情報更新

last update 11/23 14:14

ツイート検索

 

@ken_saito_greek
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@ken_saito_greek

斎藤憲@日本科学史学会会長@ken_saito_greek

  • 0フォロー
  • 83フォロワー
  • 10リスト
Stats Twitter歴
356日(2016/12/04より)
ツイート数
482(1.3件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年10月08日(日)7 tweetssource

10月8日

@ken_saito_greek

斎藤憲@日本科学史学会会長@ken_saito_greek

来週15日に科学史学会の全体委員会が開催されます.私からは二つの提案をします.1.今日開催した集会の継続開催.2.学会ホームページに会員の質問・意見・提案を受けるフォームを作成する(作成は簡単ですが,運営は大変です.しかし何とか実現したいと思います).

posted at 20:27:24

10月8日

@ken_saito_greek

斎藤憲@日本科学史学会会長@ken_saito_greek

昼休みには,財政委員長の佐野正博さんから,学会財政の長期的な傾向と現状,そして仮に学会誌がオープンアクセスになった場合の財政見通しなどについて説明がありました.あまりバラ色の話でないので,アンケートでは熱狂的な評価というわけにいきませんでしたが,重要な現実の指摘です.

posted at 20:23:37

10月8日

@ken_saito_greek

斎藤憲@日本科学史学会会長@ken_saito_greek

天文学に関しては,私よりはるかに詳しい東海大の鈴木孝典さんが来ておられて,私の発表の後の質疑応答の時間に,不適切な用語の修正や,私が飛ばしてしまった事項の指摘など,色々と教えていただきました.

posted at 20:21:22

10月8日

@ken_saito_greek

斎藤憲@日本科学史学会会長@ken_saito_greek

私も,普段の授業の3回分を圧縮して話をして,事実や人名の羅列ではなく,歴史展開上の要点をきちんと提示することを強調しました.ギリシャの物質論ならパルメニデス,天文学(地球中心vs太陽中心モデル)なら,周転円の周期や,各惑星の天球の大きさの比.

posted at 20:20:15

10月8日

@ken_saito_greek

斎藤憲@日本科学史学会会長@ken_saito_greek

科学史授業セミナーでは,東京電機大の田中浩朗さんの詳細かつよく考えられたシラバスは私だけでなく多くの方に強い印象を与えたようです.それに基づく授業の後,理想の授業と現実のギャップの問題について語ってくださいました.

posted at 20:16:40

10月8日

@ken_saito_greek

斎藤憲@日本科学史学会会長@ken_saito_greek

若手研究発表会+科学史授業セミナーは無事終了しました.40名の方の参加があり,急遽お願いしたアンケートの回答もおおむね好意的でした.できれば今後定期的にこの集会を開催したいと思います.継続開催に必要な人手や予算を検討します.

posted at 20:13:42

2017年09月08日(金)1 tweetsource

2017年09月02日(土)4 tweetssource

9月2日

@ken_saito_greek

斎藤憲@日本科学史学会会長@ken_saito_greek

また10月8日の昼休みには,科学史学会の委員から学会の現状と課題について説明し,会員の皆さんの意見を伺う懇談会を開催します.お昼に出かけてしまわずに,弁当でも買って会場に戻ってきていただければと思います.

posted at 07:58:55

9月2日

@ken_saito_greek

斎藤憲@日本科学史学会会長@ken_saito_greek

午前の若手発表会では,多くの方からのコメントや助言を頂ければと思います.午後の科学史授業セミナーでは,私も授業内容を公開します.これから授業をする方の参考になればいいし,ベテランの方々からの批評が頂ければ幸いです.

posted at 07:55:45

2017年07月12日(水)1 tweetsource

2017年06月27日(火)11 tweetssource

6月27日

@ken_saito_greek

斎藤憲@日本科学史学会会長@ken_saito_greek

@nichijou_kan この要望にこたえるために,普及委員会では,定年直後の人を中心に,「科学史学校」での授業をお願いしているそうですが,なかなか引き受けてもらえないとのこと.それなら私がやりましょう,と言ってしまいました.そんなに素晴らしい授業をしているとは思っていないのですが...

posted at 20:56:53

6月27日

@ken_saito_greek

斎藤憲@日本科学史学会会長@ken_saito_greek

その場でというのが大事です.ネットのない時代に研究者になった私でも,今すぐ見られるなら,と論文を買うようになりました.古い論文の需要がどれだけあるか,また十万単位の初期費用がかかる,という問題はあるのですが...

posted at 20:15:30

6月27日

@ken_saito_greek

斎藤憲@日本科学史学会会長@ken_saito_greek

次に,過去の論文の販売ですが,これは創刊号からの論文をすべてスキャンして,OCRで透明PDFを載せて,販売サイトと契約するということです.論文の最初の1ページが見えて,支払するとその場で全文がダウンロードできるというイメージです.

posted at 20:15:14

6月27日

@ken_saito_greek

斎藤憲@日本科学史学会会長@ken_saito_greek

財政的なことを少し説明します.いままでCiNiiから年に10万円ちょっとの著作権料が学会に入っていました.これはなくなってしまいます.しかし,和文誌・欧文誌のダウンロード特典で会員が20人増えれば十分ペイします.

posted at 20:14:44

6月27日

@ken_saito_greek

斎藤憲@日本科学史学会会長@ken_saito_greek

まずCiNiiからデータがもらえることになっています.会員限定で公開するためには,会員個別のidとパスワードを設定すべきですが,今回は緊急避難なので,科学史通信にパスワードだけ載せることを考えています.7月の通信には間に合わないので,今のところの予定は10月です.

posted at 20:13:35

2017年06月25日(日)13 tweetssource

6月25日

@ken_saito_greek

斎藤憲@日本科学史学会会長@ken_saito_greek

日程はこれから決めます.10月以降の日曜日を考えていますが,博士論文準備中の人の発表があるとすれば,あまり遅くはできないでしょう.発表希望者が多ければ土曜の午後から始めるかもしれません.

posted at 20:38:48

6月25日

@ken_saito_greek

斎藤憲@日本科学史学会会長@ken_saito_greek

場所は私の事情もあって,関西になるかもしれません.遠方の若手発表者には交通費の一部を補助できると思います.もちろん昼休みには懇談会をおこなって,意見・要望を伺います.ただし弁当は出ません(有料で弁当の注文をとることは考えていますが).

posted at 20:38:25

6月25日

@ken_saito_greek

斎藤憲@日本科学史学会会長@ken_saito_greek

授業を始めたばかりの方,これから始めるかもしれない方,是非ご参加下さい.もちろんそれ以外の方も歓迎です.これからもう一人の講師をしてくれる方を探します.依頼されたら断らないで下さいね.

posted at 20:38:12

6月25日

@ken_saito_greek

斎藤憲@日本科学史学会会長@ken_saito_greek

授業をする人の参考にするという趣旨なので,沢山の授業(案)を見てもらいたい.そこで倍速で説明して1時間半で2回分の授業をします.もう一人講師をお願いしますので,午後の3時間で1時間半の授業4コマ分が一気に聞けます.

posted at 20:37:58

6月25日

@ken_saito_greek

斎藤憲@日本科学史学会会長@ken_saito_greek

前から私が提案していた「若手研究発表会」と組み合わせます.今考えているのは,午前中に若手の研究発表2件(10時20分~12時30分),午後に科学史の授業2つ(13時45分~17時).午後の授業は若手でなく,経験の有る人が担当します,というか,その一人は私です.

posted at 20:37:41

6月25日

@ken_saito_greek

斎藤憲@日本科学史学会会長@ken_saito_greek

「科学史学校」を毎年企画している普及委員会から,「科学史の授業をしなければならない人から,『標準的な科学史の授業をやってもらいたい』という要望がある,という報告がありました.そこで今年度の科学史学校(日程確定)とは別に,そういう企画をやります.

posted at 20:37:21

6月25日

@ken_saito_greek

斎藤憲@日本科学史学会会長@ken_saito_greek

学会賞についても議論しました.とくに学術賞が10年間該当なしであることについて議論しました.とりあえず細則を改正して(これは全体委員会の議決で足ります),学術賞は過去10年間の業績を対象とすることになりました(これまでは5年).推薦の募集は来月の『科学史通信』に載ります.

posted at 20:37:00

6月25日

@ken_saito_greek

斎藤憲@日本科学史学会会長@ken_saito_greek

そこで,寄贈図書があったときに,その短い紹介文をお願いして,紹介文つきで掲載するのはどうか.これについて和文誌編集委員会で検討していただくことになりました.まだ確定ではなく,検討中です.

posted at 20:36:18

6月25日

@ken_saito_greek

斎藤憲@日本科学史学会会長@ken_saito_greek

あと,これは和文誌委員会から発表すべきことですが,『科学史研究』には新刊書の紹介という重要な機能があります.しかし掲載できる書評は限られます.(書評してくれる人を見つけるのも楽ではありません.)

posted at 20:35:53

6月25日

@ken_saito_greek

斎藤憲@日本科学史学会会長@ken_saito_greek

また,CiNiiから入っていた著作権料がなくなります.これへの対処という意味もこめて,過去の和文誌,欧文誌の論文をネット上で販売することを確認しました.販売サイト運営業者などを調査し,次回の全体委員会で結論を出すことにしました.

posted at 20:35:41

2017年06月23日(金)2 tweetssource

6月23日

@ken_saito_greek

斎藤憲@日本科学史学会会長@ken_saito_greek

中川久定さんの訃報に接して思い出したことがあります.『みすず』2001年1月号の読書アンケートで,前年に私がイタリア語から訳した『ピュタゴラス派』をとりあげて「翻訳にごまかしがない」(手許にないのでうろ覚え).面識もない大先生に誉められてうれしかったことを覚えています.

posted at 22:14:05

2017年06月22日(木)10 tweetssource

6月22日

@ken_saito_greek

斎藤憲@日本科学史学会会長@ken_saito_greek

ところで,科学史学会は『科学史研究』とhistoria scientiarumの二誌を刊行していますが,オープンアクセス化など種々の要因で減収が見込まれています.私もまだ事情を完全に理解していないのですが,状況を会員に報告し,対処を考えていかねばなりません.

posted at 22:00:46

6月22日

@ken_saito_greek

斎藤憲@日本科学史学会会長@ken_saito_greek

ピア・レヴューを維持するには,たとえレフェリーが無償で働いても,経費がかかります.それを投稿者に負担させるよりは,購読者(ほとんどは機関購読者)に負担してもらうのは妥当だと思います.

posted at 21:41:29

6月22日

@ken_saito_greek

斎藤憲@日本科学史学会会長@ken_saito_greek

そもそも,ネット上にいくらでも論文を公開できる時代に,有料の学術雑誌はなぜ存在するのでしょうか.それは,ピア・レヴューを経た一定以上の水準の論文だけが掲載されるからでしょう.ときに外れはあるにしても.

posted at 21:41:08

6月22日

@ken_saito_greek

斎藤憲@日本科学史学会会長@ken_saito_greek

(個人モード)Cost of Knowledgeを覚えていますか? 2012年のElsevier社ボイコット運動です.成果がなかったと思われているようですが,数学史のhistoria mathematicaを含む数学関係14誌は4年以上前の論文がフリーアクセスになりました.

posted at 21:40:00

2017年06月17日(土)2 tweetssource

6月17日

@ken_saito_greek

斎藤憲@日本科学史学会会長@ken_saito_greek

(引続き個人モード)「顧客とはお金を払う人.あなたはフェイスブックの顧客でなく商品」(Douglas Rushkoff, Program or Be Programmedからうろ覚えで引用).ちなみに私のウェブページはレンタルサーバー上にあります.使用料を払っています.

posted at 21:41:16

6月17日

@ken_saito_greek

斎藤憲@日本科学史学会会長@ken_saito_greek

(個人モード)アイコンが丸くなったと世間で不評のようですが,無料で使っているのだから,苦情を言って,あとは祈るしかありません.昔の人はタダほど高いものはない,と言いました.経済学ではno free lunchというらしいです.

posted at 21:40:25

このページの先頭へ