情報更新

last update 08/22 15:31

ツイート検索

 

@kentarotakahash
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@kentarotakahash

kentarotakahashi@kentarotakahash

Stats Twitter歴
2,969日(2009/07/07より)
ツイート数
141,588(47.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年08月22日(火)7 tweetssource

3時間前

@kentarotakahash

kentarotakahashi@kentarotakahash

そういえば、僕も『ケトル』の最新号でムーンチャイルドについて書いてるんだった。乱暴に言うと、彼らの本質は三人組のホーンセクションであり(今やホーンの鳴らない曲もあるが)、ホーンセクションが鍵盤と歌もやって音楽作るとああなる、という論を書いてる。

posted at 12:36:21

2017年08月21日(月)13 tweetssource

17時間前

@kentarotakahash

kentarotakahashi@kentarotakahash

オーダーしたアナログが届いたので、開封したら知らないジャケ。間違ってる?と思いきや、6枚オーダーなのに7枚入ってた。当然ながら、その7枚目から聴く(これ、結構レアでは?)。

posted at 23:11:15

8月21日

@kentarotakahash

kentarotakahashi@kentarotakahash

こんな曲出すなんてガッカリとかとか言ってるんだったら、政治性とか党派性で評価してるって話にもなるだろうが、ダサいのは前から、21世紀以後はもう興味失ってたって言ってるんだから。もともと、そういう評価なのよ。

posted at 01:55:04

8月21日

@kentarotakahash

kentarotakahashi@kentarotakahash

(80年代前半に比べると)評価していなかった、というのは、僕個人としてはそうだったと思います。その頃はワールド・パーティーの方に夢中だったりして。が、この人ソングライターとしてどうなんだろう?と見切る感じになったのは、ソロ期を経た再結成後だったかと思います。 twitter.com/gomm1412/statu

posted at 00:05:47

2017年08月20日(日)35 tweetssource

8月20日

@kentarotakahash

kentarotakahashi@kentarotakahash

しかし、こういう歌曲をオペラ的な唱法ではなく、聴くことはできないのかなあ。そういう方向のアメリカーナ再考って、ほとんど行われてないように思われる。

posted at 23:51:30

8月20日

@kentarotakahash

kentarotakahashi@kentarotakahash

ただ、図書館の本というのは買えるとは限らない。書庫から出してもらったような本はなおさら。が、読み返したくなる度に書庫から出してもらうのも、だから、気長に探すことになる。

posted at 23:01:25

8月20日

@kentarotakahash

kentarotakahashi@kentarotakahash

こないだ、最近は読んでから買う本が増えたと書いたのは、図書館でどさどさ借りてきて、これは買わなきゃという本は買うからなんだけれど。YouTubeやSpotifyでがしがし聴いて、買うものは買うというのと同じで。

posted at 22:59:28

8月20日

@kentarotakahash

kentarotakahashi@kentarotakahash

で、その後の再結成ウォーター・ボーイズになると、もう曲が面白くなくて、または音楽的に面白くなくてもギリギリ聞かせる何かが感じられなくて、興味失っちゃった。

posted at 20:16:38

8月20日

@kentarotakahash

kentarotakahashi@kentarotakahash

でも、1997年のソロ・ライヴ見た時に、今でもよく憶えているのは、僕はREMやビリー・ブラッグみたいなレス・ミュージカルなロックも好きだけれど、これはもうギリギリのラインだなとは思ったんだよね。ビリー・ブラッグもギリギリだけれど、これもギリギリだなと思った。

posted at 20:12:22

8月20日

@kentarotakahash

kentarotakahashi@kentarotakahash

マイク・スコットがソロで来日した時に取材したことあるんだけれど、それがちょうど20年前の1997年だった。ウォーター・ボーイズはカール・ウォリンガー在籍の頃が僕は一番好きだったが、その後、スティーヴ・ウィッカム入れて、アイリッシュに傾倒して、凄い売れたんだった。

posted at 20:02:47

8月20日

@kentarotakahash

kentarotakahashi@kentarotakahash

ウォーター・ボーイズが音楽的にクォリティー高かったのは、カール・ウォリンガー在籍の頃で、その後はただコード並べただけみたいな曲ばかりになってた。それも20年以上前のことだけど。

posted at 19:39:24

8月20日

@kentarotakahash

kentarotakahashi@kentarotakahash

しかし、『ラティーナ』最新号の悪漢、ならぬ圧巻は、小田朋美×菊地成孔の対談でしょうね。長い(2万字)。で、対談というより尋問でしょう、これ。PC的にもギリギリなところ多く。対位法の話とか、音楽的な学びもあるにはあるけど。

posted at 11:11:20

8月20日

@kentarotakahash

kentarotakahashi@kentarotakahash

『ラティーナ』最新号、突貫で作ったコーネリアスの記事は何かオレばっかり喋っている。小山田はアラバマ・シェイクスも聴いたことないという衝撃。が、ズラしや同時発音を避ける手法などの話をするうちに、コーネリアスの音楽の南米性が浮かび上がる。 pic.twitter.com/DyAZAAtDbX

posted at 11:04:32

8月20日

@kentarotakahash

kentarotakahashi@kentarotakahash

もちろん、MPBにも影響受けてるし、ジャズ・ミュージシャンやアルゼンチンのミュージシャンの名前もたくさん登場する。が、ミナス音楽の話はほとんど出てこない。ロウレイロ、クリストフ・シルヴァら学友の話だけ。ミナス、ミナスと書き過ぎたか…。

posted at 10:47:30

8月20日

@kentarotakahash

kentarotakahashi@kentarotakahash

『ラティーナ』最新号、ハファエル・マルティニのインタヴューが面白い。もともとはギターを弾いてて、21歳からピアノを勉強したとか。人生で一番多く聴いた5枚のうちの一枚がレッド・ツェッペリンの『聖なる館』だとか。ビートルズ、ニルヴァーナ、ビョーク…聴いてきた音楽は変わらん。

posted at 10:42:34

このページの先頭へ