Twilog

 

@japan_google

K***** H***™手帳印刷中@japan_google

  • 170フォロー
  • 1,365フォロワー
  • 88リスト
Stats Twitter歴
2,521日(2009/07/08より)
ツイート数
6,737(2.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2016年05月31日(火)1 tweetsource

2016年05月25日(水)1 tweetsource

2016年05月22日(日)6 tweetssource

5月22日

@japan_google

K***** H***™手帳印刷中@japan_google

もう7年も前のこと。文房具に心血注ぐってすごいことだ。心血そそがなければ、人に感動など与えられないということだ。文房具から人生を教えてもらう人生。素敵な国の素敵な時代に生まれたものだ、と妙に感傷的な気分。

posted at 21:22:34

5月22日

@japan_google

K***** H***™手帳印刷中@japan_google

フリクションボールについて、質問したことがある。私の満足いく答えはしてくれなかった。「こんなものか、文具王」と思った。しかし、文具王はフリクションを使い切っていた。私はろくに使いもせず、頭だけで考えてた。ここに大きな差があると気づかされて、私は自分の文房具を全部見直すことにした。

posted at 21:17:26

5月22日

@japan_google

K***** H***™手帳印刷中@japan_google

. @kobo_q こちらこそ、ありがとうございました。文具から勇気をもらうという、希有な体験をさせていただいていて、大袈裟な言い方かもしれませんが、文房具にこんなことができるんだと、感動しています。冷静に考えるとペンが置けるだけなんですが、、、、不思議です。

posted at 20:00:34

5月22日

@japan_google

K***** H***™手帳印刷中@japan_google

ブングテン 手創り市 楽しかった。文具王もたこさんもいたけど、なんだか楽しそうにしていたので、声もかけず。工房Qさんとは初対面。3面ジョッターのお礼と、ペン置きを2つと鉛筆ホルダーカバーを購入させていただきました。ブングテンは濃かった。

posted at 18:42:11

2016年05月18日(水)1 tweetsource

2016年05月16日(月)4 tweetssource

5月16日

@japan_google

K***** H***™手帳印刷中@japan_google

問題は、ストーリーなしで、物欲多め、情報過多で買った万年筆とどうつき合っていくかにかかっている。このままの関係は続けたくないので、なんとか手入れをしていきたい。

posted at 20:16:26

5月16日

@japan_google

K***** H***™手帳印刷中@japan_google

万年筆で書く、直筆で書くって、字の運びや形に「ストーリー」をのせることでしょ?思考と感情と意志をまるごと乗せるってことでしょ。だから購入の時もそうするのです。何があったってわけじゃないんですけど、ネットでは、もう二度と買わないって、今、決めたんです。

posted at 20:09:32

5月16日

@japan_google

K***** H***™手帳印刷中@japan_google

【万年筆だからこそ】筆記具としては値段もそこそこするし、製品としても製作工程にさまざまな過程があり、いろんな書き味があるからこそ、私は万年筆購入に際しては、そこに「ストーリー(感情)」が欲しいと思う。それが無い場合は買わないと決めた。私の万年筆コレクターストップ宣言とする。

posted at 20:06:40

2016年05月14日(土)2 tweetssource

2016年05月09日(月)1 tweetsource

2016年05月07日(土)1 tweetsource

2016年05月05日(木)1 tweetsource

5月5日

@japan_google

K***** H***™手帳印刷中@japan_google

長野出張の帰りに寄った上田市、庄村万年筆。閉店時間を延ばして、私の来店を待っていてくれました。万年筆を愛する人を愛する店主。パイロットのキャップレス絣を見ながら「本当に美しい万年筆ねぇ」と微笑む店主。泣きそうになりました。 pic.twitter.com/lFk2eL7DVn

posted at 22:54:01

2016年05月01日(日)3 tweetssource

2016年04月30日(土)8 tweetssource

4月30日

@japan_google

K***** H***™手帳印刷中@japan_google

【プリンス追悼 アルバム連続聴き】この時間にエンドルフィンマシーンは効き過ぎる。作品量が多すぎて一日では聞けませんでした。明日は90年代後半から00年代前半のプリンスを聞きながら作業。

posted at 22:06:59

4月30日

@japan_google

K***** H***™手帳印刷中@japan_google

メモだってすぐ処理すれば、力強さなんて必要ないのかもしれない。最終的な行き先はEvernoteなのだから。とはいっても、太字で書くことと、打ち込むことの違いはあきらかにある。この差に敏感でなければ、情報など扱えない。

posted at 21:59:44

4月30日

@japan_google

K***** H***™手帳印刷中@japan_google

そういう理由(前ツイート)で、いま最も欲しい万年筆は、ペリカンのM805青縞の3B(廃番)かBB(まだ手に入るけど廃番)。できたら古いのがいいなぁ。ペリカンの子どもが二羽いるタイプがいいなぁ。四羽いるタイプのもあるのかなぁ?

posted at 21:57:51

4月30日

@japan_google

K***** H***™手帳印刷中@japan_google

なるべく太い字がかける万年筆が欲しい。何でこんな風になってしまったんだろう。あんなに細字がよかったのに。多分、情報カードを使い出したからだ。メモにさっとかける太字の万年筆はかなり相性がいい。メモしても忘れちゃうから、メモには力強さが必要なのかもしれない。せめて字幅にでも。

posted at 21:54:31

2016年04月26日(火)1 tweetsource

2016年04月18日(月)5 tweetssource

4月18日

@japan_google

K***** H***™手帳印刷中@japan_google

久々に20歳前後の荒々しさに触れて、ちょっと新鮮だった。私はシャーペン・色鉛筆派で、極端に美しく講義録を作るのが好きだから、同じ部類なんですよ。ただ、万年筆は不便なだけじゃないって知って欲しかっただけです。ほんとごめんね。

posted at 21:52:13

4月18日

@japan_google

K***** H***™手帳印刷中@japan_google

若い子危険。自分の20歳ごろって無駄に尖ってたし、自分以外の意見を受け入れるの難しかったもんな。今回は完全に私が接し方を間違えた。批判したかったわけじゃないんです。ごめんね。怖いからブロックしたけど、拒否したいわけじゃないんです。

posted at 21:49:56

4月18日

@japan_google

K***** H***™手帳印刷中@japan_google

@DT_stationery 長刀ふで de まんねんの、黒い軸ではなく、緑、青系のものがないかなと探しています。絶妙の色で、しかも面白いペン先をチョイスして記念万年筆を作っちゃう蔦屋には、きっと面白い人がいるんだろうなと感じさせる一品だったので、完売していて残念です。

posted at 18:57:05

2016年04月17日(日)4 tweetssource

4月17日

@japan_google

K***** H***™手帳印刷中@japan_google

パイロットの万年筆、特殊ペン先 FA(フォルカン)の使い方がやっと分かってきて、自分できれいだと思う字が書けてきた。できる限りの力を抜くこと。筆圧という概念をすて、ペンを支えるだけという気持ちで書くことが私のコツ。この感覚がどの万年筆にとっても大切な感覚だと気づかされた。

posted at 19:44:53

2016年04月16日(土)1 tweetsource

2016年04月15日(金)3 tweetssource

4月15日

@japan_google

K***** H***™手帳印刷中@japan_google

50本くらいから、限定でカスタマイズ万年筆が作れるらしい。個人で注文するにはちょっと高い買い物になるけど、限定品はみんな好きだから、仲間を集めて作りたいなあ。予算立て、販売ルートをしっかり作れば、けっこう楽しい仕事になるかも。セーラーの特殊ペン先が復活したらしてみたい。

posted at 22:48:05

4月15日

@japan_google

K***** H***™手帳印刷中@japan_google

しかも、この文房具店には、変わった長刀が存在し、ヤングプロフィットの小さな軸に、14Kの長刀のペン先をつけたものが存在する。色も青緑や茶色、アイボリーが存在したらしい。この文房具店の営業に、かなり変わった人が存在していたことも分かった。

posted at 22:43:25

2016年04月14日(木)5 tweetssource

4月14日

@japan_google

K***** H***™手帳印刷中@japan_google

文房具の世界であれができないだろうか?全ての文房具を網羅できないだろうし、おそらく経済的にも成り立つのは、万年筆のような高額商品がある分野に絞ってやるしかないとは思う。いい店はたくさんあるが、eイヤ的なわかりやすさ・発信力を持つ店はまだ一軒もない。

posted at 23:09:50

4月14日

@japan_google

K***** H***™手帳印刷中@japan_google

しかし、e-earphoneが強いのは、それを「事業化」したことにある。よい人材が集まる雰囲気があの組織にはあったのだと思う。文具会はまだ個人的な評価が強めで、組織だって全商品を網羅し、整理し、しかもeイヤのように「分かりやすく伝える」というところには来ていない。

posted at 23:05:14

4月14日

@japan_google

K***** H***™手帳印刷中@japan_google

ここ一年くらい、筆記具の世界に、特に万年筆の世界に足を踏み入れたが、e-earphone登場以前のイヤホン、ヘッドホンの世界にとても近いことが分かった。いいものはたくさんあるのに、全く整理されていない。ボールペンに関しては、OKB48でかなり整理されてきた。

posted at 23:02:10

4月14日

@japan_google

K***** H***™手帳印刷中@japan_google

日本において、イヤホン、ヘッドホンの複雑な世界をしっかり整理し、UstreamやSNSを多用し分かりやすく提示したのは、e-earphoneの若い世代の人たちだった。e-earphone 登場前と後では、明らかに世界が変わっている。いいものが確実に伝わっている。

posted at 22:59:54

2016年04月08日(金)1 tweetsource

2016年04月06日(水)2 tweetssource

このページの先頭へ