情報更新

last update 12/11 09:04

ツイート検索

 

@kagayam
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

Stats Twitter歴
3,548日(2008/03/26より)
ツイート数
8,666(2.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年12月10日(日)15 tweetssource

22時間前

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

『POPEYE』1月号はデート特集。付録が『Olive』で、小沢健二「ドゥワッチャライク」連載第マイナス17回掲載。オリーブ少女の〈邪悪〉を撃ちまくり……。40代男子としては《ぼくは、生きています。ぼくは、年をとることができるから》って箇所にほろりとして、なんとなく「ある光」を聞いていますよ…… pic.twitter.com/AqOkQGjlPX

posted at 18:36:51

23時間前

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

経産省若手プロジェクト『不安な個人、立ちすくむ国家』(文藝春秋)。同名レポート完全版と対談。ジブリ機関誌『熱風』11月号、上野千鶴子・小熊英二・雨宮処凛との座談会での官僚側の《これを公表した直後〔…〕フィールドワークに出たんです。自分たちは世の中を知らなさすぎるから》って発言が最高。 pic.twitter.com/SPY3ORiGtP

posted at 17:11:07

12月10日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《形式(フォルム)は、精巧になるほどゆるやかになり、あらゆる典礼や規則や節度から解き放たれ、叙事詩を棄て小説に、韻文を棄て散文に向かう。もはや形式に正統はなく、それぞれの形式を生みだす意思そのままに自由になる》ルイーズ・コレ宛書簡『ポケットマスターピース7 フローベール』(集英社)

posted at 16:01:41

12月10日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《最も美しい作品とは、最も素材(マチエール)の少ない作品です。表現が思考に近づけば近づくほど、語は思考に密着して消えてゆき、いっそう美しくなる。ぼくは〈芸術〉の未来はこの道にあると信じています》ルイーズ・コレ宛1852年1月16日付書簡『ポケットマスターピース7 フローベール』(集英社)732

posted at 09:29:14

12月10日

@kagayam

パンティ箕輪⛩@minowanowa

10冊出して一冊ベストセラーになって残りの赤字を回収するモデルから、作家やレーベルがコミュニティを作って、小さくてもいいから持続可能な経済圏を作るべきなんだよね。だからまずは、出版社が社員の評価軸をベストセラーを出したかではなくコミュニティを作っているかにすべきなんだけど無理だね。 twitter.com/minowanowa/sta

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 00:56:47

2017年12月09日(土)15 tweetssource

12月9日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

@syosiyosinari すごい(笑)。最近の円城塔の〈文字小説〉を想起。画像↓は川端康成文学賞を受賞した「文字渦」の一部。『新潮』最新1月号にも、「幻字」という、文字を拾い読みするだけでめまいのしそうな作品が掲載されてますので、機会がありましたらご覧ください。文字は奥深いというか、畏るべし、ですね。 pic.twitter.com/5iAyNHh9bP

posted at 21:36:22

12月9日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《ぼくがやりたいのは自分自身を表現すること、生活または芸術の何かの様式を通して可能な限り自由に、可能な限り完全に表現したいんだ。そして自分を守るためにぼくがあえて使用する唯一の武器、それは沈黙と、流浪と、そして狡智》ジェイムズ・ジョイス『若い芸術家の肖像』(岩波文庫)p.464

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 20:18:58

12月9日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《沈黙と、流浪と、そして狡智》
 silence, exile, and cunning
 ジェイムズ・ジョイス『若い芸術家の肖像』
 (大澤正佳訳、岩波文庫)、p.464。
【なんとなく私訳すると、「ダンマリ、バックレ、あとはズル」】

posted at 20:13:04

12月9日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《あの山は、呼吸をし、生き、僕を見つめているんだと思った。すると胸がしめつけられそうになった。身体の内に山の細かい粒子になった発光体が入りこんでくる気がし続け、きっと熱でもあるのだ、と考えた》佐藤泰志『海炭市叙景』(小学館文庫)、p.88。

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 17:21:38

12月9日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《「夜」(shab)です。何ものの影も見えません。すべての事物のすべての色と形とは、残りなく深い夜の闇の中に没して、見渡すかぎり黒一色。ところが不思議なことに、この形而上的夜は「明るく照る」(roushan)といわれます》井筒俊彦『イスラーム哲学の原像』(岩波新書)、p.178。

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 14:34:07

12月9日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《意志の背後における暗黒は単なる暗黒ではなくして、ディオニシュースのいわゆる dazzling obscurity [光り輝く暗黒]でなければならぬ》西田幾多郎「場所」『西田幾多郎哲学論集1』(岩波文庫)、p.88。

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 14:34:00

12月9日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《韻文として構想され、そしてあとから、ただ一箇所でのみリズムを乱される、そうした複合文が、およそ考えられるかぎりで最も美しい散文を作りだす。》『ベンヤミン・コレクション3』(ちくま学芸文庫)p.56。 岡井隆『注解する者』(思潮社)のp.68に、べつな訳文で引用されている。

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 11:30:31

12月9日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《高名な考証学者N先生が教へを垂れておつしやるには「註釈とか註記註解などと言扁はいらんのだ。注解とは水を注いで土をやはらかく解くことを言ふのでサンズイ扁が正しいのだ。」》岡井隆「鴎外「鼠坂」補注」『注解する者』(思潮社)、p.33。

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 11:27:14

12月9日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《戦争がはじまる前に会おうと詩人が強調したのは、はじまりを回避することで終わりの存在そのものを消す詐術ではなく、私たちはつねに平穏な戦争状態にあり、はじまりの前にあって、それを持続させる以外に生はないと言いたかったからではないか》堀江敏幸『一階でも二階でもない夜』(中公文庫)

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 11:21:26

12月9日

@kagayam

木下斉/HitoshiKinoshita@shoutengai

こういう監視社会的なものが衰退の一因になっているんだよね...投票うんぬんではない怖さと、また、はたしてこの投票率は民主的な本来の投票行動となっているのか?と疑問を感じるお話。/衆院投票率9割の村を訪ねた「都会はなんで行かんの?」:朝日新聞デジタル www.asahi.com/articles/ASKC6

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 11:12:31

12月9日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《ブログって、なんだか明るい自傷行為のような気もする》橋本治インタビュー『考える人』2008年夏号。 《日記に真実があって、日記を書くということが自分を見つめることなんだから書きなさいという、あの何かしつこい民主主義の時代というのが、おれはいやなんですよね》同上。

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 11:07:56

2017年12月08日(金)2 tweetssource

12月8日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

@kanazuuu1 衣食住についてはテキトーでいいや系の人間なんですが(べつに穂村弘が言うところの「生きる/生きのびる」を意識するでもなく)、カラダの悲鳴が年々、高らかに聞こえ……。しかし、ヒートテック犯人説がもし正しかったら、自業自得の面もあれ、この十数年の慢性的体調不良の賠償してほしいかも(笑)

posted at 21:27:35

12月8日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

札幌。マイナス3.4℃。吹雪。〈脱化繊〉実験の手始めに、無印良品でウール混の綿肌着(長袖)を購入(無印にも化繊混の「あったかシャツ」があった。危ない・笑)。今のところ、当社比では、ヒートテックよりあったかい&快適…… pic.twitter.com/3PiGDAaqlc

posted at 13:37:39

2017年12月07日(木)3 tweetssource

12月7日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

丸善ジュンク堂書店の前社長・工藤恭孝のインタヴュー。《モノの消費よりコトの消費》とか《「ポケモンGO」が参考になるはず》とか《地方の郵便局には、「半分本屋にしてくださいよ」とお願いしたい》とか、ヤバい内容……。

>"ただ不便"な超大型書店はもう無理なのか
president.jp/articles/-/23898

posted at 22:40:52

12月7日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

ヒートテック肌着に関しては、大きめのサイズにしても締めつけ感があったり、かゆみがあったりして、もしかしたら合わないのかなとは思ってたけど、しばらく着ないで確認してみよう。体調不良の原因(直接因)としての確証を得るためには、条件を整えて再度ヒートテックにトライする必要があるが(笑)

posted at 17:06:16

12月7日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

今日は体調不良で欠勤したのだが、ひとつ得た仮説が「ヒートテック(あるいは化繊全般)の静電気は、ぼくにとって危険」。昨晩めんどくさくてヒートテック超極暖(!)を着たまま寝たら、今朝、全身倦怠感と両腕両足のしびれで起き上がれず……。昼まで横臥し、とりあえず着替えてみたら回復した……。

posted at 17:05:58

2017年12月06日(水)4 tweetssource

12月6日

@kagayam

深町秋生地獄の犬たち3刷&ドッグ・メーカー6刷@ash0966

「版元の営業力なんてアテにならない、イベントやったり、マメに呟かないと」と若手の耳に吹きこむ。本当は優れた作品を書くことが名刺であり、最大の営業であり、これにまさるプロデュースなんてないのだが、てっとり早く有名になりたいという、怠惰な欲望を刺激して原稿やらせずに潰すのである。

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 21:21:07

12月6日

@kagayam

深町秋生地獄の犬たち3刷&ドッグ・メーカー6刷@ash0966

私は若い作家を潰すために、これと同じことを言いふらしてはいる。「どんどんブログをやれ、呟いて宣伝しろ、同人誌も作って自分を売り込め」と言って、肝心な原稿を一向にやらせず、仕事した気だけさせるのだ。 / “もはや出版社より同人誌の…” htn.to/PxfWf5ALy

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 21:21:02

12月6日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

手描きPOPの中では昭和女子大学を〈圧倒的〉に支持! とくに柴田哲孝『WOLF』のもの。ヴィレヴァン的なざっくり感ですが、《東京の女子大学学生》から期待=幻想されるものをぶちこわすセンスと微妙な誤字!

>【新宿本店】《東京の女子大学学生が選んだおすすめ本》フェア www.kinokuniya.co.jp/c/store/Shinju

posted at 21:00:28

12月6日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

堀淳一先生、亡くなってらしたのか。書店で見た新刊『北海道 地図の中の廃線』(亜璃西社)のPOPに「11月逝去」とあり驚いた。書店員時代によく接客させてもらい、近年も書店で棚を眺める元気なお姿を拝見してたが……。合掌。

>堀淳一氏死去=エッセイスト、北海道大名誉教授headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171130-

posted at 20:47:18

2017年12月04日(月)4 tweetssource

12月4日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

そして、最初に報告した平積みはそのままだが、第二報の面陳は外されて最下段の棚差しとなった『現代日本の批評』。担当者の思考を想像すると、書名から、現代日本〈における〉批評、としてよりも、現代日本〈を〉批評する本、として解釈したのでは。ま、とにかく、本屋の棚を眺めるのは楽しいのです。 pic.twitter.com/xzPLbTzM7B

posted at 22:19:16

12月4日

@kagayam

牧眞司(shinji maki)@ShindyMonkey

「アプリオリ」の使い方、間違っているひとけっこういらしゃいますね。ぼくは言葉の誤用をいちいち言い立てるのは良くない(言葉はいきものだから)と考えるほうですが、平易な言葉で言えるものを、わざわざ専門用語や晦渋な単語で表現して間違ってると、生半可はヤメてと思いますね。

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 21:15:45

12月4日

@kagayam

土屋アソビ@wtbw

twitter初期の頃ってその人のホーム行くと、本人がフォローしてる(本人が見てる)TLが流れていたんだけど、あれ、けっこう楽しかったんだよね、別世界で。あの仕様はすぐになくなったけど、あれでよかったのにってたまに思い出す。他人の公開リストを見れば同じような感覚になるのかなあ

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 21:15:20

2017年12月03日(日)4 tweetssource

12月3日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

debut(début)を「デヴュー」と音訳しちゃうのは、間違いとまでいえるのかどうかあえて追求しませんが、寿司のことを外国の方に向けて話す日本人がわざわざ「ススィ」と発音するのと同じくらいイヤな感じがするという個人的な印象をお伝えしておきます。 pic.twitter.com/9tde1rX6FT

posted at 22:41:15

12月3日

@kagayam

結城浩@hyuki

#Sarahah
書いているプログラムをよく理解するように努めることです。よく理解した上でバグを直すとき、そこには発見にともなう驚きと喜びがあります。適当に直してなぜか動いたときには不全感が残ります。ですから、よく理解するように努めるのは楽しむために必要なのです。
hyuki0000.sarahah.com pic.twitter.com/48bKKRIVNP

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 11:48:32

12月3日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

乗代雄介『本物の読書家』(講談社)。表題作のみ読了。面白い。ミステリ的な物語設定の中で、大西巨人を想起させる、やや衒学的な引用を散りばめつつ、〈読む〉〈書く〉に関するメタ的な考察も読者に促す。じっくり再読し、併収の「未熟な同感者」およびデビュー作『十七八より』(講談社)もすぐ読もう。 pic.twitter.com/4tlT5lCFLC

posted at 01:40:09

2017年12月02日(土)5 tweetssource

12月2日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

《〈芸術〉において最も高尚だと(そして最も困難だと)思われるのは、人を笑わせることでもなければ、涙を流させることでも、情欲をかきたてることでも、猛り狂わせることでもなく、自然と同じ仕方で働きかけること、つまり“夢見させる”こと》『ポケットマスターピース7 フローベール』(集英社)741-2

posted at 20:54:26

12月2日

@kagayam

MINAKA Nobuhiro@leeswijzer

さっき返信した某記事原稿は,編集部から「一般向けの文章ですから引用はできるだけ少なく」と釘を差された.さらに,引用文献の明示も削られそうになったので,全力で抵抗したところ.文献リストや注や索引のない本や文章は書く意味ないし,読む意味はもっとない.ただの紙くず. twitter.com/nasastar/statu

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 19:00:02

12月2日

@kagayam

足柄(アホ毛立ってます)@asigaranyanko

これ依頼する出版社さんに申し上げたいのですが、今は大学の初年次教育レベルで注の付け方やら参考文献の芋づる式追っかけやらを教えているので、初学者向けこそ注と参考文献がついているのが欲しいんです。そのあたりご考慮いただけませんでしょうか。 twitter.com/nasastar/statu

Retweeted by 本屋のカガヤ

retweeted at 18:59:48

12月2日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

札幌民でありながらスープカレーよりもルーカレーの方が好きなのだが、マルちゃんのスープカレーワンタン(税抜き108円)がおいしすぎて、近所のコンビニで毎日買ってる(いまだに歯が完治しないので汁物が重要…)。

>スープカレーワンタン | 商品情報 - 東洋水産株式会社 www.maruchan.co.jp/products/searc

posted at 18:52:34

12月2日

@kagayam

本屋のカガヤ@kagayam

2018年、生誕X年の人(ウィキペディアより)

250 ジョゼフ・フーリエ、香川景樹、シャトーブリアン
350 ヴィーコ、フランソワ・クープラン
400 ムリーリョ、菱川師宣
450 トンマーゾ・カンパネッラ、黒田長政
500 ティントレット
900 西行、平清盛
1200 在原行平(中納言行平)
1300 大伴家持

posted at 10:41:48

このページの先頭へ