情報更新

last update 07/27 09:48

ツイート検索

 

@kyousaijuku
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

Stats Twitter歴
2,063日(2011/12/04より)
ツイート数
16,468(7.9件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年07月26日(水)4 tweetssource

18時間前

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

本日は、中学校英語教師志望者と高校英語志望者の個人レッスン。

いずれもバックグラウンドがユニークな方。

高校の方は神奈川県から来てくださった。

私は、「天才スピーチライター(微笑)」としての本領を発揮して、語りの特訓を行いました。

鳥肌が立ち、涙が出る特訓だったとか。。。

posted at 21:19:33

2017年07月25日(火)26 tweetssource

7月25日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

本日も14時から21時まで愛知県志望の方の個人レッスン。

連日の愛知県志望の方のご指導で、頭の中は愛知県!!(笑)

特に、今日の方は、私が大好きな「世界の山ちゃん」の手羽先を15人前もお土産として持ってきていただいた。

ありがとうございます。

おなかの中も愛知県!!(笑)

posted at 14:49:16

7月25日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

教採の模擬授業は10分間前後であることが多い。わずか10分間程度で自分に授業力があることを評価してもらわなければならない。模擬授業は日々の実際の授業とは少し違った演出と技法が必要だ。だが、模擬授業の技法は日々の実際の授業にも活用できる。普段は意識しない模擬授業の技法を紹介しよう。

posted at 17:00:28

7月25日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

模擬授業の技法(1) 右手にチョークを握って板書をしている時(右利きの場合)、左手はどうしていますか? 案外、左手が不自然な場所にあったり、変な動きをしていたりします。あなたは書いている右手に集中していても、あなたを見ている子どもは左手も気になります。左手の位置や動きにも注意。

posted at 17:00:43

7月25日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

模擬授業の技法(2) 生徒に向かって話している時のあなたの立ち位置と体の動きを意識的に把握していますか? 左右にせわしなく動いたりしていませんか。ゆっくりと立ち位置を変えることは効果的な場合がありますが、貧乏ゆすりのように左右に動くと見苦しいものです。話す時のポジショニングに注意

posted at 17:01:03

7月25日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

模擬授業の技法(4) 板書する時に黒板の方だけを向かって、子どもたちに背中を向けてはいけません。一般には四部六部の構えが最適だと言われます。4割黒板に向かい、6割子どもに向かう姿勢です。板書内容によっては6割が黒板で4割が子どもでもOKです。子どもに視線を配りながらの板書が重要。

posted at 17:01:32

7月25日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

模擬授業の技法(5) 板書する時の姿勢は四部六部の構えと言いました。ここで重要なのは、その姿勢で黒板に上手にスピーディーに文字が書けるかということです。四部六部の構えでも自然に板書できるようなトレーニングが必要です。子どもに背を向けなければ黒板に文字が書けないようではダメです。

posted at 17:01:43

7月25日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

模擬授業の技法(6) 模擬授業中のあなたのニュートラル・ポジションを意識的にとれますか? ニュートラル・ポジションとは特にジェスチャーや板書、指差しなどをしていない自然な姿勢のことです。自然な姿勢はどんな姿勢でもよいということではありません。意識的なニュートラル・ポジションは大切

posted at 17:01:54

7月25日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

ニュートラルポジションの補足です。ニュートラルポジションとは、そこから自由に自分の意思で動き始めることができる基本姿勢のことです。演劇などではよく使われる用語ですね。授業に臨む教師もニュートラルポジションが適切に取れていると教師の体の動きが自然かつ効果的に見えますよ。

posted at 17:02:04

7月25日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

模擬授業の技法(7) 子どもの発言の拾い方、活かし方に工夫がありますか? 模擬授業では他の受験者や面接官が子ども役を演ずることが多いです。面接官が子ども役のときは、わざと間違った答えや、ふざけた発言をすることがあります。それらをうまく受けて、授業にポジティブに活かす工夫が必要。

posted at 17:02:15

7月25日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

模擬授業の技法(8) 指導する時の教師の言葉を指導言といいます。指導言は、一般に「発問」、「説明」、「指示」に分けられます。教師の指導言は、発問なら発問、説明なら説明とそれぞれが独立してはっきりしていなければいけません。一文でだらだらと説明しながら指示をしたりしてはダメですね。

posted at 17:02:29

7月25日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

模擬授業の技法(9) 子どもたちは板書をノートに書き写そうとするものです。板書するときは、今、書き写すべきなのか、後で書き写す時間を与えるのか、あるいは、ノートに書き写さなくてもいいものかを明確にしてあげる必要があります。板書するときは子どもたちが書き写しやすいような配置も大事。

posted at 17:02:45

7月25日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

先ほどの模擬授業の技法(9)の追加です。子どもは教師が板書するのを追っかけながら書き写します。教師が何も言わず勝手に後で行間に何かを書き入れると子どもたちのノートには空いた行がないかもしれませんね。子どもたちは、「ええ、字を書くスペースがありません」と叫びますよ!(特に小学生)

posted at 17:02:57

7月25日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

模擬授業の技法(10) 完成した板書は子どもがノートに書き写したときに、その授業の記録となります。子どもが翌日、一週間後、一ヶ月後に読み返したときに、授業で学んだことを思い出せるようなものにする必要があります。板書は単に教師の説明を容易にする道具ではなく、子どもの学習財産ですから

posted at 17:03:13

7月25日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

模擬授業の技法(11) 教採の模擬授業は、通常は45分/50分授業の導入の10分前後という想定です。現実の授業では最初の10分前後に授業のクライマックスは来ませんね。でも、模擬授業はあなたの採用を決めるオーディションです。導入の部分とはいえ、それなりの盛り上がりが必要です。

posted at 17:03:35

7月25日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

先程の模擬授業の技法(11)の追加です。 導入部分の10分前後に盛り上がりを必ず創り出すのは難しいことではありませんし、実際の授業でも必要なことなのです。なぜなら、導入がつまらなければ、子どもたちはその授業に興味を持ってくれません。模擬授業とは動機づけの上手下手の評価なのです。

posted at 17:03:56

7月25日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

模擬授業の技法(12) ちょっとした授業用の「小ネタ」を持っておくと授業を盛り上げ、聴いて楽しいものとなります。「小ネタ」は普段からいろいろと仕入れておく必要がありますが、学習指導要領などに書いてあることも十分に「小ネタ」として使えますよ。

posted at 17:04:07

7月25日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

先程の模擬授業の技法(12)の追加です。 例えば小学6年生の国語での「小ネタ」。「皆さんは、小学校を卒業する時には、なんと1006字もの漢字を知っていますよ!千字以上の漢字、凄いですね。さあ、皆さんが使っている教科書で小学校で最後に学ぶ漢字、『ラスト漢字』は?」なんてのもアリです

posted at 17:04:36

7月25日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

こうして見てきた12の模擬授業の技法、実は、当たり前と言えば当たり前のことばかりなのです。ベテランの先生ならごくごく普通にやっていらっしゃることです。でも、教採受験者が緊張して望む模擬授業では、見落としがち、忘れがちのものばかりです。この12の技法を実践して最高の模擬授業を!

posted at 17:05:04

2017年07月24日(月)8 tweetssource

7月24日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

昨夜は、午前2時くらいまで、高校数学教師志望者と、数学教育や数学の授業について議論した。

教採のための議論ではなく、数学教育の本質について、多くを話した。

なぜ数学を学ぶのか、数学を学ぶとはどういうことなのかについて、たくさん議論した。

受験のためではない議論も重要だ。

posted at 11:56:39

7月24日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

直前講座の準備のため、今週の金曜日(7月28日)まで、私自身を"House Arrest"(自宅軟禁)する。

一切、外出せず、すべての時間を、個人レッスンと直前講座の準備だけに費やそう。

8月の直前講座は、比類なき講座となり、受講者の皆さんを合格に導くことになる。

posted at 17:20:08

7月24日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

今日は、お二人の個人レッスン。

茨城県からの方と、愛知県からの方。

遠方からわざわざ3時間の個人レッスンのために来ていただき、光栄です。

かなり濃密で、議論豊かなレッスンができました。

お二人とも合格していただきます!

posted at 21:09:30

7月24日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

最近、感じたのですが、なぜか、愛知県の場面指導で高得点を取る方法は意外に簡単なのではないかと思うのですよね。

一見すると、難しいように感じるかもしれないけれど、愛知県の場面指導は、うまく取り組めば、高得点を取れるはず。

愛知県を受験する人に、しっかりご指導しよう!!

posted at 21:11:52

2017年07月23日(日)8 tweetssource

7月23日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

@nanashi_774n 昨日のツイートは主に、5年前のリプレイでしたので、5年前の表現のままです。(笑)等を使うのは、文字表現のアートです。アートは、すべての方に同じ印象を与えるとは限りません。ご不快であれば、お読みにならないのも選択肢の一つです。私は自分のアートの在り方を変えることは考えていません。

posted at 06:50:48

7月23日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

広島県や岡山県などの教採で行われるグループワークがパフォーマンス中心のものになってきている。

広島県:リラックスする方法のPR動画をつくる

岡山県:CMをつくる

いずれにしても教育に関係ない分野でのパフォーマンスの力が必要。

@AdviserRyo に合格の秘訣を学ぼう。

posted at 18:39:03

2017年07月22日(土)25 tweetssource

7月22日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

今日の講座では、面接のパフォーマンスは心理学やコミュニケーション理論といった科学的なものに裏打ちされてものでなければいけないということを強調する。

演じるには知性と感性が必要だ。特に知性は重要だ。

「狂気を演じられるのは理性だけ。」という言葉あるが、まさに、理性と知性の勝負。

posted at 10:05:42

7月22日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

【いつもある質問】
教採塾の講座をお申し込みになった方から、講座が始まるまで何をしていればいいかというご質問をよくいただきます。

やりたいことをやっていてください(微笑)。

講座が始まるまで、あなたのプロフィールやバックグラウンドを存じ上げませんので、アドバイスできません。笑

posted at 16:53:27

7月22日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

という風に、河野正夫は、講座の主任講師として、講座でお会いして、その方をよく理解してから、最前のアドバイスを差し上げることを目指しています。

一方、川上貴裕は、講座前でも、優しく相談に乗ると思いますので(微笑)、ご質問等は川上にお願いします!

posted at 17:27:51

7月22日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

河野正夫は、これから、2次試験に向けて、教員採用試験の2次試験で合格を勝ち取るための戦略を、ブログやツイッター、フェイスブックで、どんどん発信していきますね!

これからの情報発信は必読ですよ!

合格の秘訣をたくさんお伝えします!

posted at 17:32:36

7月22日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

これからご紹介する合格者の特徴は、教採にダイレクトに関係しないものもあります。

つまり、合格者にはこんな特徴を持っている人が多いけれども、その特徴だけを持っていても必ずしも合格には直結しません。

でも、その人の人間的魅力を大きく向上させる特徴なのです。

posted at 18:15:18

7月22日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

合格者の特徴(1) 新聞をよく読む。

最近、若い人たちはあまり新聞を読みません。就活生は日経を必ず読みますが教師志望者は読まない。紙媒体の新聞でなくても構いません。ネット上でもいいので、政治・経済・社会・文化・地域のニュースをしっかり読んでください。世の中を知らない教師ではダメ

posted at 18:15:55

7月22日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

合格者の特徴(2) 趣味に打ち込んでいる。

趣味がない人は魅力がありません。何かが大好きでそれに打ち込んでいる。それを語りだすと止まらない。そんな人は魅力的ですね。趣味がない人は、何かに打ち込むことの楽しさを知りません。そんな人に教師は向いていません。大好き、熱中するを大切に。

posted at 18:17:47

7月22日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

合格者の特徴(3) 時間を守り、計画を守る。

なぜか、合格者は時間に正確なんです。

だから計画も途中やめしないんですよね。

欠席や遅刻の常習犯が合格したのを、私はほとんど知りません。

なんだか説教じみていますが、数百人分のデータを振り替えると事実なんですよね。

posted at 18:18:18

7月22日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

合格者の特徴(4) よく食べる。

食事を抜かない。教採にどんな関係があるのか?といぶかる人もいるかもしれませんが、これも本当なんですよね。私の教え子でダブル合格、トリプル合格、クワドリプル合格を決めた人は、みんなよく食べてよく飲む人たちでした(笑)。お酒はともかく、EAT!!

posted at 18:18:59

7月22日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

合格者の特徴(5) 音楽をよく聞く。 

これも教採に全然関係なさそうなのですが(音楽専攻や小学校志望以外)、合格者はよく音楽を聴いていましたね。

J-POP、洋楽、クラッシックなんでもいい。

音楽を日ごろ聴いている人は、感性が研ぎ澄まされるようですね。

posted at 18:19:27

7月22日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

合格者の特徴(6) 何にでも興味を持つ。

物理専攻でも世界史に興味を持ち、国語専攻でもフランス語に興味を持つ。そんな幅広い興味を持っている人は、教採にも強いですね。私の数百人の教え子も、好奇心の塊みたいな人が教採合格をどんどん決めてきました。やっぱり好奇心が学びの出発点ですね。

posted at 18:19:48

7月22日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

合格者の特徴(7) 恋愛上手。

これこそ、教採に関係ない!と叫んでいらっしゃる方もいるでしょう(笑)。

私もこれまでの教え子の恋愛事情のすべてを調査したわけではありません(笑)。

でも、振り返ってみると気づくんですよ。

恋愛上手だった人は、教採も一発合格でした(微笑)。

posted at 18:21:10

7月22日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

合格者の特徴(8) よくしゃべる。

合格者のほとんどは、よくしゃべります(微笑)。

やはり、話し好きが話上手を生むんです。

面接練習のときにしゃべるということではないんですよ。

普通の生活で、食事の席で、よくしゃべる(笑)。

そんな人の教採合格の可能性は相当高いのです。

posted at 18:22:58

7月22日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

合格者の特徴(9) よく遊ぶ。

よく学ぶ人はよく遊びますよね。

私の教え子もハードに勉強するけれども、定期的に思いっきり遊ぶ。

それが2週間に一度か、1か月に一度かの頻度の差はありますが、必ず思いっきり遊ぶ日も設ける。

教採までは一日も遊ばないという人はダメですね。

posted at 18:24:12

7月22日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

合格者の特徴(10) 教採の合格発表があってからも、ある程度は教師になる準備・勉強をする。

教採が終わったら、もちろん、ゆっくりとリラックスするなり、海外旅行にいくなりしてもいいのですが、教採が終わったら遊ぶだけという人は、そもそも教採に合格しません。大学受験じゃあるまいしねえ

posted at 18:24:42

7月22日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

繰り返しておきますと、今日ご紹介した「合格者の特徴」は、合格者を後から振り返ってみるとこんな人が多かったということです。ご紹介した10の特徴だけを目指しても(笑)、教採合格に直結するとは限りません。ただ、合格者って意外に共通点があるなあと思った特徴をご紹介してみたまでです(微笑)

posted at 18:25:06

7月22日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

でも、人間的な魅力って何だろう?って考えてみると、やはり、今日ご紹介したような特徴っていうのは、人間的な魅力を感じさせますよね。

受験技術というより、自分という人間づくりっていうことですよね。教師には大切な資質ですよね。魅力ある人間になれば、それだけ教師に近づくってことですね。

posted at 18:25:51

7月22日

@kyousaijuku

教採塾(教員採用試験の情報発信)@kyousaijuku

なるほど。深いなあ。私は、単なる「挨拶運動」には懐疑的だったけど、「その人にあった最高の【あいさつ】」なら、効果的だろう。

問題は、その人に会った最高の【あいさつ】をどう表現するか、どう届けるか。さすがは、プロのパフォーマー。素人は芸人には敵わない。謙虚に学ぶとしよう! twitter.com/AdviserRyo/sta

posted at 21:53:06

このページの先頭へ