情報更新

last update 12/15 20:57

ツイート検索

 

@manaview
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@manaview

碇本学@manaview

Stats Twitter歴
2,934日(2009/12/05より)
ツイート数
64,167(21.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年12月15日(金)4 tweetssource

12月15日

@manaview

碇本学@manaview

@8XHqJlm2498Mg9L @s_hakase イラストを見て反応した人が雑誌を手にとって文章を読むきっかけになればいいと思うからです。江口さんのイラストに反応するなら文章を読まないとなぜ描かれたのかわからないし、描かれたイラストと博士さんの文章があるからこその連載なので。

posted at 03:08:25

2017年12月14日(木)6 tweetssource

12月14日

@manaview

碇本学@manaview

水道橋博士連載『週刊藝人春秋Diary』vol.32「島田洋七のホラ噺」。盟友であるビートたけしとの友情と絆、共に漫才ブームを駆け抜けたあとの話、洋七さんのケツを叩いたのはたけしさんだが、たけしさんだからこそ言われたことをやった洋七さん。そこを紡いで文章にする弟子の博士さん。 pic.twitter.com/UYR5DMTdUE

posted at 18:53:25

12月14日

@manaview

碇本学@manaview

神田桂一×菊池良著『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら 青のりMAX』を送っていただきました。神田さんは尾崎世界観さんと植本一子さんのエッセイに登場してるので、いつか三人で『ボクらの時代』に出てください。菊池さんは初めて会ったときは『二代目 水嶋ヒロ』って名乗ってたよなあ。 pic.twitter.com/nQAhVaspKb

posted at 18:47:14

12月14日

@manaview

碇本学@manaview

韓国映画『殺人者の記憶法』試写を。途中からこの原作小説は叙述トリックを使ってるミステリーなのかなあ、と思い始めたので映画『メメント』×小説『アヒルと鴨のコインロッカー』みたいイメージ。ミステリー好きな人は好きな作品かなあ、と思う。 pic.twitter.com/ARrJ9gR6TB

posted at 17:49:22

12月14日

@manaview

碇本学@manaview

忘年会でいただいた博士Tシャツ。メルマ旬報は編集長の博士さんとの縁や繋がりの執筆陣なので当然、長は博士さんだが執筆陣の関係はツリー状ではなくリゾーム状の繋がりになっているし、そうなっていく。それが年に一回の忘年会で可視化する感じ。初めてお話できた方もいて楽しかった。 pic.twitter.com/H4Jbu3dPSI

posted at 12:29:00

12月14日

@manaview

碇本学@manaview

園子温監督×稲垣吾郎さんって!! ゴロウデラックスに園さん出てるし、その時に園さんが稲垣さんに自分の上京した時のことを演出されてたけど、その時のことが大きいのかな。 RT 香取&草彅&稲垣『クソ野郎』監督は園子温、山内ケンジ、太田光、児玉裕一 www.cinra.net/news/20171214-

posted at 09:19:52

2017年12月13日(水)7 tweetssource

12月13日

@manaview

碇本学@manaview

加藤シゲアキ著『チュベローズで待ってる』上下巻読了。処女作『ピンクとグレー』から彼の作品で一貫しているものを感じる。行って帰ってくる(クジラの胎内に入り戻ってくる)という英雄神話構造、王になるも… www.instagram.com/p/BcoHn6aD3p-/

posted at 12:11:35

2017年12月12日(火)11 tweetssource

12月12日

@manaview

碇本学@manaview

『藝人春秋2』の連載時に江口寿史さんが描かれたイラストで単行本に収録されていなかったものをアップしたらご本人からリプをいただいたので、連載中『週刊藝人春秋Diary』の好きなイラストをアップしてみる。安住さんのスケキヨ感。毎週イラストを見るのもたのしみ。 pic.twitter.com/pcBmi9d6rp

posted at 23:03:01

12月12日

@manaview

碇本学@manaview

『TYPE-MOONの軌跡』読了。『空の境界』『Fate/Zero』の小説しか彼らの世界には触れていないがわかりやすく彼らのことがわかった。あとマジで奈須きのこ天才すぎせんかと、坂上くんのいい仕事。 pic.twitter.com/7BokEayxD9

posted at 00:19:21

2017年12月11日(月)9 tweetssource

12月11日

@manaview

碇本学@manaview

スマパンがオリジナルメンバーで再結成するみたいな話って来年かもって話があったような。初めて観た時がさよならツアーだったからダーシーじゃなくてメリッサだったんだよなあ。

posted at 21:33:44

12月11日

@manaview

碇本学@manaview

『群像』掲載の古川さんの新連載『おおきな森』第一回を読む。古川節でありながらもどこか今までとは立脚点が違う、と思う。時間と空間のいくつもの層と出てくる人物たち、『銀河鉄道の夜』といくつかの都市の生と死、坂口安吾と一人の中の二、林ではなく森森森、森、そこは元号と関係するのだろうか。

posted at 19:32:15

12月11日

@manaview

碇本学@manaview

『水道橋博士のメルマ旬報』最新号が来た。樋口さんの連載が新しい小説連載になっていた。確かに子育てエッセイは二重ではなく、cakesにも掲載してたから三重だったので会うたびに言っていたが、『アクシデント・レポート』も出たしモードが変わったのかもしれない。

posted at 00:09:46

2017年12月10日(日)9 tweetssource

12月10日

@manaview

碇本学@manaview

木原音瀬著『箱の中』『美しいこと』読了。BL小説初めてなんだけど突出した才能てジャンルを越えるというかジャンルの外にも届くってことを再認識するんだけど、男たちの想いとかの描写が素晴らしくエモすぎる。いやあ、すごいわ。 pic.twitter.com/RoJ5YGvM45

posted at 19:57:24

12月10日

@manaview

碇本学@manaview

@yukiyosimasima そうですよね、FOOL’S MATEがmixiになろうがツイッターになろうが教授が他のアーティストやジャンルになろうが、そういうことだろうなっていう納得感ハンパないですよね。でも、そういうとこからしか出会えない人っているのもわかりますしね。

posted at 12:42:35

12月10日

@manaview

碇本学@manaview

大槻 昔『FOOL’S MATE』っていう雑誌にやっぱり文通コーナーがあって、そこで坂本龍一を好きな女の子と出会った男がいて、でも結局別れることになるの。その別れるときのセリフが、「僕たちはお互いが好きなんじゃなくて、坂本龍一が好きだったんだね」。

燃え殻 アイタタタ。 twitter.com/manaview/statu

posted at 12:04:35

2017年12月09日(土)7 tweetssource

12月9日

@manaview

碇本学@manaview

@gotch_akg あと雨の日には超弱いっすよね。全然関係ないんですが、昨日のライブの新曲『生者のマーチ』すごく聞いててカッコ良かったです。

posted at 23:44:01

12月9日

@manaview

碇本学@manaview

木原音瀬著『美しいこと』を読み始めたけどすんごく読みやすい。その合間に借りたままだった小野不由美著『月の影 影の海 十二国記』上下巻読み始めたら一気に読み終えてしまった。前に借りた『魔性の子 十二国記』といい異世界に行ってしまう話だが、思春期にダイレクトに来そうな構図というか。

posted at 14:04:03

12月9日

@manaview

碇本学@manaview

水道橋博士さんの『藝人春秋2』上下巻と樋口さんの『アクシデント・レポート』と分厚い本が続く中、加藤シゲアキさんの新刊『チュベローズで待ってる』も上下巻もでるから、鼎談したらいいのになって思う。

posted at 13:59:16

このページの先頭へ