情報更新

last update 10/19 07:16

ツイート検索

 

@kerasand
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@kerasand

ケラリーノ・サンドロヴィッチ@kerasand

Stats Twitter歴
2,727日(2010/05/03より)
ツイート数
37,027(13.5件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年10月18日(水)5 tweetssource

2017年10月17日(火)2 tweetssource

2017年10月16日(月)7 tweetssource

10月16日

@kerasand

ケラリーノ・サンドロヴィッチ@kerasand

こういう台本書きながらこういう稽古続けてると怖いものなんて何もないように思えてくるが、ふと脳裏をよぎるのは『労働者M』という舞台で、あの時も怖いものなしで書いてたら、本番開けて、楽屋に寄るお客さんが皆、困惑顔して無言で去って行った。今回は無理してでも笑顔を作って楽屋に来て欲しい。

posted at 21:53:37

10月16日

@kerasand

ケラリーノ・サンドロヴィッチ@kerasand

『ちょっと、まってください』稽古10日目終了。いやあ、面白い。スタッフの一人が「デヴィッド・リンチが好きな人が観たら歓びそう」と言っていた。たしかに後期のリンチに歓喜するタイプの人は歓ぶかもしれないが、リンチのどこが好きかにもよるだろう。
同時に、全然リンチじゃないよ、とも思う。

posted at 20:08:12

10月16日

@kerasand

ケラリーノ・サンドロヴィッチ@kerasand

承前) 観客のみならず、評論家の中にも、クールだ、ストイックだ、過激だ、等という表層だけで、ある種の舞台に、簡単にコロッといってしまう人は多い。大切なのは、誠実にクール、誠実にストイック、誠実に過激、かどうか。見極めよ。ただ、「誠実に、表層を極める」という誠実さもある。

posted at 01:28:29

10月16日

@kerasand

ケラリーノ・サンドロヴィッチ@kerasand

ベケットの戯曲を、不勉強な俺はたいして読んでないが、カフカを筆頭に、イヨネスコや、別役さんのような不条理作家の描くものにも、不条理劇なりの、とても深い「誠実さ」(切実さでもある)を感じる。きっとベケットも例外ではなく、やはり誠実でないものは力をもてない。続

posted at 01:20:13

2017年10月15日(日)4 tweetssource

10月15日

@kerasand

ケラリーノ・サンドロヴィッチ@kerasand

『ちょっと、まってください』稽古9日目終了。1日5時間で2シーンやるのは無茶だと判断し、今日から暫くは1日1シーンに。それでも時間は足りない。己にもっと集中力が欲しい。それにしても、こんなにも特殊な種類の愉しみにお金と時間をかけてもらえ、沢山の人が共に創作してくれる幸福たるや。。

posted at 20:44:17

2017年10月14日(土)8 tweetssource

2017年10月13日(金)9 tweetssource

10月13日

@kerasand

ケラリーノ・サンドロヴィッチ@kerasand

しかし稽古時間の5時間はあっという間に過ぎる。稽古は、残りたしかあと18回。短くはないが長くもない。じゃあ丁度いいじゃん。いやいや、集中力と頑張り次第。キャストもスタッフも文句なしに最高峰なので、あとは俺が頑張ります。

posted at 23:12:13

10月13日

@kerasand

ケラリーノ・サンドロヴィッチ@kerasand

『ちょっと、まってください』稽古8日目終了。ナンセンスコメディの稽古中にはナンセンス脳になるように、不条理喜劇を稽古してきて完全に不条理脳になってる。ハタから見るとこの二つ、殆ど違わないかもしれないが、勝手に俺の中では明確な区分けがあるのだ。長くなるから書かないけど根っ子の違い。

posted at 21:52:10

2017年10月12日(木)5 tweetssource

10月12日

@kerasand

ケラリーノ・サンドロヴィッチ@kerasand

『ちょっと、まってください』稽古7日目を終了。稽古場も程々に熱を帯び、このところ稽古するのが楽しい。スタッフキャストもそうであればよいのだが。なにしろ不条理劇だ。喜劇とはいえ、世界は不条理が包み込み、支配する。そのこともだいぶ楽しい。スタッフキャストはどうなんだ。

posted at 20:27:30

10月12日

@kerasand

ケラリーノ・サンドロヴィッチ@kerasand

不条理や純ナンセンスはやはり舞台向きジャンルだ。
『罪とか罰とか』で、映画でもこれは少しやり過ぎなのだと理解し、かなり分かり易くして『怪奇恋愛作戦』をやったけど、テレビではあれでも出鱈目過ぎるらしい。『おいしい殺し方』『時効警察』がギリギリか。
舞台ではもっと遥か彼方まで翔べる。

posted at 00:19:13

2017年10月11日(水)2 tweetssource

10月11日

@kerasand

ケラリーノ・サンドロヴィッチ@kerasand

『ちょっと、まってください』稽古6日目終了。
集中力の問題と、帰ったら台本に取り組まなねばならぬ事情とで、一日の稽古時間は今のところ5時間。ただ2シーンを稽古しようとするとやや時間不足の感も。興が乗るともう少し長くやりたくもなる。
とは言え、帰宅して猫と遊んで食事して、書かねば。

posted at 19:44:44

2017年10月10日(火)6 tweetssource

10月10日

@kerasand

ケラリーノ・サンドロヴィッチ@kerasand

『ちょっと、まってください』稽古5日目終了。台本の修正もしながら繰り返し小返しを。
繰り返せばよいというものでもないが、否、今はまだ繰り返せばよいのだ。繰り返せば役者も俺も、気づくことがあるし、身体に染み込む。
なんか、間の呼吸合わせとか、ナイロン初期の稽古みたいで懐かしいよ。

posted at 18:22:11

2017年10月09日(月)14 tweetssource

10月9日

@kerasand

ケラリーノ・サンドロヴィッチ@kerasand

まだ脱稿も遠いのに宣言する。『ちょっと、まってください』の上演時間は、1幕65分〜70分、休憩15分、2幕65分〜70分、てな塩梅になるだろう。
そのぐらいで休憩入れないといろいろ混乱を生じそう。もっとも、全編通じ混乱は免れまいが。

posted at 16:21:02

10月9日

@kerasand

ケラリーノ・サンドロヴィッチ@kerasand

そう言えば、昨夜夢にマギー(ジョビジョバのリーダーの方)が出てきて「まかせてくれ」というので、まかせたのだった。何をかはわからない。今回の芝居だろうか。現時点で「まかせてくれ」と言い放つにはあまりに謎が多かろうが。

posted at 01:21:52

このページの先頭へ