情報更新

 

ツイート検索

 

@jmmaruya
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

ツイートの記録を停止しています

このユーザーのTwitterアカウントは削除されているか凍結されているため、ツイートの記録を停止しています。
凍結解除後に記録を再開するには、ページ右上の「最新の情報に更新」ボタンをクリックしてください。

 

@jmmaruya

Miyuki Maruya@jmmaruya

  • 1,078フォロー
  • 553フォロワー
  • 25リスト
Stats Twitter歴
3,028日(2009/08/11より)
ツイート数
516(0.1件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2012年11月15日(木)1 tweetsource

11月15日

@jmmaruya

Miyuki Maruya@jmmaruya

東京都指定児童発達支援事業所、放課後等デイサービス、保育所訪問支援事業所として、メルケアみなとセンターが11月から発達障害児への療育支援をスタートしました。公費でサービスが受けられます。

posted at 23:39:49

2012年10月14日(日)2 tweetssource

10月14日

@jmmaruya

Unknown@ne2007

幼稚園はこれから願書受付。この時期に多い相談は「発達障害の子をどう見極められますか?」。障害の見極めではなく、クラス運営上どうしても受け入れられない場合だけを整理してと助言しますが、大人数で且つ専門家がいない日本の幼稚園や保育園は多かれ少なかれ同じ悩みを持っています。

Retweeted by Miyuki Maruya

retweeted at 20:36:56

10月14日

@jmmaruya

Unknown@ne2007

ほとんどの幼稚園、保育園の先生達は発達に遅れや課題があっても快く受け入れたい、愛情を注ぎたいと思っています。できないのは国の基準による大人数制の環境と外部専門家のサポートの少なさが原因です。

Retweeted by Miyuki Maruya

retweeted at 20:36:26

2012年09月20日(木)1 tweetsource

 

非公開

retweeted at xx:xx:xx

2012年09月18日(火)1 tweetsource

 

非公開

retweeted at xx:xx:xx

2012年09月13日(木)2 tweetssource

9月13日

@jmmaruya

Miyuki Maruya@jmmaruya

線の上を歩こうと思っても乗らない踵、右にずれていくヨレヨレ状態、手を上げて下げて指導を聞いている内に前に進んでしまう体、回れ後ろ、残る顔は元の方向を見る、目と体の協応指標追跡、関節可動域訓練、平衡感覚調整、個別の伝達手段の送付、受け手の受信機能を表現認知よりSPARK個別療育、

posted at 10:01:42

9月13日

@jmmaruya

Miyuki Maruya@jmmaruya

新学期;学校の校門、下駄箱で湧き上がる分離不安、特定の恐怖、過剰不安、母子通学はしないという決心、自分で自分の呼吸法、感情の温度計を自分でコントロールする、決心した子どもたち、お母さん、週末SPARKでまずは自分の引き出しを大きくしては1週間、個別の運動療育日本ではSPARKのみ

posted at 08:44:50

2012年09月11日(火)1 tweetsource

 

非公開

retweeted at xx:xx:xx

2012年09月03日(月)1 tweetsource

9月3日

@jmmaruya

Miyuki Maruya@jmmaruya

@kenji1761 正解です。私が在住したMA州では三ヶ月の夏休みの中、1週間ほどが休みでした。夏休みだからこそできる、スポーツ、アート、写真やパーティーあらゆる専門分野が普段の学習とは大きく違うアプローチ方で対応します。家族のことも考慮し本人たちも大きく変わります。

posted at 20:30:52

2012年08月31日(金)3 tweetssource

8月31日

@jmmaruya

a-hoshi@hikosunmoon

子どもに自信を付けさせようと、やたらに褒めようとする教師がいるが、本当に必要な時に褒めないと意味がないと思う。怒鳴り続ける教師よりは良いが、リップサービスばかりの教室なんてキモイ。それは、子どもにも伝わるはず。もっと、子どもとのコミュニケーションて真剣勝負だと思う。あなどるな!

Retweeted by Miyuki Maruya

retweeted at 09:24:34

8月31日

@jmmaruya

a-hoshi@hikosunmoon

特別支援学校の高等部では、社会性を身に付けることを重視するが、それが挨拶だとか、辛い仕事に耐える忍耐力だったりする。言われたことに従うことばかりが重要か?アリにも蜂にも社会性があるが、人間にとっての社会性って何?障害者を健常者の都合にだけ従わせようとしてないだろうか。

Retweeted by Miyuki Maruya

retweeted at 09:21:48

8月31日

@jmmaruya

Miyuki Maruya@jmmaruya

パラリンピック、エスコート;療育者はノンバーバルコミュニケーションをベースによりアーティスティックに表現することにより子どもたちのもっている可能性を引き出し子どもたちの動作から本当に伝えたいことを冷静にサイエンティフィックにジャジメントできるようになりますSPARKワークショップ

posted at 08:44:47

2012年08月30日(木)3 tweetssource

8月30日

@jmmaruya

心理学用語bot@sinrigaku_yogo

【アカシジア】静坐不能とも呼ばれる。静かに落ち着いて座っていることができない状況を指し、絶えず体を動かしたり、立って歩いたり、また座ったりする。不随意運動として分類される。原因としては、パーキンソン症候群で現れたり、一部の抗精神病薬の副作用として現れる。

Retweeted by Miyuki Maruya

retweeted at 22:38:12

8月30日

@jmmaruya

Miyuki Maruya@jmmaruya

パラリンピック開幕、補助をする人たちをシャドーと言います。近寄りすぎず遠すぎず選手の競技活動を確立します。シャドーの位置、動作は療育者の方には参考になります。SPARK療育者実践ワークショップは実際に身体を動かして現場を学びあらゆるシチュエーションを自分の身体で認知していきます。

posted at 08:31:47

8月30日

@jmmaruya

Unknown@ne2007

「みんな一緒でみんないい」という教育や社会で育つと『自己責任』という考えは大人になっても苦痛です。しかし「みんな違ってみんないい」と育つと、3歳からでも『自己責任』の礎が築かれているのを見れることは大変興味深いことです。

Retweeted by Miyuki Maruya

retweeted at 08:06:06

2012年08月23日(木)2 tweetssource

8月23日

@jmmaruya

Unknown@ne2007

低年齢幼児は集中できる環境条件を揃えることを生活リズムから含めて何より優先します。それが幼児期後期の協調性や社会性の発達に大きくつながることを実感しています。集中している時は絶対に止めてはならず、柔軟性のない一斉活動や保育方針は弊害になる場合があります。

Retweeted by Miyuki Maruya

retweeted at 23:32:54

 

非公開

retweeted at xx:xx:xx

2012年08月21日(火)2 tweetssource

8月21日

@jmmaruya

Miyuki Maruya@jmmaruya

SPARK運動療法では個別に時間の概念を創ります。身体で覚える60秒1分間、60秒が早かったり1分間は感覚的に遅かったり、時計を読む勉強とは別です。個別の時間割を策定して、日付、時間、場所の概念、ゆっくり時間の時間割、短い時間で科目が終了する時間割,
まずは個別の時間を創ります。

posted at 19:26:12

8月21日

@jmmaruya

Miyuki Maruya@jmmaruya

SPARK就学前運動療法では、個別に動作を分析していき療法を策定、
移動運動の中にも微細運動、社会性、対人関係、文章の復唱や数の概念、形容詞の表現、副詞の程度、生活動作、目と手の協調動作あらゆる学習に必要な動作すべてを教科前基礎教育につなげ、結果がでるようにしてあります。

posted at 14:26:10

2012年08月20日(月)6 tweetssource

 

非公開

retweeted at xx:xx:xx

8月20日

@jmmaruya

寺町東子@teramachi_toko

保育園保育の優位性②:ちまたでは世界で活躍するグローバルリーダーの育成、と言われるが、日本人に一番欠けているのは「自分の頭で考えて行動する」こと。小さいときからの応答的関わりの中で、選択させる、自分の意見を表明させる、人と違うことを認められることの積み重ねでしか育たない。続く

Retweeted by Miyuki Maruya

retweeted at 12:46:58

8月20日

@jmmaruya

寺町東子@teramachi_toko

保育園保育の優位性③:「自由保育」という言葉があるが、子どもが自らの意思で興味・関心のある遊びを選び取り、発展させている、と錯覚させるように保育士が子どもを観察し、準備し、子どもの主体性・自立性を育む保育のこと。周囲の大人の丁寧な観察と周到な準備なくして育たない。続く

Retweeted by Miyuki Maruya

retweeted at 12:45:13

8月20日

@jmmaruya

寺町東子@teramachi_toko

保育園保育の優位性④:保育園で、折角、応答的関わりの中で自主性を育んでもらっても、小学校に入った途端、一斉授業で座っていられるか、空気を読んで授業の中で気付いた自分の疑問や興味をセーブできるか、が問われるようになり、子どもの好奇心や目の輝きが矯められるのが、残念でならない。続く

Retweeted by Miyuki Maruya

retweeted at 12:44:44

 

非公開

retweeted at xx:xx:xx

8月20日

@jmmaruya

Miyuki Maruya@jmmaruya

乳幼児健診のスクリーニング;健診の前にお子さんの身体の動かし方を個別の習得方法にて策定します。当日発揮できないお子さんには、本来お持ちの運動査定をお渡しして、担当の方に説明していきます。詳細は児童発達支援事業スパーク代々木センター、日本で唯一アメリカの運動療法を取り入れてます。

posted at 09:16:47

2012年08月19日(日)5 tweetssource

8月19日

@jmmaruya

かんきち@toshisuzu0406

発達障害の患者や本が急増。興味がある人とない人の間で、かなり情報格差が生まれる危険性。情報に振り回されて逆に偏見や差別が強まる危険性。客観的かつ冷静に情報を整理する存在が必要。

Retweeted by Miyuki Maruya

retweeted at 16:37:37

 

非公開

retweeted at xx:xx:xx

 

非公開

retweeted at xx:xx:xx

2012年08月14日(火)1 tweetsource

2012年08月10日(金)1 tweetsource

8月10日

@jmmaruya

Unknown@ne2007

「連絡帳」の問題は外の方々には分かりづらいですが重要な問題であり、改善に力を入れてきました。まだ不完全ですが連絡帳以外での保護者との意思疎通促進策を研究しながら業界内で推進しています。@ekurinami

Retweeted by Miyuki Maruya

retweeted at 10:07:22

2012年08月07日(火)1 tweetsource

8月7日

@jmmaruya

Akina Noguchi 野口晃菜@akinaln

ヒト様の前で話す時、伝えるための「演出」や「仕掛け」は欠かせない。それがいわゆる「プレゼン力」なのだと思うけれど、特別支援教育の分野の多くの「専門家」はそのスキルを持っていない人が多い。

Retweeted by Miyuki Maruya

retweeted at 08:32:58

2012年08月06日(月)2 tweetssource

8月6日

@jmmaruya

Soya Mori@SL_at_IDE

マレーシア手話のCLをテーマに現在,マラヤ大学に出す博士論文を書いているマレーシア人ろう女性と連絡がつきました。彼女もギャローデット大学で学んだ人ですが,マレーシアでの手話言語学の発展に期待。

Retweeted by Miyuki Maruya

retweeted at 11:11:42

8月6日

@jmmaruya

Stakesh@Stakesh

「3年たつと突然英語が聞き取れるようになっていることに気がつくよ」と言われて、英語が日本語のように聞こえるのか? と期待していた。しかし実際は英語が英語のままわかるということだった。英語から日本語を介さず直接意味やイメージ、感情に結びついたvia @kngenie

Retweeted by Miyuki Maruya

retweeted at 09:08:42

2012年08月05日(日)1 tweetsource

8月5日

@jmmaruya

Miyuki Maruya@jmmaruya

オリンピックも何秒コンマの世界を競いあうが、私達も微妙な微差のある動作の原因がどこからきたのか、力の加減の微差程度、僅かな隙間しかない認知の瞬時を見逃さない。

posted at 16:09:44

2012年08月03日(金)1 tweetsource

 

非公開

retweeted at xx:xx:xx

2012年08月02日(木)2 tweetssource

8月2日

@jmmaruya

Miyuki Maruya@jmmaruya

薬の副作用の動作、メガネの度を強めて見えればと思う保護者、似ている動作、癖でもなく目が悪いわけではなく見ることが出来ない動作、療育者の見抜くまでの訓練が必要です。

posted at 20:59:20

8月2日

@jmmaruya

Tくんパパ@kenji1761

@Naofumi_T うちの最重度知的障害のTくんの通う特別支援学校では、夏休み中のプール解放は、保護者同伴でないとだめなのです。しかも、通常の登校時、自力通学している生徒でさえ、保護者同伴でないと、プールに入れません。こんな厳しい状況では、お金を払ってでも事業所に頼みますよ!

Retweeted by Miyuki Maruya

retweeted at 20:05:52

2012年07月26日(木)1 tweetsource

 

非公開

retweeted at xx:xx:xx

2012年07月09日(月)2 tweetssource

 

非公開

retweeted at xx:xx:xx

2012年07月08日(日)3 tweetssource

7月8日

@jmmaruya

あき@spark_aki

この七月から東京都の児童発達支援事業所として、スパーク代々木センターがオープンしました。これまで発達にでこぼこのある子供たちに、運動療育を行い、脳の活性度を高めたところで行動療法を取り入れ効果をあげてきました。就学前のお子さまを小学校までに間に合わせたいこと、サポート致します。

Retweeted by Miyuki Maruya

retweeted at 11:46:45

7月8日

@jmmaruya

Miyuki Maruya@jmmaruya

漢字をある習得方法で教えると、『私の漢字です』に療育者は入り込まなようにします。個別にそのお子さんが習得できても漢字は漢字、日本語です。お話しすることができるようになっても、私の『こんにちは』ではありません。療育者はつねに科学的ジャッジメントができるようにします。

posted at 11:24:32

2012年07月02日(月)1 tweetsource

7月2日

@jmmaruya

Unknown@ne2007

今日はMaruyaさん@jmmaruyaと運動療法の専門家の方々と打ち合わせ。点と点が線でつながる思い。幼児教育の基本も運動。昔に比べて発達障害が増えているのではなく、運動能力を養う環境の著しい低下によって軽度の発達障害まで日常生活で目立つ度合いが上がったと感じる。

Retweeted by Miyuki Maruya

retweeted at 19:38:10

2012年06月21日(木)1 tweetsource

6月21日

@jmmaruya

Miyuki Maruya@jmmaruya

小学校就学前の行政の運動査定;事前に自分のからだの動かし方を調整したら
1ヶ月で通過できました。ご家庭との連携をベースに個別の療育をお子さん独自の習得方法にて策定しました。当日緊張して発揮できないお子さんには本来お持ちの
運動査定をお渡しして担当の方に説明していきます。

posted at 21:36:31

2012年06月16日(土)2 tweetssource

6月16日

@jmmaruya

Miyuki Maruya@jmmaruya

危ないから、できないから、かわいそうだから;
歩行には何も問題がなかったのに10年で全体重を対応者にかけるようになってしまい、頼って歩行をするようになっている、何でもやってもらおうとする動作、やさしい手、その子を思ってやって介護した手、プロの手ではなかった。

posted at 11:34:28

6月16日

@jmmaruya

Unknown@ne2007

進路は公立を目指しても、私立を目指しても或いは海外を目指しても必要な幼児教育は変わらない。更に言えばエリートのような存在を育てるのも、発達がゆっくりの子に対応するのも根本的な発想は変わらない。

Retweeted by Miyuki Maruya

retweeted at 10:10:18

2012年06月06日(水)1 tweetsource

6月6日

@jmmaruya

Miyuki Maruya@jmmaruya

私のツィッターには一度も子ども達のタイプ、診断名を書いていません。どの子どもたちも保護者も含めたプロの方々も対応するお子さん用に個別にアレンジしていきます。アメリカ、MA州インクルージョンの考え方です。

posted at 12:08:26

このページの先頭へ