情報更新

last update 07/27 12:00

ツイート検索

 

@mescalinedrive
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

  • 206フォロー
  • 153フォロワー
  • 17リスト
Stats Twitter歴
2,797日(2009/11/30より)
ツイート数
7,328(2.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年07月26日(水)1 tweetsource

2017年07月24日(月)1 tweetsource

2017年07月23日(日)1 tweetsource

7月23日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

『イサック』1巻読了。17世紀ドイツ。交通の要衝地をめぐって、カソリックとプロテスタントが争う。そこに価値観の全く異なる東洋人がひとり。その傭兵は仇を討つために生国を離れた日本人、イサック。キリスト教徒が侍と出会い、戦を通じて血と硝煙と死に彩られた異文化交流が生まれる。イイね!

posted at 00:20:56

2017年07月22日(土)1 tweetsource

7月22日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

藤田和日郎『双亡亭壊すべし』5巻読了。舞台となる双亡亭は黒い。ただ黒が目に映るのみで、その大きさも厚みもおよそ基準となるなにものかが並び立つことがなく、だから街中にあって世間と隔絶している。孤独だ。道標でもある。自分なりの歩測を持つ者が迷わずにすむ。さて、変化の有無はどう転ぶ?

posted at 16:57:36

2017年07月17日(月)1 tweetsource

7月17日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

ライアン・ベンジャミンJAPANツアー2017。yokkun氏のブログ記事を読んで既に火が入ってしまった(まだ1ヶ月あるというのに!)。ツアーエディションのスケッチブックに、アノ物凄いプリント、生原稿等々、買い逃すリスクを避けるために初日も行くしか!

posted at 00:24:43

2017年07月16日(日)1 tweetsource

7月16日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

羅川真里茂『ましろのおと』18巻読了。若さゆえに、問題に直面しても解決までの道筋を見つけられない(問題そのものに気づかないこともしばしばある)。自力で解決できない問題を抱えて自家中毒に陥るより、ここは年長者の言葉に耳を傾けよう。そして考えよう。道を行くのは自分たちなのだから。

posted at 19:06:05

2017年07月14日(金)1 tweetsource

2017年07月13日(木)3 tweetssource

7月13日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

『バットマン:エピローグ』読了。花に嵐のたとえもある。ひたすらに感慨深い。アメコミ趣味の記念碑的作品といえる『梟の法廷』からこちら、ずっと魅了されてきたコンビ、スコット・スナイダーとグレッグ・カプロの花道を見送る気分だ。でも、だからといってアメコミへの興味を失ったわけではない。

posted at 21:31:32

2017年07月08日(土)1 tweetsource

7月8日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

中島三千恒『軍靴のバルツァー』10巻読了。機動部隊と示威の役割を果たす大軍勢の到着が局面を変える。時代の転換期、新たな価値観に対し、ある者は沿い、またある者は反る。どちらが正しいかは関係ない。どちらが生き残れるかだ。それを勝敗でのみ評価するのは、歴史感覚と想像力の欠如でしかない。

posted at 09:06:17

2017年07月07日(金)4 tweetssource

7月7日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

春壱『ドクター・ストレンジ』読了。MCUの同名映画ありきの作品だ。頭脳明晰、外科技術に秀で、しかし人間関係構築に難あり。屈託ヒーローは今や珍しくない。ただし、あくまで医師として戦う覚悟を貫く点で、「ドクター・ストレンジ」はユニークだ。「倒す」ではなくて「治す」のである。

posted at 23:32:37

7月7日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

藤巻忠俊『ROBOT×LASERBEAM』1巻読了。まさに開幕、というカンジの一巻。宿命のライバル、驚き&解説役、組織内競争相手が出揃って、主人公が一番正体不明。発達障害を思わせる言動が見受けられるのだが、これは私の無知からくる誤解だろうか。それとも彼らの希望の星となるのか。

posted at 21:26:39

7月7日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

『食戟のソーマ』25巻読了。守破離。連隊食戟一回戦の蕎麦と鰻の対戦を纏めるならば、これに尽きる。中央美食機関が料理人に強いるのは、ひたすらに型を守ること。これに対して個々に客と向き合うのは、型を守るのみならず時に型を破らなければならない。だからこれは信念の闘争なのだ。

posted at 19:46:37

7月7日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

@kikuzn 銀座教文館は2012年の会場です。このときの小説部門の大賞は城平京氏と皆川博子女史です。『開かせていただき光栄です』でしたね。このときは、城平京氏のみならず坂木司さんも覆面作家という属性上、読者の前に現れずにサイン会をこなすという力業。

posted at 18:40:56

2017年07月06日(木)5 tweetssource

7月6日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

大崎梢『だいじな本のみつけ方』読了。まだ発売されてない本とその消失。この謎はアリアドネの赤い糸。作者は誘う、本好きにとっては見知った世界へと。謎それ自体は解くのは難しくなくて、でもこの旅路はそこに主たる目的はなくて。道程が重要なのだ。共感、繋がりに喜びがある。時空を超える絆だよ。

posted at 19:48:00

7月6日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

@kikuzn そもそも一冊でも多く買ってもらう読んでもらうのがイベントのスタンス。だから前段階で一冊増えたところで、ってカンジですかね。ちなみに来年は銀座教文館だったように記憶してます。でも、帯を切れないンですよね、性格的に。どうしよう?

posted at 17:03:13

7月6日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

@kikuzn 誤解させたようで申し訳ないです。今回、『墓守刑事の昔語り』にあったような優先招待状の当選数を増やす、というようなニュアンスでした。この郵便受付と電話・Web受付との比率をどうするかまでは明言されませんでした。だから有利不利まではチョット……。

posted at 16:57:03

7月6日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

@kikuzn いまさらのことで申し訳ないですが、先月25日のイベントは最後まで残られましたでしょうか。式次第を締めくくる会長のスピーチで、6/1の申込開始から締切までの数分に言及があり、来年はハガキ応募の当選数が上がるのではないか、いくらか有利になるのでは、とのこと。

posted at 13:25:17

2017年07月05日(水)3 tweetssource

7月5日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

鷲尾真知子さんの「マイホーム!」が印象深く、探偵ということもあっててっきり名前はシャーロックだと今まで思い込んでいたけど、ネットでチョイと調べたところシャーレッケだと? ショックだ。でもよくよく思い出しても内容をサッパリ覚えてない。アレ、見てたっけ?

posted at 23:43:49

2017年07月04日(火)1 tweetsource

7月4日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

石塚真一『BLUE GIANT SUPREME』2巻読了。異国の地で独り演奏する大変さを痛感しつつ、それを貫いて力をつけた主人公は、バンド仲間を得るために大都市へ。音は単独で響かない。まわりと共鳴してより強くより豊かな音となる。不純物なき真剣さが人々の心に届く。触れる。動かす。

posted at 05:11:23

2017年07月03日(月)4 tweetssource

7月3日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

「探偵」という装置は不滅である。「彼」はいつの世にも求められる。そして人は、自分の時代を生きるもの。だから、「探偵」を降りるか「探偵」のままありつづけるかのどちらかしか始末がつけられないのだろう。

posted at 17:34:24

7月3日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

ゆうきまさみ『白暮のクロニクル』11巻読了。祭祀には相応しかるべき時と場があり、本作において12年毎に訪れるそれには、万事を執り行う祭吏が不可欠だ。だから彼はそこに居続けた。祭祀の実相を見誤らせる作為の数々。引き算ではなく足し算だったとは。ともあれ、イイ物語の終結は胸に重いわ。

posted at 17:20:46

7月3日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

大久保篤『炎炎ノ消防隊』9巻読了。廃棄された地下世界。そこへ敵の本拠があると睨んだ第8消防隊は、危地と知りつつ乗り込んだ。戦闘に終始する一巻。とはいえ、戦法にキャラクターの人となりが表れるので不満はないが、饒舌なオッサンがいなければ新情報の提示がままならないのは如何なものか。

posted at 14:09:07

7月3日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

喜国雅彦・国樹由香『本格力』読了。本書は愛に満ち満ちた一冊だ。評価基準を明示しているのがありがたい。このおかげで、自分のそれと相反する評価に対して、「それはそれ」と受けとめられる。本書の素晴らしいのは、新たな視点を提示することで、古典の魅力を再発見させてくれるところにある。良書!

posted at 12:17:03

2017年07月02日(日)1 tweetsource

7月2日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

『月館の殺人』下巻読了。さすがだ。原作者のミステリ作家としての強みと、漫画家の喜劇志向とが奇妙な味わいを残す。奇妙な味わいではあるけれども、しっかりミステリ。感服した。

posted at 00:05:48

2017年07月01日(土)2 tweetssource

7月1日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

『月館の殺人』上巻読了。原作:綾辻行人、漫画:佐々木倫子の鉄道ミステリ(疑問符付き)。両名の作家性が遺憾なく発揮されていて、それが面白い。「己の欲求に忠実、思いつきのままに行動する」、あるいは「天然」のキャラクターがぶつかりあう混沌において、はたして殺人が起こるものか心配したよ。

posted at 14:13:55

7月1日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

Boichi『ORIGIN』2巻読了。人間以外の存在が人間に紛れて人間社会に棲む。それは敵対する同胞からの襲撃で難易度がハネ上がる。「人知れず」は、それをするのを賄えるだけの資金があってのこと。強さも賢さも手に入れるにはカネが要るのよ、世知辛い。だから奪い合うのね、世界中で。

posted at 12:06:59

2017年06月29日(木)11 tweetssource

6月29日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

『天竺熱風録』1巻読了。またも田中芳樹原作小説のコミカライズ。伊藤勢の巧さに唸る。弁で勝つ。本作主人公の文官王玄策は、第1巻ではその能力の片鱗しか見せつけてないが、人となりと彼の一団での立ち位置はつかめる。人の世の理とファンタジーが織りなす冒険活劇が開幕。今後の展開が楽しみだ。

posted at 19:00:00

6月29日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

藤田和日郎『からくりサーカス』1巻読了。とうに終わった雑誌連載。結末までご存知の大河の如き人のドラマ。発端は愛。嫉妬と妄執が怒りを呼び、勇気が希望を携える。文庫版を書店で見つけて思わず買ってしまった。面白いことは保証付きの安心安全な旅支度? ともあれ、また付き合おう、最後まで。

posted at 18:14:27

6月29日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

『バットマン:ブルーム』読了。ブルース・ウェインのバットマンが帰還して、街は勇気を取り戻す。「正義の味方」はそれ自身が正義を行う主体ではない。勿論、コスチュームを纏う彼らもまた正義ではあるけれど、真に正義とともにあるのは名も無きヒーローたち。ゴッサム市民にこそ称賛を送る。

posted at 17:55:55

6月29日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

『バットマン:スーパーヘヴィ』読了。ヒーローの代替わり。それもただのヒーローじゃない。DCの三枚看板のうちのひとりだ。犯罪界の道化王子によって齎された混乱は、ゴッサムを変えた。その最たる事柄がバットマンだ。「バットマンとは?」を意識させずにはいられない一冊。カウントダウン開始だ。

posted at 17:42:45

6月29日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

竹内友『ボールルームへようこそ』9巻読了。待望の最新刊。新カップル成立からのはやい展開のなか、解決されない問題が山積していたのがここにきて端緒が示されて。作者は読者を子供扱いしてない。ついてこい、ここまで辿り着け、と意識を引き上げてゆく。漫画の力を信じているのがわかる。

posted at 17:17:37

6月29日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

箱石達『フルドラム』1巻読了。2019年ラグビーW杯は日本で開催される。それを見越しての連載か、それとも面白いからGoサインが出たのか、本作は高校ラグビーが題材。連載第1回の衝撃は単行本購入を決意させたが、回を重ねるに従って伝説のバスケットマンを想起させて。伝説を超えるか楽しみ。

posted at 16:13:28

6月29日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

園田ゆり『あしあと探偵』1巻読了。人捜しが題材。変人探偵と人の好くて押しの弱い助手という伝統的なコンビ。人を捜すのだから焦点は捜索対象たる人に向けられる。人の言動、行動原理にリアリティがあるかが問われるよね。漫画とはいえそこをおろそかにはできないワケで。困難な道だねえ。

posted at 07:55:26

6月29日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

『アルスラーン戦記』7巻読了。物語はシンドゥラ遠征へと突き進み、舞台と展開の変化がはやいことに改めて感心する次第。この点は小説家の勝ち星。コミカライズには漫画家のあげる勝ち星があって。アクションが巧い。流れのなかで見せるべきところを描く選択の妙と、どのように描くかの腕前。凄いネ。

posted at 07:26:19

6月29日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

堀越耕平『僕のヒーローアカデミア』14巻読了。オールマイトの引退と個性の譲渡。真相を知る少年と嗅ぎつけた少年の喧嘩。雄英ビッグ3。校外活動。新たなヴィラン集団の台頭。盛り沢山で次巻への引きも強烈。アクションより止め絵、展開に巧さの窺える作家だ。これが現時点での評価。どうだろ?

posted at 06:51:49

2017年06月25日(日)3 tweetssource

6月25日

@mescalinedrive

サテヒデオ@積読の夏@mescalinedrive

第17回本格ミステリ大賞受賞記念トークショー&サイン会。ただ開場しただけなのに疲れている。本を買うのは格闘だ。今回こそは財布の紐をひきしめるぞと誓ったはずが、アレもほしいコレもほしいのオーヴァードライヴ! 既に16000円超。

posted at 10:51:50

2017年06月20日(火)7 tweetssource

このページの先頭へ