情報更新

last update 11/24 11:29

ツイート検索

 

@jacksbeans2
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@jacksbeans2

雀來豆@jacksbeans2

  • 583フォロー
  • 484フォロワー
  • 15リスト
Stats Twitter歴
1,009日(2015/02/20より)
ツイート数
2,933(2.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年11月21日(火)1 tweetsource

2017年11月20日(月)2 tweetssource

11月20日

@jacksbeans2

雀來豆@jacksbeans2

「なんと、ソファだったとおっしゃる!それはまた結構なことで、・・・で、あなたは刺繍をされておりましたかな?」
 私はと言えば、縫目という縫目に刺繍を施されていた。/篠田知和基訳

※次回の #とらぬた 、テーマは「火」

それにしても"縫目という縫目に刺繍を施されていた過去"とは?!

posted at 15:16:44

11月20日

@jacksbeans2

雀來豆@jacksbeans2

【火と小説6選】❾ネルヴァル『火の娘たち』
私が生きていたつもりになっていた十八世紀にも、この種の迷妄はたくさんあった。(中略)あの、かってソファだったと主張していた廷臣のことは覚えているだろう。それを聞いてシャハバハム(クレヴィヨンの『ソファ』)が興奮して叫んだものだ。(つづく) pic.twitter.com/7T6FRSaL2e

posted at 15:07:13

2017年11月19日(日)1 tweetsource

11月19日

@jacksbeans2

雀來豆@jacksbeans2

【火と小説6選】❽田中啓文「怪獣惑星キンゴジ」
これまで宇宙で発見された全生物のなかで、口から火を吐くことができるものはガッドジラ以外にはいない。/連作短篇集『宇宙探偵ノーグレイ』河出文庫に所収

※次回の #とらぬた 、テーマは「火」 pic.twitter.com/QERL7OmPiE

posted at 09:51:09

2017年11月15日(水)1 tweetsource

11月15日

@jacksbeans2

雀來豆@jacksbeans2

【火と小説6選】❼スタージョン『昨日は月曜日だった』
ああ、今日が水曜日なのはたしかにわかっている。昨日が月曜日だったことも知っているが、それでも月曜日といまとのあいだには隙間がある。その隙間がきっと火曜日に違いない。/大森望訳

※次回の #とらぬた 、テーマは「火」 pic.twitter.com/SGo91vk5yw

posted at 10:16:13

2017年11月14日(火)4 tweetssource

11月14日

@jacksbeans2

雀來豆@jacksbeans2

そのとき彼女が国歌「星条旗」を声を限りに歌いはじめたのでぼくたちはみんな立ちあがった。あとでエル叔母さんはあれはアメリカの舞台で見た最高のショウのひとつだったといった。/川本三郎訳

※次回の #とらぬた 、テーマは「火」

posted at 10:44:12

11月14日

@jacksbeans2

雀來豆@jacksbeans2

【火と小説6選】❻カポーティ『誕生日の子どもたち』
シスター・ロザルバが、火のついたローマ花火を持って舞台に飛び出してきて、それを急テンポの踊りを踊っているミス・ボビットに渡した。彼女もローマ花火を持って振りまわした。その瞬間、花火は爆発して、赤や白や青の火の玉が飛び出した。(続く) pic.twitter.com/PkVvQCEPr7

posted at 10:43:09

11月14日

@jacksbeans2

雀來豆@jacksbeans2

【火と小説6選】❺エイミー・ベンダー『燃えるスカートの少女』
学校からお昼を食べに帰ってくると父が石でできたバックパックを背負っていた。
下ろしなさいよ、と私は父にいった。そんなの重すぎるよ。
それで父はそれを私にくれた。/管啓次郎訳

※次回の #とらぬた 、テーマは「火」 pic.twitter.com/U7EQUbpOB9

posted at 09:57:36

11月14日

@jacksbeans2

雀來豆@jacksbeans2

【火と小説6選】❹ジョナサン・キャロル『薪の結婚』
結局のところ、わたしたち一人一人に、語るべき唯一の物語がある。ところがその物語を生きてきたというのに、おおかたの人間は語る勇気がなく、どう語ったらよいかもわからないのだ。/市田泉訳

※次回の #とらぬた 、テーマは「火」 pic.twitter.com/9cnfhiURJi

posted at 09:17:10

2017年11月13日(月)4 tweetssource

11月13日

@jacksbeans2

雀來豆@jacksbeans2

【火と小説6選】❸ヘッセ『美しきかな青春』
「さあ、はじまるぞ、もうすぐだ。はじめは白い火で、それから小さい音がして、赤い炎が出て、それから美しい青い火が出るんだ!」
けれど彼の言ったようにはならなかった。/岡田朝雄訳

※次回の #とらぬた 、テーマは「火」 pic.twitter.com/bPzBEYjgvO

posted at 16:25:38

11月13日

@jacksbeans2

雀來豆@jacksbeans2

(中略)作者の巧みな手法、文体を通して二つの世界は徐々に加速を増して接近してゆき、ついには一切が炎に包まれてゆく。では、「火」は一体何を意味しているのだろう。/木村榮一、訳者解説

※次回の #とらぬた 、テーマは「火」

posted at 14:31:27

11月13日

@jacksbeans2

雀來豆@jacksbeans2

【火と小説6選】❶コルタサル『すべての火は火』
「すべての火は火」に描かれているローマ時代の円形競技場と現代パリのアパートの一室は、隣接していながら同時にかけ離れてもいる。(つづく) pic.twitter.com/XNr2ZUtESV

posted at 14:30:24

2017年11月08日(水)3 tweetssource

2017年11月07日(火)5 tweetssource

11月7日

@jacksbeans2

雀來豆@jacksbeans2

内緒ないしょあなたの席を借りたからお詫びにビスコふたつあげる
/かつらいす+雨「架空往復書簡vol.1」

*とっても女子らしい巻頭の歌。わたしも、こんな手紙が、いやビスコがほしい(^_-)-☆

posted at 13:14:43

11月7日

@jacksbeans2

雀來豆@jacksbeans2

雨さんとかつらいすさんのネプリ『架空往復書簡 vol.1』を読んだ。イマドキの女子の手紙ってのはわあこんなものなんだあとか思いながらとても楽しく読んでゆくと、何と末尾に「続く」と書いてある。ズルイ^^; これではいつ出るとも書いていない次号を待ち続けなくちゃならない(^_-)-☆

posted at 13:10:36

2017年11月05日(日)1 tweetsource

11月5日

@jacksbeans2

雀來豆@jacksbeans2

#とらぬた 8、配信終了しました。
読んでくれた方、感想を書いてくれた方、RTなどで応援してくれた方、どうもありがとうございました。感謝します。(^_-)-☆

posted at 17:30:03

2017年11月04日(土)1 tweetsource

2017年11月03日(金)4 tweetssource

11月3日

@jacksbeans2

雀來豆@jacksbeans2

43回折れば月まで届くって聞けば瞬く白い星、きみ
/しま・しましま

*前にどこかで「とらぬたにはあまりロマンチックな歌はありません」と書いたけど、このしまさんのは充分にロマンチックですね(^_-)-☆
#とらぬた vol.8「数と図形」は、11/4一杯まで配信中。 pic.twitter.com/NAaWylWaa2

posted at 10:03:25

2017年11月02日(木)5 tweetssource

11月2日

@jacksbeans2

雀來豆@jacksbeans2

@sacula3201Water 『主体と弟が数学のことで話していて、その一方で主体の思考は「きみ」に飛んでいる…』、その通りのイメージなんですよ、どうもありがとうございました(^_-)-☆

posted at 09:14:01

2017年11月01日(水)3 tweetssource

11月1日

@jacksbeans2

雀來豆@jacksbeans2

一葉ならなんたって『たけくらべ』が好きだ。好きだけれども、『十三夜』の独特の調子も忘れられない。この物悲しい話の舞台を「十三夜」に設定するというのは絶妙と言うしかない。それにこの文体だ。この最後の数行は、何度も読み返さざるを得ないほど魅力に溢れていて、取り憑かれそうになる。

posted at 17:36:09

11月1日

@jacksbeans2

雀來豆@jacksbeans2

お別れ申すが惜しいと言つても是れが夢ならば仕方のない事、さ、お出なされ、私も歸ります、更けては路が淋しう御座りますぞとて空車引いてうしろ向く、其人は東へ此人は南へ、大路の柳月のかげに靡いて力なささうの塗り下駄のおと、村田の二階も原田の奧も憂きはお互ひの世におもふ事多し #十三夜

posted at 17:30:43

2017年10月31日(火)10 tweetssource

10月31日

@jacksbeans2

雀來豆@jacksbeans2

@amefurashi3107 @masa9156 @croissant_hey_z 世の中にこんなにだらしない味があるって知らなかったよ、好きよ
/ひの夕雅さんの「ひのの日」から、お気に入りの一首。

独特の措辞、愛の歌もこんなふうに詠まれると特別な「味」がでてきて格別。一連のひりつくような感覚の歌もステキだが、引用歌のようなさらりと詠んだ歌もいいのである。

posted at 11:08:58

10月31日

@jacksbeans2

雀來豆@jacksbeans2

@amefurashi3107 @masa9156 @croissant_hey_z 青高くとどかぬ空へ八月の君は助走もつけずにジャンプ
/ルナクさんの「17センチメンタル」からお気に入りの一首。
こちらもロマンチックな歌が並ぶ。何気ない言葉だが「八月の」という三句目がよく効いていて、こころに響く。ちなみに #とらぬた にはあまりロマンチックな歌はありません^^;

posted at 10:40:21

10月31日

@jacksbeans2

雀來豆@jacksbeans2

@amefurashi3107 @masa9156 @croissant_hey_z チョコレートコスモスの花殻摘んであなたの好きな冬を迎える
/雨虎俊寛さん×とよよんさんの「なんか恋(変)なの」から、お気に入りの一首

ロマンチックな歌が並ぶ、中でもとびきりの一首。"恋の小さな短歌集"というテーマに、「花殻摘み」の光景が、ぴたりときまったと思う。

posted at 10:23:21

2017年10月30日(月)8 tweetssource

10月30日

@jacksbeans2

雀來豆@jacksbeans2

水滴がいくつも彼女の黒いレインコートを光らせていた。(中略)一緒に外出をした最初の日から、僕は自分のことを話せるばかりではなく、人の話にも耳を傾けることに不思議を感じなかった。僕は世界を見てまだ眼をしばたいてはいたが、それでも世界を見ていた。/R・クノー『オディール』宮川明子訳

posted at 14:48:53

10月30日

@jacksbeans2

雀來豆@jacksbeans2

❺その冬はよく雨が降った。十一月から二月まで、気候は暖かく、水気の多い、魚向きの天気だった。そして雨のなかを僕をしばしば散歩することになったが、ある時は一人で、またある時はいつかオスカーのブロンドの愛人と連れだっているところに出くわしたあの女性と一緒だった。
君は覚えているかい?

posted at 14:47:04

10月30日

@jacksbeans2

雀來豆@jacksbeans2

❹「これは現実なんだ。僕は時間と空間の支配者なんだよ」「証明してみせろ。何か変わったことをやってみろ。僕を―僕を無限後退させてみろ」
「そう言うと思ったよ。まったく分析型だな、フレッチャー。数学のやりすぎさ。ほれ、これに火をつければ、抜け出せる」/ラッカー『時空の支配者』黒丸尚訳

posted at 14:18:45

10月30日

@jacksbeans2

雀來豆@jacksbeans2

【数学小説6選】
❸ぼくは言い返した。「物理的系は、数学を生みはしないよ。数学を生みだすものなんてない―数学は永遠のものなんだから。全宇宙にたった一個の電子しかなくても、整数論のすべてはなにひとつ変わらないさ」/グレッグ・イーガン『ルミナス』山岸真訳

posted at 13:44:51

10月30日

@jacksbeans2

雀來豆@jacksbeans2

❷(他の者たちは図書館と呼んでいるが)宇宙は、真ん中に大きな換気孔があり、きわめて低い手すりで囲まれた、不定数の、おそらく無限数の六角形の回廊で成り立っている。/J.L.ボルヘス『バベルの図書館』鼓直訳

posted at 10:51:41

10月30日

@jacksbeans2

雀來豆@jacksbeans2

数学(だと思う)を専攻し、それからドロップ・アウトしてエンジニアの職に就き、それから夜学で医科を途中まで進んでから、法科に鞍替えした。そこでおれと出会ったわけだ。(中略)「じゃあ、どうやってその月面車とやらがブルックリンなんかにあるんだ?」/T・ビッスン『穴のなかの穴』中村融訳

posted at 10:36:56

10月30日

@jacksbeans2

雀來豆@jacksbeans2

❶だれもがウィルスン・ウーのような友人を持つべきだ、絶えず頭をひねっていなけりゃならなくなるから。ウーはパン職人をしながらハイスクールを卒業し、それからドロップ・アウトしてロック・バンドを結成し、それからプリンストン(だと思う)の奨学金を得て数学(だと思う)を専攻し・・・(続く)

posted at 10:36:02

このページの先頭へ