情報更新

last update 06/28 21:58

ツイート検索

 

@narapress
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

Stats Twitter歴
2,671日(2010/03/08より)
ツイート数
65,206(24.4件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2017年06月28日(水)3 tweetssource

6月28日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

毎日新聞奈良版に、寮美千子エッセイ・ならまち暮らし第163回「木辻の昔話・カフェ」。ならまちの「木辻の坂」一帯は三百年間続いた遊郭の跡。井原西鶴の物語にも登場する。そこに子どもの頃から住んできた川端俊夫さん(91)に、昭和初期の界隈のようすを聞いた。家はカフェをやっていたという。

posted at 08:04:16

2017年06月27日(火)6 tweetssource

2017年06月26日(月)3 tweetssource

2017年06月25日(日)5 tweetssource

2017年06月24日(土)6 tweetssource

6月24日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

さっきWallaga湖畔のキャラバンパークから空を見たら、南十字があっけないほどよく見えた。天の川が濃い。あと、にせ十字とケンタウルス座α・βのほかはよくわからない。さそり座が天頂に見えて、ちょっとほっとした。

posted at 22:21:25

2017年06月23日(金)6 tweetssource

2017年06月22日(木)13 tweetssource

6月22日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

6/22、オーストラリア6日目。ウロンゴンからさらにクルマで南下。シドニー市内もそうだったが、まっすぐな道がほとんどなく、上下左右に大きくうねっている。このあたりはそれで法定速度80km/hとか100km/hで中央分離帯なしの対面通行なのだが、なぜかあまりこわくない。ふしぎだ。 pic.twitter.com/7piIYgPcr9

posted at 23:15:23

6月22日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

オーストラリアのクルマ事情。シドニー市内や、以南のNSWで観察したところ、積極的な運転スタイルが多い。スピードは出すし、車間距離も小さいが、歩行者優先は明確で、緩急のある運転。その運転文化のなかだと、ラウンドアバウトはものすごく快適。郊外へ出ると、交通信号機がほとんどない。

posted at 20:54:53

6月22日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

6/22、オーストラリア5日目。ウロンゴンからさらにクルマで南下。シドニー市内もそうだったが、まっすぐな道がほとんどなく、上下左右に大きくうねっている。このあたりはそれで法定速度80km/hとか100km/hで中央分離帯なしの対面通行なのだが、なぜかあまりこわくない。ふしぎだ。 pic.twitter.com/zuAzojm0L0

posted at 20:50:51

6月22日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

6/21、オーストラリア5日目。夏至というか冬至。シドニーからクルマで南下。初代iMacの「ボンダイブルー」の由来になったボンダイビーチで海の色を見た。ボンダイはアボリジニ語とのこと。北海道がアイヌ語地名で満ちているように、オーストラリアにはアボリジニ由来の地名がたくさん。 pic.twitter.com/yAznAxilTw

posted at 19:16:21

2017年06月21日(水)5 tweetssource

6月21日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

シドニー4日目。マンリーからサーキュラーキーへフェリー(三十分)。シドニーオペラハウス見学、話に聞こえた以上の超すばらしい建築で感涙。ほんとうにすばらしい。その後書店巡り。クイーン・ビクトリア・ビルディングのすごさにも仰天。夕食は中華街。 pic.twitter.com/onca2e1u9o

posted at 00:01:18

2017年06月19日(月)4 tweetssource

6月19日

@narapress

松永洋介/ならまち通信社@narapress

シドニー3日目。レドファン(ダウンタウンのアボリジニ集住地区のひとつ)をウロウロ。その後「オーストラリア博物館」見学(いくつかの展示室は改装中)。アボリジニの展示は人権問題も明確に記述してあった。全体では北海道博物館のアイヌ展示のほうが充実してるかなという印象。 pic.twitter.com/O6BhnPBamf

posted at 22:30:58

このページの先頭へ