぐるトークに来てくださった皆様、ありがとうございました。今のファンのつらく重い気分と理不尽な気持ちをあの場で共有できて、私も救われる思いでした。金井さんと飛び入りの和田靜香さんにも感謝。会場の書店「リーディン・ライティン」もとても素敵でした!

posted at 14:21:38

2017年12月01日(金)2 tweetssource

12月1日

@hoshinot

星野智幸Tomoyuki Hoshino@hoshinot

そして今夜は、田原町の書店Readin’ Writin’で、金井真紀さんとのトーク「大相撲が大好きだ!」。夜7時15分からで、残席わずかにあるようです。こういう時こそ、本当に相撲が好きなのかどうか、はっきりさせようじゃないですか! readinwritin.net/2017/11/14/%E5

posted at 11:30:52

12月1日

@hoshinot

星野智幸Tomoyuki Hoshino@hoshinot

発売中の雑誌「大相撲中継」(毎日新聞社)に、エッセイ「白鵬は相撲の精霊だ」を書きました。40回の優勝を寿ぎ、白鵬の強さを考えました。巷は白鵬批判ばかりで、偉業に対して不当すぎるので、私はいっさい批判なし。誰が本当にファンと力士のことを考えて今の大相撲を支えているのか。

posted at 11:26:41

2017年11月30日(木)3 tweetssource

2017年11月29日(水)1 tweetsource

11月29日

@hoshinot

星野智幸Tomoyuki Hoshino@hoshinot

日馬富士が引退に追い込まれた件、これがもしサッカー選手だったらとシュミレートして考えると、異常な結末だとわかるだろう。選手同士で殴り合って怪我をさせた場合、けがの程度によるだろうが、うやむやのまま引退とはならない。相撲だから仕方ない、というのはおかしすぎる。

posted at 11:37:24

2017年11月28日(火)2 tweetssource

11月28日

@hoshinot

星野智幸Tomoyuki Hoshino@hoshinot

横審の意見て、相撲を今支えているコアな観客、特に女性ファンの感覚とは、まるで異なっているな。現場が全然見えていない。日本の企業がイノベーションを起こせないのと(現場で潰される)、こういう人たちが相撲を衰退させていくのとは、同根だな。

posted at 00:08:39

2017年11月27日(月)11 tweetssource

11月27日

@hoshinot

星野智幸Tomoyuki Hoshino@hoshinot

とにかく、相撲が熱狂かバッシングの材料としてばかり消費されるようなことには、もううんざり。もっと緩ーく、相撲の楽しさを、金井真紀さんとお話しできたらいいな、と思っています。今週金曜日の夜、田原町の書店「Readin' Writin'」です。 ow.ly/B17530gPyMo

posted at 18:38:47

11月27日

@hoshinot

星野智幸Tomoyuki Hoshino@hoshinot

その登場人物(貴乃花)にのめり込むことと、それを演じている人間(花田光司)を切り離すことは、観客やファンにはむしろ必要な姿勢なのです。ですので、横綱貴乃花の引退とともに、私の中の貴乃花は記憶の中の存在に変わりました。

posted at 18:35:07

11月27日

@hoshinot

星野智幸Tomoyuki Hoshino@hoshinot

「相撲はフィクション」とは、相撲は絵空事、という意味ではありません。土俵というその場の特別なルールの上で、シコ名を持ちながら真剣に行う、人生に酷似した遊戯、というような意味です。芝居に近いかもしれません。

posted at 18:33:50

11月27日

@hoshinot

星野智幸Tomoyuki Hoshino@hoshinot

その苦しい気分の中から、私は「相撲とはフィクションである」「スポーツとはフィクションである」という考え方を持つに至ります。そしてそれはスポーツの核心をついていたのでした。

posted at 18:32:33

11月27日

@hoshinot

星野智幸Tomoyuki Hoshino@hoshinot

わざわざそのように言うのは、横綱貴乃花のファンであった時、最も苦しかったのが、土俵上の横綱に心酔する気持ちと、土俵外での言動に悲しい思いをすることとの整合性がつけられなかったことだったからです。

posted at 18:31:48

11月27日

@hoshinot

星野智幸Tomoyuki Hoshino@hoshinot

私の新刊の大相撲エッセイ『のこった』では、私がかつて最も心酔した横綱貴乃花のことも書かれています。なので、私は貴乃花親方のファンでもあると思われがちですが、違うのです。私は、横綱貴乃花のファンでした。 ow.ly/uGgR30gPy9s

posted at 18:30:40

2017年11月26日(日)2 tweetssource

11月26日

@hoshinot

星野智幸Tomoyuki Hoshino@hoshinot

白鵬の優勝インタビュー、素晴らしすぎるでしょう! すべての心から相撲を好きな人の琴線に触れるものだった。記録だけじゃない、こういう心を持つ横綱だから、白鵬は大横綱なんだよ。

posted at 18:28:26

2017年11月25日(土)2 tweetssource

11月25日

@hoshinot

星野智幸Tomoyuki Hoshino@hoshinot

某予備校が国語の教材として、私のエッセイ「耳のメガネ」を使っているのだが、これが素晴らしくて驚いた。エッセイの内容、人にはそれぞれの普通がある、という観点を、生徒に理解させる作りになっている。日本では教科書に使うことのできない、この手の社会的テーマの文章を使う攻めの姿勢に拍手。

posted at 15:40:27

2017年11月23日(木)1 tweetsource

2017年11月22日(水)2 tweetssource

2017年11月21日(火)3 tweetssource

11月21日

@hoshinot

星野智幸Tomoyuki Hoshino@hoshinot

貴乃花は現役時代、眉を大きく上げて額に横線のシワを作る、どことなくおおらかな表情をよくしていた。貴ノ岩が仕切っている時、それとそっくりの表情を浮かべる。取り口でもそう。それぐらい、素直なやつなんだよ、きっと。 #大好きな貴ノ岩

posted at 00:12:51

2017年11月20日(月)3 tweetssource

2017年11月18日(土)2 tweetssource

2017年11月17日(金)6 tweetssource

11月17日

@hoshinot

星野智幸Tomoyuki Hoshino@hoshinot

そして3つ目が、恥ずかしいので小声になりますが、私がデビュー前に書いた相撲小説です。力士の物語でもなければ、相撲の実像を描いたものでもありません。相撲のディテールをふんだんに盛り込みながらも、若い時分にありがちな突飛な技を次々繰り出そうとした変な作品です。

posted at 21:55:30

11月17日

@hoshinot

星野智幸Tomoyuki Hoshino@hoshinot

それから、大相撲にとっての希望であり、愉楽を見出すことのモデルケースである、スー女について。なんと、スー女のパイオニアたる『スー女のみかた』著者の和田靜香さんとの対談が収録されています。和田さんからは、相撲好きでいいんだ、という自信をほんとにたくさんいただきました。師匠!

posted at 21:54:36

11月17日

@hoshinot

星野智幸Tomoyuki Hoshino@hoshinot

本書『のこった』は、3つの柱からなっています。まず、かつて自分が貴乃花ファンだった時代のブログを振り返りつつ、3年前に相撲ファンに復帰して以降の、今の大相撲に対する思いをつづりました。ベースにあるのは、大相撲をめぐって強まりつつある「日本人ファースト」の空気に対する批判です。

posted at 21:54:20

このページの先頭へ