Twilog

 

@mochyboo

用山恵子@mochyboo

Stats Twitter歴
1,911日(2011/12/01より)
ツイート数
13,028(6.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年02月22日(水)13 tweetssource

2017年02月21日(火)124 tweetssource

22時間前

@mochyboo

用山恵子@mochyboo

多重債務というものがお金の問題でありながら、実はこれだけでは解決できない問題であることが浮かび上がってくるはずです。
お金のあるなしよりも、心のあり方こそが多重債務解決最大の要素なのです。

posted at 23:34:30

2月21日

@mochyboo

用山恵子@mochyboo

父親が亡くなって(母親が亡くなって)しばらくしたら、簡易裁判所から突然訴状が届いた。などということが本当に起こり、両親の借金が発覚することなどがあります。

posted at 18:01:52

2月21日

@mochyboo

用山恵子@mochyboo

しかし、悲しんでしんでばかりはいられません。
亡くなられてから四十九日を過ぎるとそろそろ遺産相続のことを真剣に考える必要が出てきます。

posted at 18:01:41

2月21日

@mochyboo

用山恵子@mochyboo

当センターでは、相続に関する様々なご相談をお聞きしております。 ご身内の方が亡くなられてご遺族はさぞ気を落とされていることだと思います。

posted at 18:01:28

2月21日

@mochyboo

用山恵子@mochyboo

不幸にして、父親の突然の死が訪れました。母は既に他界しており、家族は姉と弟の二人だけです。父の遺産としては預貯金50万円だけですが、手はつけていません。

posted at 18:00:17

2月21日

@mochyboo

用山恵子@mochyboo

しかし、家族が亡くなると話は別です。
人が死ぬと、相続が発生し、そして財産を引き継ぐのはプラスの財産だけではなく、マイナスの財産も引き継ぐのです。
相続の対象となる財産を遺産といいます。

posted at 17:57:56

2月21日

@mochyboo

用山恵子@mochyboo

もちろん、保証人になっている場合は支払義務を負うことになりますが、家族だと言うだけでは、支払義務は生じません。

posted at 17:57:44

2月21日

@mochyboo

用山恵子@mochyboo

それは、いくら家族であっても、借金は各人の責任であり、法律上、配偶者や子供に返済義務はありません。

posted at 17:57:28

2月21日

@mochyboo

用山恵子@mochyboo

現代病と思われる「うつ病」の発症で、仕事の継続が困難になり、職を失う方々が多くおられる今、病気完治後の生活をどのように過ごされるか?本当に大きな問題です。

posted at 17:54:22

2月21日

@mochyboo

用山恵子@mochyboo

一人で解決できない問題は、ぜひ相談してみましょう。
ちょっとしたきっかけで、すべてが解決することもあるのです。
必要なことは、少しだけの勇気です。

posted at 17:53:47

2月21日

@mochyboo

用山恵子@mochyboo

貸付自粛登録の依頼については、ご本人の依頼と、 配偶者または2親等以内の親族 (姻族を含む) が依頼者となることができる場合があります。

posted at 17:51:17

2月21日

@mochyboo

用山恵子@mochyboo

「貸付自粛」とは、多重債務者となることを防いだり、 過剰貸付によって家庭の崩壊を招かないよう、今後における貸金を自粛してほしい旨、情報センターに登録し、 貸金業者等に貸付の自粛を求めるものです。

posted at 17:50:34

2月21日

@mochyboo

用山恵子@mochyboo

ここ最近の相談の中で本当に心を痛める話が多くあります。センターに相談に来られる方の中に、派遣切り・会社の倒産・リストラetc.個人の問題を超えたご相談です。債務の問題より明日からの生活の問題になるのです。

posted at 17:48:34

2月21日

@mochyboo

用山恵子@mochyboo

無登録業者は違法な存在です。しかし、登録を行っていても、出資法に定められた上限利息を超える金利で貸すことは違法です。

posted at 17:47:09

2月21日

@mochyboo

用山恵子@mochyboo

中々オープンに語る事ができなくなっている「お金の話」ですが、それ故に正確な情報が理解されていなかったり・・と。ご自身がご自分や家族の状況を正確に把握し、解決に向け第一歩を踏み出せれば、必ず解決できる問題です。まず、状況把握の為にも相談をする勇気をだしてもらいたいです。

posted at 17:46:46

2月21日

@mochyboo

用山恵子@mochyboo

時効には、基本的な分類として取得時効と消滅時効の2種類があります。 そして、2種類のそれぞれに短期・長期の時効期間が存在します。 他に時効に類似したものに除斥期間というものもあります。#時効 #jikou

posted at 17:44:36

2月21日

@mochyboo

用山恵子@mochyboo

時効の援用とは、債権者に対して時効が成立したことを主張し、消滅時効の利益を受ける旨の意思表示をすることです

posted at 17:43:21

2月21日

@mochyboo

用山恵子@mochyboo

取立てにおいても非常に悪質であり、電話での取り立ては「殺すぞ!」 「家を燃やしてやろうか!」などの脅迫までエスカレートヤミ金しています。

posted at 17:36:56

2月21日

@mochyboo

用山恵子@mochyboo

ヤミ金とは、簡単に言えば違法な貸金業者のことです。
多重債務者をターゲットとして、 出資法に定める上限金利をはるかに超える不当な利得を貪るヤミ金が猛威を振るい、その被害が深刻な社会問題となっています。

posted at 17:36:36

2月21日

@mochyboo

用山恵子@mochyboo

ヤミ金・整理屋の手口が巧妙化・多様化しています。
多重債務者の急増により、 クレサラ問題の被害救済を装った詐欺も多く見られます。

posted at 17:36:10

2月21日

@mochyboo

用山恵子@mochyboo

多重債務、 クレジットやサラ金・消費者金融などの借金返済に支障をきたしている方、何とかします。

posted at 07:04:34

2月21日

@mochyboo

用山恵子@mochyboo

借金相談。あなたのその重い荷物を下ろすために・・・・・ご相談下さい。
06-6782-5811

posted at 07:02:49

2月21日

@mochyboo

用山恵子@mochyboo

「破産手続開始、破産手続廃止」の決定は、国が発行する「官報」に記載されます。これを不利益と考えることもできますが、一般の新聞とは違って普通の書店には置いてありませんし、一般の方が「官報」を見る習慣もなく、普通の人にはまったく縁のないものです。

posted at 06:54:35

2月21日

@mochyboo

用山恵子@mochyboo

無登録業者は違法な存在です。しかし、登録を行っていても、出資法に定められた上限利息を超える金利で貸すことは違法です。 つまり、ヤミ金はその商売が違法なのですから、存在自体が犯罪なのです

posted at 06:53:50

2月21日

@mochyboo

用山恵子@mochyboo

「自己破産は人生の敗者だ!自分のプライドが許さない」と言われる方もいます。 プライドを捨てろとは言いません。つまり「それが如何したの!」と言いたいだけです

posted at 06:52:23

2月21日

@mochyboo

用山恵子@mochyboo

既に完済していても、利息制限法の上限金利を超えた利息での借金を行なって完済した場合は、間違いなく過払い金が発生しています。どのくらい過払い金が発生しているかは取引期間によって異なりますが、多かれ少なかれ必ず発生しているわけです。

posted at 06:52:04

2月21日

@mochyboo

用山恵子@mochyboo

不動産を所有している場合、 原則として破産管財人が選任され配当手続きが行われる管財事件となります。 しかしその不動産の時価よりも相当多額の担保権(抵当権など)が設定されている場合は同時廃止が認められる場合もあります。

posted at 06:51:51

2月21日

@mochyboo

用山恵子@mochyboo

競売されると一般市場価格より、かなり低いい価格で売却されてしまいます。そんな時には、任意売却の検討しましょう!

posted at 06:51:36

2月21日

@mochyboo

用山恵子@mochyboo

当センターの運営は営利を目的とせず、本活動趣旨に賛同いただいている 民間の支援援助、クレジット・サラ金等の被害者とその家族及び ボランティアにより運営されております。

posted at 06:51:16

このページの先頭へ