情報更新

last update 01/23 14:00

ツイート検索

 

@kenkusunoki
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@kenkusunoki

楠木建@kenkusunoki

  • 0フォロー
  • 8,058フォロワー
  • 279リスト
Stats Twitter歴
3,059日(2009/09/09より)
ツイート数
3,658(1.1件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年01月22日(月)1 tweetsource

1月22日

@kenkusunoki

楠木建@kenkusunoki

【メモ】トシちゃんのステップは年季が入っていて頗る上手い。なぜかというとヒジョーにスロー。全体が緩慢にみえるほどスロー。これはちょっと珍しい。素人がキレを出そうとしてのべつクイックになるのと対照的。

posted at 15:29:10

2018年01月21日(日)6 tweetssource

1月21日

@kenkusunoki

楠木建@kenkusunoki

【本】古谷経衡『日本を蝕む「極論」の正体』。ひとつの論点を掘り下げる前に次の話題へと移ってしまい物足りない。

posted at 16:57:33

1月21日

@kenkusunoki

楠木建@kenkusunoki

【本】落合淳思『殷』。74年に生まれてこういう研究をしている人がいるということが尊い。3000年以上前の中国王朝の政治と社会を甲骨文字の分析から推定する。いつの時代もそのときの制約の中でそれなりの合理性に立脚している。

posted at 12:14:19

1月21日

@kenkusunoki

楠木建@kenkusunoki

【本】柳美里『柳美里不幸全記録』。あざとい。キツい。不幸は状態でなく性分だということを再確認する。向こうからやって来るものではなくこちらから近づいていくもの。不幸への速度が速い。

posted at 10:32:32

1月21日

@kenkusunoki

楠木建@kenkusunoki

【本】金子勝昭『菊池寛の時代』。菊池寛好きにとって価値ある一冊。その思考と行動の紹介はもちろん著者の後輩編集者としての論評がわりとイイ。戦中戦後の迷走ぶりも菊池スタイルの自由現実主義で一貫していて好ましい。尊敬はしないが共感と愛着をもつ。ますます菊池寛という人がスキになる。

posted at 08:04:50

2018年01月20日(土)2 tweetssource

1月20日

@kenkusunoki

楠木建@kenkusunoki

【本】芦屋小雁『笑劇の人生』。いちどこの人の本を読みたかった。案の定面白い。外国映画の見巧者の究極。好きなことしかしない。嫌いなことはしない。大変なスタイリストであると同時に心の底から健康な人。自然体。上方芸界のエピソードもイイ。幸せな人生とはこういうことではないか。

posted at 21:12:50

1月20日

@kenkusunoki

楠木建@kenkusunoki

【本】高森勇旗『俺たちの「戦力外通告」』。これは実にイイ。戦力外通告を受けた元プロ野球選手25人の人生。著者も戦力外通告を受けて引退した元ベイスターズの選手。逆境でこそその人の本当が顕れる。人間と仕事の本質を切り取ってみせてくれる。テーマがイイ。文章も驚くほどうまい。

posted at 11:17:23

2018年01月18日(木)1 tweetsource

1月18日

@kenkusunoki

楠木建@kenkusunoki

【本】NHKスペシャル取材班『日本人と象徴天皇』。内容はごくあっさり。が、昭和天皇と今上天皇の違いが面白い。考えてみれば当たり前だが昭和天皇は敗戦後すぐに切り替えができない。憲法に規定された象徴天皇を確立させたのは天皇皇后両陛下。その功績と努力は計り知れない。文字通り平成の偉人。

posted at 21:05:29

2018年01月14日(日)4 tweetssource

1月14日

@kenkusunoki

楠木建@kenkusunoki

【本】小田部雄次『梨本宮伊都子妃の日記』。これは面白い。鍋島侯爵家に生まれ皇族に嫁ぎ蝶よ花よの半生を過ごした梨本宮妃は敗戦で急転落の辛酸をなめる。明治から昭和への貴重な記録は日記ならでは。生まれ育ちにも関わらずこの人はまずまず常識的で気丈。現実を受け入れる適応力に優れている。

posted at 16:40:35

2018年01月12日(金)2 tweetssource

1月12日

@kenkusunoki

楠木建@kenkusunoki

【本】『カメラがとらえた明治大正昭和 皇族と華族』。大正天皇のイイ顔。その人柄が偲ばれる。伏見宮、有栖川宮はあからさまに立派な顔。女性には綺麗な人も多いが洋装がひどく似合わない。圧倒的イイ顔チャンピオンはやはり乃木希典伯爵。この顔は尋常でなくイイ。何とも言えない深み。

posted at 20:47:36

1月12日

@kenkusunoki

楠木建@kenkusunoki

【本】小田部雄次『華族』。明治維新の生み出した矛盾を何とか吸収するための華族制度。皇室の藩屏と位置づけられたが当初から制度的基盤は脆弱で社会変化への対応力もなかった。近衛のような革新華族の愚行。面白いのは華族の間で生まれたバリエーション。酒井美意子のようにしたたかな人物もいた。

posted at 20:33:56

2018年01月11日(木)1 tweetsource

2018年01月10日(水)1 tweetsource

2018年01月09日(火)1 tweetsource

2018年01月08日(月)1 tweetsource

1月8日

@kenkusunoki

楠木建@kenkusunoki

【本】小田部雄次『皇族 天皇家の近現代史』。これはプロの仕事だ。必要十分な知識を与えてくれる。近代的論理を超越した天皇と皇族を近代的制度に組み込んでいこうとする矛盾超克の物語。淡々とした記述だが実に面白い。勉強になった。次は『華族』を読む。

posted at 20:44:56

2018年01月07日(日)5 tweetssource

1月7日

@kenkusunoki

楠木建@kenkusunoki

【映画】『顔のないスパイ』。2重スパイもの。一度転がしてその反動を使って最後にもう一度転がす。上手い。

posted at 19:43:40

1月7日

@kenkusunoki

楠木建@kenkusunoki

【メモ】小説家のM氏と対談。ずいぶんご高齢だがまだ書いている。「つのだひろのシンセサイザーと言われている」という。「どういう意味ですか?」「古くて故障しがちだが叩くとそれなりにいい音が出る」。分かったようで分からない比喩だと思う。ーーという夢をみた。

posted at 07:22:19

2018年01月06日(土)4 tweetssource

1月6日

@kenkusunoki

楠木建@kenkusunoki

【映画】『キラーインサイドミー』。狂人の話。その意味ではよくできている。途中の暴力シーンはついていけない。

posted at 17:39:13

1月6日

@kenkusunoki

楠木建@kenkusunoki

【映画】『レッドドーン』。荒唐無稽なストーリーだが、考えてみればよくできたプロット。アメリカにとって従来やってきたことの逆転。占領する側の方が抵抗する側よりはるかに不利。

posted at 10:00:33

2018年01月05日(金)5 tweetssource

1月5日

@kenkusunoki

楠木建@kenkusunoki

【本】原武史『昭和天皇』。人間としての昭和天皇の考察。視点論点は面白いが、天皇批判のトーンが強すぎると感じた。言われているほど英明ではなかったとしても、あれほどの難しい立場であれほどの局面に立たされ続けたことを考えると相当に誠実で強い精神の人だったのは間違いない。

posted at 19:59:51

2018年01月04日(木)2 tweetssource

2018年01月03日(水)6 tweetssource

1月3日

@kenkusunoki

楠木建@kenkusunoki

【メモ】一人でお雑煮を食べていると、西口彰が椎茸入りのお雑煮が好物で、拘置所でしきりに食べたがったという話を思い出す。

posted at 18:51:21

1月3日

@kenkusunoki

楠木建@kenkusunoki

【本】角井亮一『アマゾンと物流大戦争』。とても勉強になった。物流は特定の地域内では強烈に規模の経済が効くが、それはあくまでもその地域の範囲内での話で、いわゆるグローバル化とは無縁。アマゾンにも限界がある。改めて確認できた。

posted at 17:49:52

1月3日

@kenkusunoki

楠木建@kenkusunoki

【本】出口治明『リーダーは歴史観をみがけ』。書評集。例によって著者の関心の広さと深さに唸らされる。興味の対象が自分と異なるのでなおさら面白い。いくつか発注した。それにしてもタイトルが酷い。中央公論新社はどうかしている。こういうタイトルをこの本につけてしまうセンスは救いようがない。

posted at 09:34:18

1月3日

@kenkusunoki

楠木建@kenkusunoki

【メモ】D社からの帰り。駐車場に降りるエレベーターがわからない。別のフロアに行ってしまい別のに乗り直す。これかな?とMというボタンを押すと突然横に動き始めモノレールになり巨大な撮影スタジオへ。同乗の社員から叱られる。セットを使って大勢の社員が宴会しているーーという夢をみた。

posted at 07:03:55

2018年01月02日(火)4 tweetssource

1月2日

@kenkusunoki

楠木建@kenkusunoki

【メモ】年末年始の休暇でしばらく仕事をしないでいるとものすごくよく眠れる。10時間は眠れる。若い頃に戻ったようだ。暢気な仕事と思っていたがそれなりに負荷がかかっていたということか。

posted at 23:29:22

1月2日

@kenkusunoki

楠木建@kenkusunoki

【音楽】なくしたと思っていたデレクトラックスバンドのライブのDVDを発見。久しぶりにイイ音で聴き感動を新たにした。このバンドは本当にイイ。なぜテデスキ・トラックスはああなってしまうのか。

posted at 09:55:38

2018年01月01日(月)2 tweetssource

1月1日

@kenkusunoki

楠木建@kenkusunoki

【本】児玉博『テヘランからきた男』。至極優秀な経営者だった西田厚聰。なぜ東芝がこうなってしまったのか。東芝の尋常ならざる伏魔殿ぶりに辟易する。ここまでひどい会社は今の日本にはそうはない。人間悲劇。

posted at 11:51:38

1月1日

@kenkusunoki

楠木建@kenkusunoki

【メモ】秀才で優等生だった小学校の同級生のTさんがいまでは悪い女になって年上の男からカネを引っ張ってきているという。会ったときはそんな感じはしなかったのに。考えてみるとこの年になって「年上の男」というのはほとんど老人。スゴいなあーーという夢をみた。Tさんは完璧な優等生だった。

posted at 07:39:46

2017年12月29日(金)5 tweetssource

12月29日

@kenkusunoki

楠木建@kenkusunoki

【続き】演奏は時期によってスタックスのブッカー・T&ザ・MG'sもしくはマッスル・ショールズのスワンパーズだと思う。モータウンのファンク・ブラザーズよりもジャズ色が薄く、ストレートにR&B。ジェームズ・ジェマーソンのような天才はないが完成度がヒジョーに高い。

posted at 15:50:58

12月29日

@kenkusunoki

楠木建@kenkusunoki

【音楽】ウィルソン・ピケットの曲のベースラインは素晴らしい。弾いてみて改めて痛感。Funky BroadwayはもちろんMidnight Mover, She's Lookin' Goodなどモータウンよりもシンプルでダンサブル。職人技の極み。

posted at 15:45:02

このページの先頭へ