情報更新

last update 08/17 12:31

ツイート検索

 

@kangaeru110
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

  • 71フォロー
  • 46フォロワー
  • 15リスト
Stats Twitter歴
1,898日(2012/06/08より)
ツイート数
763(0.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2012年08月31日(金)1 tweetsource

2012年08月21日(火)3 tweetssource

2012年08月18日(土)51 tweetssource

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

それでテレビに出演できなくなりました。森田さんから私は直接聞きました。テレビ局の社長が、森田さんにはっきり言ったそうです。「電通の意向があって、森田先生はわが社ではもう使えない」と。森田実氏曰く、今の日本のテレビはまさに国民に向けられた刃物になっている。 (3/3)

posted at 23:34:18

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

新聞5社に合計で5000億円が流れた。郵政民営化(2005年10月成立)のために日本国民を扇動する。その宣伝広告費として、アメリカが日本のメディアに5000億円を投入した。テレビを使って日本国民洗脳をやった。と森田さんが書いて、 (2/3)

posted at 23:34:17

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

出演禁止を言い渡された愛国者 副島 政治評論家の森田実さんはテレビから追放処分を受けました。森田さんはフジテレビの「めざましテレビ」にレギュラー出演していたのですが、突然出られなくなりました。その理由は、郵政民営化の裏側の事実を森田さんが暴いたからです。TV5社・ (1/3)

posted at 23:34:16

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

かつてのマクロウヒル社、ビジネスウィーク誌(ロックフェラー財閥系)との提携関係が今も残っているのでしょう。毎日新聞=TBS系は、他の4つと比べると、まだ公正な報道を心がけているように見えます。特に毎日新聞はその傾向があります。 (6/6)

posted at 23:32:46

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

半年ぐらい前の2008年秋ごろから朝日新聞が追いかけていて、初めから検察と共同行動をとっていたようです。日経新聞=テレビ東京は、アメリカの資本が入っているわけではないのに、経済新聞という性質から経営者寄りであり、相当アメリカの意向で動く新聞です。 (5/6)

posted at 23:32:45

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

を務めている舟橋洋一氏(当時)がアメリカの言いなりで、編集権を握って、若手記者たちの記事に干渉する。本多勝一派の系統の人たちは、ほとんど消滅しました。日本の左翼リベラル勢力が衰退して、朝日新聞は体制保守化の傾向が著しい。小沢一郎攻撃の西松建設の政治献金問題は、 (4/6)

posted at 23:32:42

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

本当の愛国派の記者たちがまだ残っていますが、総体としては、アメリカ批判をなぜかしない会社です。テレビ朝日=朝日新聞は、歴史的には反米で、日本のリベラル勢力の結集体のように言われてきました。が、この10年、どうもそういうことがなくなった。主筆(役員待遇) (3/6)

posted at 23:32:41

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

正力松太郎という内務官僚(特高警察もその一部)だった人が、戦前から経営を簒奪していた。フジ=産経も、長年、日本の愛国右翼勢力であるようなふりをしながら、実際は、アメリカの子分になっている。産経新聞(日経連の幹部たちがつくった)の中には、 (2/6)

posted at 23:32:39

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

「売国者たちの末路 私たちは国家の暴力と闘う」副島隆彦・植草一秀共著 大手マスゴミの体質について 副島 このテレビ5社、新聞5社に対しては、私なりの理解があります。読売=日テレは、戦後アメリカのCIAが「世界反共産主義ネットワーク」の一環として直接育てた。 (1/6)

posted at 23:32:38

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

秘密のうちに慎重に取り扱うことを求めていた。米大使館はこの時には、資金援助を断った模様だが、CIAによる特別グループの設置は、これとは別に、資金援助が行われた可能性を示している。CIAは50年代半ばから末にかけ、反共活動支援の目的で、フランスやフィリピン、 (4/5)

posted at 23:04:31

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

実際には別ルートで資金援助が行われた。CIA関係の公開された公文書より 「1958年7月に当時の佐藤栄作蔵相が、在日米大使館を通じ選挙資金援助の要請を行った際、自民党の川島正次郎幹事長とみられる「カワシマ氏」を「窓口」に指定し、 (3/5)

posted at 23:04:30

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

1994年10月8日のことである。」 CIAからの自民党への資金援助問題 機密文書公開法で明らかになった事実は、自民党がマッカーサー二世大使に選挙資金の支援を要請し、断られたということ。大使は自らの手を汚すことを拒んだ。しかし、 (2/5)

posted at 23:04:29

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

なお、自民党は米国に資金援助をおねだりして、実際に支援されていたという驚くべき事実がある。「属国・日本論」より 「もっと驚くべきは、戦後ずっと(何と1970年代まで)自民党に対してアメリカ政府から選挙用の援助資金が拠出されていた事実が露見した。 (1/5)

posted at 23:04:27

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

「プラザ合意」、小泉=竹中では、金融の自由化(郵政民営化を含む)で激しい日本売りをし、小泉=竹中に至っては2兆とも3兆とも言われるキックバックを受けたと言われている。正確に言うと自民党はアメリカの所有物だったという事。 (7/8)

posted at 22:59:08

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

しか道がないようであった。そして賄賂をネタに自分の有利な政策を要求し、拒めば恫喝し更に拒めば暴露されて失脚させられる。アメリカに有利な政策を推進すればお金は潤沢に回ってくる仕組みになっていた。この流れにうまく乗ったのが、中曽根、小泉=竹中である。特に中曽根は (6/8)

posted at 22:59:07

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

その行為がアメリカの逆鱗に触れてしまい後にロッキード事件で失脚させられる事となる。 このロッキード事件で暗躍したのが児玉。ロッキード社からは児玉を通じて田中氏に資金が渡っていた。アメリカのやり方は賄賂と恫喝がセットになっており「受けとるか、死ぬか」 (5/8)

posted at 22:59:06

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

これで政治とメディアを抑えた筈だったのだがアメリカにとって予想外の事が起きる。それが田中角栄である。田中はアジア外交に重点を置き中国と国交回復し、それまでアメリカのエクソンモービル一辺倒だった石油ルートに東アジアルートを組み込もうとしたが、 (4/8)

posted at 22:59:03

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

A級戦犯であった彼らはGHQを飛び越えてホワイトハウスの勅令でCIAのエージェントとなり活動することと引き換えに無罪放免となった。児玉は中国で略奪した資金の一部を岸信介、笹川とともに鳩山ブランドの自由党(自民党の前身)の結党資金として提供した。 (3/8)

posted at 22:59:02

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

yahoo知恵袋にて、戦後の日本について簡潔に説明している文章があったので、勝手に転載させていただく。この方は、おそらく副島隆彦氏の読者だと思われる。 アメリカが敗戦後の日本を支配するために構築した組織が自民党である jajajaja_jmjmjmさん投稿。 (1/8)

posted at 22:59:00

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

『瓶のふた』 のようなものだ」 と発言し、日本を抑止する必要があるとの見解を示した。 1999年のアメリカの世論調査では、条約の目的について「日本の軍事大国化防止」49%、「日本防衛」12%となった。在日米軍は日本の軍国大国化を阻止することが第一の目的なのである。 (3/3)

posted at 22:17:55

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

従順な属国日本の原住民はこれを知ってます?→wikiの日米安全保障条約より 「日本抑止論」 1990年(平成2年)3月、在沖縄米海兵隊司令官ヘンリー・スタックポール少将は 「米軍が日本から撤退すれば、 すでに強力な軍事力を日本はさらに増強するだろう。 我々は (2/3)

posted at 22:17:53

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

大いに関係がありそうで、少なくとも犯人を知っていただろう。なお、S元首相が政治家になるときには、大物右翼に頭を下げてお願いしたそうだ。そういった闇の勢力が戦後日本を作り上げたもう一方の立役者であり、アメリカとも手を組んでいる。 (5/5)

posted at 22:09:14

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

アメリカの属国でもあるので、アメリカの行う不正は、すべて黙殺されるのだ。 例えば、森達也氏著「下山事件」では、これに荷担した疑いのある人物として、下山氏の次のK国鉄総裁(後の参議院議員)や、後にノーベル平和賞を受賞することになるS元首相などについて言及している。 (4/5)

posted at 22:09:12

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

しかし、警察も検察も政府やアメリカの肩をもち、真相は明かされることはなかった。下山事件の調書は、偽証だらけで、証言者の意見をまったく反映していない。警察や検察が守るのは、国民ではなく、国家。現代も全くそうだが、その当時から一緒。日本の場合は、 (3/5)

posted at 22:09:11

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

三鷹事件、松山事件)。これは、アメリカのキャノン機関と、それと手を結んだ亜細亜産業などのカウンターパートが引き起こしたもので、国鉄労組に罪をかぶせ、労働運動の弾圧をはかったもの。 この三大事件で、たくさんの日本人が殺され、組合員が裁判にかけれら、解雇された。 (2/5)

posted at 22:09:10

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

「属国・日本論」から離れて、戦後の占領下についての考察。 米国の占領下でたくさんの日本人が謀略によって殺されている。 例えば、共産主義革命が世界で猛威をふるい、日本でも労働運動が激しくなった1949年、おそろしい事件が日本で続発した。 国鉄三大事件(下山事件、 (1/5)

posted at 22:09:08

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

B社の修理ミスというのは格好の言い訳になる。仮に副島隆彦氏主張の撃墜説が真実でも、それは一切国民には報道されない。私たちがもし事故の関係者だとしても、厳しい報道統制を行って、事実を隠蔽するのは必至である。日航機事故は、属国日本論を考える上で、大きな題材である。 (4/4)

posted at 21:37:40

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

もし、日航機を米軍機か自衛隊機が撃墜したとして、それが国民に正直に報道されるだろうか?そんなことはあるまい。米軍機が犯人なら、日米同盟を揺るがし、米軍基地は出て行けとの国民世論が沸騰するのは確実である。自衛隊機が犯人でも、自衛隊の存在そのものが問われるだろう。 (3/4)

posted at 21:37:39

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

何も疑問を持たない者は、ボーイング社の修理ミス説を妄信するのだろが、映画「クライマーズ・ハイ」では、地方新聞の記者が、この修理ミスをスクープできる状況にありながら、あまりに出来過ぎている話だと記事にしなかったのが、クライマックスである。私も創作だと判断している。 (2/4)

posted at 21:37:38

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

日本が属国だからだ。 もっと衝撃的な事実は、この墜落した日航ジャンボ機の尾翼を壊したのは、アメリカ空軍の練習機なのである。米軍の練習戦闘機が日本の旅客機を標的にして訓練をしていてミサイルを誤射して当ててしまったのである。これが事実だ。 (3/3)

posted at 21:19:21

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

日本の空を最も完璧に管理しているのは、米軍なのである。日本の空は米軍によって守られているのである。残念ながら自衛隊は、その補完物に過ぎない。 墜落の原因は、正式には製造元のボーイング社の修理ミスであるとされた。しかし、日本が損害賠償を求めることはできなかった。 (2/3)

posted at 21:19:20

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

日航機墜落事故をめぐって 1985年8月12日午後7時過ぎに音信が途絶えたJAL123便。それを7時20分には横田基地所属のC130輸送機が現場上空で確認していた。日本の自衛隊の習志野空挺団のヘリが、現場に降下して生存者救援を開始したのは、なんと翌朝の8時50分。 (1/3)

posted at 21:19:19

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

ソロス氏が率いるソロス系のジム・ロジャースらマネー・トレイダーたち8人は、この「1ドル100円プログラム」で、全員、10億ドルずつ儲かったと、ニューヨークでテレビに向かって公言していた。損をしたのは、日本の各銀行の為替ディーリング部門である。 (3/3)

posted at 21:18:53

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

為替レートは市場の実勢が決めるはずだが、いざという緊急事態には、ニューヨークの通貨当局が動かすのである。あのときルービン財務長官は、ジョージ・ソロスという、”通貨マフィアの帝王”を表舞台に引っ張り出し、彼と強調して、国際通貨体制を安定させた。ジョージ・ (2/3)

posted at 21:18:52

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

円安戻し政策(1995年7月)の裏側 榊原英資の功績とされている100円への円安戻しは、彼自身がアメリカのカウンターパートだから。大蔵省財務官になったのもロバート=ルービン財務長官の指示。円高是正は、榊原氏の手腕によるものではない。計画されたとおりなのだ。 (1/3)

posted at 21:18:50

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

年間50万トンの石油及び米を援助するだけ。それで北朝鮮をてなすけ米朝合意を実現した外交官ウィストン・ロードの手腕はものすごいと言わざるを得ない。私の属国日本論はこのような事実を根拠にしている。 もう一つの理由は、TMD(戦域ミサイル防衛)を日本に導入させるため。 (4/4)

posted at 21:16:21

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

それなのに日本を脅した理由は二つ。一つ目は、KEIDO(韓半島エネルギー開発機構)の韓国製(=米国製)軽水炉40億ドルの内、10億ドルを日本に負担させるため。30億ドルは韓国が負担した。この負担分担は、米朝が勝手に決めた。ちなみにアメリカ自身は、 (3/4)

posted at 21:16:19

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

その内容を伝えた10月24日ウォール・ストリート・ジャーナルの記事「米朝核合意は北朝鮮の金体制が崩壊すべきだった時期に、アメリカが資金を提供してこれを支えたと歴史に記録されるだろう」 この頃、北朝鮮は大きくはアメリカの管理下に入ったのである。 (2/4)

posted at 21:16:17

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

以下、「属国・日本論」に載っている、日本がアメリカの属国であるという例を紹介する。 北朝鮮のノドン1号騒動の裏側 1993年6月の北朝鮮によるノドン1号騒動。その情報発信源はアメリカ国防総省。 既に1994年10月に「米朝核合意」が成立。 (1/4)

posted at 21:16:16

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

決して威張らないで着実に生きてゆく国民でなければならない。事実を冷酷に見つめるところから、次の対策が次々に生まれてくるだろう。私は、自分の生まれ育った国を深く愛するが故に、属国・日本論を唱える。 (2/2)

posted at 21:15:09

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

副島隆彦著「属国・日本論」の表紙裏但し書きより 「この本は、決して日本国を陥れるために書かれたものではない。日本人がこの国を、勝手に立派な大国だと思い込んでいること自体が、日本国の危機だと思う。私たちは、自分たちの足元を見つめ、 (1/2)

posted at 21:15:08

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

これを恐れた米国は、「日本を降伏させたのは米国の力だ」という実績を作る必要があった。原爆投下は、米国の対ソ政策の一環だという見解を持つ米人学者は多い。」 前広島市長・平岡敬氏が東京の外国人記者クラブで講演したときの発言である。(朝日新聞1995年4月1日付) (3/3)

posted at 21:14:26

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

「45年2月のヤルタ会談で対日参戦を決めたソ連が、最後の極東における発言力を強めると見られていた。(iyao1注:既に降伏していたドイツの占領政策をめぐって、米ソは激しく対立をした。そして、ソ連の対日参戦期日は8月12日。北海道を占領する計画だった。) (2/3)

posted at 21:14:25

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

日本を降伏させた原爆投下の裏側 「属国・日本論」P67より 私がこれまで知る限りで、広島・長崎への原爆投下に関して、「何故、あのときアメリカは原爆投下を急いだのか」の疑問に答えている最新(当時)のかつ最も秀れた分析は次のものである。 (1/3)

posted at 21:14:24

8月18日

@kangaeru110

親小沢一郎として大同団結すべき@kangaeru110

郡山の講演会をドタキャンした日本一のチキンの寝言 @HayakawaYukio :柏と金町で実現した。しかし福島県内ではひとつもできない。私の講演ができるかできないかで、その地域の放射能汚染が地図を見なくてもわかりそうだ。私が講演できないところほど、汚染が深刻。東大話法を・

posted at 14:06:39

このページの先頭へ