Twilog

 

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

  • 90フォロー
  • 1,226フォロワー
  • 46リスト
Stats Twitter歴
1,016日(2014/05/12より)
ツイート数
12,903(12.6件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年02月20日(月)11 tweetssource

59分前

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

@notenBTller ありがとうございます!
SSLはとにかく自分の好みに合うんですよね。音楽性も雰囲気も。そうやってツボにハマったから抵抗なく聴き込めたのかも。一般的に取っつきにくい作風だからそもそも吟味の機会を得られないというだけで(たぶん)、大変優れた作品だと思います。

posted at 11:53:52

7時間前

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

しかし『SSL』に限らず本当によくできた音楽ですね。マニアックなアイデアが印象的な(優れた歌謡曲に通じる)歌メロでまとめられ、それが正統派で個性的な(健全で退廃的な)美声で引き締められることにより「複雑怪奇なのに親しみやすい」聴き味が得られている。改めて凄いバンドだと実感します。

posted at 05:45:09

7時間前

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

BUCK-TICKの作品においてはそういう“のめり込みすぎない”性格が得難い味わいに繋がっているのだと思います。『SEXY STREAM LINER』の「感情の揺れはあるがその起伏が大きすぎない」「付かず離れず寄り添ってくれる」感じは本当に絶妙で、いつまでも聴き続けてしまえます。

posted at 05:39:11

7時間前

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

一方、BUCK-TICKにはそういう「対象にのめり込みすぎている」感じはあまりありません。(これは音楽的興味が広く頻繁に変遷する“性格”にも通じることなのかも。)仄暗くどんよりした雰囲気を扱っていてもそこからほどよい距離がとれていて、良くも悪くも安定し続けている印象があります。

posted at 05:34:58

7時間前

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

「禁色」などは特にそうで、この再録版でも「ユーモアで取り繕おうとしきれず情念が漏れ出てしまっている(だからこその訴求力がある)」感じがよく出ています。自制の意識がありつつ崩れている在り方は初期cali≠gariの得難い魅力の一つです。m.youtube.com/watch?v=CEhxWF

posted at 05:30:11

7時間前

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

『Six/NiNe』&前作『darker〜』と初期〜中期cali≠gariには共にジャズ歌謡的な音進行がよく出てくるのですが、「それを通して何かしらの情念を漏らし示そう」という姿勢が前者には希薄な一方で、後者には明確にあり、表現上の迫力に繋がっている。個人的にはそう感じられます。

posted at 05:20:18

7時間前

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

それで、『Six/NiNe』の一部の曲から初期のcali≠gariを連想させられて聴き返していたのですが、似た音進行を使っても前者の方が格段に洗練された作編曲力で滑らかにまとめている一方で、後者の方がそうした音進行を遥かに“切実なもの”として使っているんだなと実感させられました。

posted at 05:14:36

7時間前

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

THE BEATLESの作品にたとえるなら『Six/NiNe』は『Sgt. Peppers'』、『COSMOS』は『Revolver』、『SSL』は『Abbey Road』。寄せ集めてまとめたもの・設計図を用意したもの、両方良いですが、後者の方がより滑らかに浸れるように思います。

posted at 05:04:42

7時間前

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

勿論、BUCK-TICKのアルバムは明確な音楽的コンセプトを背景として作られているので、各曲の仕上がりには自然に共通点が生まれますし、それらを適宜並べれば全体のかたちも整います。その上で、『SSL』には「曲を個別に作って寄せ集めた」以上の洗練された構成力があるように思えるのです。

posted at 04:58:12

8時間前

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

この3枚を続けて聴くと、BUCK-TICKのアルバムが1枚モノとしてこなれた構成を確立したのは『SEXY STREAM LINER』からだと思えてきます。『COSMOS』までの「各曲を個別に作って集めた結果こうなった」感じが『SSL』にはなく、流れまとまりが申し分なく良いのです。

posted at 04:46:31

8時間前

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

BUCK-TICKの作品群のうち自分の肌に最も合うのは90年代後半の3枚(『Six/NiNe』『COSMOS』『SEXY STREAM LINER』)のようで、最近はそればかり聴いています。豊かに潤った響きを芯に押さえつつささくれ立った音響も好ましく、皮膚感覚レベルで惹かれます。

posted at 04:42:49

2017年02月18日(土)8 tweetssource

2月18日

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

cali≠gariがブルーレイ使うのって今回が初めてなのでは。昨年出た第7期終了ライヴ豪華盤でもDVDオンリーを貫いてたくらいですし。もっと早く決断してほしかったですが、まあ好ましいことだと思います。
ともあれ5/10が楽しみ。魔夜峰央先生にどんな絵を描かせるかも興味深いです。

posted at 03:47:27

2月18日

@meshupecialshi1

@MAYA_MUSUME

そうなんです!あのcali≠gariさんのアルバムジャケットを魔夜が描かせていただくことになりましたー!!📀✨😭🙏🏻✨✨青さんが魔夜のファンなのです…ありがたや…😂💗

Retweeted by s.h.i.

retweeted at 03:40:35

2017年02月17日(金)7 tweetssource

2月17日

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

ついさっきポケモンGOにログインしなおしたら(サーバー超重い)、ジョウト地方のポケモンがリリース開始されてました。
(最初の画像は取得済のベビィポケモンに反応しログイン時に出たもの) pic.twitter.com/eflfcMhsQf

posted at 09:13:31

2017年02月16日(木)2 tweetssource

2月16日

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

しかしANIMALS AS LEADERS、本当に意味がわからないくらいうまかったです。どんな激テクメタルバンドよりも巧く、そうしたものにない理屈抜きの美味さに満ちている。年初に観たエルメート・パスコアール並に痺れました。今日の東京公演、非メタルファンにも強くお薦めしておきます。

posted at 01:14:12

2017年02月15日(水)19 tweetssource

2月15日

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

という感じで、ANIMALS AS LEADERS大阪公演はあらゆる点において最高の内容でした。MESHUGGAHやCYNIC(両方とも生で観ました)とも勝るとも劣らない出来でしたし(演奏はたぶんこっちの方が巧い)、明日の東京公演は全員行け!と言いたい位ですね。観れて幸いでした。

posted at 21:30:16

2月15日

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

リードギターの演奏&メロディアスなフレーズは何も知らずに聴いても感動させられる最高級品ですし、程よい緊張感を保ちながら勢いよく押していく雰囲気表現は少しも気難しくない楽しさに満ちています。こうした“感じ”を体で体験できたことによりスタジオ音源を数倍楽しめるようになったと思います。

posted at 21:26:14

2月15日

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

それにしても生で観ると印象が変わりますね。スタジオ音源だけ聴いていると異常に入り組んだリズムアレンジが(理解できつつ)気になって微妙にのめり込みきれなかったのですが、生で観るとそれが過剰でなく必然性のあるものと“体で”解りますし、創造性溢れる音遣いの魅力にも酔わされてしまえます。

posted at 21:20:34

2月15日

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

同期音源(正規メンバーTravis Stewartが操作)込みで見事なサウンドバランスを構築する音作りも素晴らしく、(少なくとも私のいたPA卓前では)極上の音楽を最高のクオリティで味わえる環境ができていたと思います。特に期待せず観に行ったのですが、完全にKOされてしまいました。

posted at 21:17:05

2月15日

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

もう一方の8弦ギタリストJavier Reyesも地味ながら大変素晴らしい仕事をしていました。Tosinと並んでのスラップ(djent的リフ)やタッピング(曲イントロなど)は実に見事でしたし、「音源のこのリード的フレーズはこの人が弾いていたのか!」となる場面も多くありました。

posted at 21:13:07

2月15日

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

そしてドラムスのMatt Garstkaも同じくらい凄かったです。偏執的なまでに複雑なリズム構成をひけらかし感なく形にし、奇妙で説得力のあるフィルを入れまくって楽曲の表情を豊かにしてしまう。ギターリフの上でソロを取る場面などは特に素晴らしく、達人級の腕前を存分に発揮していました。

posted at 21:08:34

2月15日

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

特に素晴らしいのがTosin Abasi。精密を極める超高速メタルギターに柔らかく丁寧なタッチが加わる演奏は最初のソロを1秒聴いただけで感嘆の声が漏れるほどで、私が生で観たプレイヤーの中では(楽器を問わず)間違いなく最も“うまい”人の一人でしょう。スタジオ音源の数倍凄かったです。

posted at 21:02:34

2月15日

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

演奏はマニピュレーターが操る同期音源付きだったのですが、複合拍子まみれ&音数膨大なアレンジを余裕をもってこなしきるアンサンブルは全く機械的でなく、超高速フレーズの一音一音で丁寧な“間”の表現がなされます。超絶技巧と艶やかな音色表現の両面において最高級。信じられない実力者たちです。

posted at 20:58:06

2月15日

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

ANIMALS AS LEADERS:19:08〜20:29。素晴らしい!!演奏技術&表現力はハッキリ言って異常で、超複雑な楽曲を完璧に音楽的に形にするパフォーマンスはスタジオ音源以上。MESHUGGAHやCYNIC、GORGUTS等と比べても同等以上と言える、最高の内容でした。

posted at 20:51:43

2月15日

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

IMMOLATIONのインタビューは読んだことがなかったので影響関係についての自己申告は初めて見ましたが、VENOM・SLAYER・CELTIC FROST・POSSESSEDあたりは定番として、ジャーマン・スラッシュのあの3組を重視しているようなのが興味深かったです。 pic.twitter.com/GYh3Yw3vZ1

posted at 02:07:49

2月15日

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

良い内容だと思ったら川嶋さん(SIGH)によるものでした。
来日はいつか実現してほしいですね。実力・影響力ともに一級のバンドですし。

posted at 02:03:32

2月15日

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

改めて4枚通して聴き返しているのですが、コード/フレーズ遣い・リズムアレンジ・雰囲気表現どれもアルバム毎に結構傾向が異なりますね。併せて聴くことで初めて見えてくるものもあって興味深いです。
私は今日の大阪公演に行きます。前回の初来日は逃してしまったので楽しみです。

posted at 00:44:50

2017年02月14日(火)8 tweetssource

2月14日

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

しかし本当に魅力的なバンドです。昨日256GBのiPhone7を入手して音源を詰めまくってるのですが、久しぶりにAreAやCHROME、ZEPやストーンズ、KILLING TIMEなどを網羅的に聴き返したいと思いつつ、BUCK-TICK以外に手を出す気が起こらない。ハマってます。

posted at 09:05:12

2月14日

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

この時期の作品群には、無意識の底に沈みながら自我の輪郭を溶かしているような、独特の朦朧とした“半覚醒”感があるように思います。当たり障りのない言葉で喩えるなら「夜の深い時間に泥酔しかかっている感じ」。そうした不健全な気分が極めてポップに示されていて、個人的にはとても惹かれます。

posted at 08:56:38

2月14日

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

BUCK-TICKの作品を網羅的に聴いていると、各時期の“雰囲気表現の傾向”が見えてきたりします。特に『darker than darkness』('93)から『SEXY STREAM LINER』('97)に至る作品には共通した気分がありますね。この仄暗い感じには惹かれます。

posted at 08:53:13

2月14日

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

この予測通りのアレが来ていただけるのなら万難を排して全公演行くつもりです。前回の単独公演は2列目中央で(ガンガンハイタッチできたものの)ぼやけた音で接してしまったので、今度は後方のベスト音響位置で精密吟味したいですね。

posted at 06:46:15

2月14日

@meshupecialshi1

s.h.i.@meshupecialshi1

VEIL OF MAYA来日公演で出たという「未確定だけど10/27・28に凄いバンドを呼ぶ」件、あの呼び屋の好み・再来日・「9年ぶり?」という話とつきあわせると私のアイコンのアレである可能性が濃厚なんですが…(以前から交渉はしていて昨年一度頓挫)まあ期待しすぎず発表を待ちます。

posted at 06:40:53

このページの先頭へ