情報更新

last update 06/29 03:28

ツイート検索

 

@kurogiri44
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

  • 40フォロー
  • 384フォロワー
  • 16リスト
Stats Twitter歴
1,124日(2014/06/02より)
ツイート数
1,423(1.2件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年06月29日(木)1 tweetsource

2017年06月28日(水)6 tweetssource

14時間前

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

そこかしこに「ここもっと掘り下げるとヒロインの羞恥と我慢が際立つだろうに」ってのが見つかって、でもそれを全部やっているととても冗長になるので、そのへんを無意識のうちに調整できていたと考えれば昔の方がよかったのかなとも。

posted at 22:15:33

14時間前

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

秋のしーむすに向けて出す予定のブログ採録本のお話に手をいれることにしましたが、やっぱり相当昔の文であるせいか今とだいぶ好みが変わっていていちいち直したくなる表現があります。

posted at 22:13:28

2017年06月25日(日)3 tweetssource

6月25日

@kurogiri44

とん@kyzn001002

賑わう休日のスーパーマーケットの中を晴美は早歩きで進んでいた。食品、化粧品、衣類、様々な品が揃う中、彼女の目的はもっと単純で、切実な……
(トイレ、トイレッ!)
 排泄欲求。
天井から吊るされた案内に引き寄せられ、通路を進み、店内の端にたどり着く。
(っ、着いたっ――)

Retweeted by クロギリ

retweeted at 22:12:41

2017年06月24日(土)21 tweetssource

6月24日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

優希は慌ててタイツを引き上げ、荷物を掴んで駆け出す。
試着室の前で店員が驚いた顔をするが、構わず顔を伏せて走り出した。
羞恥に耳の端まで染まる少女の足元。
無理やりに引っ張り上げられたタイツの内側には、水をこぼしたように色を変え、床には点々と水滴がこぼれていた。

posted at 01:22:26

6月24日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

自分がここで何をしようとしていたのか、優希はようやくはっきりと意識した。してしまった。
ありえない。あってはならないことだ。
いくら誰も見ていないからって、いくら似てるからって、いくら我慢できないからって。ここはトイレじゃないのに――!

ここで、オシッコ、してしまおうなんて。

posted at 01:21:24

6月24日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

ここは、トイレなんかではないのだ。
改めてそのことを意識し、かあ、と少女の頬が赤くなる。目の前の鏡には、トマトみたいに真っ赤になった自分の顔。
(や、やだ、わ、わたし……っ)
狭い個室の中にしゃがみ込み、足を開き、スカートをまくり上げ、タイツと下着に手をかけて。

posted at 01:20:10

6月24日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

「――えっ?」
失態に気付くがもう遅い。試着室の外から困惑の声が上がる。試着室の構造はカーテンを使うもので、中に誰がいるかは一目瞭然である。
だから、「入っているか」どうかなんてすぐに分かる。
――なのに。
優希の口から飛び出したのは、トイレを使っているときの反応。

posted at 01:18:40

6月24日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

「あのう、もしもし?」
外からの声は突然だった。試着室に飛び込んでなお不審な動きをする少女を、誰かが妙に思ったのだろう。案じるように掛けられた声に、しかし優希は。
「は、入ってますっ!!」
そう、あまりにも場違いなセリフを反射的に叫び返してしまっていた。

posted at 01:17:16

6月24日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

乙女としてはありえない発想。けれど、長時間の我慢で酷使を強いられた少女の理性はその誘惑に抗えない。タイツの奥で震える排泄孔が、熱を持って疼き、排泄の解放感を叫んでいる。
「ぁ……っ」
かすれた声とともに、スカートの内側に伸びた優希のふるえる指先が、そっとタイツの端にかかり――

posted at 01:15:39

6月24日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

どこにもトイレがない。ずっと我慢してきた。
トイレに入れない。家までなんて我慢できるはずもない。
お漏らししちゃうくらいなら。

いっそ、ここで。

posted at 01:13:12

6月24日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

(だめ……だめ、でる、……でちゃ、ぅ……っ)
分厚いカーテンの中。視線の通らない個室。
試着室はエレベータと同じように、誰の目からも遮られた四角い箱だった。
優希が求めてやまない、トイレの個室とよく似た構造。
その背景の中でしゃがみ込んでいるという事実が、少女を禁断の誘惑へ誘う。

posted at 01:12:25

6月24日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

ぶるるっ、と少女の背中が震える。背筋を這い降りるイケナイ感覚の予兆が優希の「おんなのこ」に甘い痺れを走らせる。
もはや限界だと訴える乙女の水門が、またぷくりと膨らむ。
「っ……」
かちかちと歯の根の合わない口元を噛み締め、優希は試着室の中をそっと見回した。

posted at 01:10:38

6月24日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

「いやぁ……っ」
自分がどれほど我慢を重ねさせられ、そして我慢が『できなかったか』の証明。それを目の当たりにしてしまい、猛烈な羞恥に優希の頭は真っ白になる。それでも鏡の前、しゃがみ込んだポーズのまま、優希は股間から手を離すことができない。
(手、離したら、で、でちゃ、う…っ!!)

posted at 01:07:50

6月24日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

まくれたスカートの中、姿見にはっきりと映し出される灰色のタイツの股間の合わせ目は、じんわりと色を変えている。
各階停止のエレベーターの中で耐え切れず足踏みを始めてしまったときに、じゅぶっぢょろっとはしたなく下着の股布に吹きこぼしてしまった『おチビり』の明らかな痕跡だった。

posted at 01:05:29

6月24日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

「……っ…ぁ……っ」
自分自身の、オシッコ我慢見学の特等席。
優希の羞恥は激しくかきたてられる。足の付け根を握り締めて、タイツの太腿を擦り合わせる自分の姿を、大きな鏡に客観視させられることは、思春期の少女とにってあまりにも強烈な恥辱だった。

posted at 01:03:32

6月24日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

「……っ」
少しでも尿意が和らぐようにと、下腹部を擦りながら。優希がそっと目を開ければ、その目の前。
試着室の姿見に、顔を紅くしてしゃがみ込み、はしたなくスカートを捲り上げ、タイツの股間、オシッコの出口に靴の踵を押し当てて、モジモジと腰をクネらせる制服姿の自分が映し出されていた。

posted at 01:00:51

6月24日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

「あんっ、っぁ、はぁあっ……」
膨らんだおなかを抱え、張り詰めた下腹部を揉み解すと同時、波紋のようにじんっと広がる尿意の波。
恥ずかしい熱水をパンパンに詰め込んで、今にも破裂してしまいそうな水風船が、少女の身じろぎとともにたぷんったぷんっっと揺れる。

posted at 00:58:55

6月24日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

「んっ、ぅ、っぁ…」
カーテンの中に少女の荒い吐息と喘ぎがこぼれた。革靴のかかとを立てて、タイツの股間をぐりぐりと押し付ける。体重をかけて、「オシッコの出口」を塞ぐのだ。
ぎしっぎししっぎしっ、狭い試着室の床はあまり頑丈とは言えない。激しく身をよじる優希と同時に、壁が軋み揺れる。

posted at 00:54:42

6月24日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

デパートに入ってから、人目の中を気にしてまともに我慢する事すらできなかった股間は、緊張と尿意に強張っていた。
今にも弾けそうになっていた水門に、手のひらを重ねて押し当て、揉み解すようにして耐える。それでも押し寄せる尿意に耐えかね、優希はそのまま試着室の床にしゃがみ込んでしまった。

posted at 00:53:10

6月24日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

周囲の視線をさえぎるためのカーテンを思い切り閉め、傘と鞄を床に放り投げる。
「っはああ……っ」
やっと自由になった両手で、優希はスカートの上から脚の付け根をわしづかみにしていた。腰を後ろに突き出し、ぎゅうっとタイツの股間を握り締めて、強く脚を擦り合わせた。

posted at 00:51:19

6月24日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

汗ばむタイツは暖房のだめだけではない。長時間酷使され続けた少女の括約筋は限界を訴えて小刻みにひく付き、水門のすぐ裏側まで注水された乙女の恥ずかしい熱湯の水圧に、ぷくりと膨らむ。
「だ、だめっ、ここじゃ、っ……!」
人目を避けるように、優希はまっすぐに試着室の中へと駆け込んだ。

posted at 00:49:02

2017年06月13日(火)2 tweetssource

2017年06月09日(金)4 tweetssource

6月9日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

ちなみに分かりやすいのと分かりにくいのと合わせて七つほどありますが、見つけてもそっとしておいてください。

posted at 23:51:53

6月9日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

問題はそのジャンルごとに交流したいなと思う時に、いちいち手段を確保しないといけなくてやたらと手間だということですが。

posted at 23:50:34

6月9日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

前にもつぶやいたような気もしますが、特定のフェチに特化したエロを作るアカウントというのは、ジャンルごとに分けておいた方がいいのであろうと思います。なんでもかんでも一つに詰めこむと、ストライクではない性癖の話題になった時にかえって距離がはなれてしまう。

posted at 23:50:06

2017年06月07日(水)2 tweetssource

6月7日

@kurogiri44

フラクタル@fractale_kignsn

ただ、あの「ションベンタワー」自分が思いついたんじゃなくて、
イラストを書いてた人がいたから、勝手にアイディアを拝借して小説化。
クロギリさんもその後から思いついたけど先に取られてたので書かなかったようだけど・・・

Retweeted by クロギリ

retweeted at 19:05:10

2017年06月03日(土)1 tweetsource

2017年06月02日(金)3 tweetssource

6月2日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

ずっと便秘で悩み続けていた女の子がデパートの家電売り場で急にオナラがしたくなってそっと音がしないように誤魔化すんですが、直後に近くにあった空気清浄機の空気の汚れが見えるセンサーが一斉にものすごい勢いで上昇し、全部が一斉にフル稼働し始める演出をというのをどこかの機会で使いたいです。

posted at 21:08:28

6月2日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

このアカウントでは主におしっこに関する以外の話はしないことにしておりますが、他の特殊でニッチなエロについてあれこれについて語りたいなと思うことはたまにあります。アカウント作るほどでもないんだ。

posted at 21:07:24

2017年06月01日(木)28 tweetssource

6月1日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

王子様のキスで呪いは解けるけど、目が覚めるよりも速く、白いドレスで横たわるお姫様のスカートが、たちまち溢れ出したおしっこで染まっていくみたいな感じだろうか。下半身ずぶ濡れコースで、王子様のまさに目の前で、眠っていた間分だけのものすごい量のおねしょをしてしまうみたいな。

posted at 23:51:23

6月1日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

眠り姫だと、お姫差の誕生に合わせて良い魔法使いがいろいろと祝福の魔法をかけてくれるので、この時に「立派な淑女になれますように」って、おトイレで粗相をしないというような魔法があり、このせいで悪い魔女に眠りの呪いを掛けられてもおねしょもオモラシもできないみたいなことになっちゃうとか。

posted at 23:49:15

6月1日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

何年と眠っているお姫様のおなかにはとんでもない量のおしっこが溜まっていて、お姫様自身もこれで非常に苦しんでいるのだけど、身体が眠ってしまっているので動くことができず、前押さえすらかなわないままで、夢とまどろみの中で延々と我慢を続ける状況、とか。

posted at 23:47:38

6月1日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

もう一回壇上の上にあげられ、みんなから見えるような位置でバケツを跨がされ、おしっこをすることになる生徒会長。オモラシよりマシだという思考誘導(まさかオモラシなんてみっともないことしませんよね○学生なのにみたいな煽り)で、バケツの中に大量のおしっこをしてしまう。

posted at 23:42:49

6月1日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

一般生徒達の間からは、この際横暴な生徒会長を酷い目に合わせてやりたいという意識が強まり、生徒会長に立派な生徒の手本として、トイレの使いかた、オシッコの仕方のお手本を見せてもらおうみたいな流れになる。生徒会長専用トイレみたいな事をかかれたバケツでのおしっこを強要される。

posted at 23:41:36

6月1日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

下着をぐっしょりと湿らせながら乗り切ったものの、解散後の行動で同学年の生徒たちから行く手を阻まれ、失望した、あんな恥ずかしい格好、在校生代表としてどうなのと糾弾され、激しくさいなまれ、ついに心も折れて、限界でトイレに行きたいということを認めさせられるも、なお許されずエスカレート。

posted at 23:38:54

6月1日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

激しく足踏みしマイクを握り締め、とぎれとぎれのスピーチには悩ましげな吐息や「あんっ」って喘ぎまで混じり、予定時間を大幅に過ぎてしまう長時間の我慢オンステージ。「卒業される先輩方の恥ずかしくないような振る舞いを」「みっともないことはしないように」というセリフが全部ブーメラン化。

posted at 23:36:53

6月1日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

大勢の注目が集まるイベント、卒業式(立場的には卒業時に生徒会長ではありえないので、在校生代表)で席を立って壇上に上がる時からすでに前かがみの擦り足、立ち止まっては小刻みに腰を上下に揺すり、どうにかスピーチ台に上がるも声は上ずり視線は定まらず、裏ではスカートを思いっきり握り締めて。

posted at 23:35:07

6月1日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

長々と朝から我慢しており、それを周囲に気付かれてなお意地を張って「そんな恥ずかしいことなんかしないわ!」「我慢できるに決まってるでしょう!」って言ってしまったことで、オシッコがしたくてたまらないのにトイレに入ることもできず、大量のオシッコで下腹部が張り出しどう見ても我慢の限界。

posted at 23:33:43

6月1日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

そして本人もみっともないことはしない、あなた達はご両親にきちんと躾けをされなかったのね、見たいな見下しがあったため、もはやトイレ我慢の限界にもかかわらず自己へのプライド、評価の高さゆえに意地を張ってしまい、悪循環に陥るという感じではないかと。

posted at 23:30:27

6月1日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

お嬢様で完璧な生徒会長、多少きつめの性格をしているが美人なので許容されている、という感じのキャラクター造形は、男女共学の方が映えるかもしれず。女子からは嫉妬混じりの反発、男子からは性欲を覗かせる期待を向けられて、誰も助けには来てくれない。なまじ優秀であるがゆえ、理解者がいない。

posted at 23:28:27

6月1日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

あると思います。秩序を守る側であるが故、恥ずかしい事をしないように!と注意する側、みっともないと蔑むように振る舞ってしまいがちで、結果周囲からのヘイトを溜める側面もあるため、いざ窮地に陥った時にはその復讐や仕返し(そこまで行かなくとも消極的加担)をされてしまうというのが定番かも。

posted at 23:26:30

6月1日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

そして、流れるパイプなど接続されていない。販売用にまわり床より一段高く設置された段の上、お姉さんのおしっこは便器の下から滝のように溢れ出してしまう。湯気を立たせ、ぶじょぉおおおおおっと響く放水音と共に、周囲の視線も気付かず解放感から恍惚の表情のお姉さん。我に帰るまで、あと15秒。

posted at 00:41:38

6月1日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

衆人環視、大勢の客が詰める家電売り場での、販売員によるトイレの使い方実演販売。我慢に我慢を重ねたオシッコの大噴出でも、このとおりちゃんとおトイレを使えば大丈夫! 中の構造を見せる関係上、スケルトン構造の便器の中へ、お姉さんの猛烈なおしっこ噴射は横から丸見え。

posted at 00:39:41

6月1日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

醜態に見ていられなくなった同僚が、持ち場を代わってくれるということになり、トイレに向かおうとするがもはや限界で、その場にうずくまってオモラシしてしまいそうになり、反射的に本能が欲した白い洋式便器に跨り下着をおろして座りこんでしまう。

posted at 00:37:55

6月1日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

間一髪で我に帰るも、噴出寸前のおしっこは食い止められず下着にじゅじゅぅっと吹き出し、我慢できずにクネクネし始めながら、それでも客の求めに応じてトイレの説明をしなければならない。おしっこ我慢の恥ずかしいダンスをしながら、喘ぎに途切れ途切れの声でトイレの使いからを説明するお姉さん。

posted at 00:36:24

6月1日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

親に連れてこられた小さい子がずっともじもじしていて、トイレに囲まれて我慢できなくなり使おうとしてしまう。すぐさま他の店員がここは使えませんと止めに入る。ほぼ同時に、販売員のお姉さんももう限界を迎え、思わず吸い寄せられるように近くのトイレにしゃがみ込もうとしていたところ。

posted at 00:34:53

6月1日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

子供連れの家族が、小さい子でもそのまま使える便座などについて説明したり、実際にどうやって使うかなどを(流石に服は着たまま)説明したりする。
あるいは、いやらしい下心があるおっさんがやってきて、使い方がわからないから実演して見せてくれというセクハラをしてきたりする。

posted at 00:33:26

6月1日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

様々な機能はお客の関心を引くものの、販売員のお姉さんにとってそんな機能は枝葉末節でどうでもいいことで、一番肝心の、トイレの本来の大事な役目、おしっこができるという機能については誰も触れない。いま一番欲しているのはそれなのに。その一番肝心の機能を今すぐここで使いたいのに。

posted at 00:31:54

6月1日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

しかし販売担当のお姉さんは、激しい尿意にさいなまれながら持ち場を離れられない。これらのトイレの使い方、具体的にどんな機能があるのか、たとえば保温便座とかウォシュレットとか、自動洗浄とか汚れを防ぐコーティング加工とか、節水とか殺菌機能とか省エネとかについて説明をしなければならない。

posted at 00:30:26

6月1日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

量販店あるいは展示場などのトイレ(この場合は便器、便座というべきか)は実際に水道には繋がっていない状況が大半でしょうし、見かけはたくさんのトイレ、おしっこのできる場所に囲まれているのに、どのトイレも全部ニセモノ、おしっこをすることはできないというジレンマ。

posted at 00:28:43

6月1日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

なんだかんだ言って下着というやつは肌に密着するものであり、トイレなどの時にだけ脱ぐものであるため、これ一枚を履いている状況とそうでない状況では、我慢のできる限界値が大きく異なるような印象があります。ノーパン状態での長時間我慢って結構厳しいんじゃないでしょうか。

posted at 00:23:07

6月1日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

お姫様とか、お人形さんごっこという形で「トイレに行ったりしない」=そんな器官は無いよ、うそっこだよ、という倒錯した感じの話として、やはり性器やおしっこの出口を塞ぐようにテープを張るというのはなんか別のフェティシズムに発展しそうなところではあります。

posted at 00:21:06

6月1日

@kurogiri44

クロギリ@kurogiri44

とんでもなくおしっこがしたいのにどうしても我慢しなくちゃいけない女の子が、尿意の中で頭がうまく回らなくなり、思い余ってガムテープでお股を張り付けてしまうみたいなネタを考えたことはあるんですが、自主的な我慢とは少し違う気がしてそこからあまり話が進まないのです。

posted at 00:19:43

このページの先頭へ