情報更新

last update 10/23 10:21

ツイート検索

 

@kiichiros
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@kiichiros

鈴木輝一郎@「金ケ崎の四人」3刷出来!@kiichiros

Stats Twitter歴
3,062日(2009/06/06より)
ツイート数
59,701(19.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年10月23日(月)30 tweetssource

14時間前

@kiichiros

真塚なつき@truetomb

文章、とりわけフィクションの文章を書くことに慣れてる人が、「書けない」という人に「とにかく思ってることや欲望のままに書けばいい」っていうのは、もう本当に作文教育の敗北をなぞりすぎてて辛い。スポーツの得意な人に「普通にやれば誰にでもできる」と言われるようなもんやぞ、それ。

Retweeted by 鈴木輝一郎@「金ケ崎の四人」3刷出来!

retweeted at 04:30:28

14時間前

@kiichiros

鈴木輝一郎@「金ケ崎の四人」3刷出来!@kiichiros

鈴木輝一郎小説講座ダイジェストチャンネルの動画、毎回、「才能」ってキーワードのところだけ突出してアクセスが多い。気持ちがわからんでもないが、君が予選落ちするのは才能のせいではないことだけは確か。(鈴木輝一郎小説講座)

posted at 04:33:41

13時間前

@kiichiros

鈴木輝一郎@「金ケ崎の四人」3刷出来!@kiichiros

「人の作品を読むと影響を受けるのが怖い」という小説家志望者はけっこういる。「君はどんなプロ作家よりも筆力で劣るんだから、とりあえず影響を受けなさい。追い越すのはそれから」って答えるようにしています(鈴木輝一郎小説講座)

posted at 05:03:35

12時間前

@kiichiros

鈴木輝一郎@「金ケ崎の四人」3刷出来!@kiichiros

いま受講生の長編をかため読みしたところ。
たくさん書いててたくさん落ちている人は、直しどころがはっきりしているから意外とラクかな。もちろん、たいていの場合、著者の言ってほしいこたえと実際の欠点は違う(だから落ち続ける)わけで、耳を貸さないもんだが(鈴木輝一郎小説講座)

posted at 06:03:35

10時間前

@kiichiros

鈴木輝一郎@「金ケ崎の四人」3刷出来!@kiichiros

【小説家志望者は拡散】某編集部から業務連絡あり。
「新人賞の応募作品の転募・再応募は著者に不利なのでやめるように輝一郎さんから小説家志望者のみなさんに告知してください」
とのこと。はっきり書きます。落選作の再応募は不利です。

posted at 08:03:44

9時間前

@kiichiros

鈴木輝一郎@「金ケ崎の四人」3刷出来!@kiichiros

宛名書きとか原稿の体裁は作品の中身と無関係に思えるけれど、実は大切。
こういう「どうでもいい些細なこと」ができない著者で面白い作品に出会ったことがないから。
「本を注意して読んでない」「読者を想像せずに書いている」著者の作品は想像がつくわな。(鈴木輝一郎小説講座)

posted at 09:33:39

2017年10月22日(日)90 tweetssource

10月22日

@kiichiros

鈴木輝一郎@「金ケ崎の四人」3刷出来!@kiichiros

今日いちにちだけで「小説家になるためには本を何冊読めばいいですか?」という質問を4人から受けた。
冷静に考えろ。小説家は医者や弁護士になるよりも難しい(金はかからんが)。それを考えたら、答えは明らかじゃないのか。とにかく本を読め。(鈴木輝一郎小説講座)

posted at 01:03:36

10月22日

@kiichiros

鈴木輝一郎@「金ケ崎の四人」3刷出来!@kiichiros

小説の新人賞に関しては、ストーリーの組み方とかプロットの作り方はシャブと同じ。手っ取り早くそこそこの幸福を得られる。だけど、それは本物じゃない。
重要なのは、愛と情熱と、読者への誠意。技術に走るな。伝えたいことを見つめて熱くなれ。

posted at 02:03:35

10月22日

@kiichiros

似鳥鶏『100億人のヨリコさん』発売中@nitadorikei

面白いことに、自分と全く異なる意見の人でも、冷静に、と唱えつつ話を聞いていると、その人なりの筋の通った考え方が見えてくる。そうなると「この人とは政治的意見は違うが、この人のことは認める」という態度ができる。真に排除すべきは「聞く耳を持たない態度」であって、「異なる意見」ではない。

Retweeted by 鈴木輝一郎@「金ケ崎の四人」3刷出来!

retweeted at 06:02:29

10月22日

@kiichiros

鈴木輝一郎@「金ケ崎の四人」3刷出来!@kiichiros

小説でプロを目指すのは、自分の息子をジャニーズに入れようとするのと同じこと。
自分にとってかわいいからといって、他人からみてそうだとは限らない。
息子と違うのは、磨きようによっては親以上になることもある。
(鈴木輝一郎小説講座)

posted at 06:03:35

10月22日

@kiichiros

鈴木輝一郎@「金ケ崎の四人」3刷出来!@kiichiros

新人賞を目指す小説を書く上で「デビューに役に立つ」ネット情報は、まず情報源の裏をとることが重要。本当に役立つ情報だったらその人物が小説家でデビューしてるかデビューさせてるかだから。
裏がとれなかったら、それは「情報」ではなく「自分の願望」です。
(鈴木輝一郎小説講座)

posted at 13:03:38

10月22日

@kiichiros

鈴木輝一郎@「金ケ崎の四人」3刷出来!@kiichiros

小説の良し悪しは文章で決まるわけじゃない。
このところ続けざまに「どこも悪くないようにみえて予選落ち」って作品に目を通している。この場合例外なく文章だけがうまい。
まあ、設定とか取材とかキャラ造型とかをチェックすればスカスカなのがわかるわけだが。(鈴木輝一郎小説講座)

posted at 14:03:41

10月22日

@kiichiros

鈴木輝一郎@「金ケ崎の四人」3刷出来!@kiichiros

「読書の好みが極度に偏食」ってのは悪いことじゃない。
シェフは空腹のときに味見をしない。空腹だと何を食っても美味しくて味見の意味がなくなるから。小説でも同じ。何を読んでも面白いと、作品の良し悪しが見分けられない。(鈴木輝一郎小説講座)

posted at 16:33:42

10月22日

@kiichiros

鈴木輝一郎@「金ケ崎の四人」3刷出来!@kiichiros

とりあえず新人賞に応募しようとする人が最初にやらなきゃならんのは、 「自分の偏差値を知ること」 だから。「締切までに書き上げよう」というのは「試験時間内に解答用紙をぜんぶ埋めよう」ってことで、これをやらないと落選することすらできないわけだから。(鈴木輝一郎小説講座より)

posted at 17:33:40

10月22日

@kiichiros

鈴木輝一郎@「金ケ崎の四人」3刷出来!@kiichiros

小説の場合、まず最初に重要なのは「最後まで書く小説的体力」。 先にアイデアの練り方とかプロットの作り方とかストーリーの盛り上げかたとかをやっちゃいがちだけど、フルマラソンをとりあえず走る体力をつけてからでないと、フォームは身につかん。(鈴木輝一郎小説講座より)

posted at 18:33:41

22時間前

@kiichiros

鈴木輝一郎@「金ケ崎の四人」3刷出来!@kiichiros

小説家業界で生き残るのに禁句が2つある。「売れない」と自分でいう人は消える。「仕事ください」と言う人は消える。 請負仕事なんで、「売れない」って言う人に注文する出版社はいない。仕事はもらうもんじゃなくて作るもんだ。(鈴木輝一郎小説講座)

posted at 20:03:42

19時間前

@kiichiros

鈴木輝一郎@「金ケ崎の四人」3刷出来!@kiichiros

コンスタントに小説の新人賞の予選を通る水準になったら、「いつデビューしてもいいように」自分の好きなジャンルの賞に絞り込もう。受賞した新人賞がついてまわるものなので。あと、この水準だと「ある日突然デビュー」となるのも珍しくないしね。(鈴木輝一郎小説講座)

posted at 23:03:42

19時間前

@kiichiros

鈴木輝一郎@「金ケ崎の四人」3刷出来!@kiichiros

プロのリカバリ組やライターからの転職組が小説の新人賞の応募で真っ先につまずくのは「この応募原稿はいくらのタダ働きになるか、計算できてしまう」というところ。この意味では、もともと一文にもならない原稿を書いているアマチュアのほうが強い。(鈴木輝一郎小説講座)

posted at 23:33:41

このページの先頭へ