情報更新

last update 02/23 21:42

ツイート検索

 

@nekoko24
サイトメニュー
Twilogユーザー検索

Twilog

 

@nekoko24

村山早紀 Saki Murayama@nekoko24

Stats Twitter歴
3,014日(2009/11/25より)
ツイート数
160,070(53.1件/日)

ツイートの並び順 :

表示するツイート :

2018年02月23日(金)123 tweetssource

10時間前

@nekoko24

村山早紀 Saki Murayama@nekoko24

なぜ今頃街にいるかというと、美容室の帰りなんですが、ちょうど大道芸してるひとがいて、いいものをみたな、と。水晶玉を使ったジャグリングとパントマイムでした。今夜は寒いので、水晶玉は冷たかっただろうなあ。

posted at 21:10:10

10時間前

@nekoko24

水田ゆき@yuki_3_21

最近小説読むと、全部コマ割りを頭の中でするようになって中々読み進められないけど、ここだけの話しコマ割りのトレーニングにはなってるような気がする。ネーム切るの速くなった

Retweeted by 村山早紀 Saki Murayama

retweeted at 20:36:50

10時間前

@nekoko24

水田ゆき@yuki_3_21

宮部さん伊坂さんは新刊で、百貨の魔法はあらすじと表紙で買っちゃった。読みやすそうだったけどリズムがあうといいなー。ゆるキャンはお薦めしてくれて買ったけど可愛いが止まらない

Retweeted by 村山早紀 Saki Murayama

retweeted at 20:36:38

10時間前

@nekoko24

なかのひと的な2@devergnodee2

灰色ボス、昨日の段階ではほとんど食欲がなく背中を摘んだらえげつなく脱水していて、まずいな、と思い少しずつ何度もシリンジで水分を勧めたら、夜中に突如起き上がりドライフードをがっついてミルクもたらふく。「はらへったな」という気持ちになるにも体力がいる。

Retweeted by 村山早紀 Saki Murayama

retweeted at 20:29:52

11時間前

@nekoko24

MJ書店員の独り言@MJ78943475

そして、ようやく本屋大賞二次投票も完了!もちろん当初から推しているあの作品達に順位をつけました(^_^)でも10作品すべてが素晴らしいと思います。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
こんにちは、本屋大賞実行委員会です。
このたびは「2018年本屋大賞」の二次投票ありがとうございました。

Retweeted by 村山早紀 Saki Murayama

retweeted at 20:28:07

14時間前

@nekoko24

坂本ヒメミ@himemi

10代の頃にコンクールで賞を貰えたような経験はほぼ無くて。
時を経て、自分の描いた絵をきっかけにこういう場に同席できたのは、なんてなんて幸せな事だろうか。
おめでとうございます、そして素晴らしい機会をありがとうございました。

Retweeted by 村山早紀 Saki Murayama

retweeted at 16:54:38

14時間前

@nekoko24

坂本ヒメミ@himemi

画を担当させて頂いた「駅鈴」(@kubotakaori )が指定図書に選ばれていた読書感想画中央コンクール。
この本の絵で賞を取ってくれた子が2人もいて、表彰式に出席してきました。賞を貰えた方も、今回は選ばれなかった方も、本を楽しむ気持ちと絵に描きたくなる衝動をこれからもどうか大切に🕊 pic.twitter.com/ocDBWWd6c7

Retweeted by 村山早紀 Saki Murayama

retweeted at 16:54:35

15時間前

@nekoko24

SP@Espyzfof

趣味に興味が向かなくなるのが鬱の兆候みたいな話、これだけ広く語られてるということは医学的な根拠もある話なんだろうけど、自分の主観的にはむしろ逆なんだよな。一番自律神経ヤバかった時期はアニメばかり見てた

Retweeted by 村山早紀 Saki Murayama

retweeted at 15:53:08

15時間前

@nekoko24

岡田育 / Iku Okada@okadaic

働き過ぎのみんな、借金玉さんのtweetを読もう! ちなみに私はパチンコじゃなくてマインスイーパでした。今考えると笑っちゃうんですけど当時は本気で「マインスイーパのやりすぎで不眠になった」と思っていた。逆です逆。メンタルが極限まで弱ってるからアレの分泌するアレにしか熱中できないの。 twitter.com/syakkin_dama/s

Retweeted by 村山早紀 Saki Murayama

retweeted at 15:48:41

16時間前

@nekoko24

名古屋書店員懇親会(NSK)@758books

『彼方の友へ』熱愛ファンミーティング@ジュンク堂書店ロフト名古屋店
honto.jp/store/news/det
3月11日開催のイベントが、プロジェクトの最初の大きなヤマになります。『彼方の友へ』ファン、伊吹有喜さんファンのかたにはまたとない機会です。こちらもよろしくお願いいたします。
#熱愛彼方の友へ

Retweeted by 村山早紀 Saki Murayama

retweeted at 15:09:18

16時間前

@nekoko24

名古屋書店員懇親会(NSK)@758books

伊吹有喜さんの『彼方の友へ』(実業之日本社)応援プロジェクト。先週の告知以来、複数の書店員のかたからご連絡をいただき、すべてのお店で参加が決まりました。まだまだ受付中! ともに熱愛をこめてこの作品を届けましょう(詳細はDMでお送りします)。 #熱愛彼方の友へ
twitter.com/758books/statu

Retweeted by 村山早紀 Saki Murayama

retweeted at 15:09:13

16時間前

@nekoko24

銀の戦車@tsubuyakisc

(承前)
でもあのときにはあのときに出会った物語があったから、冷えきって荒涼とした大地を歩くような状況の中で自分を守れたんだと思うし,今になって,現実の人生では手にいれられなかった人の温かみを物語として触れることができたので,それはそれで良かったんだと思う.→

Retweeted by 村山早紀 Saki Murayama

retweeted at 15:03:19

16時間前

@nekoko24

銀の戦車@tsubuyakisc

朝の通勤時に「百貨の魔法」を読了した.「桜風堂ものがたり」につづいて読んだけど,両方とも温かい話だった.
子供の頃にこういう温かい物語と出会えてたら人生も性格も考え方も変わっていたかも,なんて考えてしまう.

Retweeted by 村山早紀 Saki Murayama

retweeted at 15:03:17

20時間前

@nekoko24

めもち@bob_hemogurobin

だことが全部私が好きになるきっかけだったのです😂初めて読むのに懐かしい不思議な感覚になりました💞
わくわくしながら毎日のように本を読んでいた小学生の頃に戻ったようでした😌やはり大好きです💘

Retweeted by 村山早紀 Saki Murayama

retweeted at 11:28:14

20時間前

@nekoko24

めもち@bob_hemogurobin

村山早紀先生の「コンビニたそがれ堂 奇跡の招待状」読了😂
友達に借りて読んだのですがこれはもう購入を決めました😌
多分小学生ぶり?に読む村山早紀先生…私が好きなのはこういうのだ、なんで忘れてたんだろう、って思いました😂魔女とか魔法とか異世界とか、多分全部先生の本を小学生のとき読ん→

Retweeted by 村山早紀 Saki Murayama

retweeted at 11:28:10

20時間前

@nekoko24

maskz61@masakaz611

うさぎやさんのカバー
藍色のシンプルなんだけど、かなり気に入ってます。
初めて矢板店に行きましたが、色紙がいっぱいでしたね。
特に、村山早紀さんのねこ色紙を生で見られたのは嬉しかった(笑)

Retweeted by 村山早紀 Saki Murayama

retweeted at 11:27:22

20時間前

@nekoko24

さわ@sw_yn

【百貨の魔法 / 村山早紀】 いつからファンタジーを読まなくなったのだろう、あんなに好きだったのに。また読みたいと思った。星野百貨店には夢見るチカラも売っているようだ。もしも「魔法の子猫」に会えるなら このお店が続きますようにと願いたい、そう思う。

『みんなに笑っていて欲しいから』

Retweeted by 村山早紀 Saki Murayama

retweeted at 11:26:22

20時間前

@nekoko24

三國青葉@小学館文庫キャラブン!4月刊予定「学園ゴーストバス@mikuni_aoba

【拡散していただけましたら幸いに存じます】2月22日スタートの小学館文庫内新レーベル「キャラブン!」様から、4月6日に新刊「学園ゴーストバスターズ」発売予定です!!
中学生コンビのお仕事は、霊を成仏させること!
どうぞよろしくお願いいたします!!!
╰(*´︶`*)╯♡ charabun.shogakukan.co.jp

Retweeted by 村山早紀 Saki Murayama

retweeted at 11:22:55

21時間前

@nekoko24

荻野謙太郎(マンガ編集者)@gouranga_

上記のように日本のマンガは雑誌・単行本・原稿料を限界まで抑えて単行本で回収するモデルです。ではここ10年位のマンガ家の懐事情はどうなったかと言いますと、いろいろな人の話を聞いた感じ原稿料の相場は1000円ほど下落。印税も10%払わない所が増えている模様です。鬼か。
note.mu/shuho_sato/n/n

Retweeted by 村山早紀 Saki Murayama

retweeted at 09:40:08

21時間前

@nekoko24

荻野謙太郎(マンガ編集者)@gouranga_

マンガとは「雑誌に掲載し、雑誌で読まれるために発注しているもの」であり「単行本はあくまで余禄」にすぎず「雑誌に載った時点で役目を終えたはずの作品をまとめてやっている」のだから、足りない分はタダで描けという理屈です。なんという雑誌至上主義!

Retweeted by 村山早紀 Saki Murayama

retweeted at 09:40:01

21時間前

@nekoko24

荻野謙太郎(マンガ編集者)@gouranga_

1960年代までは大手マンガ誌の原稿料は物価に比して高く「月刊誌に連載をもてば車が買える。週刊連載をもてば家が建つ」と言われていたらしいのですが、オイルショック以降原稿料は物価と連動しないようになります。それでもマンガ家が食べていけたのは、単行本の売れ行きが右肩上がりだったからです。

Retweeted by 村山早紀 Saki Murayama

retweeted at 09:39:57

21時間前

@nekoko24

荻野謙太郎(マンガ編集者)@gouranga_

雑誌の赤を補うため始めたマンガ単行本の刊行ですが、これが予想を遥かに超えて売れることがわかり。さらにオイルショックを抜けてからは雑誌の販売部数も伸び続けたため、

「雑誌や単行本の価格据え置き」
「ついでに作家の原稿料も据え置き」
「徹底した薄利多売」

で利益を上げるようになります。

Retweeted by 村山早紀 Saki Murayama

retweeted at 09:39:55

21時間前

@nekoko24

荻野謙太郎(マンガ編集者)@gouranga_

トイレットペーパーの買い占め騒動で有名なオイルショックですが、これが深刻な紙不足と印刷用紙価格の高騰を招きます。この時採られた主な対策は

①雑誌のページ数減
②雑誌の値上げ(ただしこれはどの雑誌も極力避けようとした)
③連載作品の単行本化
④マンガ家の原稿料据え置き

が上げられます。

Retweeted by 村山早紀 Saki Murayama

retweeted at 09:39:52

21時間前

@nekoko24

荻野謙太郎(マンガ編集者)@gouranga_

そんなわけで当時マンガの単行本は「旨味が薄い」と思われておりました。小学館や講談社は自社では単行本を出さず、なぜか秋田書店や青林堂などの他社が権利を取得して単行本を刊行しておりました。状況が変わるきっかけになったのは70年代初頭の大手誌の部数減と有名な『オイルショック』です。

Retweeted by 村山早紀 Saki Murayama

retweeted at 09:39:49

21時間前

@nekoko24

荻野謙太郎(マンガ編集者)@gouranga_

「マンガのコミックスは、手がかかるのに利が薄い」ですって!!!
今の若い子は理解に苦しむと思いますが、家庭教育の関心が高まっていた高度成長期の日本では、応接間に百科事典を飾るのが流行っていたのです。ちなみにこの百科事典ブームの頃の大卒初任給は16,000円くらいだったらしいです。

Retweeted by 村山早紀 Saki Murayama

retweeted at 09:39:46

21時間前

@nekoko24

荻野謙太郎(マンガ編集者)@gouranga_

「一セット二万円弱の百科事典が、何十万セットも売れる。漫画のコミックスは、手がかかるのに利が薄い。だから小学館は、一冊百円くらいの定価の漫画のコミックスには力を入れないっていうんでしょ」(武居俊樹『赤塚不二夫のことを書いたのだ!!』)
www.amazon.co.jp/%E8%B5%A4%E5%A

Retweeted by 村山早紀 Saki Murayama

retweeted at 09:39:44

21時間前

@nekoko24

荻野謙太郎(マンガ編集者)@gouranga_

この時代マンガは読み捨てにされるもので、単行本にまとめられることは想定していませんでした。単行本が無いということは単行本印税が無いということであり、マンガ家は原稿料だけで食べていました。また、当然ながらマンガ誌は単行本の売上を必要とせず、雑誌の売上だけで元が取れていました。

Retweeted by 村山早紀 Saki Murayama

retweeted at 09:39:39

21時間前

@nekoko24

荻野謙太郎(マンガ編集者)@gouranga_

赤塚不二夫「僕は、漫画が上手くいけばいいの。一週間経ったら、読者から忘れられる。そんな仕事を命がけでやる。それは作家の誇りです」(武居俊樹『赤塚不二夫のことを書いたのだ!!』)
www.amazon.co.jp/%E8%B5%A4%E5%A

Retweeted by 村山早紀 Saki Murayama

retweeted at 09:39:37

21時間前

@nekoko24

荻野謙太郎(マンガ編集者)@gouranga_

まず前史としての赤本や貸本の時代。この頃は単行本印税なし。またページいくらの原稿料ではなく、ページ数を大雑把に見て一本いくらの買い切りでした。

1947年の手塚治虫『新寶島』が3,000円
1953年の藤子不二雄『UTOPIA 最後の世界大戦』が30,000円
1956年の赤塚不二夫『嵐をこえて』が25,000円

Retweeted by 村山早紀 Saki Murayama

retweeted at 09:39:26

2月23日

@nekoko24

オリーブ。@olive_1nyan

ただねぇ、コンビニたそがれ堂は私毎回泣いてしまうからなかなか章から章へ読み進められなくてねぇw
「星に願いを」に入ってる「喫茶店コスモス」がもうねぇ、いきなり涙落ちるからね。
涙脆いタイプではないんだけど、ダメなの。

Retweeted by 村山早紀 Saki Murayama

retweeted at 03:18:41

残り23件のツイートを見る

このページの先頭へ