情報更新

last update 06/27 17:30

ツイート検索

 

@nanbashura
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@nanbashura

難波修羅@nanbashura

  • 931フォロー
  • 940フォロワー
  • 109リスト
Stats Twitter歴
2,812日(2009/10/16より)
ツイート数
23,160(8.2件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年06月27日(火)10 tweetssource

8時間前

@nanbashura

Transnaut@transnaut

細かいところを言えばそもそも記憶を「保存と再生」モデルで理解しようとする所自体に大きな疑問があるのだけど、それを考え始めると今言いたかったことが言えなくなるので便宜上こういう書き方をした。もし「保存と再生」モデルを逸脱するならば、記憶という言葉そのものが解体されることになる。

Retweeted by 難波修羅

retweeted at 10:58:12

8時間前

@nanbashura

Transnaut@transnaut

生物の進化においても一度獲得された形質、例えば昆虫の翅が、ある系統で失われるということがある。その系統においても翅を作り出す発生機構の大半は保存されているがそれが単に発現できない状況にあったりする。そしてさらにその子孫系統において、いともたやすく先祖返りとして翅が復活したりする。

Retweeted by 難波修羅

retweeted at 10:58:09

8時間前

@nanbashura

Transnaut@transnaut

忘れる、あるいは思い出せないということは、必ずしも何か保存されているものとされる「記憶」そのものそのものが失われたことを意味するのではない。むしろその保存されているとされるものが現在の意識的文脈に適合しないため原理的に意識化し得ないということにその本性がある。

Retweeted by 難波修羅

retweeted at 10:58:06

2017年06月26日(月)40 tweetssource

21時間前

@nanbashura

難波修羅@nanbashura

荼枳尼天曼荼羅で本尊の前に立っていて、おそらく天河弁才天曼荼羅でも描かれている、半人半獣で半裸ないし全裸の男女一対の神?について学術的に何かご存知のかたいらっしゃったらお教えください。 pic.twitter.com/BUMAZxY7JC

posted at 22:03:31

22時間前

@nanbashura

杜すいとん@wolfmuzzle1

>続き JR鶴岡駅も訪れた。ハチ公の物語の普及には鶴岡出身の動物愛好家の斎藤弘吉氏が関わり、戦時中金属供出の為に溶かされた渋谷のハチ公像の再建も推進した。一方石膏型は何人もの手を経て隣接の旧藤島町舎に寄贈されていたものが平成の大合併によって鶴岡市に編入、弘吉氏と再会した。 終 pic.twitter.com/ozG1yFUWXw

Retweeted by 難波修羅

retweeted at 20:44:52

22時間前

@nanbashura

杜すいとん@wolfmuzzle1

山形県鶴岡市藤島の藤島庁舎に忠犬ハチ公の像を探しに伺った。職員の方々に庁舎からほど近くの「ふれあいセンター」をお教えいただき向かう。「ハチ公広場」と名付けられた一画にはハチ公像が。現在の渋谷のハチ公像の製作者が試作した石膏型がJR鶴岡駅に存在し、こちらのはその複製だそうだ。続く> pic.twitter.com/ZYSRRUQerj

Retweeted by 難波修羅

retweeted at 20:44:39

23時間前

@nanbashura

青森県中泊町博物館@nakadomari_muse

岩木川流域に顕著な「スイコ様」。用水路が張り巡らされ、子供の水難事故が多かった新田地帯特有の信仰といえそうです。『青森県の民間信仰(青森県立郷土館)』には中泊のスイコ様として二体が掲載されていますが、詳細が分かりません。ご存知の方は、博物館までご連絡いただければ幸いです。 pic.twitter.com/JCCUn6b0bg

Retweeted by 難波修羅

retweeted at 19:51:39

23時間前

@nanbashura

青森県中泊町博物館@nakadomari_muse

岩木川流域に顕著な信仰といえば、「スイコ(水虎)様」も有名です。カッパ(河童)の親玉のような存在で、水難事故に遭わないよう祀られたものです。明治初期、つがる市木造の日蓮宗實相寺が中心となって祀った「水虎大明神」が発祥のようです。

Retweeted by 難波修羅

retweeted at 19:51:22

23時間前

@nanbashura

敷島書房@jack1972frost

広瀬伸氏の『水虎様への旅ー津軽の水土文化』(津軽書房)、入荷。水虎様(スイコサマ)は津軽地方におけるカッパの名称。主題扱いは希少かと。農業土木技術者の広瀬氏が青森県勤務で抱いた熱い想いを結晶させた、丁寧な調査と考証による貴重な一冊。 pic.twitter.com/TDUVbxdlDu

Retweeted by 難波修羅

retweeted at 19:50:11

23時間前

@nanbashura

青森県中泊町博物館@nakadomari_muse

「武田の歴史たんけん&坐禅にちょうせん!」で嬉しい発見!豊岡神明宮境内に小さな御堂があり、ある児童が「あれは何?」と尋ねてきました。御堂の扉を開け御幣を寄せると、黒い厨子があり、中には「スイコ(水虎)様」がいました。今まで気にも留めなかった自分を呪いながらも「僥倖」に感謝! pic.twitter.com/xS31eePmoZ

Retweeted by 難波修羅

retweeted at 19:49:46

6月26日

@nanbashura

難波修羅@nanbashura

現代のスピ系の流れに系譜を探すと相関図が発散してしまうので、出版社を単位としてアプローチするのが、サイズとして良いと思うので。

posted at 17:53:40

6月26日

@nanbashura

비내림 봇@Raindown_bot

ヽ`、ヽヽヽヽ``、ヽヽ`ヽ`、ヽ`、ヽヽ`ヽ、ヽ`ヽヽ`、ヽ`ヽ`、ヽ``、`ヽ`、ヽヽ``、ヽ`ヽ`、ヽヽ``、ヽヽ`ヽ`ヽ`、ヽヽ`ヽヽ``ヽ、`ヽヽ`、ヽ`ヽ`、ヽヽ`ヽ`、ヽ`ヽ`、`ヽ`、ヽヽ`ヽ`、ヽ`、ヽ、ヽ`、ヽ``、ヽ`ヽ`、ヽヽ`ヽ`、ヽ`ヽヽ`ヽ`、ヽ`ヽ

Retweeted by 難波修羅

retweeted at 16:37:29

6月26日

@nanbashura

汐月陽子@soleilunepleine

今わたしの部屋から出てきたメモに「セカイ系には北海道系と京都系がある! 前島賢」って走り書きされていて、ちょっと気になってるんですけど、どなたかこの話の出どころやより深い展開をご存知のかたはいませんか。この書き方じゃ前島さんの説なのかどうかも分からん(笑)

Retweeted by 難波修羅

retweeted at 12:46:23

このページの先頭へ