情報更新

last update 06/23 21:30

ツイート検索

 

@inagekaigan
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

  • 493フォロー
  • 1,211フォロワー
  • 57リスト
Stats Twitter歴
2,710日(2010/01/23より)
ツイート数
16,236(5.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年06月19日(月)2 tweetssource

6月19日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

@624614shasha 退任時にコンマスが「何年か後にまた共演できたらいいですね」とおっしゃっていたような記憶もありますので期待していたりもしますが、こればっかりは、呼ぶ責任・権限、金を出す責任・権限は別でしょうかね…。他オケだと、お金のあるオケですかね?(スポンサー探し、頑張ってほしい…。)

posted at 17:53:54

2017年06月17日(土)19 tweetssource

6月17日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

高関健/群響定期、ショスタコーヴィチ:交響曲第7番 「レニングラード」、ショスタコーヴィチなのに対向配置?と思ったが、よく考えたら、レニングラード・フィル改めサンクトペテルブルク・フィルだって対向配置で演奏するんだから別に驚くことではなかった。

posted at 23:58:15

6月17日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

@angerot ジークフリート鑑賞の1週間後は、タコ7が長く感じないという効用がありました。(^.^) 当然ラフマニノフの交響曲第2番も。(演奏はどちらも素晴らしかったので、今頭の中で交互に鳴ってます。)

posted at 23:54:56

6月17日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

群響定期、P: 金子三勇士さんの素晴らしい演奏は、まるで初めて接したかのような体感。前回鑑賞の読響定期の時(シューマンだったかな?)は、私は体調が悪くて音楽に集中できなかったので真価は分からず。(基本的にピアニストはオケ定期で聴く人間なので間が空いてすみません。)

posted at 21:47:30

6月17日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

昼の神奈川フィル(ラフマニノフ)に続いて夜の群響(リスト、ショスタコーヴィチ)も対向配置。どちらも完売。めでたし、めでたし。

posted at 21:46:30

6月17日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

高関健/群馬交響楽団定期@群馬音楽センター。ショスタコーヴィチ:交響曲第7番 「レニングラード」。機械的な精緻さではなく、人間のぬくもりが弦に、管に、打楽器に宿る。この曲が書かれた…この曲を生んだ時代があったとしても、芸術に昇華された以上は音楽作品であることを初めて知ったような。

posted at 21:26:48

6月17日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

高関健/群馬交響楽団定期@群馬音楽センター。ショスタコーヴィチ:交響曲第7番 「レニングラード」。精緻なアンサンブルながら、冷たさはなく、ぬくもりすら感じるショスタコーヴィチの大音響。デッドな音響ゆえ飽和感も無し。21世紀の今、ソ連という国の存在ははるか昔…を感じる純音楽的演奏。

posted at 21:21:25

6月17日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

高関健/群馬交響楽団定期@群馬音楽センター。P: 金子三勇士。リスト:P協奏曲第2番、激しいピアノ、オケも呼応して低弦が炸裂する。金子さん、リストを弾くために生まれてきた…などと言ったら大変失礼だろうが、アンコールの愛の夢も含めて、短い時間ながらもリストの世界を堪能した。

posted at 19:28:40

6月17日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

カチュン・ウォン氏、協奏曲の時は「爆演厳禁」の指揮者かと思ったけど、交響曲では結構鳴らしていて、それでも、全体の音の調和感(これが特に素晴らしかったかも。オケの音がこんなに溶け合うんだ!と)を保っていたので爆演でもなく、懐の深い指揮者なのだろう。

posted at 17:42:08

6月17日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

@setsufl0312 ロビーコンサート、後ろの方で聴いていたのでお姿は見えませんでしたが、短い10分の中での流れの構築が素晴らしかったです。本編も次々と繰り出す指揮者の棒にオケが応えて見事に音に変換される様が見事で、目と耳の両方が楽しんだ、あっという間の2時間45分(13:30〜)でした。

posted at 17:32:46

6月17日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

カチュン・ウォン氏、確か2016年11月のトリフォニーホールでのアヴデーエワの協奏曲の指揮者だったと思う(私は行ってない)。あの時、ネット上では指揮者に対するネガティヴな感想が結構多く、ちょっと心配していたが、協奏曲の伴奏(失礼!)と定期演奏会とでは、当然、条件が違いますよね。

posted at 16:51:34

6月17日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

カチュン・ウォン/神奈川フィル定期@みなとみらい。P:松田華音。ラフマニノフ:P協奏曲第2番、交響曲第2番。曲の中はもちろん、演奏会全体としての構成感も計算した上での細部のキューではないか。演奏終了直後からお開きまで、楽団員がずっと拍手を贈っているのはあまり見たことない。

posted at 16:47:04

6月17日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

カチュン・ウォン/神奈川フィル定期@みなとみらい。ラフマニノフ:交響曲第2番。協奏曲だけで「こういう指揮者」と判断してはいけないと猛反省。おそらく次回聴く機会があればまた印象が変わるかも(良い意味で)。第1、第2楽章では少し若さを感じる所もあったが、実際若いんだからいいじゃない?

posted at 16:43:56

6月17日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

カチュン・ウォン/神奈川フィル定期@みなとみらい。ラフマニノフ:交響曲第2番。あ、協奏曲では枠をはめていたのね。枠を取り払った交響曲は結構鳴らして爽快。第3楽章のしっとり感が一番良かったけど、第4楽章のワクワク(←枠ではない)感も半端ない。終演後の、楽団員から大拍手が。

posted at 16:29:21

6月17日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

カチュン・ウォン氏、ギャラが上がる前に首席客演指揮者のオファーを出した方がいいかも…と協奏曲を聴いた段階で思うのは気がはやすぎるか…。

posted at 14:59:31

6月17日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

カチュン・ウォン/神奈川フィル定期@みなとみらい。P:松田華音。ラフマニノフ:P協奏曲第2番。指揮者、素晴らしいかも。松田さんも感化を受けた(素晴らしい)演奏か?。基本、感情移入だけど型はほとんど崩さずないので、音は内面の深化に向かう?強奏でも細部が突出しない全体の調和感。

posted at 14:55:21

6月17日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

神奈川フィル定期ロビーコンサート、Fl:江川説子、Vn:松尾茉莉、Vc:迫本章子、ハイドン:Fl三重奏曲第1番。短い10分くらいの曲でも小品3曲とは異なる「聴いた」感。終(第3)楽章の軽やかな終結に向けての第1、第2楽章の組み立て。とがってない味わい深い演奏だがスピード感もあり。

posted at 13:44:58

2017年06月10日(土)14 tweetssource

6月10日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

[イヤフォン final Eシリーズ E3000]」(略)現在、メーカー在庫も欠品しており、具体的な入荷予定日の回答を頂く事が出来ない状況です。(略)次回の入荷予定のご案内は、2017年06月24日頃を予定しております。(略)←ヨドバシ・ドット・コムより。

posted at 22:34:47

6月10日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

@624614shasha 私も、難しいことを素人でも楽しめるようにするのが「公演」であって、「講演」になっては駄目なのでは?と思いました。(インキネン日フィルと歌手の皆さんだって、裏ではものすごい努力をされているでしょうが、それを本番では全く感じさせずに「娯楽」にしているところがプロだと思いました。)

posted at 22:27:46

6月10日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

ヤマトの宅急便の、WEBでの受取場所変更(宅配ロッカーへ変更)(←なるべく配達員さんの負担を減らすため)は、出来たり出来なかったりで、なんでだろう?と思っていたが、今日は「発送されました」の段階では駄目で、「配達中です」に変わったら出来るようになった。そういう仕組みなのだろうか?

posted at 21:51:09

6月10日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

ネット上の情報と、自分の数少ない複数回鑑賞経験から推測するに、新国立(だけじゃないかもしれないが)のオペラ上演って、日によってかなり違うことも多いのではないかと思う。前回鑑賞の日曜日のちょっと張りつめた上演も、余裕が出てきた?今日の上演も、それぞれ少し違う良さがあって素晴らしい。

posted at 20:25:01

6月10日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

新国立「ジークフリート」、歌手陣は、アルベリヒとさすらい人は今日の方が良かったかも。最後に出てきて良いところを持っていくブリュンヒルデは余裕のパワー? ジークフリートはこれだけのパワーとスタミナで、終幕で微妙な疲労感?があっても文句など言えない。

posted at 20:02:10

6月10日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

新国立「ジークフリート」、飯守泰次郎/東響、終演。ピットのオケの音の練り上げはさらに向上し、日曜日は「分解能」と感じたのが今日はまさに「溶け合い」、最後の幕切れもほれぼれするような音。出ずっぱりのジークフリートも、最後若干の疲れもあったかもしれないが、それは「相対的」にのレベル。

posted at 19:54:19

6月10日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

ちなみにダンサーの姿、前回は反対側だったので見えたが、今日の席からは全く見えず(前回見たので想定内)。

posted at 17:54:08

6月10日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

今日の席は、前回と正反対の側で、ピットの中のヌヴーさんや甲藤さんが絶妙にソロを継ぎ目ない東響の音でつなぐ様子がよく見えた。最上さんはさすがにピットの中で吹くわけにはいかないだろうが、吹いているところを見てみたい。新国立さん、撮影してYouTubeにでもあげてくれないか?

posted at 17:48:49

6月10日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

新国立「ジークフリート」第2幕終了。歌手は言うまでもなく、ピットのオケも練り上げられた音色で(私は)言うことなし。ミーメやジークフリートだけでなく、アルベリヒも、声の表情付けだけで壮絶な演技が完結しているくらいなのに、演奏会ではないから動き回るので耳目を釘付けにせざるを得ない。

posted at 17:40:16

6月10日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

新国立「ジークフリート」、第1幕、ジークフリートとミーメ、さすらい人とミーメの掛け合いも、余裕をもってヒートアップ。土曜日は第2幕以降のさすらい人が、第1幕にピークをもってきたのかな?という感もあったので、この後どうなるか。ジークフリートは全く心配なしかな。

posted at 15:37:32

6月10日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

新国立「ジークフリート」、飯守泰次郎/東響、演出:ゲッツ・フリードリヒ。第1幕終了。土曜日に比べてさらに少し音の練り上がりが向上している印象。その分、少しだけ緊迫感が後退した感もあるが、余裕度が増したとも見ることができ、より無理しないスケール感が出ていたよう。

posted at 15:33:37

2017年06月07日(水)2 tweetssource

6月7日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

シェロー演出のバイロイトのリング(1970年代?)のDVD(とりあえずジークフリート)の映像は、私は時代の経過を感じてしまうが、ブーレーズの指揮する音楽は、ちっとも古くなっていない(ように私は感じる)。やはり、映像(視覚)と音楽とでは、賞味期限は圧倒的に音楽の方が長いのかも。

posted at 19:53:44

6月7日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

ふと思うことがあって、今まで一度も観たことがなかったシェロー演出のバイロイトのリング(1970年代?)のDVDを買ってみた。まだジークフリートしか再生していないが、これが当時、衝撃を与えた演出なのかぁ…。なんだか、円谷プロのウルトラマンの特撮ものを今観ているのと似た感覚が…。

posted at 19:53:37

2017年06月04日(日)18 tweetssource

6月4日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

ついつい予算のことを考えてしまうが、東條先生のブログ、日フィルのラインの黄金、「余勢を駈って「指環」ツィクルスをと期待したいところだが、恐ろしくカネのかかる企画だから(中略)事務局としては、インキネンが「やろう」と言い出しはしないかと、内心冷や冷やしている由。」は笑ってしまった。

posted at 20:40:49

6月4日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

監督自ら指揮していることによる経費節減効果も大きいのでは?と思ったり。(私は飯守マエストロの大ファンなので、監督自ら振ってくださることになんの異論もないが、中にはペーター・シュナイダーを呼べ…とか思っている方がいないとは限らない。)

posted at 20:30:25

6月4日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

ラインの黄金は個人的事情で鑑賞できなかったのでワルキューレとジークフリートを観ての感想ではあるが、レンタルプロダクションについては色々意見があって、私も好意的には見れない舞台だが、限られた予算を歌手にプライオリティをつけて配分したと見れば、これはこれで一つの成果では?と思ったり。

posted at 20:25:59

6月4日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

(さすらい人は、第1幕の最後の方は素晴らしいと思ったのだが、それ以外はちょっと私の好みと違った面も…。威厳がないと言うか、パワーがもう少し欲しいと言うか…。好みの問題だろうけど。)

posted at 20:04:45

6月4日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

新国立「ジークフリート」、飯守泰次郎/東響、オペラだから、かつ長大な作品だから、全て完璧はない…ということは念頭に置いても、ジークフリートのステファン・グールドのスタミナには驚嘆せざるを得ない。総合的にも、歌手のあれこれはあるにせよ、よくぞ…という上演だったと思った。

posted at 20:01:36

6月4日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

新国立「ジークフリート」、飯守泰次郎/東響、出ずっぱりで最後までパワー全開のジークフリート:ステファン・グールド、最後に出てきて良いところを持って行ったなどとは言えないブリュンヒルデ:リカルダ・メルベートのパワーで終演。東響もパワー全開だが粗雑な音色にならないのはさすが。

posted at 19:53:25

6月4日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

幕間にロビーで、「森の小人」と言っている方がいらして、小鳥の読み間違いなのか、ミーメのことを言っているのか、気になったり…。

posted at 17:50:16

6月4日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

ワルキューレを観た時に、ゲッツ・フリードリヒの演出は、もしかしてキース・ウォーナーの演出に多少影響を与えているのかも…と思った場面もあったが、ジークフリートを観ると、そうでもないよな…と思ったり。(トーキョー・リングを克明に覚えているわけではないが…。)

posted at 17:46:51

6月4日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

神々の黄昏は1公演だけにしておこうと思っていたが、ジークフリートが素晴らしいので、神々ももう1公演買おうか…と思ったり…。

posted at 17:41:27

6月4日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

新国立「ジークフリート」、飯守泰次郎/東響、第2幕終了。第1幕の豪流から、第2幕は、特にオケの音に細やかな表情付けの側面も多く、観客はちょっと肩の力を抜いて楽しむ幕かも。歌手陣は相変わらず、よくぞ、というレベルか。あのオーボエのところは笑っていい場面ですよね?上手かった。

posted at 17:38:15

6月4日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

新国立「ジークフリート」、飯守泰次郎/東響、最初に飯守さんが登場した時点でピットのオケからは拍手がおき、第1幕が壮絶なドラマティックサウンドの雄叫びで終了し、暗転の後、ピットを照らすライトが点灯した時点でもオケからは拍手が…。

posted at 15:35:20

6月4日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

新国立「ジークフリート」第1幕終了、飯守泰次郎/東響。舞台上のジークフリート、ミーメ、さすらい人がそれぞれ張りあうように凄い!…だけじゃなくて、ピットの東響の分厚いけど細やかな表情や瞬発的な変幻自在のサウンドも素晴らしい。まるで舞台とピットが張りあってヒートアップしているような。

posted at 15:31:29

6月4日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

@624614shasha なるほど、字幕ですね。字幕と言えば、私が初めて全曲を観たのはレヴァイン/METのDVD(←正月休みに意を決して)で、一度観てからは「得体の知れないもの」という気持ちが激減しました。(その後の、生での初鑑賞は、たぶん、なおさんと同じ時期、同じ公演だと思います。)

posted at 08:57:34

6月4日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

@624614shasha たぶん同じ頃、レコ芸にリング入門の特集記事があって「まず、この部分を聴いてみましょう」「次はこの部分を聴いてみましょう」みたいな内容で、「そこまでして聴かないと楽しめないのか…」とひいてしまった記憶があります。今なら笑っちゃう内容ですが、LP時代はそれが普通だったのかも?

posted at 08:37:39

6月4日

@inagekaigan

稲毛海岸@inagekaigan

@maoneko なるほど。e3000は通販大手(家電量販店含む)の大半で入荷時期未定か6月下旬入荷予定なので当分手にすることは出来なそうですが、楽しみに待ちたいと思います。

posted at 08:32:37

このページの先頭へ