情報更新

last update 01/21 08:05

ツイート検索

 

@narapress
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

Stats Twitter歴
2,877日(2010/03/08より)
ツイート数
71,416(24.8件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年01月20日(土)19 tweetssource

18時間前

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

サイバラがその出発点から弱者ヘイトに至った要因は何なの?「目標になる女性もどこにもいなかったんです。きちんとした仕事を持ってる女性もいなかったし、立派な女性なんてテレビに出ている芸能人みたいな夢の存在」>西原理恵子がドクター高須を介護しない理由とは? AERA dot.asahi.com/dot/2018011800

posted at 21:13:46

19時間前

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

「保護基準の引き下げは、他の制度にも影響します。住民税の非課税限度額、就学援助の基準、最低賃金、大学の授業料・入学金の減免…保護を受けていない人々にとっても他人事ではないのです」>原昌平:貧困と生活保護(53)低所得化に合わせて基準を下げてよいのか 読売 yomidr.yomiuri.co.jp/article/201801

posted at 20:22:08

20時間前

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

@hiruandon89 いま言われている花森論は、なんか違う感じがする。図書館に行って、できるだけ古い『暮しの手帖』バックナンバーを数十冊ほどめくってみると、実際の感じがわかると思います。もっと強かった。9.11以後に放射能に一言も言及しなかった松浦弥太郎の時期のもあわせて読むと、その違いがきわだちます。

posted at 19:42:47

20時間前

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

小室哲哉。「僕は芸能人になりたかったわけではなく、音楽家になりたかった。ヒット曲を作りたかったのではなく、好きな音楽を作りたいと思っていた」「ブームだった90年代に影響がありすぎて」というのは、まったくの本心だろうと感じる。そして、人々の(過剰な)期待を無視できるほどには強くない。

posted at 19:29:16

21時間前

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

1/21日14時〜 奈良市でトーク「奈良少年刑務所の心をつなぐ④:SOSを出せなくて〜依存症への落とし穴」www.facebook.com/events/1117134 千円。申込先着30人。残席あり。奈良少年刑務所でも薬物離脱指導を受け持っていた倉田めばさん(大阪ダルク)の話。当事者からみた“依存症”と、そこからの離脱の現実とは。

posted at 17:49:36

23時間前

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

「決定の理由で市は「平和・博愛・自由・人権を訴えた大石誠之助の思想啓蒙活動は、現在にも通じる先覚的な取り組みであり、明治期に、熊野地方において人権思想や平和思想の基礎を築いたと言える」と説明」>大石誠之介に名誉市民の称号 大逆事件犠牲者、新宮市贈る 紀伊民報www.agara.co.jp/news/daily/?i=

posted at 16:13:25

23時間前

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

「大逆事件 明治天皇の暗殺を企てたとして1910(明治43)年に社会主義者らが逮捕され、24人が死刑判決を受けた。無期懲役に減刑された12人を除き、幸徳秋水や共同謀議の罪に問われた大石誠之助ら12人は処刑された。大半は暗殺計画とは無関係で、現在は国家による思想弾圧事件との見方が強い」>毎日

posted at 16:03:33

1月20日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

山本義隆『近代日本一五〇年 科学技術総力戦体制の破綻』岩波新書www.amazon.co.jp/dp/4004316952/「日本の近代化…「殖産興業・富国強兵」「高度国防国家建設」「経済成長・国際競争」と、国民一丸となった総力戦体制」「明治100年の全共闘運動…破綻としての福島の事故を経たいま、日本近代化の再考を迫る」

posted at 15:36:59

1月20日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

続報。「当時の住民は転居し、4棟のマンションは建て替え工事が進んでいる。一方で、建て替え費用の負担をめぐる三井不動産レジデンシャルと三井住友建設らとの話し合いは」>「横浜傾きマンション」、泥沼法廷闘争の行方 建て替え関連費用460億円をめぐって泥仕合 東洋経済 toyokeizai.net/articles/-/205

posted at 14:45:58

1月20日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

東京電力原発事故の刑事裁判について、論点の詳報。共同配信かな。「東京地裁では今月下旬から旧経営陣の責任を問う刑事訴訟で関係者の証人尋問が本格化する」「重要な論点が残る。事故の3年前、東電社内でいったんまとまりかけた防潮堤建設の計画が白紙に。なぜ津波対策を先送りしたのか」>奈良新聞 pic.twitter.com/tOjIraZST3

posted at 10:25:23

1月20日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

けさの夢。ものすごい地震で目が覚めた。バーン!と縦でなく横の一撃。続いて強烈な揺れ。倒れてくるような家具はないな、と思ったが、確かめるとそこは実家の2階である。夢だとわかったので少し安心したが、これはアウトかな、と思うほど揺れた。夢の中で「死ぬかも」と思ったのははじめてかも。

posted at 10:08:58

1月20日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

「財務局が2016年3~5月に作成した「照会票」と「相談記録」…国有地の売却担当者が、学園との交渉経緯を記した上で、財務局の法務担当者に、国の対応に法律上の問題がないか質問し、回答を受けた内容が記さ」>近畿財務局:森友交渉の文書開示 内部で検討の詳細な記録 毎日 mainichi.jp/articles/20180

posted at 09:56:29

1月20日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

「オウム事件の全裁判が事実上終結したことで、法務省は今後、既に死刑が確定した教祖の松本智津夫死刑囚ら13人の執行について検討を本格化させるとみられる」「大半が再審請求中とみられる」>オウム裁判、終結に22年 死刑執行焦点に 裁判員・被害者参加、司法も変化 毎日 mainichi.jp/articles/20180

posted at 08:52:54

2018年01月19日(金)11 tweetssource

1月19日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

ウナギの稚魚の激減について、成毛眞が、完全にあさっての方角の自説を展開。まともな見識のある友人はいないのかな。「今年のうなぎ稚魚不漁について、乱獲飽食の結果だと嘆く諸氏が多いことに驚く…日本人の科学リテラシーが小学生レベルであることの証である」>www.facebook.com/makoto.naruke/ pic.twitter.com/Dxm540nyq0

posted at 20:28:18

1月19日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

「内閣官房報償費(官房機密費)…国に関連文書の開示を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(山本庸幸裁判長)は19日、支払い先が記されていない一部の文書について開示を認める判断を示した。官房機密費に関わる文書の開示を認める司法判断が初めて確定」>毎日 mainichi.jp/articles/20180

posted at 16:49:51

1月19日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

奈良県が2年前に東京・白金台に出店させたレストラン&ショップ「ときのもり」www.tokinomori-nara.jp/about/ 改装費1億1千万円・年間家賃2千万円を奈良県が負担。売上げの7%が県に入る契約だが昨年はたったの409万円と。計算すると悲しい売上げがわかる。費用対効果の再考が必要。>山村さちほ奈良県議会報告 pic.twitter.com/naow3biYEY

posted at 12:05:04

2018年01月18日(木)5 tweetssource

1月18日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

「番組は昨年12月26日放送の「こんちわコンちゃんお昼ですょ!」(月~金曜午後0時半~)。近藤氏は私見として「中国や韓国の勢力が、内部から日本を分断しようとしている」とした上で、こうした勢力が基地反対運動でも活動し「純粋に反対運動をしている人は少ない」といった趣旨の発言をした」

posted at 22:32:28

1月18日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

「毎日放送(MBS)は18日、昨年末に放送した…ラジオ番組で沖縄の米軍基地反対運動を巡り、パーソナリティーの近藤光史氏(70)に不適切な発言があったとして、近藤氏に改めて沖縄の現地を取材して番組内で報告してもらうとの方針を示した。近藤氏は既に番組内で謝罪」>毎日 mainichi.jp/articles/20180

posted at 22:26:00

1月18日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

『広辞苑』。従来の版で、奈良の「佐保川」を「さほがわ」でなく「さおがわ」で立項していたので、おかしいのではないかと2013年に質問した。いま誰も「さおがわ」と言わないし、欄干の表示も、周辺の地名もすべて「さほ」。「次回の改訂時にあらためて検討」との回答があったが、どうなったかな。

posted at 14:48:27

1月18日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

新しい語釈については、編集段階でネット公開しておけばよかった。大勢が熱心に検証してくれたはず。「10年ぶりに改訂された「広辞苑」第7版(12日発売)で、新たに収録した「しまなみ海道」の説明に誤りが」>岩波書店:広辞苑「しまなみ海道」説明誤り 「大島」違い 毎日 mainichi.jp/articles/20180

posted at 12:02:15

1月18日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

「ロシア艦隊「イルティッシュ号」…1905(明治38)年5月、日本軍の砲撃を受けて沈没…和木町民らが漁船を出すなどして、乗組員235人を救助した。翌年から、命の尊さや人類愛を後世に語り継ぐ「ロシア祭り」が」>日露戦争:沈没露艦隊を救助 史実を絵本に 島根・江津 毎日 mainichi.jp/articles/20180

posted at 10:44:52

2018年01月17日(水)13 tweetssource

1月17日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

東シナ海のタンカー事故。「東海大海洋学部の斉藤雅樹教授は「コンデンセートは元は気体のものを液化しており、長時間の火災などで流出油の大半が燃えたか気化してしまった可能性が高い…影響は考えにくい」と」>EEZ内:沈没タンカーから油 日中海洋当局が対応 毎日 mainichi.jp/articles/20180

posted at 21:59:24

1月17日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

「河野さんは『コメを与え、北朝鮮を対話のテーブルにつかせることが大事だ』という方針でした。今になって考えると、その通りだな、と」「日本が北朝鮮への経済制裁を始めたのは12年前…何か動いたでしょうか。圧力で北朝鮮が折れる?希望的観測もいいとこです」蓮池透>毎日 mainichi.jp/articles/20180

posted at 20:43:15

1月17日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

「真宗大谷派本山・東本願寺にある参拝接待所ギャラリーで、同派とアイヌ民族との歴史を振り返る展示が行われている。明治政府のアイヌ同化政策に加担した宗派の過去を直視…「国に追随しアイヌの言葉や文化を奪ってきた宗派の歴史を見つめ直す機会にしたい」」>京都新聞 www.kyoto-np.co.jp/top/article/20

posted at 18:17:22

1月17日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

「ともかくすごい物語だ…大和朝廷の高官たちを笑いものにして、帝の求愛まで断るところに、作者の反骨も感じる。虐げられた側の者が、うさ晴らしも兼ねて作ったのかもしれない。一体だれが書いたのか?謎は深まる」>ならまち暮らし:大和の物語「かぐや姫」=寮美千子 毎日 mainichi.jp/articles/20180

posted at 16:13:00

1月17日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

『松本潮里画集 迷想園』(芸術新聞社)、アマゾンで予約受付中。「物語のワンシーンのような世界にたたずむ、クラシカルな衣裳を纏った少女たち。「ここではないどこか」を希求し、見る者を空想や物語の向こうに引きこみ続ける、画家・松本潮里のこれまでを一望する初画集」>www.amazon.co.jp/dp/4875865368/ pic.twitter.com/OrXNG6qplt

posted at 13:54:27

1月17日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

旧奈良監獄/奈良少年刑務所。手前に見える長い瓦屋根は、第1・2実習場(舎房第5寮の端に接する)。ここも重要文化財として保存対象に。右奥の屋根は庁舎(本館)。写真いちばん右の尖塔(建物の正面部分)から、中央監視所の上の塔まで、意外なほどの奥行きがある。

posted at 12:55:43

1月17日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

平城宮跡に隣接する長屋王邸宅跡に建てられた、かつての「奈良そごう」で、去年までイトーヨーカドー奈良店だったビルに、新たな商業施設が4月オープン予定。いま1/31〆切で名称を公募中。応募できるのは「奈良県在住で奈良をこよなく愛する方」。>株式会社やまき www.naraheijoplaza.com

posted at 11:44:08

1月17日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

この幻影は、ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア『故郷から10000光年』の「故郷へ歩いた男」の印象が近いかも。操り人形のようで、動いていたのか動かされていたのかはわからない。爆発の現場も見た。閃光はなく、“爆心”から衝撃波みたいなものが数秒おきに広がっていた。

posted at 11:16:58

1月17日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

毎日新聞奈良版に、寮美千子エッセイ・ならまち暮らし第176回「大和の物語「かぐや姫」」。先日、東京でのシンポジウム「かぐやとアインシュタイン」登壇をきっかけに初めて原典を通読してみた「竹取物語」は、まったく大和盆地の物語だった。しかも、びっくりするぐらい緻密な構成。これは何なのか?

posted at 11:07:15

1月17日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

けさの夢。だだっ広い場所で列車を降りて歩いていくと、踊っているような人々の幻影に出会う。見えない巨人につままれているように、服が持ち上がっている。どこか遠くで起き続けている異常な爆発に巻き込まれている人々の姿が投射されているらしい。生きているのか死んでいるのか、なにもわからない。

posted at 11:04:22

1月17日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

「遠山川は1980年代後半から河床の低下などにより立木や倒木が多数発見され…過去の土砂崩れで天然のダム湖…川沿いの林が埋まったもの」「分析…714年ごろに枯れたものと分かり、同年代に現在の静岡県で大地震が」>長野・飯田:「奈良時代」の埋没林、市天然記念物に 毎日 mainichi.jp/articles/20180

posted at 10:56:46

1月17日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

@Yam_eye わが国は1980年代初頭、「サンシャイン計画」として太陽熱発電の実験プラントを香川県に建設しました。思うような効率が出ず、数年で放棄されました。集光鏡の清掃および太陽追尾機構のコストの問題と聞いています。自分の通った中学校には、払い下げになった集光鏡が、玄関ロビーに置いてありました。

posted at 00:41:42

2018年01月16日(火)14 tweetssource

1月16日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

3/24土、平城宮跡に「朱雀門ひろば」がオープン。いったいどういう理由で「1300年の時を超えて新たなにぎわいの拠点」になる予定なのか、まったく想像できない。いまさら国の中枢でなし、交通不便、行くたび発見のあるコンテンツが提供されるわけでなし。>平城宮跡歴史公園 www.heijo-park.go.jp

posted at 22:45:51

1月16日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

「大学入試センター試験の「地理B」…センターは16日、「知識・思考力を問う設問として支障はなかった」という見解を示した。ただ、アニメの舞台となった国を問題で明示した根拠は「現時点では回答できない」と」>ムーミンの舞台、入試センター「設問に支障なし」 朝日 www.asahi.com/articles/ASL1J

posted at 21:16:55

1月16日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

毎年、東大寺二月堂お水取りの「お松明」のための竹を奉納してきた団体のひとつ、奈良きたまち「仁伸会」。今年は、主宰の岡本さんの体調不良(肩の負傷)のため、奉納をお休みすることになりました。来年の復活にご期待ください。(写真は昨年のようす)>産経記事 2016/2 sankei-nara-iga.jp/news/archives/ pic.twitter.com/VfXiZXzUiQ

posted at 20:07:24

1月16日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

奈良県うだ・アニマルパーク。「動物愛護センターも併設。捨てられた野犬や野良猫たちが収容され、その数は1年で約1700匹…譲渡されるのは僅か1割のみ。他はほとんど安楽死…担当者は「人間が最期まで責任を持って飼えば、このような施設は無くて済むはず」と」>毎日 2017/10 mainichi.jp/articles/20171

posted at 17:01:59

1月16日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

訃報。「さをり織り」って、ちょくちょく見かけるけど、こんな考案者がいたとは知らなかった。「堺市出身。太さや色、素材の違う縦糸と横糸の組み合わせによって自由に楽しめる「さをり織り」を、50代半ばのときに考案」>さをり織り創始者・城みさをさん死去 104歳 朝日 www.asahi.com/articles/ASL1J

posted at 13:28:41

1月16日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

ダムの底にたまるのはヘドロ。ダムのことを知っていたら、食品にこんな演出はできないと思うのだが。食べたい気持ちも理解できない。「ご飯を皿に高く盛り、カレーをダムのようにせき止める「ダムカレー」が人気」>決壊させたい衝動…ダムカレーが熱い 造形に心血注ぐ 朝日 www.asahi.com/articles/ASKDM

posted at 11:03:02

1月16日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

ナイーブ(幼稚)なアイディアの典型として、いまもときどき思い出すのが、新聞広告クリエーティブコンテスト最優秀賞をとった「エコ買い」(ジェイアール東海エージェンシー・畑中大平作)。商品が余るのは仕入れ過剰が原因で、消費者のせいじゃないよ!>日本新聞協会 2006 www.pressnet.or.jp/adarc/adc/2006 pic.twitter.com/cK1mEAJZYa

posted at 00:50:46

このページの先頭へ