情報更新

last update 07/23 18:08

ツイート検索

 

@inuchochin
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

  • 655フォロー
  • 1,640フォロワー
  • 86リスト
Stats Twitter歴
2,743日(2010/01/20より)
ツイート数
43,538(15.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年07月23日(日)28 tweetssource

10時間前

@inuchochin

tanaka daisuke@jishabugyou

「史学実習」という科目に対し、講師としてはなんとか目的を果たせたかな、と思う。
史学科の学生諸君は居合・武道に関心を持っており、授業後も、一部は講義室に残って実技や講義内容の質問をしてくれた。
講義後、史学科の諸先生と研究動向について意見交換することもでき、大変有意義だった。

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 13:59:11

10時間前

@inuchochin

tanaka daisuke@jishabugyou

なお実習では、簡単に触れるだけにとどめた近代以降の武道について、学生側としては関心があったようだ。やはり現代との関連性において歴史を見ていて、史学科らしい態度も感じた。
実際、近現代の武道史の知識で居合神社の境内を眺めると、大変興味深いのだが、ここは私も今後を深めたい課題だ。

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 13:58:53

10時間前

@inuchochin

tanaka daisuke@jishabugyou

他にも出席カードで質問を受けた。今日はその質問に答える時間にしたい。
また今後は、林崎明神の参詣が林崎村に定着する、換言すれば、居合の他派閥・他流派でもみられる〝林之明神・林明神〟etc.が神として据えられる成立論についても踏み込んで行きたいと思う。

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 13:58:48

10時間前

@inuchochin

tanaka daisuke@jishabugyou

実習では学生が出席カードを書き、講師の私に提出される。
鋭い質問がいくつかあり、その趣旨を紹介したい。
・流派の〝林崎明神〟は林崎村の林崎明神でよいのか(偶然ではないか)。
・近代の武道の組織化、スポーツ化の過程を知りたい(参詣の変遷と絡めて)。
・技法:なぜ袈裟に切るのか?

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 13:58:31

10時間前

@inuchochin

tanaka daisuke@jishabugyou

後半の時間は、いわゆる〝林崎流〟の実技体験である。4月に上山城プレミアムフライデー企画で実施した〝林崎流〟の亜種である庄内藩の田宮流を例に、長尺の稽古用木刀で刀を抜いてもらった。
受講生は50名程度、道具の関係上体験者は10数名。非体験者にも本身の刀や伝書を手近に鑑賞してもらう。

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 13:58:28

11時間前

@inuchochin

tanaka daisuke@jishabugyou

前半の概説では、拙稿をベースに、可能な限り最新の関連研究を取り上げた。
林崎居合神社の参詣者の実態について、神社の参詣帳と、各地の参詣者出身地・居住地の史料と突合し、神社および居住地での林崎明神(史料により林明神・林ノ明神など)の祭祀と信仰受容について考察を述べた。

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 13:08:45

11時間前

@inuchochin

tanaka daisuke@jishabugyou

山形県内の短大にて史学実習の授業を行う。
テーマは「林崎居合神社の参詣史」。
正規の授業としては、県内大学で初めて取り上げられたと思われる。必修科目での採用。
前半は江戸期の同社への参詣の歴史について概説。
後半は長尺の刀を用いる、いわゆる〝林崎流〟の実技体験を実施した。

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 13:00:02

11時間前

@inuchochin

遊烏氣(社会不適合者な人)@yuki_yugi_paru

「知ってるか? 日本人は数が減っても子供産ませるんじゃなく今のうちに消費しようって考えるらしいぜ!」
「ああ知ってるよ! 若者を仕事漬けにして使い潰し殺してるくせに少子化高齢化で騒いでるからな!」
「おいおい、俺が言ってるのは魚の話だぜ!」
「こりゃ一本取られたぜHAHAHA!」

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 12:42:54

13時間前

@inuchochin

GARASAN@DM開放中@garasangarasan

水産庁と静岡県水産職の両方の内定をもらった時、現場に出たいと思い水産庁内定辞退しに謝りに行ったら「水産の世界で生きていけると思うなよ」と水産職採用担当の課長補佐に恫喝された。
そいつが、前の宮原正典水産庁次官、現・水研機構理事長。出世したねぇ宮原さん。今でもあのセリフ覚えてるよ。 twitter.com/smasuda/status

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 10:21:23

13時間前

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

RT、英信流のように田宮流や伯耆流の影響下の流派や近代に成立した流派は多人数相手に切り回る想定の形がよくあるけど、林崎新ムソウ流や紀州田宮家の田宮流のように抜き付く動作で片方に抜き付け、ほぼ同時に片方に乗りかかったり当たったりする技はほとんど見かけない。

posted at 10:18:06

14時間前

@inuchochin

武術研究稽古会 修武堂@shubudo21

林崎新夢想流居合も卜傳流剣術も、弘前藩のクラシカルな流儀は、武技で刀だけでなく鞘も多用する。
この古い形も、あたかも満員電車で大きな荷物を周囲にぶつけて歩く迷惑なオジサンのような存在(?)となることで、複数の敵と対峙する技法へ導く。
普段から稽古しておかねば咄嗟のときにできない。 twitter.com/tonogen0805/st

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 10:10:02

14時間前

@inuchochin

武術研究稽古会 修武堂@shubudo21

ふるさとでは事務手続き以前に
「なぜ武が文化、文化財となるのか」土台となる研究や根本的視点が全く熟していない。
だから識者の多くはその存在すら認識していない。私も担当だったからわかる。
日本各地も同じか。
待ちぼうけしてもだめだ。誰も立とうとしないから、拙くとも私自身が立とう。

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 10:09:32

16時間前

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

@luminary_LC どうでしょう??
まあ、何かを主張すれば賛同と批判の両方がありますから、何かを発表したらエゴサーチされるのはわかります。 まあ時間の無駄とか精神衛生上よくないとかありますけどw

posted at 08:14:51

16時間前

@inuchochin

Sae Mita@sae_mita

「il Manifest」紙の「この世界の片隅に」評の最後の部分:「片渕監督のこの作品は本当に大変うれしい驚きであり、設定を第二次世界大戦にした長編作品の中で最も成功した作品の一つである。長い間語り続けられる作品になるであろう」(大体こんな感じ。ぎくしゃくしていてすみません。) twitter.com/sae_mita/statu

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 08:11:49

17時間前

@inuchochin

勝川 俊雄@katukawa

魚よりも多い漁獲枠というのは、規制がないのと同じ事。水産庁の「安定供給も必要だった。当時としては妥当な判断」というコメントは、「規制は必要なくて、規制をしない方が安定供給できる」ことを意味する。漁獲規制の担当者ですら、この認識だから、日本から魚がいなくなるのは当たり前。

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 07:11:39

17時間前

@inuchochin

勝川 俊雄@katukawa

もし、水産庁の言うように、規制をしない方が魚を安定供給できるなら、日本の漁獲量が減ることはないし、規制がガチガチのノルウェーは魚を安定供給できないことになる。実態は逆です。日本ではまともなサバが安定供給できないので、ノルウェーから大量にサバを輸入しています。

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 07:11:36

17時間前

@inuchochin

勝川 俊雄@katukawa

もうそういう展開。水産庁は、2001ー2002年に海にいるマイワシよりも多くの漁獲枠を設定していた。この件を取り上げた朝日新聞(07年1月16日)の取材に対して、水産庁は「安定供給も必要だった。当時としては妥当な判断」とコメント。

魚より多い漁獲枠は、いつの時代もあり得ません! twitter.com/dancing_eel/st

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 07:11:19

17時間前

@inuchochin

うなぎ(steel_eel)@dancing_eel

うなぎが絶滅したあとに『日本の失敗 なぜ鰻は絶滅したか』みたいな本が出て『当時はうなぎを取り続けるしかない空気だった』『うなぎ業者はお上が規制していないからとって良いと思い、水産庁は取りたいと思っている業者がいるのに規制はできないと判断した』みたいな話が展開されるわけだよな。

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 07:11:17

17時間前

@inuchochin

Y.AMA.GEN@tonogen0805

林崎新夢想流でこの頃『二人身』『五箇の太刀』『八箇の太刀』など稽古しているのだが、二人身になると鐺や鞘当て等でバチバチ叩いたり突いたりと、打ち太刀にはハードな形が出てきている。
二人身の場合は専用の斬り台もしくは人形的な物を用意した方がいいかもしれない。 pic.twitter.com/YGPliLU0Fq

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 07:04:37

2017年07月22日(土)96 tweetssource

7月22日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

ネットユーザー限定としても、三十万件以上の母数で支持多数なんだな。アベが!とかよく見るし、支持率下がってる記事を見てたから、もっと低いのかと思ってた

posted at 22:33:46

7月22日

@inuchochin

netgeek@netgeek_0915

【世論調査のお願い】安倍内閣の支持率が29.9%にまで下落したと報じられました(時事通信社、回答2000人)。ここでネットユーザーに限って調査をしてみたいと思います。「あなたは安倍内閣を支持しますか、支持しませんか?」
※より正確なデータにするため投票後にリツイートをお願いします

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 22:27:18

7月22日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

天心流を攻撃したいのはわかるけど、他流の印象を悪くするような論調はやめるよう努力できないのか、という事を言ってたのですが話は通じず。

posted at 20:07:26

7月22日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

あと引っかかるのが「正式な古武道流派なら侍の作法が伝わっている」とか「刀を大事にする」というような言い振りも現実と相違してる事。地域によっては藩の指南役流派でも維新後の伝承者は困窮してて稽古用のボロ刀を自分で我流で研いでたり、武士階級が県外流出して民間に伝わってたりするわけで。

posted at 20:04:08

7月22日

@inuchochin

我乱堂@SagamiNoriaki

そういえば、神道無念流の斎藤弥九郎と江川太郎左衛門の二人がコンビを組んで隠密的な世直し旅をする…という、史実を踏まえた時代小説を知人が書いてたな。

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 19:56:09

7月22日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

①「杖つく事があった」
②「杖つく事は絶対無かった」
③「杖つく事は屋外では禁止、屋内で体重を掛けない場合はあった」
この三つの意見がある。

私や八先生は①かな。
町井先生は②の感じで話している時ともあるが、私が質問した時は③で同意されていたのでどちらの考えかよくわからない。

posted at 19:53:11

7月22日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

私の意見としては、作法礼法としてはなかったかもしれないけど(あればたぶん探せば資料が出てくるし)、杖つく事についての禁忌感は無かったんじゃないか?と思う。前も書いたけど、禁忌感があるなら外国人に言われたくらいで杖つくだろうか。

posted at 19:42:01

7月22日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

しっかし町井先生はまだ天心流の杖太刀の所作の批判に精を出して頑張ってるんだ。自説強化だけじゃなく、八先生がツイートしていた某有名流派の労の太刀とかの反例についても批判しとかんとダメだと思うけど。
後々議論になった時のために私が町井説と反例とそれに対する町井先生の反論をまとめとこか

posted at 19:27:57

7月22日

@inuchochin

中国武具刀剣bot@Chinaswordbot

【青龍偃月刀の変遷】
明以前の青龍刀は金属鎧の隙間を突く必要から反りが小さく、細身の物が多い。その後火器の台頭、刺突に強い棉裏甲の普及等に伴って青龍刀は次第に斬撃に重点が置かれるようになり、反りの強い重厚な刀身形状へと変化して行った pic.twitter.com/D8Il3372Mf

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 19:22:52

7月22日

@inuchochin

中国武具刀剣bot@Chinaswordbot

【関羽と青龍偃月刀②】
関羽というと長大な青龍刀を馬上で振るう姿を連想するが、現実には長すぎる柄は馬上の取り回しが悪く、重厚すぎる先端の刀も馬上でバランスを崩す恐れがある。明の『出警入蹕圖』の騎兵は短い柄の細身の青龍刀を使用している pic.twitter.com/MCYAeD4bnF

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 19:22:43

7月22日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

@8koudegozaru 師匠が流派伝統の上段を止めてセイガンに変更して全国にセイガン派としてひろまった(その影響で家元の長沼家までセイガンに変えた)のに、その弟子がまた上段にするのが面白いです。

posted at 17:44:25

7月22日

@inuchochin

寺沢武一@buichi_terasawa

ドミニクのモデルは、眠れる森の美女のオーロラ姫なんです。彼女は三姉妹の次女です。ジェーンが長女、次女がドミニクで、末っ子がキャサリンです。
3番目に登場したからって末っ子とは限りません。
少なくともボクの漫画ではね。 pic.twitter.com/zkn3hBsb3o

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 17:35:35

7月22日

@inuchochin

勝川 俊雄@katukawa

日本政府が、香港経由のシラス密輸に対してどう対応しているかというと、香港からのシラスの輸入を止めるのではなく、台湾に禁輸を解除するように申し入れているのだ。違法を取り締まるのではなく、法律を無くせば良いという逆転の発想に、目からウロコで、頭がクラクラします。

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 17:30:55

7月22日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

@aihadure_chan @ToyosakaLabo 形の伝承に関しては見せれば教えた、伝授したのと同じというくらいですから、直伝なら正式に伝授されたと言えるのでは。流派によるでしょうけど。
あと印可、免状の類いは師匠からの証書ですから、これも師匠からここまで習いました、という事になるのでは。
実力は伝授後の個人の問題だと思います

posted at 14:42:13

7月22日

@inuchochin

中世平法研究会@empiken

ただ中條流(富田流)の場合、主たる使い方は袂の中のものを投げ掛けた拍子に入り身したり、手拭、鎖で敵の太刀鍔を絡めとる技が主たるものだったようです。Mrボーイのように素手の相手に対する使い方とはちょっと違いますね。

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 14:26:36

7月22日

@inuchochin

中世平法研究会@empiken

中條流(富田流)茶巾絞りはMrボーイであった、袂に石などを入れて打つ以外に様々な使い方がありますが、全般的に隠し武器な使い方をします。基本的には敵の太刀を取るための技ですが、手拭いの両端を縛って重りにしたり、両端に鎖を縫い付けておいて、袂に入れ隠し持つなどの教えがあったようです。

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 14:26:34

7月22日

@inuchochin

TAMURA Yoshiyasu@FUDEGAMI

実は今、私はとある画材メーカーさんと、とある人のご協力のもと
外国での子供たちへのワークショップに使える、とあるプロジェクトを進めていて
まだ何も話せないので、とあるとあるばかりですが
まだどうなるかわかりませんが、うまく行ったらいいな〜〜と思います

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 12:05:30

7月22日

@inuchochin

TAMURA Yoshiyasu@FUDEGAMI

だからアホな政治家が、ファーストクラスの飛行機と高級ホテルに泊まる費用の100分の1でもいいから、私のワークショップの画材代や教材費に回してくれたら、救われる子供たちがたくさんいるのに

まあそんな事言ってたらキリないですけどね

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 12:05:24

7月22日

@inuchochin

TAMURA Yoshiyasu@FUDEGAMI

私が海外で、特に発展途上国や貧しい国で、マンガのワークショップをする際は、現地の予算は常に厳しいので
DELETERやI.C.SCREEN、COPICなどの画材メーカーからのご厚意による寄付と
たまに私の自腹で賄ったりするので
日本の大した事ない画材代も、現地からは超高価すぎて

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 12:05:21

7月22日

@inuchochin

TAMURA Yoshiyasu@FUDEGAMI

ま、それはともかく

日本のマンガが、貧しい国々や、文化的に恵まれない立場の子供たちに
希望を与え、勉強への意欲を持たせ、異文化に触れる窓口になる、こともあるので

政府のエライ方々、私とか、日本の漫画家を、もっと外国に派遣する予算出しません??
ヘンな支援より役に立ちますよ

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 12:05:11

7月22日

@inuchochin

TAMURA Yoshiyasu@FUDEGAMI

ただ、アフリカで日本のマンガに憧れる子供たちの特徴として、キャラクターは頑張ってるけど、背景が全然描けない
不思議でしたが、現地に行って、納得しました
風景が、雄大な自然、山や砂漠が多く
ビルがあまりない
直線の部分がほとんどない
一点透視とか、全然ピンとくるわけがないのです pic.twitter.com/a96eyiLVij

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 12:05:08

7月22日

@inuchochin

TAMURA Yoshiyasu@FUDEGAMI

なにかと女性の権利や行動が制限されるイスラムの国々では、
日本の少女マンガが、自由に恋愛したり夢を追いかけたりする少女の姿が
なにより、少女を主人公にして、少女を読者とする、絵と文字の融合した文化がこの世に存在するという事が、超衝撃的らしいときいて
私は行く決心をしたのでした pic.twitter.com/bvhbN4AMdi

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 12:03:40

7月22日

@inuchochin

コースケ(GANGSTA.連載再開)@go_kohske

Twitterアカウント休止する前ちょっとストーカー被害に遭い(既に法的措置済です)すぐ弁護士さんにお願いしたんだけども「まずは警察よりも先に弁護士に相談すべき」という話はやっぱり本当な様であっという間に解決まで持っていって下さった🙏皆も困ったらまずは法テラスに相談だ👍

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 11:04:18

7月22日

@inuchochin

Zelve@evlez0827

なんで映画館に託児所できないん?その1本分の90〜150分、子供見てて欲しいだけなんよ…シネコンさん。プラチナ的なシートとかレディースデーとかいいから「お疲れおかんDAY(3000円・チケットと託児代込み)」みたいなの頼むよ…一番気分転換できそうやないかい…

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 08:28:39

7月22日

@inuchochin

netgeek@netgeek_0915

【世論調査のお願い】安倍内閣の支持率が29.9%にまで下落したと報じられました(時事通信社、回答2000人)。ここでネットユーザーに限って調査をしてみたいと思います。「あなたは安倍内閣を支持しますか、支持しませんか?」
※より正確なデータにするため投票後にリツイートをお願いします

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 08:24:13

7月22日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

互いに攻め合ってる暇が無く、どんどん動いて次へ次へ、となると、手を前に出したセイガンは突くいたり差したりするのが便利だけど、歩いたり走ったりするにはちょっと使いにくい構えになる気がしますが、みなさんどう思われますでしょうか??

posted at 01:02:07

7月22日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

「合気道 乱取」で動画検索してみたら、富木流ばかりでてくる… 「合気道 多人数掛け」も演武ばかりで稽古の動画はあるのかどうかわからない。案外動画無いものですね

posted at 00:49:52

7月22日

@inuchochin

古武術 刀禅 是風会@zefu_kai

たまに二刀剣術使えるvs使えない論争のようなものが起きます。
当会としてはきちんとした稽古を積めば二刀剣術も使えるという立場ですので、ここは一刀剣術と二刀剣術のどちらが人気あるのか、聞いてみたいと思います。
剣術で自分がいずれもそこそこ使いこなせるとしたら、選びたいのはどっち?

Retweeted by みんみんぜみ

retweeted at 00:39:23

7月22日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

この稽古方法はほとんどそのまんま合気道で「乱取」として行われているし、剣道の地稽古でやっていた、という話も聞いた事がある。構は何でもできるけど、この稽古方法だとこう着すると数人で囲んでしまってよい、としてやる場合も多いので、互いに攻め合っている暇は無いとおもいます。

posted at 00:38:46

7月22日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

というのも、昔の武術の稽古方法で、取(仕太刀)が一人、廻りを二人~数人の請(打太刀)が囲んで順不同に打ちかかっていくのに対して形や組太刀の技を行う、という稽古方法はどうも少なくない流派で稽古されていたらしい。伝書でも読んだし、私も昔ならった体術系流派で、稽古法として聞いた。

posted at 00:35:06

7月22日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

個人的にな意見だけど、今の剣道で主流の互いにセイガンに構えて、一足一刀もしくは切先が触れ合うような間合いで勝負する、という形式が剣の主流、中心技術になったのは竹刀剣術が盛んになってからだと思ってる。この状態は一対一なら良いけど、多数がいる場合、あまり宜しくない状況だと思う。

posted at 00:32:16

7月22日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

他資料をみると、試合で使われる構えは、肥後の雲弘流は八相、新陰流はセイガン、神道無念流はセイガン、加藤田神陰流はセイガン、真心陰流(無住心剣術)は八相、というような感じで新陰流系である流派でも構えが違っていたり。ちなみに一刀流系は下段とか中段とかセイガンと書かれている例が多い模様

posted at 00:25:29

7月22日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

幕末天保頃の「神道無念流剣術心得書」に各流派の特徴が書かれている。一刀流は「下段」、直心影流は「足は宙にあらず地にあらず」「浮足に構」「もっぱら上段」、鏡新明智流は「左足を前にした上段」「上段のすみやかなること電光の如し」、柳剛流派「勢眼にも上段にも陰にも」構えるというような感じ

posted at 00:18:07

7月22日

@inuchochin

みんみんぜみ@inuchochin

刀の構えで左が前か、右が前か、という話は時代的に追っていくとおもしろそう。間違いなく江戸末期・幕末以降の竹刀剣術は右足前のセイガンが主流になっていくけど、それ以前だと案外色々。直心影流などは男谷がセイガン中心に切り替えるまでは、上段構えが主流だったようだし。(足は左右あるにしろ)

posted at 00:10:50

このページの先頭へ