情報更新

last update 05/23 05:51

ツイート検索

 

@moroshigeki
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@moroshigeki

師茂樹 MORO Shigeki@moroshigeki

Stats Twitter歴
2,904日(2009/06/11より)
ツイート数
15,853(5.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年05月22日(月)3 tweetssource

5月22日

@moroshigeki

師茂樹 MORO Shigeki@moroshigeki

今日も暑くなりそうだ、水分をこまめに取らねば、と思って自動販売機に飲み物を買いに行ったら、財布の中身が全部ウォン₩だったでござる...orz

posted at 10:52:18

2017年05月21日(日)7 tweetssource

2017年05月20日(土)6 tweetssource

5月20日

@moroshigeki

師茂樹 MORO Shigeki@moroshigeki

間テクスト性という概念は、多分に表層的な言語活動が暗黙の前提となっているような気がするけど、Nグラムなどで明らかにされる間テクスト性というのは、無意識的で極端に瑣末な、ぱっと見ればカオスな間テクスト性なんだよな。これが個人的にはたいへん面白い。

posted at 22:51:28

5月20日

@moroshigeki

師茂樹 MORO Shigeki@moroshigeki

今回は妙にNグラム分析が受けてたなぁ。Plassen先生が言うところのhidden quotations、つまり引用関係が明示されない引用(的関係)の分析には強力だもんなぁ。しかし、仏教系の学会で「これが私の書いたコードです」と見せ合ったりしたのは初めてかもしれない (^_^;)

posted at 22:48:03

2017年05月19日(金)6 tweetssource

5月19日

@moroshigeki

師茂樹 MORO Shigeki@moroshigeki

今回うれしかったのは、2004年の金剛大学校国際仏教学術会議以来、お会い出来てなかった김성철先生と再開できたこと。10年以上経っても笑顔で再会でき、熱いディスカッションができるのは(김성철先生と議論するといつもヒートアップするw)、本当にありがたいことです。

posted at 21:30:03

5月19日

@moroshigeki

師茂樹 MORO Shigeki@moroshigeki

発表はなんとかうまくいったようだ。内容的には、元暁『中辺分別論疏』と、漢訳がないスティラマティ釈との間に、パラレルとは言えないけど(真諦経由で?)共通するっぽい部分があるかも、と指摘したりしたのだが、インド唯識の先生とかにも面白がってもらえたので、よしとしよう。

posted at 21:07:12

2017年05月18日(木)1 tweetsource

2017年05月17日(水)5 tweetssource

2017年05月15日(月)3 tweetssource

5月15日

@moroshigeki

師茂樹 MORO Shigeki@moroshigeki

タックルもラグビーみたいなタックルになってしまったし、いろいろしょんぼりである。でもまあ、久しぶりのグラップリングは楽しかった。

posted at 23:17:16

5月15日

@moroshigeki

師茂樹 MORO Shigeki@moroshigeki

超久しぶりに寝技のスパーリングをした。体重差もあったので、足関節で一本はとれたけど、すぐに息が上がって全然体が動かなかった(涙)。総合格闘技でも圧法が使えることはわかった (^_^;)

posted at 22:42:21

2017年05月13日(土)5 tweetssource

5月13日

@moroshigeki

師茂樹 MORO Shigeki@moroshigeki

さっきのニュースは仏教系テレビ局なんだが、こういうニュースを見るにつけ、日本も韓国ぐらい仏教系メディアが発達していればいいのにな、と思う。

posted at 22:02:52

2017年05月10日(水)1 tweetsource

2017年05月09日(火)2 tweetssource

2017年05月08日(月)1 tweetsource

2017年05月07日(日)15 tweetssource

5月7日

@moroshigeki

師茂樹 MORO Shigeki@moroshigeki

@southmtmonk @lokottara @hakai_namagusa 一方で現在の法相宗には、唯識観の前提となる暗記の伝統が残っているんじゃないか、と(勝手に)思っています。現在だと慈恩会の竪義がメインとなりますが、他にも暗記する修行法が伝わっているようです。まあこのへんの見立ては、私の勝手な妄想みたいなものですけど (^_^;)

posted at 23:30:28

5月7日

@moroshigeki

師茂樹 MORO Shigeki@moroshigeki

@southmtmonk @lokottara @hakai_namagusa 先程の「公案の拈提」もそうですが、『瑜伽論』の前身の一つとも言われる『達摩多羅禪經』の註釈を白隠さんの弟子の東嶺さんが書いていたりして、割と瑜伽行派の伝統は禅宗に伝わってるんじゃないかと思ったりもします。一方で瑜伽行派が重視した観仏体験などは比叡山の好相行として残ったていたり。

posted at 22:53:20

5月7日

@moroshigeki

師茂樹 MORO Shigeki@moroshigeki

@southmtmonk @lokottara 上野さん @hakai_namagusa も仰っているように『瑜伽論』にも新古の層があって、シュミットハウゼン先生はそれを一枚一枚剥がしていきながらアーラヤ識の原初形態を探す研究をされました。先生曰く、アーラヤ識は大変深い瞑想に入った行者の生命維持装置として発明された、とのこと。

posted at 22:45:42

5月7日

@moroshigeki

師茂樹 MORO Shigeki@moroshigeki

@southmtmonk @lokottara 唯識思想研究では、思想の古さ/新しさの判断基準の一つとして、瞑想体験に基づくものなのか、それが構成に整理されたものなのか、というのがあって、佐久間先生が関心を持っているのはそちらの方ですね。

posted at 22:40:41

5月7日

@moroshigeki

師茂樹 MORO Shigeki@moroshigeki

@southmtmonk @lokottara 山部先生曰く、『瑜伽師地論』などに書かれている実践方法は、どうも他のマニュアルや経典と組み合わされていた可能性があるということです。和訳がたくさんでている代表的な瑜伽行派の経論を読んでも、なかなかイメージがわかないのはそのせいかもしれません。

posted at 22:21:18

5月7日

@moroshigeki

師茂樹 MORO Shigeki@moroshigeki

@southmtmonk @lokottara 『解深密経』だと、「真理を仮に言語化したもの」すなわち経典を師より聴き、自分で読んで、学び、考え、暗記し、暗記が完了したら誰もいない静かな場所で、内心の経典に対する精神集中と思惟とを重ねていく…みたいな感じです。さらに内心の言語自体を分解していくのが唯識観みたいな感じでしょうか。

posted at 22:12:45

5月7日

@moroshigeki

師茂樹 MORO Shigeki@moroshigeki

@southmtmonk 石田さん @lokottara も書かれてますが、『中辺分別論』などもそうであるように、瑜伽行派は基本的に四念処をはじめとする三十七道品などの伝統的な瞑想方法がベースで、それに『解深密経』などに説かれる唯識観や、他にも様々な瞑想方法が開発されたと考えられます。

posted at 22:06:46

5月7日

@moroshigeki

師茂樹 MORO Shigeki@moroshigeki

@southmtmonk すでにまとめができていて乗り遅れた感がありますが、ちょっとだけコメントします。まず、興福寺さんでは、「瑜伽の会」という坐禅の会が定期的に行われています(たぶん今も)。普通の数息観とかです。私も何度か混ぜていただいたことがあります。他のお寺で同様のことをされているかは知りません。

posted at 21:58:33

5月7日

@moroshigeki

師茂樹 MORO Shigeki@moroshigeki

英語で論文を書くのって、母語(日本語)じゃない、ということ以上に、論述の文体が違うってのが結構ストレスである。心が元気なときはともかく、弱っている時のダメージが意外と大きい。

posted at 00:42:13

このページの先頭へ