Twilog

 

@kenta90

木村健太郎の日記@kenta90

  • 612フォロー
  • 1,053フォロワー
  • 46リスト
Stats Twitter歴
2,721日(2009/10/16より)
ツイート数
6,076(2.2件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年03月28日(火)6 tweetssource

8時間前

@kenta90

木村健太郎の日記@kenta90

この冬武蔵五日市の知人宅を5往復して、毎回車に乗せられるだけの植木を頂いた。素人でも枯らさない丈夫なものを選んで頂いたのだが、掘り返した際根っこの土が全部取れちゃって心配していたサクランボの木、芽が膨らんできた。良かった〜! pic.twitter.com/2dpsPWQze3

posted at 11:09:17

8時間前

@kenta90

木村健太郎の日記@kenta90

こちらはブルーベリー。順調に芽が膨らんでいます。私の背丈程のを3本も頂いたので、もしかしたら食べ切れないほどの実がなるのではと、今から取らぬ狸の皮算用…ジャム作ったらどうだろうかと想いを巡らしている。 pic.twitter.com/kuVp9TbVQK

posted at 11:14:26

2017年03月27日(月)2 tweetssource

20時間前

@kenta90

木村健太郎の日記@kenta90

食べてみてちょっとがっかり…殻ごと味付けしたゆで玉子を、燻製したもののようだ。賞味期限が常温で「2017.6.20」とあり、燻製したことでゆで玉子を3ヶ月間も保存出来るのでしょうけれど、燻したことが味の方にはほとんど影響してない。

posted at 22:38:58

2017年03月26日(日)1 tweetsource

2017年03月24日(金)2 tweetssource

3月24日

@kenta90

木村健太郎の日記@kenta90

先週武蔵五日市の知人から頂いた石菖とクレソン、山の家周辺の沢や川岸の陽当たりの良さそうな所に植えてきた。水槽で生まれた稚貝は、昨日までに沢4箇所に120匹放流完了。今朝も様子を見に行ってきたが、一緒に置いてるクズ野菜を数匹が元気に食べてた。

posted at 09:09:16

2017年03月22日(水)3 tweetssource

3月22日

@kenta90

木村健太郎の日記@kenta90

自家製味噌作り、我が家で一番大きい鉄鍋で大豆を煮てます。家中甘いお豆の匂いでいっぱい。量が多くって鍋のフタが使えないので、アルミホイルで覆ってます。だいたい5時間ぐらい、指で潰せるくらい柔らかくなるまで煮ます。 pic.twitter.com/KUCLxgDmQp

posted at 10:08:26

2017年03月21日(火)3 tweetssource

3月21日

@kenta90

木村健太郎の日記@kenta90

去年の秋に収穫して、軒先に吊るして乾燥させ、その後玄関の壁にずっとかけておいた大豆、豆を取り出さなきゃと思いつつもそのままになっていた。サヤをひとつふたつ割ってみると中から立派な大豆が出たきた! pic.twitter.com/3Npd2BMw4g

posted at 14:54:47

3月21日

@kenta90

木村健太郎の日記@kenta90

明日、自家製味噌作り第2弾、やります。水をたっぷり吸わせてる大豆と、塩きり麹の準備完了。ところで、大豆って乾燥しているときはまん丸の球だけど、水に浸けとくと枝豆の形に戻るのね。なんかちょっぴり不思議。 pic.twitter.com/do2P52QZUZ

posted at 22:53:36

2017年03月20日(月)1 tweetsource

2017年03月18日(土)1 tweetsource

3月18日

@kenta90

木村健太郎の日記@kenta90

備忘録。今季初のイワナを釣り上げたことを師匠に報告した際のアドバイス。今はまだ水温が低いので餌を追うことはない。基本的に目の前に現れた餌しか食いつかないと考えて良い。

posted at 09:44:00

2017年03月17日(金)7 tweetssource

3月17日

@kenta90

木村健太郎の日記@kenta90

先ほど帰宅(東京)しました。走行距離約350km。笠間の陶芸家のご夫妻宅にお届け物してすぐ帰るつもりが、上がりこんで楽しいひと時を過ごさせて頂きました!

posted at 21:27:11

2017年03月16日(木)1 tweetsource

2017年03月15日(水)3 tweetssource

3月15日

@kenta90

木村健太郎の日記@kenta90

武蔵五日市の知人宅からまたガッポリ頂いてきた。今回で一区切りということもあって、カミさんも一緒。サツキ、スグリ、ミツマタ、オオデマリ、フクジュソウ、ニホンズイセン、ロウバイ、クレソン、セキショウ&カワニナ。 pic.twitter.com/I7KXXTb9xj

posted at 13:55:03

2017年03月14日(火)4 tweetssource

3月14日

@kenta90

木村健太郎の日記@kenta90

ベーコンの方は、朝飯の時、カリカリに焼いて、目玉焼きの下に敷いて食べました。香り、塩加減、バッチリいい感じ!我が家では、この他にパスタやスープなど、結構ベーコン使います。多めに燻製しておいて、冷凍庫で保存してます。 pic.twitter.com/D6VvLCw7je

posted at 14:15:29

2017年03月13日(月)1 tweetsource

2017年03月10日(金)3 tweetssource

3月10日

@kenta90

木村健太郎の日記@kenta90

第33回目窯焚き合格発表!弁柄化粧土を還元焼成で焼いた器の色が、まるで利休の黒茶碗の様だ、切腹を申し付けられるぞ!とカミさんから脅かされた(笑)。白化粧土のも二重掛けすることで、高めの温度での焼成に耐えて白色をしっかり主張してる。 pic.twitter.com/QfMfSIMLe4

posted at 09:27:21

2017年03月09日(木)7 tweetssource

3月9日

@kenta90

木村健太郎の日記@kenta90

窯焚きで使用した6缶、ストーブの2缶、合計8缶の空の灯油缶を積んで、2ヶ月前の激安の記憶をたよりに、都留の町を彷徨ったが、すでに値上がりしたあとで、今日現在ではジョイフル本田が66円/Lで一番安いみたい。1年前の42円/Lだった頃が懐かしい…

posted at 16:14:14

3月9日

@kenta90

木村健太郎の日記@kenta90

燻製完成!美味そうな色に燻しあがりました。ヒッコリーチップで3時間、80℃2時間をキープしたので、ベーコンもサバもこのまま食べられます。さっそく食べてみたい気持ちをジッと我慢、冷蔵庫で1週間ほど寝かせます。 pic.twitter.com/Ej4TaLmjey

posted at 19:47:40

3月9日

@kenta90

木村健太郎の日記@kenta90

@cho_no_ji ゆで卵の切り口が一番わかりやすいのですが、白身の部分が日に日に燻された色に染まっていきます。そして黄身までその香りが到達するのに確かに1週間まではかかりませんが、1週間経ったヤツはまちがいなく幸せな気分いっぱいにさせてくれます。

posted at 22:34:07

2017年03月08日(水)2 tweetssource

3月8日

@kenta90

木村健太郎の日記@kenta90

今年初めての本焼き、通算33回目、火入れしました。今まで1,250℃までの粘土を使っていたのですが、今回より1,300℃まで大丈夫なので挑戦!窯内の温度差による出来不出来をいかにして克服するかがテーマです。 pic.twitter.com/E0xwuC5s7k

posted at 12:10:30

2017年03月07日(火)5 tweetssource

3月7日

@kenta90

木村健太郎の日記@kenta90

8時間かけてゆっくり650℃まで上げて、素焼き完了。火を落として冷まし中。今回は4ヶ月ぶりの火入れ&メンテナンスで、窯のレンガがたっぷり湿気を吸ってて、蒸発にカロリー奪われ200℃代でなかなか温度が上がらなかったです。 pic.twitter.com/o6b5IT230j

posted at 13:15:37

3月7日

@kenta90

木村健太郎の日記@kenta90

先ほど20匹の赤ちゃん&子供の貝を放流してきた。これで3カ所の沢に20匹ずつ、計60匹を旅に出したことになる。いっしょに置いておいた野菜クズに、食べたあとが見られるので、いずれの場所のも元気なようだ。

posted at 14:29:50

3月7日

@kenta90

木村健太郎の日記@kenta90

解禁日より3回目、2時間ほど糸を垂らしてきました。今季初めてのアタリ、竿から手に伝わる久々の振動に感激!だけどタイミングが早すぎたのでしょう、魚の全身が水面から上がったところでバレてしまいました。せめての救いは、釣れたとしてもリリースするほどの可愛いヤツだったことでした。

posted at 17:42:28

3月7日

@kenta90

木村健太郎の日記@kenta90

透明釉薬の調合。長石、薪ストーブの灰、カオリン、蛙目粘土を、ジューサーでかき混ぜる。もっと艶を消したいので、今までよりもカオリンの量を倍にしてみた。水を足しながら、ボーメ計が45を示す濃さまで薄める。 pic.twitter.com/ctWT95IWVI

posted at 20:38:56

このページの先頭へ