情報更新

last update 08/23 11:12

ツイート検索

 

@nanashiborger
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

Stats Twitter歴
2,719日(2010/03/15より)
ツイート数
256,246(94.2件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年08月23日(水)81 tweetssource

10時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

ターンエーとのサイズの違いを活かした攻め方が見ていて面白いものがある。ウォドムを相手に彼の足を掴んで豪快に転倒させたり、ヴァッドは逆につまみあげたりとターンエーもサイズの異なる相手に合わせた肉弾戦を披露。なお砲身が溶けて使い物にならなくなったビームライフルを #ターンエー pic.twitter.com/pjeUlyPYyU

posted at 11:11:17

10時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

第4話……前半はディアナカウンターのMSとの遭遇戦が描かれる。ヴァッドはターンエーより小型のMSでさすまたからの電撃を駆使して、ターンエーの足止めを図り、ウォドムは意外にもターンエーの倍以上のサイズがあり、その腕でターンエーの頭を握りつぶそうとするなど #ターンエー pic.twitter.com/sYCr3rNBp8

posted at 11:08:30

10時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

どことなく悪女っぽいあざとさがあるかもしれない(ミリシャ側が先に攻撃を仕掛けた事にも問題はあるのだが)なお、ターンエーのコクピットから降りる際の衝撃でロランが急所をぶつけて悶絶し、ソシエがはしたない事を顔を赤らめる所や、ロランが金魚に潰されそうだと述べるなど #ターンエー pic.twitter.com/yjBL7i2vwi

posted at 11:02:35

10時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

なお、戦火の発端となったポゥを上司のフィル大尉は懲役17年ものだなと指摘しながらも、今は人材不足だからとその分働きで挽回しろと実質お咎めなし。この辺りでフィル大尉がこの機会に地上へ武力で降りたとうとしている野心があるのかもしれず、彼の判断に涙を拭いながら喜ぶポゥも #ターンエー pic.twitter.com/U1zTFYAQCr

posted at 10:59:50

10時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

この辺りもキースはロランがターンエーを持っていることで、強大な力を得られた→ならば何でもできる→自分達にはそれが出来ないからとの苛立ちを味わっているのかもしれない。ホワイトドールが迫害される理由も己の非力さの裏返しなのかもしれない #ターンエー

posted at 10:56:01

10時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

そのキースから俺たちの役割は終わったと、どうやらディアナカウンターと何らかの関係があるようなと様子がわかる。そこから逃げようぜとキースは勧めるが、ロランは何を言っているんだと反発。これにキースはお前は逃げようと思えばいつでも逃げれると悪態をつく #ターンエー pic.twitter.com/po4f07IwZ6

posted at 10:54:45

10時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

第3話……この戦闘に巻き込まれてソシエの親父さんが死んでしまう。特に彼の父が殺害された描写がないが故に、理不尽な死に方だとより感じさせる。彼の死に妻は精神を病み、ソシエも一時ホワイトドールが悪いのよ!なんで間に合わなかったのよ!!とロランへやりきれない怒りをぶつけ #ターンエー pic.twitter.com/QuyBdBfBuu

posted at 10:49:01

10時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

そしてターンエーが石像から目覚める。ロランがターンエーのコクピットを見抜きつつ、ソシエへ運転席のようなものですと訂正しなおす辺り彼女に納得させるだけでなく、自分がMSパイロットとしての経験がある事を感づかれないようにする意図があったのかもしれない。 #ターンエー pic.twitter.com/S1i77QJYQ7

posted at 10:40:24

10時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

戦力差がありながら無謀な攻撃を繰り返すミリシャ側に対して結構批判的に書かれている(いわば匹夫の勇)ような気がしなくもない。この状況で成人式が中断してしまう辺り、形式的な儀式で大人になるのではなく、この戦乱を乗り越えることで大人になっていくような意味があるのでは #ターンエー pic.twitter.com/YFXuw8Mygb

posted at 10:38:14

10時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

なかったと思うのだが、そのしつこさに苛立ちビームを放射してしまう辺りで若干問題といえば問題だ。これにてミリシャとディアナカウンターとの戦争が始まる訳だが、地球側の誤解が遠因の辺りイデオンっぽい導入のような気がする。また富野作品では珍しく弱腰、事なかれ主義よりも #ターンエー

posted at 10:36:30

10時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

余談ながらMS同士の戦争以前は戦車ではなく複葉機を駆使していた辺り、ちょっと20世紀初頭の第一次世界大戦を思い出すノリがあるのは気のせいか。そんでもってこいつら正気なのか!?とあまりにも性能で劣るミリシャの攻撃にポゥが戸惑う辺りなどから彼女自身侵攻するつもりは #ターンエー pic.twitter.com/UtUhSCLDhe

posted at 10:34:56

10時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

この辺り大事な所を隠す意味の他、ロランがまだ幼さが残っている事を意味しているものなのかもしれない。だが、そんな折に月の軍隊ディアナ・カウンターから地球へ降り立ったポゥ・エイジは未曾有の敵と誤解されて、ミリシャの複葉機部隊からの攻撃にさらされる。#ターンエー pic.twitter.com/8Or8CLEdLF

posted at 10:32:11

10時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

そして、成人式が行われ代表となったロランとソシエがお互いの体に吸血ヒルを這わせて痣をつける。その際ソシエからその金魚は何よとロランが呆れられる場面があるのだが、この金魚はロランが月から地球へ持ってきた宝物のようなものであるが、ロランはこれで最後にすると触れており #ターンエー pic.twitter.com/tpvRR4q9dC

posted at 10:28:33

10時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

第2話……成人式が近づくさ中、ロラン達の住んでいるイングレッサにはミリシャという軍隊が存在しており、海の戦いに飛行機で攻めればガリアも敵ではないといったような見解で大量生産される複葉機の様子が描かれる。ソシエは将来入隊する予定で、ちょうどミリシャのパレードが #ターンエー pic.twitter.com/J47xNLnwSZ

posted at 10:24:24

10時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

何か闇墜ちと無縁そうな快活な人物っぽく描かれているのだがどうなのだろう。それと別にシド爺さんが野島昭生さんだが、ザンボット3の一太郎役以来の富野作品への出演となる為結構懐かしい。それはともかくロラン達にも成人式が近づく中で、月から降り立ってパン屋、印刷工場で #ターンエー

posted at 10:17:23

10時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

ローラと呼ぶ辺りで何か特殊な感情をもっているのでは?とも思わなくもなく。余談ながらキャスティング面でロラン、ソシエ、ジョナサンなどブレンパワードから続投されてる方が結構多い。月時代からのロランの女友達フランがカテジナ、クインシィの渡辺久美子さんなのは結構意外で #ターンエー pic.twitter.com/G3dMJ78auq

posted at 10:15:20

11時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

ロランはソシエの親父さんとも交友がある青年実業家グエンに気に入られ、山師のシド爺さんの助手にならないかと勉学の道へ誘われる。このグエンという人物年寄りは外交や政治しかやらないから自分は事業を起こすと言及してる辺り妙に野心家っぽいような所もあり、またロランを何故か #ターンエー pic.twitter.com/Vwxz7Ka26j

posted at 10:11:30

11時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

この世界での成人式がお祭りとしておめでたく終わるのだろうとの安心感をロラン達に与えるのだろう。そしてBパートで特に語られていないがロランとソシエの髪型が変わっており、「あ、ちょっと大人になったな」との感じが伝わってくる。ロランもソシエも将来の進路を考える年ごろとなり #ターンエー pic.twitter.com/X1GMPbEdXy

posted at 10:07:50

11時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

まぁそれはともかくロランは特に行くあてもなかったのでハイム家のお世話になり、運転手として働く事になる。そんでもってAパートでロランがキエルをディアナと姿を重ねる伏線や、彼女がホワイトドールの儀式を兼ねた成人式へ参加するなど序盤の伏線も用意しておく。とくに後者は #ターンエー pic.twitter.com/oeyTlojBrB

posted at 10:02:45

11時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

ちなみに本放送時夕方だったと思うのだが、最初の2話ぐらいで結構サービスシーンが出てくるっちゃでてくる(成人式自体がそうだが)。この辺り当時大丈夫だったのだろうかと思いつつ。余談ながらEDアニメはブレンパワードのOPの影響もあるのかもしれない……男だけれども #ターンエー pic.twitter.com/vZOxRXGKeA

posted at 09:59:00

11時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

感じるところで、地球の川にロランが興味津々で入るものの溺れてしまった所をハイム家に助けられる。この辺り月では見られない珍しい環境としてロランがはしゃぐ辺り生活圏が異なっていたと感じさせる所で、それも全裸で泳ぐ辺りはちょっと幼いような雰囲気も与えているのかもしれない #ターンエー pic.twitter.com/o6S6MHpMv6

posted at 09:56:34

11時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

そんでもって第1話からロボットが出でこない(厳密には冒頭で出てくる)辺り富野作品では珍しいなぁと思うところかもしれない。この第1話はプロローグのような内容に徹しており、おそらく月から地球へ飛来したロラン・セアック達はいわゆる社会勉強的な目的で降り立ったのではないかと #ターンエー pic.twitter.com/cgB24F4RD8

posted at 09:54:05

11時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

この機会にリクエスト関係もあり取り上げる事にしました。本放送当時少しだけしか見ておらず記憶もほとんどないので手さぐりに近い状態で取り上げる事になる。今のところ感じた事として世界名作劇場的な穏やかなノリでイデオンをやっているようなとの印象でもある #ターンエー

posted at 09:51:06

11時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

そんな訳でメダロットから変わりまして∀ガンダムを今回から取り上げていく事にします。大体5話ずつで劇場版2部作を含めて全12回に分けて書く予定なのでさわりの1~5話まで。この作品も最後の方に見る予定だったが、とりあえずGレコの視聴解禁(これで富野監督作品がコンプの為)#ターンエー pic.twitter.com/gQ2UognjFb

posted at 09:49:55

18時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

@nva36222 あー、谷田部監督が最初から3年だった辺りは初めて聞きました。しかし当初からだいぶ強気な予定だったのですね。川瀬監督は4年目で江上監督に変わる予定だったのは聞いたことがあります。ただ谷田部、高松監督の件が2度続くと半ば暗黙の了解で定着してたのではないかと私は考える所です

posted at 02:38:43

19時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

@nva36222 左様でしょうか……そうなりますも逆にそれ以前の勇者シリーズやエルドランシリーズが何故3年間監督が続投したのかって所が気になる所です。高橋良輔プロデューサーもガオガイガー以前の勇者シリーズにはノータッチのようですし……

posted at 02:00:07

19時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

@nva36222 マイトガインは敢えてOVA展開とかはしなかった感じもします。高松監督として子供向き路線を維持したかったようなスタンスがあったそうですし……ダグオン、ガオガイガーでそれまでと違って1年単位で監督が交代してた辺り何かあったのではって感じもするんですよね。それまで3年担当されてましたが

posted at 01:46:10

19時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

@nva36222 最近勇者シリーズは単にビーストウォーズの復活の為終わったと判明しましたが、個人的にゴルドランまでの路線では限界があるとしてダグオン、ガオガイガーでイメチェンを図っても定着しきれなかった辺りはあったのではないかと思います。OVAに活路を求めたのもライジンオーと違って悪足掻きみたいな

posted at 01:27:24

20時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

@nva36222 これ、ダグオンでも感じたことですがOVAで勇者シリーズをどう見てるかですよね……本当ライジンオー見習ってほしいといいますか……わざわざそういったネタのために本分がおろそかになる辺りスタッフの自己満足でしかないっすね……

posted at 01:10:38

20時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

新旧主役メカ対決、勇者シリーズじゃないけど同じサンライズのメタルジャックは比較的上手くやれてたなぁと。敵側に旧主役メカが乗っ取られたので、新主役メカが開発されて対決する経緯で

posted at 01:07:54

20時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

@nva36222 あっ、いや新旧主役メカの対決ならまだ分かるのですよ。ただ何故護が凱と戦わないといけないかは本来の勇者シリーズの兄貴分ヒーローと少年ものの組み合わせでやっちゃダメだったのでは……と。仮にルネや凱の偽物とかでしたら別にアリだと思います。子供の扱いがぞんざいなんですよね

posted at 01:01:47

20時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

なんとなくゴーショーグンって作品は後年の扱いはそこまで華やかじゃないけど、妙に存在感を放つ脇役のような立ち位置にあるような気がする。中心点にはならないとしても空気にもならないというか

posted at 01:00:09

20時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

@nva36222 あー、いやその辺りはまだ然程嫌悪感ないんですよね。護が偽物とはいえ凱と敵対してガチンコ対決させるのって勇者シリーズ的にどうなのよって思ったりしましたし実の父親と戦うのもなんだかなーとの感じですね……

posted at 00:54:01

20時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

一応前より落ち着いた様子で見られるのだが、お世辞にも……。ただダグオンのOVAも別の意味でアレだったことが、ガオガイガーFINAL見るにあたってまだこれだけが問題ではないように感じているからなのかもしれないのか

posted at 00:35:30

20時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

リュウセイさん「教えろ!最強の名を手に入れるのは誰になるのか!?ジョニーか、ファーステストか、パワーバンドか、バニシングポイントか!?それとも…!!おいお前!おまえはいったい何者なんだ!!」
ジョニー「俺が誰かだって⁉︎俺の名は、俺の名前は…山田ぁ一郎だー!!」 #今日は何の日 twitter.com/nanashiborger/

posted at 00:19:53

21時間前

@nanashiborger

名無し・A・一郎(ぷっぷる)@nanashiborger

公式というか、原作者の意向とかになるとまぁ仕方ないのかなぁと思う時はある。個人的に嫌いなのはやはり原作者が鬼籍に入られた後に原作者の意向を足蹴にするような事をすることですね……

posted at 00:11:19

このページの先頭へ