情報更新

last update 01/21 14:30

ツイート検索

 

@leeswijzer
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@leeswijzer

MINAKA Nobuhiro@leeswijzer

Stats Twitter歴
3,108日(2009/07/20より)
ツイート数
80,808(26.0件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年01月21日(日)5 tweetssource

2018年01月20日(土)18 tweetssource

1月20日

@leeswijzer

MINAKA Nobuhiro@leeswijzer

[つくば]リマ『円環大全』初校ゲラ pp. 229-255 チェックだん.図版部分はこれでおしまい.あとは前半の序論と円環分類総論のみ.

posted at 17:48:28

1月20日

@leeswijzer

MINAKA Nobuhiro@leeswijzer

しかも「スタッフによる進捗確認」とか「スタッフによる感想のお伝え」という加圧オプションまで用意されている.原稿を書いたその場で「アクセプト/リジェクト」のスリル?が味わえるとはサービス満点ではないか.

posted at 12:20:20

1月20日

@leeswijzer

MINAKA Nobuhiro@leeswijzer

【演者・演題(続)】
◯宮正樹「バケツ一杯の水で棲んでいる魚がわかる技術:魚類環境DNAメタバーコーディング」
以上

posted at 12:00:55

1月20日

@leeswijzer

MINAKA Nobuhiro@leeswijzer

【演者・演題】
◯岩田洋佳「モデルベースで新品種を開発するシステムの構築を目指して」
◯櫻井玄「作物生産と気象の関係を明らかにする統計学: ベイズ統計手法とデータ同化の応用による作物生産モデリングへ」
◯岸茂樹「侵入外来昆虫類のリスク評価および防除対策:最近の事例から」

posted at 12:00:16

1月20日

@leeswijzer

MINAKA Nobuhiro@leeswijzer

[つくば]〈パンの街〉として自他ともに認められ,実際にベーカリーの数も多いにもかかわらず,昔からの人気店の行列はいっこうに解消されない.それにしても〈モルゲン〉の食パン人気はタダゴトではない.食べたいと思い立ったら前日の電話予約が必須.

posted at 11:13:16

1月20日

@leeswijzer

MINAKA Nobuhiro@leeswijzer

[つくば]昨日のお昼過ぎに〈モルゲン〉に電話したら食パンは予約分も含めてすべて売り切れですとリジェクトを喰らった.今朝はその雪辱を果たすべく食パンが焼きあがる午前10時半過ぎに店に攻め入ったらすでに完売だった.しかたなく午後の予約をしてすごすご退散.曇りときどき晴れの観音台なう.

posted at 11:09:54

1月20日

@leeswijzer

MINAKA Nobuhiro@leeswijzer

[蒐書日誌]マニュエル・リマ[三中信宏監訳|手嶋由美子訳]『The Book of Circles — 円環大全:知の輪郭を体系化するインフォグラフィックス』(2018年2月下旬刊行予定,ビー・エヌ・エヌ新社 www.amazon.co.jp/dp/4802510705 )の初校ゲラの残り60ページ余りがpdfでドサッ?と落ちてきた.

posted at 09:12:54

1月20日

@leeswijzer

MINAKA Nobuhiro@leeswijzer

[つくば]午前7時半,怠惰な目覚め.朝イチで〈ブロートツァイト〉にて朝ごはんのサンドイッチ.午前8時の気温は5.2度.うすら寒い曇り空.

posted at 08:47:45

2018年01月19日(金)11 tweetssource

1月19日

@leeswijzer

MINAKA Nobuhiro@leeswijzer

[つくば]雲間からときどき日が差す昼休み.正午の気温は9.2度と昨日よりは低いが,ロングコース徘徊にはよし.歩き読み本:ゴットフリート・ベーム[塩川千夏・村井則夫訳]『図像の哲学:いかにイメージは意味をつくるか』(2017年9月,法政大学出版局).科学と図像とモデルの関係.

posted at 13:05:57

2018年01月18日(木)8 tweetssource

1月18日

@leeswijzer

MINAKA Nobuhiro@leeswijzer

[つくば]本日の “お水” は〈久礼〉純米吟醸あらばしり生酒・〈賀茂鶴〉純米大吟醸「双鶴」(残りわずか)・〈新政〉「亜麻猫スパークリング」・〈作〉純米吟醸「Impression Type-M」.燗酒でしたら〈竹鶴〉純米にごり・〈玉川〉山廃純米Vintage・〈日置桜〉「くろぼく強力」をご用意しております. pic.twitter.com/vGhZ8FyMiz

posted at 21:01:25

1月18日

@leeswijzer

MINAKA Nobuhiro@leeswijzer

[つくば]昼休みのロングコース徘徊だん.正午の気温は11.5度.日差しを受けて歩いているうちにだんだんあたたまってきた.歩き読み本:ゴットフリート・ベーム[塩川千夏・村井則夫訳]『図像の哲学:いかにイメージは意味をつくるか』(2017年9月,法政大学出版局[叢書ウニベルシタス・1066]).

posted at 13:06:38

2018年01月17日(水)25 tweetssource

1月17日

@leeswijzer

MINAKA Nobuhiro@leeswijzer

[つくば]ワタクシが新宿で呑んだくれている間に,“落とし箱” にリマ本の初校ゲラ200ページ分が静かに積み上がっていた.最高度の加圧によろめきつつ寝るん〜♫•*¨*•.¸¸♪

posted at 23:45:36

1月17日

@leeswijzer

MINAKA Nobuhiro@leeswijzer

[本郷]専攻教員会議だん.小雨に濡れる弥生キャンパス.午後2時の気温は8.9度.昨日の同時刻よりも5度も低いんですけど.

posted at 14:44:47

1月17日

@leeswijzer

MINAKA Nobuhiro@leeswijzer

[本郷]『系統体系学の世界』と『円環大全』とともに同時並行で作業が進んでいる:三中信宏『統計思考の世界:曼荼羅で読み解くデータ解析の基礎』(技術評論社)の第3章までの再校ゲラを先ほど〈ルオー〉にて手渡された.刊行予定は4月下旬になりそうとのこと. pic.twitter.com/pDCLqmFjLd

posted at 12:39:27

1月17日

@leeswijzer

MINAKA Nobuhiro@leeswijzer

[本郷]来週中には送りますメールで迎撃したが,送るためにはそれまでに書かねばならぬという “〆切様” を設定してしまった.もっとよく『〆切本』を精読すべきだったかも…….

posted at 12:16:48

1月17日

@leeswijzer

MINAKA Nobuhiro@leeswijzer

[本郷]弥生キャンパスなう.来た風が吹く曇り空の都内は正午の気温が7.6度といっこうに暖かくならない.ハチ公像にお参りしてから農学部3号館の隠れ部屋へ直行.せっかく隠れていようと思ったら,おおもんのワルモノから加圧メールが届いていた.そろそろ来るだろうとは思っていたが,ひょえ〜. pic.twitter.com/nCUnuFqP5a

posted at 12:11:49

1月17日

@leeswijzer

MINAKA Nobuhiro@leeswijzer

[本郷]いつもの〈ルオー〉なう.曇り空でうすら寒い.気温は7度ラインを行ったり来たりして,天気予報が言うほどぜんぜん暖かくない.『統計思考の世界』のゲラ読みをしながら担当編集者を待つ.

posted at 11:06:19

1月17日

@leeswijzer

MINAKA Nobuhiro@leeswijzer

[守谷]通過.四月始めのワルダクミが都内で決行できるかどうかは,ナゴヤの熊さんが地元でちゃんと会場をおさえられるかどうかにかかっていることが判明した.

posted at 10:09:40

1月17日

@leeswijzer

MINAKA Nobuhiro@leeswijzer

@KaizinKaizin 日本語運用能力は別にして,それでなくても時間がない研究者に本の執筆や翻訳を委ねるというのはかなりハイリスクなので,プロのサイエンスライター・翻訳者との共同作業を進めるというのは現実路線でしょう.読者にとっても益になると思います.

posted at 09:57:30

1月17日

@leeswijzer

MINAKA Nobuhiro@leeswijzer

[つくば]駅なう.曇り空.午前10時の気温は6.1度.予報通りの暖かさはまだ実感できない.これから都内出撃.本郷〜弥生〜千駄木〜四谷〜新宿と,夜まで延々と転戦し続ける.いつ雨が降り出すか.

posted at 09:49:56

1月17日

@leeswijzer

MINAKA Nobuhiro@leeswijzer

科学書・専門書の翻訳は,文章として書かれていることを “訳す” だけではなく,字間や行間に潜んでいるつかみどころのない “もの” を訳出するのが大仕事なので,プロ翻訳者と研究者がペアになって仕事をするのが現時点ではもっとも効率的だろうとワタクシは考えている.

posted at 09:04:08

1月17日

@leeswijzer

MINAKA Nobuhiro@leeswijzer

最悪の事例にも遭遇した,持ち込まれた初校ゲラがぜんぜん話にならなかったので,積み上がっていた “山” をいったん整地し直し,地べたから登攀再開という難行苦行だった.その “千日回峰行” の経験があるので,学生や院生の下訳?は何一つ信用していない.彼らはきっと日本語も不自由だったんだろう.

posted at 08:55:32

1月17日

@leeswijzer

MINAKA Nobuhiro@leeswijzer

[つくば]つい先日まで,プロの翻訳者の手になる下訳原稿をかなりリライトしたので他人事ではない.ワタクシには自分なりの「文章のリズム」があるので,それに合わない箇所はもれなく書き換えてしまう癖がある.今回はちゃんとした下訳だったので,「五合目からの登攀」だったのはとてもラクだった.

posted at 08:50:42

1月17日

@leeswijzer

MINAKA Nobuhiro@leeswijzer

そういえば,二十年ほど前に,とあるワルモノたち数名が万座温泉にカンヅメになって論文執筆をしたことがあった.和室の相部屋に(当時はまだ重かった)ノートパソコンを持ち込んで,フロッピーディスクで英文原稿のやり取りをしながら仕事をするというのは相互加圧しまくりで作業がとても捗った.

posted at 06:07:34

1月17日

@leeswijzer

MINAKA Nobuhiro@leeswijzer

十年あまり前のこと,某大手出版社の翻訳案件の進捗があまりに遅かったので,草津温泉にある同社の温泉寮に一週間ほどカンヅメにされたことがある.管理人の監視の目をかいくぐり,湯畑のまわりの外湯をほぼすべて制覇したのはよい思い出である.温泉カンヅメはシアワセいっぱい.

posted at 06:04:05

このページの先頭へ