情報更新

last update 07/28 10:56

ツイート検索

 

@kazuo_ishikawa
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@kazuo_ishikawa

石川和男(政策アナリスト)@kazuo_ishikawa

Stats Twitter歴
2,587日(2010/06/29より)
ツイート数
40,829(15.7件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年07月28日(金)3 tweetssource

2017年07月27日(木)6 tweetssource

2017年07月26日(水)16 tweetssource

7月26日

@kazuo_ishikawa

石川和男(政策アナリスト)@kazuo_ishikawa

再エネ発電事業の大手電力への集約に関しては、昨年の再エネ特措法改正案審議で表明しておきました。

その時はまだ国会も政府も、あまりピンと来ていない感じでしたが、制度はさておき、市場ではまさに市場原理により大手電力集約が進んでいくと見ています、私。 twitter.com/smaru_org/stat

posted at 01:12:14

7月26日

@kazuo_ishikawa

石川和男(政策アナリスト)@kazuo_ishikawa

事故が起きたらダメだというのは、原子力ももちろんですが、全ての電源に共通のこと。

原子力事故を起こさないように十分な対策をすべきことは言うまでもありません。

事故確率を踏まえながら日本の資源事情で安価安定電源を求めるとしたら、当面は原子力が最安値、次に石炭となります。 twitter.com/stardust_kid74

posted at 00:54:22

7月26日

@kazuo_ishikawa

石川和男(政策アナリスト)@kazuo_ishikawa

日本の原子力は(火力や水力も)資源制約もあり、超長期事業になる宿命。しかも、石油危機当時からの内外エネルギー事情が好転している訳でもない以上、日本の場合、当初の投資回収予定を短縮して廃炉を早めるどころか、当面は60年延長が必須な情勢です。日本では当面、既設原子力は最安値です。 twitter.com/ykino25/status

posted at 00:27:36

2017年07月25日(火)23 tweetssource

7月25日

@kazuo_ishikawa

石川和男(政策アナリスト)@kazuo_ishikawa

規制緩和は、特定団体や特定企業を利する場合も相当あります。

また、規制緩和要望には、特定企業から提案されるものが多々あります。

私が直接携わった規制緩和では、例えばエネルギー分野について、天然ガス自動車、LPガスタンク、太陽光パネルなどがありました。 twitter.com/atmofud/status

posted at 23:40:50

7月25日

@kazuo_ishikawa

石川和男(政策アナリスト)@kazuo_ishikawa

規制緩和も、規制強化も、特区認定も、補助金交付も、それぞれに政策目的に沿う特定の人達に利益誘導することで、いかなる政策もそういうもの。

年金も、医療も、介護も、保育も、教育も、公共工事も、原子力も、再生エネ固定価格買取制度も、、、全部そうです。 twitter.com/osaka_love111/

posted at 22:55:35

7月25日

@kazuo_ishikawa

石川和男(政策アナリスト)@kazuo_ishikawa

いずれも大政策だと思います。

マクロ的視点で、かいつまんで私見を申し上げますと、教育無償化は大賛成、消費増税凍結は高齢者向け支出削減・子育て向け支出増・年金バウチャー化等との包括案として賛成、特区・規制緩和は今までも積み残しを一気に押し進めるべきと考えています。 twitter.com/gogoichiro/sta

posted at 21:41:15

7月25日

@kazuo_ishikawa

菊池雅志@MasashiKikuchi

今、起こっているのは「メディアに(検察、警察などのリークに頼らず)独自取材で疑惑報道をする能力がない」ということ。森友、加計で〝疑惑〟と報道されたことの殆どが、良くても「言いがかり」か、悪くすると「名誉毀損」でしかない。独自取材で善悪が判断できないのは報道機関として深刻である。

Retweeted by 石川和男(政策アナリスト)

retweeted at 10:52:52

7月25日

@kazuo_ishikawa

石川和男(政策アナリスト)@kazuo_ishikawa

ほぼ全ての新聞社とテレビ局が倒閣モードになってきた感じ。だったら尚更、2012年12月からの安倍内閣の政策の成否を検証すべきだ。

少なくとも、前民主党政権における政策の成否と比べると、(野田内閣での業績の一部には光るものがあるが、)現自民党政権の方が明らかに優っている。

posted at 08:58:08

7月25日

@kazuo_ishikawa

石川和男(政策アナリスト)@kazuo_ishikawa

報道各社は政局で仕事が増えるからワクワクしているのだろうが、内閣を替えても、内閣を支える官僚が代わらないので、政策志向も変わらない。

“政治家vsマスコミ人”は短編小説にもならない…

www.sankei.com/politics/news/
内閣支持率、40・50代女性が“危険水域”に pic.twitter.com/3uTvSQtAS4

posted at 08:41:05

2017年07月24日(月)6 tweetssource

7月24日

@kazuo_ishikawa

石川和男(政策アナリスト)@kazuo_ishikawa

(7/6 宮崎日日新聞より)
微小な粒子状の大気汚染物質である「PM2.5」による死者が過去25年で大幅に増加し、2015年には世界で420万人。世界の死亡リスク要因の第5位。主に燃料の燃焼に伴って自動車や工場などから大気中に排出され、心筋梗塞や肺がん、呼吸器疾患などのリスク… pic.twitter.com/qLHwiApOlN

posted at 19:53:00

7月24日

@kazuo_ishikawa

石川和男(政策アナリスト)@kazuo_ishikawa

来月は夏休み。

その間は、新聞社&テレビ局による支持率調査結果は支持2〜3割が続くだろうが、ネットによる支持率調査結果は支持5割超のものが増えるだろう。

アベノミクスを凌駕する具体的な政権構想を掲げる与党議員はまだ現れない中で、現安倍総理を降ろそうとするのは愚。

posted at 09:38:21

このページの先頭へ